歯 が 白く なる 歯磨き粉 市販。 歯を白くする歯磨き粉:市販のおすすめ品!(使用前後の画像あり)

【歯を白くするグッズ特集】ホワイトニングランキングBEST10

歯 が 白く なる 歯磨き粉 市販

ここ数年でいっきに種類が急増した歯磨き粉やホワイトニング。 ホワイトニングにおすすめのものから歯周病対策におすすめの歯磨き粉、口臭対策におすすめ歯磨き粉まで網羅。 また、ネット通販の歯磨き粉人気ランキングや海外の人気歯磨き粉、歯科医がおすすめする歯磨き粉まで全部まとめて紹介します! そもそも歯磨き粉はなんのためにあるの? 多くの歯科医が、 実は歯磨き粉はなくても問題がないと言います。 肝心なのは、きちんと汚れにブラシが当たって、歯垢(プラーク)を取り除くこと。 歯磨き粉を使用すると、泡で磨き残している部分が見え辛くなってしまったり、歯磨き粉のスーッとした爽快感で磨けた気分になってしまうため、逆に使わないほうがいいとまでいう歯科医もいます。 では、何のために歯磨き粉を使用するのか。 現在、市販されている歯磨き粉の約90%が、虫歯や歯周病の予防、知覚過敏を抑えるような薬用成分を含んだ「医薬部外品」になっています。 そのうち約80%に、テレビCMでもよく聞く「フッ素」が配合。 歯磨き粉に含まれる、これらの薬用成分に、「虫歯の発生と進行を予防」「歯周病の予防」「歯石が溜まるのを予防」「歯の着色予防」「ホワイトニング効果」「口の中を浄化」「口臭予防」「タバコのヤニをつきにくくする」などの効果が期待できるんです。 なので歯磨き粉は、適切な量を用いて、ていねいにしっかり磨くことが大切になってきます。 次に歯磨き粉の成分について、詳しくみていきましょう。 歯磨き粉の成分を解説 フッ素とは? フッ素は、岩や土壌のミネラル成分のひとつであり、天然の元素です。 お茶や魚介類など、多くの食品にも含まれ、毎日の食生活の中でも自然に取り入れている成分になります。 フッ素は、丈夫な歯や骨をつくるために大切な役割も果たしているんです。 虫歯予防の観点からフッ素を調べると、フッ素には歯の質を強くする効果と、虫歯の原因菌が酸を出すのを抑えるという作用があります。 食事のたびに、歯の表面では脱灰と再石灰化が行われています。 脱灰で歯から溶け出したカルシウムイオンやリン酸イオンが、再石灰化によって再び歯に取り戻されるということが繰り返されているんですね。 このときにフッ素イオンを一緒に取り込むことができると、フッ素が硬く強いカルシウムの結晶をつくり、食べ物の酸によって溶かされにくい強い歯をつくることができます。 そこから、フッ素が虫歯予防にもつながるというわけなんです。 研磨剤とは? 研磨剤は、多くの歯磨き粉に含まれる成分のひとつで、文字通り、歯の表面にあるエナメル質についた汚れや着色を削って落とすことを目的にした成分です。 どんな人が使うのがおすすめかというと、たとえばコーヒーやワイン、タバコなどを普段多く摂取していて、歯の黄ばみが気になる人。 また研磨剤入りの歯磨き粉を使用すると、着色が落ちるだけでなく、歯の表面がツルツルになるという効果もあります。 ただ、気をつけたいのが、洗顔料に入っているスクラブと同じで、スクラブも毎日使用すると肌を傷つけてしまうように、研磨剤も使いすぎると歯への負担が大きくなってしまうということ。 研磨剤入りの歯磨き粉による熱心な歯磨きでエナメル質が削られすぎると、知覚過敏になってしまったり、エナメル質の表面にできた細かい傷に汚れが詰まり、逆に歯の色がくすんで見えてしまうという悪循環に陥ることも…。 また、研磨剤には虫歯を予防する力はないので、着色が気になる人以外は、普段は研磨剤なしの歯磨き粉を使用し、週に1、2度研磨剤入りの歯磨き粉と使い分けるのがおすすめです。 歯磨き粉のホワイトニング効果 昔のCMで「芸能人は歯が命」というキャッチコピーが流行ったように、白く美しい歯というのは、人に好印象を与えるもの。 歯科医院でもホワイトニングがメニューにあるくらい、歯の色を気にしている人は多くいます。 ホワイトニングを謳った歯磨き粉も市販されていますが、なかなか思うような効果が実感できなかったりしていませんか? 歯科医がホワイトニングで使用する薬剤には「過酸化水素(あるいは過酸化尿素)」が配合されていて、歯の表面の汚れや色素を分解して無色化。 また、過酸化水素がエナメル質の構造を変化させるので、歯科医院でホワイトニングすると歯が白くなる仕組みなんです。 ところが、市販の歯磨き粉には、歯を白くする濃度の過酸化水素を配合することが法律で禁止されているため、ホワイトニングを謳っている歯磨き粉を使用しても、歯科医院に行ったときほどの感動が得られない…というわけなんです。 とはいえ、歯を白く保つには、普段のケアもとっても大事。 市販の歯磨き粉を選ぶ際に、汚れを除去して歯の表面をコーティング、また汚れの付着予防にも役立つ「ポリリン酸ナトリウム」や、歯の表面の傷を埋めて汚れや着色がつきにくいなめらかな歯をつくる「ハイドロキシアパタイト」入りのものを選ぶと、自然な白い歯に近づいていくことができます。 歯磨き粉購入時のチェックポイント 歯磨き粉を選ぶ際は、上記の特徴を踏まえることが大事。 虫歯予防を重視して強い歯をつくるのに役立つフッ素配合の歯磨き粉選ぶのか、それとも着色汚れが気になるため週に1、2度研磨剤入りの歯磨き粉を選ぶのか。 はたまた、汚れを除去して歯の表面をコーティングする「ポリリン酸ナトリウム」入りや歯の表面の傷を埋めて汚れや着色がつきにくいなめらかな歯をつくる「ハイドロキシアパタイト」入りなどの歯磨き粉、ホワイトニングを選ぶのか。 効果が期待できそうだからといって、ただやみくもに選ぶのではなく目的に応じて使用する歯磨き粉を選びましょう。 ぜひ参考にしてみてはいかが? 歯磨き粉人気ランキング ネット通販で購入できる歯磨き粉の人気ランキングを紹介します。 目を引く真っ黒な粉の正体は「活性炭」。 活性炭とは木炭を酸化させたもので、ヤシの実の殻や石灰を高温ガスなどで特別処理して作られます。 研磨剤または清掃剤が含まれている歯磨き粉は歯の表面を「削って白くする」のに対し、カーボンココは活性炭の「吸着力」を利用して、活性炭に空いている無数の小さい穴に歯の表面にある着色汚れが吸着し、徐々に歯が白くなります。 全7種あるフレーバーは、各フレーバーともベースとなるミントの香りが口の中でフレッシュ感を生み、すがすがしい爽やかな香りが持続するのが特長。 思わず目を引くイタリアらしいおしゃれでデザイン性の高いお洒落なフォルムは、バスルームを飾るインテリアとしても楽しむことができます。 おすすめの歯磨き粉・ホワイトニングまとめ 年齢を重ねても元気に暮らしていくには、自分の歯でしっかり噛み、充実した食生活を送ることが重要です。 歯が失われる原因のほとんどが虫歯と歯周病によるもの。 ただ、なんとなく習慣で歯を磨くのではなく、適切な歯磨き粉を用いて、しっかりお手入れをし、歯周病や虫歯のリスクを少しでも減らしたい。 文/森井真弓.

次の

歯を白くする歯磨き粉:市販のおすすめ品!(使用前後の画像あり)

歯 が 白く なる 歯磨き粉 市販

こんにちは、ミライです。 歯の黄ばみがすごく気になる40代です。 というのも、 数年前から気になりだした顔のシワたるみのエイジングケアを頑張れば頑張るほど、「歯の黄ばみ」が目立ってくるんですよね。 若いころは特に気になっていなかったのですが、最近は、鏡を見るたびに歯の黄ばみが気になって、気になってしょうがない。 それは、歯の着色汚れが蓄積されるものであり、老化による影響も大きいからなんですね。 子供と一緒に歯磨きをして、 「ママの歯、黄色いのなんで?」なんて言われた日にはもうショックを隠し切れません(笑) 私は、歯を白くするホワイトニングは、美容エイジングケアの一つなんではないかと思うんです。 しっかりと歯を白くしたい場合には、 歯科医院に通うのが最も良いですが、それなりに時間とお金がかかります。 どのくらいの時間をお金がかかるの?と思い調べてみたところ、クリニックによってかなり差がありましたが、回数が3回以上は必要なので 2~3ヵ月で、3~4万円はかかると思ったほうがよさそうな感じでした。 まあ、ホワイトニング歯磨き粉で自宅ケアするだけなのでほぼ一緒ですね。 自宅で自分でホワイトニングをする場合は、 手間や費用が抑えられる代わりに、結構な期間がかかります。 この「ホワイトニング歯磨き粉」がポイントですね。 歯の黄ばみは、コーヒーやワインなどの色の濃い飲食物が、歯の表面に蓄積し着色汚れとなって黄ばんで見えるようになります。 ホワイトニング歯磨き粉には、この歯の表面の歯垢や着色汚れ(ステイン)を研磨剤で磨き落とす方法と、歯垢や着色汚れ(ステイン)を溶かして(分解して)落とす方法の大きく2種類がメインです。 研磨剤入りだと丁寧にしっかりと磨かないといけないですし、汚れ(タンパク質)を溶かして落とすタイプは楽ですが、成分によって効果が違ってきます。 それでも、市販の歯磨き粉(ジェルも)であれば、 1ヵ月1,000円~5,000円くらいが平均なので(1万円くらいのものもあります)、お財布には優しいですよね(笑) どの市販の歯磨き粉が良いかというのは、配合されるホワイトニング成分によって違ってくるわけです。 強力にタンパク質汚れを溶かしてくれる成分が入っていればいいですが、よい成分が配合されているほど値段が高くなってきます。 今後も新たなホワイトニング歯磨き粉を試してよいものがあれば、順位を変えていきたいと思います! 1位の薬用パールホワイトプロEXプラスはアットコスメの口コミ評価も高く間違いなく白くしてくれる!! さて、なぜこの「薬用パールホワイトプロEXプラス」歯磨き粉を1位にしたのかというと、体験レビューを見てもらってもわかるように、 実際に歯の黄ばみがマシになったからなんです! 自宅で歯のホワイトニングケアをする場合は、何か月もかかる・・・というより、スキンケアのようにずっと継続して続けることが大切になってきますよね。 短期間の体験でも十分に効果が実感できたのもは、他のホワイトニング歯磨き粉ではなかったですね。 しかも、お値段もポイントだと思います。 1人で使うのであれば正直2ヵ月はもちますので、定期購入であれば1ヵ月2,700円ほどでホワイトニングができます。 歯磨き粉の値段と思うとちょっと高いですが・・・ エイジングケアと思えばめっちゃ安いですよね! エイジングケア美容液なんか、1ヵ月1万円くらいはザラですから・・・。 それが、1週間試して このように、 少~しだけ黄ばみがマシになったんですよね! 「真っ白」にはまだまだ程遠いですが、濃い色の黄ばみが少しずつ薄くなってきています。 ビースマイルは歯のホワイトニング・アイテムをいろいろ取り扱っている専門メーカーなんですが、その中でも一番使いやすいのがこちらの「ビースマイル トゥース・ホワイトニング」だと思います。 ホワイトニング歯磨きジェル系は、効果が高い商品ほど「味がまずい」という傾向があると体験上感じたのですが、この「ビースマイル トゥース・ホワイトニング」はむしろ味が美味しいです! 味に関して言うとダントツ1位かもですね(笑) というのも、7歳の娘にも試してもらったところ、歯磨きできたのがこの「ビースマイル トゥース・ホワイトニング」だけだったんですよ。 どちらもオススメなんですが、値段が安かったほうを1位にしてみました!(笑) なぜお手頃価格の市販のホワイトニング歯磨き粉ではダメなの? 今回このホワイトニング歯磨き粉をいろいろ試して解ったことなんですが、やっぱり、ドラッグストアでよく見かけるようなお手頃価格の商品は(はっきり言うと1,000円以下の商品です)、 効果がほとんどなかったということです。 高価であれば効果が高いのかというと、決してそうではないですが、その中でも しっかりと考えられて配合された歯磨きジェルは、レベルが違うと思います。 ホワイトニング効果のある成分は安くないのです。 例えば、市販品で超有名な「アパガード」シリーズも、値段が高いものほど歯を白くする効果が高かったと実感しています。 私は専門家ではないので、成分のことについて詳しい事はわかりませんが、記事にまとめたので参考にしてもらえればと思います。 しかも、研磨剤が入っていないタイプだったら、「電動歯ブラシ」でも使えますのでより効果的に歯を白くすることができます。 でも歯垢や着色汚れを溶かして洗い流すタイプは、ほとんどが1,000円以上、高いものなら1万円を超えています。 これはさすがに高いと感じる方も多いでしょう。 しかし!! 私は何度もお伝えしたいのですが、 歯のホワイトニングは美容のエイジングケアの一つだと思うんです。 スキンケアにお金をかけるのに、なぜ歯を白く健康にするのにはお金をかけないのか。 それは、歯の黄ばみだけでなく、口臭もそうですし、歯周病の危険性も高まります。 歯の健康は、内臓の健康にも影響するといわれているのをご存知でしょうか? 40代50代にもなれば、 そのあたりも考えて歯磨き粉を選ぶべきだと思います。 少なくとも、ネットの口コミで評価数が多く好評価が高いものは、試してみる価値のあるものが多いです。 実際に私もそれを参考にして、市販のホワイトニング歯磨き粉を選びましたから(笑) 老化に悩んだり、エイジングケアをがんばっているなら、ぜひ歯のエイジングケアを真剣に考えてみませんか? 歯が白く健康であれば、それだけで5歳、いや10歳くらい若返って見えるんです! もちろん、肌、髪のツヤなども大切です。 でも歯だけが黄ばんでいたら・・・ 折角の努力も台無しなことは明確ですよね。 このランキングのホワイトニング歯磨き粉でなくてもいいと思います。 どのくらいの期間で歯が白くなる? 歯の汚れ具合、歯磨きの回数・量は個人によるもののため、期間について明確にはなっていないようです。 商品によっては約1ヵ月から効果を実感できるとあります。 電動ハブラシでも使用できる? 研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉は使用できるものがほとんどです。 (念のため電動歯ブラシの取り扱い説明書を確認したほうがよいです) Q. 普段の歯磨き粉の代わりに使ってもいい? 使用できます。 商品によっては、普段の歯磨き粉との併用を勧めているものもあります。 1日何回使用すればいいの? 1日1回~3回が一般的です。 歯の詰め物や差し歯があっても使える? ほとんどのホワイトニング歯磨き粉が使用できます。 子供にも使用できる? 基本的には使用できます。 ただし、アルコールを含んでいる歯磨き粉は6歳以上との指定があります。

次の

【歯を白くするグッズ特集】ホワイトニングランキングBEST10

歯 が 白く なる 歯磨き粉 市販

歯を白くする歯磨き粉で、本当に黄ばみが取れるの? 私の妻は、タバコを吸ったりしないのですが、歯が黄ばんでいました。 それが長年の悩みの種だったようですけど、どれだけしっかり歯を磨いても、その黄ばみは取れないので半ば諦めていたようです。 ただ、妻は「歯の黄ばみをなんとかしたい」などと言うわけでもなかったので、私も特に気にしてはいませんでした。 そんな訳で、妻の歯のことを気にかけていた訳ではないのですが、ある日、私がネットサーフィンをしていたとき、普通に歯磨きをするだけで「歯が白くなる」という商品を見つけました。 それで、その商品の口コミを調べてみたのですが、信用できそうな口コミはありませんでした。 その商品を売りたいがための「自作自演」みたいな口コミはありましたけど…。 でも、妻に「ダメ元で試してみるか?」と言うと、妻は少し迷っていましたけど、3ヶ月だけ試してみると言うので購入することにしました。 でも、2ヶ月目に入ると、以前よりは黄ばみが取れているようでした。 それが下記の画像です。 現在、商品を使い始めて2ヶ月半ほどです。 上記の画像を見比べると、完全に白くなった訳ではないですけど、確かに白くなってますよね。 おそらく、このまま続けていけば、もっと白くなっていくと思います。 だから、妻は納得できる白さになるまでは続けるつもりのようです。 ちなみに、その商品の詳細は、下記のリンク先で確認して下さいね。 妻は、これまでに似たような商品を3つ試したことがあったのですが、どれも効果を実感できませんでした。 その3つの商品は、3ヶ月続けただけでしたから、もっと続けていれば効果があったのかも知れないですけど…。 ただ、そうだとしても、2ヶ月目で効果が現れたのは、今回の商品だけですから、妻が手放せなくなったのは納得できます。 でも、その商品の値段は、1ヶ月分が5,500円もするんです。 歯磨き粉として考えると、かなり高額ですよね。 ただ、これまでに試したいずれの商品も似たような金額でしたから、この手の商品はそういうモノなのでしょうね。 それで、歯医者でやってくれるホワイトニングと比較すると、果たしてどちらが安いのか気になったので調べてみました。 その辺りのことは、次の章でご紹介しますね。 歯を白くする方法で一番費用が安いのは? まず、ホワイトニングについて簡単に説明しておきますね。 ホワイトニングとは、歯の表面に付いた着色成分を漂白する作業のことです。 ホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。 オフィスホワイトニングとは、歯医者さんでやってもらうホワイトニングで、ホームホワイトニングとは、自宅で自分で行うホワイトニングのことです。 ただ、一度ホワイトニングをしても、そのうち歯の表面は汚れて黄ばんできますから、黄ばみがヒドクなると、再度ホワイトニングをする必要があります。 それより、肝心な料金ですけど、ホワイトニングは保険が適用されません。 だから、歯医者さんによって、料金設定はバラバラです。 私が調べたところ、「料金」「白くなるまでの時間」「効果持続期間」は、概ね下記のような感じでした。 だから、マウスピースは使い続けることが出来るので、薬剤を追加購入して、定期的にホワイトニングすることになります。 その薬剤の費用は、1~2週間分で5,000円~10,000円ぐらいです。 ホームホワイトニングの効果持続期間は6ヶ月~1年ですから、そのスパンで薬剤を購入する必要があります。 なお、上記で紹介した通り、費用や効果持続期間にはバラつきがあります。 だから、費用は平均値で計算し、ホワイトニングは、1年で2回すると仮定して、年間の費用を計算しました。 そして、妻が使用した歯磨き粉の年間費用も載せましたので違いを見て下さい。 費用だけで見ると、妻が使用した歯磨き粉とホームホワイトニングは大差がないですよね。 だから、料金だけをみると、どちらを選ぶべきか迷いますよね。 でも、妻がホームホワイトニングを選ばなかった理由があります。 その辺りのことは、次の章で説明しますね。 ホワイトニングを選ばなかった理由は? オフィスホワイトニングやホームホワイトニングの最大のメリットは、即効性だと思います。 オフィスホワイトニングだと、1日で歯の黄ばみが無くなるんですから、このメリットは大きいですよね。 ただ、ホワイトニングでキレイになった歯は、効果持続期間が切れた瞬間に黄ばみ始める訳ではありません。 ホワイトニングをした日から、少しずつ黄ばんでいき、日に日に黄ばみがヒドクなっていきます。 だから、効果持続期間が切れるまで、真っ白な状態を維持できる訳ではないということです。 一方、妻が使用した歯磨き粉の場合、歯が白くなるまでに時間が掛かります。 でも、毎日歯を磨いているのですから、歯が白くなれば、そこからは白さを持続させることが出来る訳です。 要するに、即効性はあるけど、だんだん黄ばんでくる方法をとるか、即効性はないけど、一旦白くなれば、それを維持していける方法を取るかということです。 妻は、その違いを考慮して、いつも通り歯を磨くだけでいいのであれば、その方がいいと考えたようです。 それに、ホワイトニングの効果持続期間が半年だとしても、黄ばみ具合は人によって違いますから、3ヶ月ぐらいで再度ホワイトニングする必要が出てくる可能性もあります。 となると、費用も倍増する訳ですから、それを考えると、歯磨き粉で白くする方法が、結局は一番安上がりになると考えたようです。 なお、もうひとつ大きな問題も見つけてしまいました。 それは、一般的に行われているホワイトニングは、過酸化水素が使われているという点です。 この過酸化水素ですけど、人によっては、遺伝的に過酸化水素を体内で分解することが出来ない体質の人がいるそうで、そのような人を「無カタラーゼ症」というそうです。 無カタラーゼ症の人が、過酸化水素を体内に摂り込んでしまうと、進行性口腔壊死などの危険な疾患を招く危険性があるそうです。 だから、そのような人は、過酸化水素を用いたホワイトニングは絶対にしてはいけないということです。 過酸化水素水は、薄めたものがオキシドールとして販売されていますし、ホワイトニングで使用する過酸化水素も薄められていますから、安全だとされています。 でも、過酸化水素水は「危険物第6類」に指定されているものです。 だから、自宅で自分でホワイトニングをする場合は、容量を守らないと非常に危険な劇物なのです。 あと、もうひとつ気になる点があります。 それは、ホワイトニングで使用している薬剤は、人体に影響がないとされています。 でも、ホワイトニングの歴史は浅いので、ホワイトニングで使用する薬剤を長期間使用し続けた場合、どうなるかは、まだ誰にも分からないということです。 要するに、過酸化水素の摂取は、どの程度であれば大丈夫なのかを検証した調査結果はないので、たぶん大丈夫だろうということで使用されている訳です。 妻は素人ですから、その辺りの専門的な知識な持ち合わせていません。 でも、完全に安全であると立証できていないことは、やはり不安を払拭する理由がないので、使うことにためらいを持ったようです。 私だったら、大丈夫そうだから気にする必要はないんじゃないかなと思ってしまうのですが、妻は、もともと薬嫌いということもあって、特にそういうことに関しては過敏になってしまうようです…。 という訳で、ホワイトニングに関して、妻は下記の2点が気に気に入らなかったようです。 一旦、歯が白くなれば、歯磨きをしている限り元に戻らない• 体に悪い成分は使用されていない• 研磨剤が使用されていないので歯を痛めることがない ちなみに、妻が使用している歯磨き粉は、無臭でハッカのような成分は含まれていません。 だから、普通の歯磨き粉のようなスッキリ感がないんです。 そのため、妻は下記の画像のように、歯ブラシに普通の歯磨き粉を付けて、その上に歯が白くなる歯磨き粉を乗せて使っています。 これだと、歯を磨いた後の爽快感がありますからね。 最後に いかかでしたでしょうか。 妻の黄ばんでいた歯は、確かに白くなってきています。 ただ、1ヶ月分が5千円ぐらいですから、それを高いと感じるか安いと感じるかは、人によって違うと思います。 でも、歯磨きは毎日やっていることですから、特別なことをする訳じゃないので、三日坊主にならないですし、普通に歯磨きをするだけで、歯が白くなっていくのですから、試してみる価値はあるように思います。 ただ、妻の場合は、2ヶ月目から効果が出ましたけど、歯の黄ばみ具合は人によって違いますから、効果を実感できる期間は、人によって全く異なるのではないかと思います。 ちなみに、妻は、誰かと向き合って話をするとき、歯の黄ばみを気にせず話せるようになってきたらしく、それが嬉しいと言っていました。 でも、妻は歯を見られるのがイヤで、口元に手を当てる癖がついてしまっているのですが、その癖は、まだ直っていません。 歯が白くなってきても、長年の癖というモノは、簡単には直らないモノですね。

次の