ジャイアンツ 優勝。 読売ジャイアンツ 年度別成績 (1936

【2019】ジャイアンツ(巨人)優勝セール情報まとめ!どこで?ビックカメラは?

ジャイアンツ 優勝

三宅大輔監督(1934年〜1935年) 生年月日:1893年4月16日 ポジション:捕手、内野手 出身チーム:東京倶楽部 1934年には全日本の監督も務めました。 日本選抜の選手を中心に巨人を結成! アメリカ遠征まで指揮を取りましたが、帰国後球団の内紛で監督を辞任しました。 浅沼誉夫監督(1936年) 生年月日:1981年1月5日 ポジション:捕手 出身チーム:東京巨人軍 アメリカ遠征で指揮をとりました。 77試合を43勝33敗1分の成績で終えましたが、選手との隔たりから解任されてしまいます。 藤本定義監督(1936年〜1942年) 生年月日:1904年12月20日 ポジション:投手 出身チーム:プロチーム在籍なし 旧制早稲田大学 東京鉄道局の監督をしていた藤本監督は、1935年にアメリカ遠征から帰国した東京巨人軍に勝ったことで、手腕を見込まれ監督に就任しました。 第1期黄金時代を築いた監督です! 中島治康監督(1943年) 生年月日:1909年6月28日 ポジション:右翼手 出身チーム:読売ジャイアンツ〜大洋ホエールズ 1936年リーグ選開始時から巨人に在籍していました。 外野手として活躍し、1938年にはプロ野球史上初の三冠王に輝いています。 そして1943年に選手兼任監督を務めました。 藤本英雄監督(1944年〜1946年) 生年月日:1918年5月18日 ポジション:投手 出身チーム:東京巨人軍〜中部日本ドラゴンズ〜読売ジャイアンツ 日本プロ野球界初の完全試合を達成し、引退後は最年少監督となりました。 中島治康監督(1946年〜1947年) 1944年に応召され1946年から2期目の選手兼任監督として復帰。 翌年からチームが不調で、29試合を消化し監督を辞め選手に戻りました。 三原脩監督(1947年〜1949年) 生年月日:1911年11月21日 ポジション:二塁手 出身チーム:東京巨人軍 戦争の兵役を経て、巨人の監督に就任し、1949年に戦後初の優勝を成し遂げています。 独自の戦術、理論を展開し球界の魔術師と呼ばれました。 巨人の人事調整に反発し辞めています。 水原茂監督(1950年〜1960年) 生年月日:1909年1月19日 ポジション:三塁手 出身チーム:東京巨人軍、読売ジャイアンツ 甲子園に出場し東京巨人軍に入団。 選手として活躍した後、監督に就任し才能を発揮しました。 11年の在籍期間で8度のリーグ優勝、4度の日本一を掴みました。 スポンサーリンク 川上哲治監督(1961年〜1974年) 生年月日:1920年3月23日 ポジション:一塁手、投手 出身チーム:東京巨人軍、読売ジャイアンツ 現役時代は戦時中から戦後にかけて活躍しました。 「打撃の神様」と呼ばれ、史上初の2000本安打を達成しています。 監督に就任すると戦力不足だったチームを優勝に導き、1965年から1973年までV9を達成しました。 野球人気、巨人人気の絶頂期を築きあげた監督です。 長嶋茂雄監督(1975年〜1980年) 生年月日:1936年2月20日 ポジション:三塁手 出身チーム:読売ジャイアンツ ミスタージャイアンツ長嶋茂雄監督。 現役時代はV9を経験しました。 プレイと共に、勝負強さも持っている大人気のスター選手でした。 引退セレモニーでは「我が巨人軍は永久に不滅です」という名言を残しています。 選手時代長嶋監督の背番号であった3番は巨人の永久欠番となりました。 監督に就任した1期目はクリーンベースボールを目標に掲げました。 前川上監督派の批判にさらされ解任されています。 藤田元司監督(1981年〜1983年) 生年月日:1931年8月7日 ポジション:投手 出身チーム:読売ジャイアンツ 現役生活は8年と短いものでした。 監督に就任しましたが、絶大な人気を誇っていた長嶋茂雄監督を追いやったと世間の批判を受けました。 そんな中でも就任1年目でリーグ優勝、日本一にチームを導いています。 ドラフトでは4球団で競合した原監督を引き当てました! 王貞治監督(1984年〜1988年) 生年月日:1940年5月26日 ポジション:一塁手 出身チーム:読みジャイアンツ 「世界のホームラン王」こと王貞治監督! 野球に詳しくない方でも知らない方はいないですよね。 通算2786安打を記録し、セリーグ本塁打王に15回、セリーグ三冠王に2回輝いています。 選手時代の背番号1は永久欠番になりました。 監督としての成績はAクラスを継続させていましたが、選手との折り合いが悪かったこともあったそうです。 藤田元司監督(1989年〜1992年) 2期目の就任。 前回同様1年目でリーグ優勝を成し遂げました。 指導者としてとても評価の高い監督です。 長嶋茂雄監督(1993年〜2001年) 2期目の就任。 スター性のあるとても人気な監督でした。 長嶋監督の人柄、言動は好感をもて数々の長嶋語録、伝説を作りました。 1期目も合わせて日本1を2回、リーグ優勝5回成し遂げてきます。 原辰徳監督(2002年〜2003年) 生年月日:1958年7月22日 ポジション:内野手、左翼手 出身チーム:読売ジャイアンツ 現役時代はドラフト1位で入団し主砲として活躍した人気選手でした。 引退後、1999年に巨人のヘッドコーチに就任し、その後監督となりました。 監督就任1年目でリーグ優勝、日本一を果たしましたが2003年に成績不振を理由に自ら退任しました。 堀内恒夫監督(2004年〜2005年) 生年月日:1948年1月16日 ポジション:投手 出身チーム:読売ジャイアンツ 原辰徳監督の突然の退任をうけ就任した堀内監督。 藤田元司監督のようなチームを目指すと意気込みました。 しかし2005年には球団シーズンワースト記録となる80敗を記録し、辞任。 原辰徳監督(2006年〜2015年) 2期目の就任です。 10年の長期に渡って監督としてチームを引っ張りました。 選手からもファンからも愛された監督です。 1期目と合わせてリーグ優勝に7回、日本一3回輝きました。 また2009年のWBCの監督も務めています。 10年の時節目を迎えた2015年の辞任しました。 高橋由伸監督(2016年〜2018年) 生年月日:1975年4月3日 ポジション:外野手、一塁手 出身チーム:読売ジャイアンツ 長く現役選手とし活躍してきた高橋由伸監督。 2015年原監督のあとを受け継ぐことをきめ、現役を引退しました。 開幕4連覇を果たし好調なスタートでしたが、リーグ優勝を成し遂げることは出来ませんでした。 原辰徳監督(2019年〜現在) 3期目の再登板です。 高橋監督へ引き継いだのもわずかに3年。 優勝を義務付けられている球団なだけに圧倒的な実績を誇る原監督へ再度要請が入りました。 2019年は引き継いだ初年度ですが、着実に勝ち星を重ね、優勝目前という形になっています。 流石の手腕といってもいいでしょうね。 是非、ポスト原の育成もお願いしたい素晴らしい監督です。 スポンサーリンク 管理人のつれボーです。 野球をこよなく愛する一般人代表を自負しております。 野球の面白さや魅力を伝えるべく、私、つれボーに加えて複数の野球仲間と共に楽しく記事を執筆しています。 当サイトを通じて野球への興味が更に深まって頂けると大変嬉しく思います。 カテゴリー• 209• 252• 111• アーカイブ•

次の

巨人の優勝予想日2019!最短はいつ?優勝回数は断トツの36回!

ジャイアンツ 優勝

三宅大輔監督(1934年〜1935年) 生年月日:1893年4月16日 ポジション:捕手、内野手 出身チーム:東京倶楽部 1934年には全日本の監督も務めました。 日本選抜の選手を中心に巨人を結成! アメリカ遠征まで指揮を取りましたが、帰国後球団の内紛で監督を辞任しました。 浅沼誉夫監督(1936年) 生年月日:1981年1月5日 ポジション:捕手 出身チーム:東京巨人軍 アメリカ遠征で指揮をとりました。 77試合を43勝33敗1分の成績で終えましたが、選手との隔たりから解任されてしまいます。 藤本定義監督(1936年〜1942年) 生年月日:1904年12月20日 ポジション:投手 出身チーム:プロチーム在籍なし 旧制早稲田大学 東京鉄道局の監督をしていた藤本監督は、1935年にアメリカ遠征から帰国した東京巨人軍に勝ったことで、手腕を見込まれ監督に就任しました。 第1期黄金時代を築いた監督です! 中島治康監督(1943年) 生年月日:1909年6月28日 ポジション:右翼手 出身チーム:読売ジャイアンツ〜大洋ホエールズ 1936年リーグ選開始時から巨人に在籍していました。 外野手として活躍し、1938年にはプロ野球史上初の三冠王に輝いています。 そして1943年に選手兼任監督を務めました。 藤本英雄監督(1944年〜1946年) 生年月日:1918年5月18日 ポジション:投手 出身チーム:東京巨人軍〜中部日本ドラゴンズ〜読売ジャイアンツ 日本プロ野球界初の完全試合を達成し、引退後は最年少監督となりました。 中島治康監督(1946年〜1947年) 1944年に応召され1946年から2期目の選手兼任監督として復帰。 翌年からチームが不調で、29試合を消化し監督を辞め選手に戻りました。 三原脩監督(1947年〜1949年) 生年月日:1911年11月21日 ポジション:二塁手 出身チーム:東京巨人軍 戦争の兵役を経て、巨人の監督に就任し、1949年に戦後初の優勝を成し遂げています。 独自の戦術、理論を展開し球界の魔術師と呼ばれました。 巨人の人事調整に反発し辞めています。 水原茂監督(1950年〜1960年) 生年月日:1909年1月19日 ポジション:三塁手 出身チーム:東京巨人軍、読売ジャイアンツ 甲子園に出場し東京巨人軍に入団。 選手として活躍した後、監督に就任し才能を発揮しました。 11年の在籍期間で8度のリーグ優勝、4度の日本一を掴みました。 スポンサーリンク 川上哲治監督(1961年〜1974年) 生年月日:1920年3月23日 ポジション:一塁手、投手 出身チーム:東京巨人軍、読売ジャイアンツ 現役時代は戦時中から戦後にかけて活躍しました。 「打撃の神様」と呼ばれ、史上初の2000本安打を達成しています。 監督に就任すると戦力不足だったチームを優勝に導き、1965年から1973年までV9を達成しました。 野球人気、巨人人気の絶頂期を築きあげた監督です。 長嶋茂雄監督(1975年〜1980年) 生年月日:1936年2月20日 ポジション:三塁手 出身チーム:読売ジャイアンツ ミスタージャイアンツ長嶋茂雄監督。 現役時代はV9を経験しました。 プレイと共に、勝負強さも持っている大人気のスター選手でした。 引退セレモニーでは「我が巨人軍は永久に不滅です」という名言を残しています。 選手時代長嶋監督の背番号であった3番は巨人の永久欠番となりました。 監督に就任した1期目はクリーンベースボールを目標に掲げました。 前川上監督派の批判にさらされ解任されています。 藤田元司監督(1981年〜1983年) 生年月日:1931年8月7日 ポジション:投手 出身チーム:読売ジャイアンツ 現役生活は8年と短いものでした。 監督に就任しましたが、絶大な人気を誇っていた長嶋茂雄監督を追いやったと世間の批判を受けました。 そんな中でも就任1年目でリーグ優勝、日本一にチームを導いています。 ドラフトでは4球団で競合した原監督を引き当てました! 王貞治監督(1984年〜1988年) 生年月日:1940年5月26日 ポジション:一塁手 出身チーム:読みジャイアンツ 「世界のホームラン王」こと王貞治監督! 野球に詳しくない方でも知らない方はいないですよね。 通算2786安打を記録し、セリーグ本塁打王に15回、セリーグ三冠王に2回輝いています。 選手時代の背番号1は永久欠番になりました。 監督としての成績はAクラスを継続させていましたが、選手との折り合いが悪かったこともあったそうです。 藤田元司監督(1989年〜1992年) 2期目の就任。 前回同様1年目でリーグ優勝を成し遂げました。 指導者としてとても評価の高い監督です。 長嶋茂雄監督(1993年〜2001年) 2期目の就任。 スター性のあるとても人気な監督でした。 長嶋監督の人柄、言動は好感をもて数々の長嶋語録、伝説を作りました。 1期目も合わせて日本1を2回、リーグ優勝5回成し遂げてきます。 原辰徳監督(2002年〜2003年) 生年月日:1958年7月22日 ポジション:内野手、左翼手 出身チーム:読売ジャイアンツ 現役時代はドラフト1位で入団し主砲として活躍した人気選手でした。 引退後、1999年に巨人のヘッドコーチに就任し、その後監督となりました。 監督就任1年目でリーグ優勝、日本一を果たしましたが2003年に成績不振を理由に自ら退任しました。 堀内恒夫監督(2004年〜2005年) 生年月日:1948年1月16日 ポジション:投手 出身チーム:読売ジャイアンツ 原辰徳監督の突然の退任をうけ就任した堀内監督。 藤田元司監督のようなチームを目指すと意気込みました。 しかし2005年には球団シーズンワースト記録となる80敗を記録し、辞任。 原辰徳監督(2006年〜2015年) 2期目の就任です。 10年の長期に渡って監督としてチームを引っ張りました。 選手からもファンからも愛された監督です。 1期目と合わせてリーグ優勝に7回、日本一3回輝きました。 また2009年のWBCの監督も務めています。 10年の時節目を迎えた2015年の辞任しました。 高橋由伸監督(2016年〜2018年) 生年月日:1975年4月3日 ポジション:外野手、一塁手 出身チーム:読売ジャイアンツ 長く現役選手とし活躍してきた高橋由伸監督。 2015年原監督のあとを受け継ぐことをきめ、現役を引退しました。 開幕4連覇を果たし好調なスタートでしたが、リーグ優勝を成し遂げることは出来ませんでした。 原辰徳監督(2019年〜現在) 3期目の再登板です。 高橋監督へ引き継いだのもわずかに3年。 優勝を義務付けられている球団なだけに圧倒的な実績を誇る原監督へ再度要請が入りました。 2019年は引き継いだ初年度ですが、着実に勝ち星を重ね、優勝目前という形になっています。 流石の手腕といってもいいでしょうね。 是非、ポスト原の育成もお願いしたい素晴らしい監督です。 スポンサーリンク 管理人のつれボーです。 野球をこよなく愛する一般人代表を自負しております。 野球の面白さや魅力を伝えるべく、私、つれボーに加えて複数の野球仲間と共に楽しく記事を執筆しています。 当サイトを通じて野球への興味が更に深まって頂けると大変嬉しく思います。 カテゴリー• 209• 252• 111• アーカイブ•

次の

【2019】ジャイアンツ(巨人)優勝セール情報まとめ!どこで?ビックカメラは?

ジャイアンツ 優勝

さらにFA選手では元広島の丸佳浩選手、元オリックスの中島裕之選手、元西武ライオンズの炭谷銀仁朗捕手を次々と獲得。 中島選手は主に代打として、炭谷捕手は小林、大城捕手と併用しながら出場、丸選手は開幕からレギュラーで活躍を続けています。 特に丸選手は安定して3割をキープするなど、好不調の波もなく不動の3番として大活躍しているので、今年の巨人の躍進は丸選手の活躍がかなり大きいのではないでしょうか。 その他、怪我で離脱した吉川尚輝選手の穴を若林選手、増田選手、山本選手がカバーするなど若手からベテランまで上手く回っています。 ちなみに今年の主な巨人のレギュラーはというと、 ・亀井 善行 37歳 ・坂本 勇人 30歳 ・丸 佳浩 30歳 ・岡本 和真 23歳 ・ゲレーロ 32歳 ・大城 卓三 26歳 ・若林 晃弘 25歳 ・小林 誠司 30歳 改めてこうしてみると若手・中堅・ベテランがしっかりとバランスよくハマってますね! 控えには阿部選手や陽選手がいて層の厚さも感じます。 中でも4番の岡本選手は一番若いし伸びしろもまだまだあって、今後5年10年と4番を打ち続けてほしいですよね。 よっぽどの事がなければしばらくAクラスはもちろん、久々の2連覇、3連覇も夢じゃない気がします。 巨人 読売ジャイアンツ が5年ぶりの優勝へ!?去年と2019年を比較! それでは巨人の2018年と2019年現在の成績を比較してみましょう! 【2018年4月】 ・23試合 ・13勝10敗 【2019年4月】 ・23試合 ・14勝9敗 【2018年5月】 ・24試合 ・9勝14敗1分 【2019年5月】 ・23試合 ・9勝13敗1分 【2018年6月】 ・23試合 ・10勝13敗 【2019年6月】 ・23試合 ・15勝7敗 【2018年7月】 ・23試合 ・12勝11敗 【2019年7月】 ・23試合 ・13勝10敗 【2018年8月】 ・27試合 ・13勝13敗1分け 【2019年8月】 ・27試合 ・15勝11敗1分け 【2018年9月】 ・27試合 ・7勝8敗3分 【2019年9月】 ・〇〇試合 ・〇〇勝〇〇敗 ここ数年なぜか巨人は5月に失速する傾向があります。 昨年までならそのまま6月、7月とズルズル負け越しする流れでしたがさすがは原監督。 6月に貯金を8つ作り見事に軌道修正に成功。 そこはこれまでの経験を生かしているのでしょう、負けてても焦りを感じさせないどころか、どこか余裕があるようにも感じました。 その計算方法とは球団別の勝率や相性などを割り出し、残り試合の勝敗確率を予測し計算する方法です。 その計算法によると8月終了時点で 優勝までは11 勝11敗。 CSまで6勝16敗ペース、 優勝の確率が94%、CSが100%だそうです。 もちろんこの確率計算はあくまで現時点での状況把握として割り出されたものなので絶対ではないです。 スポーツは生ものですので怪我やスランプになれば状況は大きく変わります。 特に今年の巨人は中継ぎ投手陣が安定しているとは言えないのでまだまだ何が起こるか分かりませんし、広島カープや横浜DeNAが大型連勝する事だってあるかもしれません。 油断は禁物です。。。 これ以上大型連敗するとまさかの逆転もありえるので最後まで目が離せなくなりましたね。。 今年はどこの球団も連勝、連敗がとにかく多いので難しいところではありますが、このままのペースでいけば巨人の優勝は2位横浜と直接対決のある9月20日、21日が最有力で遅くても22日、23日頃になるかなと予想されます。 なので残念ながら5年ぶりの優勝はビジターでの優勝となりそうです。 すみません でもこれだけ長い歴史の中で、巨人はプロ野球を盛り上げてきた球団という事も分かりますね。

次の