マツダ 6 新型。 フルモデルチェンジ版・マツダ新型「Mazda6」は2022年後半に登場し、後輪駆動&直6エンジン&クーペスタイルになると報道。更にフロントマスクは「RX

フルモデルチェンジ版・マツダ新型「Mazda6」は2022年後半に登場し、後輪駆動&直6エンジン&クーペスタイルになると報道。更にフロントマスクは「RX

マツダ 6 新型

マツダのフラッグシップ・4ドアサルーン、『アテンザ』次期型に関する情報を入手した。 アテンザは、世界戦略車として2002年にデビュー。 2008年には、往来の2. 3リットルエンジンに代わりL5-VE型2. 5リットルエンジンを搭載する2代目を発表。 2012年には、「魂動」デザインを採用した現行モデルへとバトンタッチされている。 そして2020年、アテンザは史上最大の進化を遂げることになりそうだ。 マツダは、グローバル化強化のため『アクセラ』の車名を日本仕様でも『マツダ3』へ変更するとみられているが、アテンザも同様に『マツダ6』へと車名変更される可能性が高い。 そして最大の注目は、現行モデルのFFからFRへの変更だろう。 より官能的な走りを実現すると共に、次世代プラットフォーム「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」を採用、よりラグジュアリーな空間を提供してくれるはずだ。 パワートレインの目玉は、やはり「SKYACTIV-X」の投入だ。 さらに最高出力300ps以上を発揮する3. 0リットル直列6気筒ディーゼルツインターボ+電動スーパーチャージャー「SKYACTIV-D」の設定が予想され、燃費、走行性能が大幅に向上するだろう。 Spyder7スクープ班ではこれらの情報をもとに、予想CGを制作した。 FRモデルを想定し、フロントノーズはやや伸ばし、より前衛的なフォルムとリヤに向かうに連れワイド感を増したシルエットに。 Cピラー部分は若干傾斜し、クーペ風シルエットとした。 サイドスカート部は、張り出し部分とリヤ部分を切りあげたデザインとして軽快さをアピール。 フロントはグリル部分をワイドに。 またそれに繋がるライトは細くシャープなデザインで、アンダーグリルも車幅いっぱいまで伸ばし、迫力を演出、かつ踏ん張り感をもたせた。 ワールドプレミアは2019年には行われず、2020年秋と見ている。 《Spyder7編集部》.

次の

マツダ

マツダ 6 新型

この記事の内容• マツダ6の評価・評判を辛口チェック【MAZDA6】 出典: マツダ6は2012年に旧名アテンザとして販売が開始され、2015年5月と2019年の8月にマイナーチェンジされました。 2019年の8月に販売されたマツダ6は長年親しまれた名前が変わったので「フルモデルチェンジかな?」とも思わせます。 マツダが気合いを入れていることが、新しいマツダ6を見れば一目瞭然です。 では具体的に新型マツダ6がどのような車なのかをみていきましょう。 マツダ6の価格【MAZDA6】 マツダ6のグレードは多彩です。 5Lガソリンターボ)が追加されました。 新型マツダ6の車両本体価格は以下のようになっています。 マツダ6の車両本体価格はグレードによって設定されており、 セダンでもワゴンでも同じ車両本体価格です。 通常はワゴン車の方が車両価格が高くなるので、ワゴン車狙いの人にとってはお得な価格設定になっています。 2Lディーゼルエンジン XD 6AT FF 3,250,800円 6AT 4WD 3,488,400円 XD PROACTIVE 6AT FF 3,445,200円 6MT FF 3,499,200円 6AT 4WD 3,682,800円 6MT 4WD 3,736,800円 XD L Package 6AT FF 3,979,800円 6MT FF 6AT 4WD 4,217,400円 6MT 4WD 新型マツダ6は、マイナーチェンジ前モデルの旧アテンザより車両価格が約1~3万円高くなって販売を開始しました。 新しく設定された2. 5Lガソリンターボエンジン車は、2. 5Lガソリンエンジン車より約67万円も高い最上級モデルとして設定。 ただしベースモデルとなる2. 0Lガソリンエンジンでは、車両価格が284万円スタートとそこそこリーズナブルな価格設定のものもあります。 マツダ6のパワーユニットは4種類もあり 新型マツダ6のパワーユニットは以下の4種類と、選択の範囲が広くなっています。 <新型マツダ6のパワーユニット> エンジン 最高出力 最大トルク 直列4気筒2. 5Lターボ「SKYAVTIV-G2. 5L「SKYAVTIV-G2. 0L「SKYAVTIV-G2. 2Lディーゼルターボ「SKYAVTIV-D2. 5Lターボエンジン「SKYAVTIV-G2. 5T」が日本で登場しました。 このエンジンは、これまで海外仕様のマツダ6に搭載されていたものです。 またノンターボの2. 5Lエンジン「SKYAVTIV-G2. 5」には気筒休止システムが組み込まれていますので、高い走行性能を実現しているだけでなく、高い燃費性能を実現。 2Lディーゼルターボエンジン「SKYAVTIV-D2. 2」はCX-8に搭載されているエンジンを改良したことで出力・トルクともに向上しました。 走行システムには、次世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」を導入。 「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」は、フロントダンパーなどの改良に加え、「G-ベクタリングコントロール」 GVC 制御などのチューニングが施されています。 GVCは、運転中の操作に合わせてエンジンの駆動トルクを変化させ、車の前後・横の加速度を統合的コントロール。 タイヤの接地荷重を最適化してくれるため安定な走行を実現する世界初の制御技術なのです。 新型マツダ6の走り【MAZDA6】 新型マツダ6の走り GVC Plusでは、車両姿勢安定化制御が追加 出典: 2. 5Lターボエンジン「SKYAVTIV-G2. 5T」が搭載されている新型マツダ6は、海外で販売されているCX-9に搭載されているものですが、CX-9の車両重量が1,890kgあるのに対して新型マツダ6は1,570kgですので、快適に走れることは間違いありません。 また前述のGVCが搭載されていることにより、快適な走行性能を実現しながらも安定性についても実感することができるでしょう。 さらにGVC Plusでは、車両姿勢安定化制御が追加されることで、さらに安定性を高めているのです。 新型マツダ6は単に走行性能に優れた車というわけではなく、走行性能が向上した分、心配される安定性についても配慮された車ですのでより高い評価を受けています。 新型マツダ6のエクステリア・外観【MAZDA6】 2019年の8月マイナーチェンジでは、エクステリアには変更点はありません。 新型マツダ6のエクステリアは、コンセプト「Mature Elegance」(成熟したエレガンス)を土台とした大人の落ち着きを感じさせるデザインから上質さを感じることができます。 新型マツダ6はセダン、ワゴンともにフロントグリルが網目になっていることで高級感を漂わせています。 ヘッドライトやバンパーのデザインも一新されていますし、ホイールも19インチや17インチのアルミホイールが装着されていますのでスタイリッシュ感も満載です。 新型マツダ6のボディサイズは以下のようになっています。 ワゴンのほうが座席とラゲッジスペースがつながっている分、車内空間を広く感じることができますし、長いものを積むときや大きな荷物を積むときは、ワゴンのほうが使い勝手はいいでしょう。 普段は荷物を積む機会がほとんどなく、人が乗ることが多い場合はホイールベースが広いセダンをおすすめします。 このように新型マツダ6は、あなたのライフスタイルに合わせてボディ形状を選ぶことができるのです。 新型マツダ6のインテリア・内装はマツダデザインの最上級 出典: 最近のマツダデザインの最上級がマツダ6にあります。 新型マツダ6のインテリアは、マツダが初めて採用したシートベンチレーション機能を搭載。 後部座席のアームレストには小物入れや充電用のUSB端子が設定されています。 メーター中央部にはさまざまな情報を表示する高精細7インチTFT液晶モニターが搭載されており、アクティブ・ドライビング・ディスプレイの表示にはフロントウインドウ照射タイプを採用。 スマートフォンとの連携を図るために「Apple car play」「Android Auto」にも対応しているのです。 XD L Packageには新素材である「Ultrasuede nu」 ウルトラスエードヌー が世界で初めて採用され、新しい質感に新鮮さを感じます。 さらに本杢パネルが採用されていることで、高級車の雰囲気が感じることも。 5Lガソリンターボエンジンの「25T S Package」のインテリアはブラックで統一されており、スポーティさを超えて上質さが伝わってきます。 25T S Packageについては、ホイールまでブラック塗装されているほど、専用設定が徹底されているのです。 新型マツダ6の室内は、以下の大きさになっています。 マツダ6【MAZDA6】のカラーラインナップ マツダ6【MAZDA6】のカラーラインナップ 新型マツダ6のボディカラーラインナップは次の8種類です。 マツダといえばソウルレッドクリスタルメタリックがイメージカラーで、上品で一目引くボディカラーといえるでしょう。 新型マツダ6は、高級感を漂わせるホワイト系、ブラック系、シルバー系のカラーはもちろんのこと、ブルー系やレッドのカラーが用意されるなど、ターゲットが幅広くボディカラーを選択できるようになっています。 シートカラーはグレードによって制限されて、Lパッケージはナッパレザー・ピュアホワイト、ナッパレザー・オリエンタルブラウンの2色、Lパッケージ以外はクロス・ブラックの設定があります。 マツダ6の燃費性能 新型マツダ6の燃費性能は以下のようになっています。 <新型マツダ6の燃費性能> エンジン JC08 モード WLTCモード 複合 市街地 郊外 高速道路 直列4気筒2. 5Lターボ 「SKYAVTIV-G2. 5L 「SKYAVTIV-G2. 5」 14. 0L 「SKYAVTIV-G2. 0」 16. 2Lディーゼルターボ 「SKYAVTIV-D2. 最近では、より実燃費に近いWLTCモードが採用されるようになっており、市街地、郊外、高速道路など、車が走る環境に応じての燃費性能が細かく発表されているのです。 新型マツダ6は、ディーゼル車の燃費性能が良く、さらに使用燃料が軽油ですので、普段の燃料費を軽くすることができるでしょう。 「燃料費をあまり気にしない」「快適な走行性能が最優先だ」とお思いの方は、パワフルな2. 5Lターボ車がおすすめです。 マツダ6の安全装備 新型マツダ6はマツダの最上級車種だけあって、以下のようなさまざまな安全装備がついています。 その後学習したデータと実際の運転状況に大きな違いが出るとドライバーに休憩を促す。 直接確認しづらいエリアの安全確認をサポート。 新型マツダ6には、上記のような安全装備のほか、人的ミス・運転負荷を軽減する安全装備や、事故衝突被害を軽減する安全装備が搭載されています。 マツダはドライバーが安全に運転できる環境づくりを日々研究しており、今回発売された新型マツダ6にも、マツダの最新の安全装備が採用されたのです。 安全装備を過信するのはよくありませんが、充実した安全装備が搭載されていると、ドライバーや同乗者も安心して新型マツダ6に乗ることができるでしょう。 マツダ6の対抗車種は??【MAZDA6】 カムリは新型も人気 新型マツダ6には、セダンとワゴンがありますので、それぞれで対抗車種が異なります。 まずセダンの対抗車種としてはトヨタ・カムリが挙げられるでしょう。 スポーティかつ高級感漂う新型マツダ6ですが、カムリはトヨタ・クラウンに負けない高級感を放っています。 またカムリ・WSは、従来のロアグリルを一新し、フォグランプ周りを大型化したことでスポーティさを表現しました。 以下は、新型マツダ6と現行カムリのスペックを比較したものです。 7~5,9m 車両重量 1,510kg 1,540~1,600kg 新型マツダ6は、現行カムリとボディサイズの大差はありませんが、普段人が乗る室内については、室内長はカムリが長くなっていますが、室内幅は新型マツダ6のほうが広くなっています。 室内高はほぼ同じ寸法になっていますので、実際に新型マツダ6と現行カムリを試乗してみて、どちらのほうが居心地がいいかを確認する必要があるでしょう。 ワゴンの対抗車種としては、ホンダ・アコードワゴンや、スバル・レヴォーグが挙げられます。 最近ではワゴンタイプの車の人気が低迷する中、これら2車種の人気は高いものとなっているのです。 ここで、アコードワゴンとレヴォーグのスペックについて比較していきましょう。 4m 車両重量 1,510kg 1,480~1,600kg 1,540~1,570kg 新型マツダ6は、ボディサイズは他の2車種より大きいですが、室内空間に関してはレヴォーグが若干大きくなっていることが分かります。 ホイールベースは新型マツダ6が最も長いですので、車内の足元空間は新型マツダ6が一番大きいですので、車内でゆったりと過ごすことができるでしょう。 前述のように、これらのデータを参考にしていただき、採取的にはディーラーでそれぞれの車を乗り比べることで、より新型マツダ6の良さが見いだすことができます。 マツダ6の商談に行く前に… 人気の新型マツダ6を少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか? 一般の方は慣れないディーラーの価格交渉で、 百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。 そこで、 どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます! 値引きテクニック 【新車値引き裏ワザ】面倒でもディーラーに行く前に車の査定額を出しておく ディーラーへ商談に行く前に面倒でも下取り価格の調査をして行きましょう! ネットで手軽に査定できるので商談前に査定して、 ディーラーの下取り価格が適正なのかどうか判断ができるようにします。

次の

新型マツダ6(アテンザ) スペックまとめ!

マツダ 6 新型

マツダのフラッグシップ・4ドアサルーン、『アテンザ』次期型に関する情報を入手した。 アテンザは、世界戦略車として2002年にデビュー。 2008年には、往来の2. 3リットルエンジンに代わりL5-VE型2. 5リットルエンジンを搭載する2代目を発表。 2012年には、「魂動」デザインを採用した現行モデルへとバトンタッチされている。 そして2020年、アテンザは史上最大の進化を遂げることになりそうだ。 マツダは、グローバル化強化のため『アクセラ』の車名を日本仕様でも『マツダ3』へ変更するとみられているが、アテンザも同様に『マツダ6』へと車名変更される可能性が高い。 そして最大の注目は、現行モデルのFFからFRへの変更だろう。 より官能的な走りを実現すると共に、次世代プラットフォーム「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」を採用、よりラグジュアリーな空間を提供してくれるはずだ。 パワートレインの目玉は、やはり「SKYACTIV-X」の投入だ。 さらに最高出力300ps以上を発揮する3. 0リットル直列6気筒ディーゼルツインターボ+電動スーパーチャージャー「SKYACTIV-D」の設定が予想され、燃費、走行性能が大幅に向上するだろう。 Spyder7スクープ班ではこれらの情報をもとに、予想CGを制作した。 FRモデルを想定し、フロントノーズはやや伸ばし、より前衛的なフォルムとリヤに向かうに連れワイド感を増したシルエットに。 Cピラー部分は若干傾斜し、クーペ風シルエットとした。 サイドスカート部は、張り出し部分とリヤ部分を切りあげたデザインとして軽快さをアピール。 フロントはグリル部分をワイドに。 またそれに繋がるライトは細くシャープなデザインで、アンダーグリルも車幅いっぱいまで伸ばし、迫力を演出、かつ踏ん張り感をもたせた。 ワールドプレミアは2019年には行われず、2020年秋と見ている。 《Spyder7編集部》.

次の