修学 支援 新 制度。 高等教育の修学支援新制度|高等教育の修学支援新制度|7. 学費|air U(エアー・ユー)学習ガイド

高等教育の修学支援新制度|高等教育の修学支援新制度|7. 学費|air U(エアー・ユー)学習ガイド

修学 支援 新 制度

年収の目安として、「両親と大学生、中学生」のモデル世帯で、 年収380万円未満が対象といわれています。 が、 収入ではなく、学生および生計維持者(父母)の課税標準額をもとにした審査となるので、「両親と大学生、中学生」の世帯で、 年収380万円を超えていても対象となる場合があります。 確かな金額など 授業料等減免制度については、 各学校の学生課 や、 奨学金窓口 に問い合わせてみてください。 日本学生支援機構奨学金相談センター 電話:0570-666-301(月~金,9:00 ~20:00) *土日祝日,年末年始を除く。 通話料がかかります。 *給付型奨学金のほか,貸与型奨学金や返還のご相談も可能です。 自身が対象となるか、大まかに調べるには、が便利かとおもいます。 世帯の収入がどのくらいか• 進学先の学校の種類(大学か、短期大学か、高等専門学校か、専門学校か)• 自宅から通うか、一人暮らしか などによって異なります。 [ 貸与型奨学金に関すること] 奨学事業係 電話:03-5253-4111(代表)(内線 3051) e-mail::gakushi mext. jp 奨学金の制度(給付型) 新しい奨学金制度がスタートした、この高等教育の修学支援新制度は、成績だけで判断せず、しっかりとした「学ぶ意欲」があれば支援を受けることができます。 また、給付型奨学金の対象となれば、大学・専門学校等の授業料・入学金も免除又は減額されます。 高等教育の修学支援新制度の注意点 この高等教育の修学支援新制度は、 国の給付型奨学金と学費の減免はセットとなっています。 そのため、給付型奨学金に採用されても、進学先の大学等が減免認定校でなければ、両方の支援制度が受けられないのでご注意ください。 2020年度に申込を希望する方は以下のリーフレットをご確認ください。 【高校生等対象】リーフレット 出典:(PDF) 【大学生等対象】リーフレット 出典:(PDF) 緊急採用(第一種奨学金/利息の無いタイプ)・応急採用(第二種奨学金/利息が付くタイプ) 現下のきびしい経済状況等を考慮し、失職、破産、事故、病気、死亡等、もしくは火災、風水害等の災害等、又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金の必要が生じた場合は、次により奨学生として採用されます。 補足 「短期大学・大学・大学院・専修学校(専門課程)・高等専門学校」に在学中の方が対象です。 予約採用は本制度の対象外となるので、現在高等学校に在学中の方は、緊急採用・応急採用に申し込むことはできません。 緊急採用(第一種奨学金)/ 利息の無いタイプ 申込先 現在在学している学校で申込みをしてください。 採用時期 年間を通じて随時。 対象者 失職・破産・事故・病気・死亡もしくは火災・風水害等の災害等又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められ、家計急変の事由が発生してから12か月以内である者。 休学中、留年中(過去の休学が事由によるものは除く)、留学中の人は、申込みできません。 また、外国籍の人は申込資格に制限がありますので、必ず学校に確認してください。 災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望される方 災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望される方は、該当者全員の推薦を受け付けます。 また、災害救助法の適用を受けない近隣の地域で、同等の災害にかかった世帯の学生・生徒並びに同地域に勤務し勤務先が被災した世帯の学生・生徒で同等の災害にかかったものについても、採用できる場合がありますので、いずれの場合も学校窓口にご相談ください。 大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程) 1.学力基準 以下のいずれかに該当する者。 大学等における学業成績が、平均水準以上である者• 特定の分野において特に優れた資質・能力を有する者• 大学等における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある者• その他特別の理由により、緊急採用の対象とすることが必要であると学校長が特に認める者 2.家計基準 以下のいずれかに該当する者。 家計急変の事由が生じたことによりその後1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実である者• 家計急変の事由により、申込者の属する世帯の年間の支出額が著しく増大した場合、又は年間の収入額が著しく減少した場合、その他家計急変の事由により、緊急採用が必要と学校長が特に認める者 大学院 1.学力基準• 大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者 2.家計基準 以下のいずれかに該当する者。 家計急変の事由が生じたことにより、その後1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実であると認められる者• その他家計急変の事由により、緊急・応急採用が必要と特に認められる者 貸与始期・貸与終期 貸与始期 入学月を限度として家計急変の事由が発生した月以降で申込者が希望する月。 貸与終期 採用年度末まで。 ただし、1年ごとに「緊急採用奨学金継続願」を提出することにより、修業年限を限度として延長することができます。 詳細は現在在学している学校に問い合わせてください。 貸与月額 第一種奨学金(第一種奨学金)/ 利息の無いタイプ の貸与月額(平成30年度以降入学者)は、次のとおりです。 複数の金額が設定されている場合は、いずれかを選択できます。 それぞれ以下のページによりご確認ください。 自宅外通学について 2020年4月から実施される新たな給付奨学金制度においては、自宅外通学の要件(実家から大学等までの通学距離、通学時間等)のいずれかに該当する場合のみ自宅外月額の支給を受けることができます。 【 定義】• 「自宅通学」とは、学生等本人が生計維持者(原則父母)と同居している(またはこれに準ずる)と認められる場合をいいます。 「自宅外通学」とは、「自宅通学」に該当しない場合であり、学生等本人の居住に係る家賃が発生し、かつ自宅外月額の要件(実家から大学等までの通学距離、通学時間等)のいずれかに該当する場合をいいます。 なお、「自宅外通学」の各要件を満たさないことが判明した場合は、原則として満たさなくなった時点に遡って「自宅月額」へ変更します。 大学 2. 短期大学 3. 大学院 4. 高等専門学校 5. 専修学校(専門課程 6. 通信教育課程 1. 通信教育課程 通信教育課程については、学校の奨学金窓口にお問い合わせください。 採用時期 年間を通じて随時。 対象者 失職・破産・事故・病気・死亡もしくは火災・風水害等の災害等又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められ、家計急変の事由が発生してから12か月以内である者。 また、外国籍の人は申込資格に制限がありますので、必ず学校に確認してください。 災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望される方 災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望される方は、該当者全員の推薦を受け付けます。 また、災害救助法の適用を受けない近隣の地域で、同等の災害にかかった世帯の学生・生徒並びに同地域に勤務し勤務先が被災した世帯の学生・生徒で同等の災害にかかったものについても、採用できる場合がありますので、いずれの場合も学校窓口にご相談ください。 大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)• 今後とも家計急変の事由が生じたことによる経済困難が継続すると見込まれる者• 学力及び家計を総合的に判断し学校長が緊急に奨学金を必要と認める者 大学院 1.学力基準• 大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者 2.家計基準 以下のいずれかに該当する者。 家計急変の事由が生じたことにより、その後1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実であると認められる者• その他家計急変の事由により、緊急・応急採用が必要と特に認められる者 貸与始期・貸与終期 貸与始期 家計急変の事由が発生した月または採用年度の4月以降で申込者が希望する月。 ただし、入学した月より前に遡って貸与を受けることはできません。 貸与終期 標準修業年限が終了するまで。 貸与月額 第二種奨学金(第二種奨学金)/(利息が付くタイプ)の貸与月額は、次のとおりです。 複数の金額が設定されている場合は、いずれかを選択できます。 (ただし、第二種奨学金(海外)の場合、大学の医・歯・薬・獣医学課程の増額、大学院の法科大学院法学課程の増額はできません。 ) 1. 短期大学 月額20,000円~120,000円(10,000円刻み) 3. 高等専門学校 本科1~3年生 第二種奨学金は対象外です。 本科4,5年生・専攻科 月額20,000円~120,000円(10,000円刻み) 5. 支援対象ではないと通知がきた。 想定より、支給額が少なかった。 4月から始まる新制度(授業料等減免・給付型奨学金)については、9月頃に申込みをすれば、(以前、所得の基準を満たさずに支援対象外となった人も)新たに10月分からの支援の対象となる可能性があります。 いずれの場合も、申込受付は、学校を通じて行います。 授業料の支払いに困っている。 生活費に困っている。 料金は本人負担となります。 ご承知おきください。 繋がりにくい場合は、お手数ですが時間をおいておかけ直しください。

次の

【2020年4月から】「高等教育の修学支援新制度」がスタート! 制度の概要、対象者、給付額、注意点を解説します。 | マネーの達人

修学 支援 新 制度

年収の目安として、「両親と大学生、中学生」のモデル世帯で、 年収380万円未満が対象といわれています。 が、 収入ではなく、学生および生計維持者(父母)の課税標準額をもとにした審査となるので、「両親と大学生、中学生」の世帯で、 年収380万円を超えていても対象となる場合があります。 確かな金額など 授業料等減免制度については、 各学校の学生課 や、 奨学金窓口 に問い合わせてみてください。 日本学生支援機構奨学金相談センター 電話:0570-666-301(月~金,9:00 ~20:00) *土日祝日,年末年始を除く。 通話料がかかります。 *給付型奨学金のほか,貸与型奨学金や返還のご相談も可能です。 自身が対象となるか、大まかに調べるには、が便利かとおもいます。 世帯の収入がどのくらいか• 進学先の学校の種類(大学か、短期大学か、高等専門学校か、専門学校か)• 自宅から通うか、一人暮らしか などによって異なります。 [ 貸与型奨学金に関すること] 奨学事業係 電話:03-5253-4111(代表)(内線 3051) e-mail::gakushi mext. jp 奨学金の制度(給付型) 新しい奨学金制度がスタートした、この高等教育の修学支援新制度は、成績だけで判断せず、しっかりとした「学ぶ意欲」があれば支援を受けることができます。 また、給付型奨学金の対象となれば、大学・専門学校等の授業料・入学金も免除又は減額されます。 高等教育の修学支援新制度の注意点 この高等教育の修学支援新制度は、 国の給付型奨学金と学費の減免はセットとなっています。 そのため、給付型奨学金に採用されても、進学先の大学等が減免認定校でなければ、両方の支援制度が受けられないのでご注意ください。 2020年度に申込を希望する方は以下のリーフレットをご確認ください。 【高校生等対象】リーフレット 出典:(PDF) 【大学生等対象】リーフレット 出典:(PDF) 緊急採用(第一種奨学金/利息の無いタイプ)・応急採用(第二種奨学金/利息が付くタイプ) 現下のきびしい経済状況等を考慮し、失職、破産、事故、病気、死亡等、もしくは火災、風水害等の災害等、又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金の必要が生じた場合は、次により奨学生として採用されます。 補足 「短期大学・大学・大学院・専修学校(専門課程)・高等専門学校」に在学中の方が対象です。 予約採用は本制度の対象外となるので、現在高等学校に在学中の方は、緊急採用・応急採用に申し込むことはできません。 緊急採用(第一種奨学金)/ 利息の無いタイプ 申込先 現在在学している学校で申込みをしてください。 採用時期 年間を通じて随時。 対象者 失職・破産・事故・病気・死亡もしくは火災・風水害等の災害等又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められ、家計急変の事由が発生してから12か月以内である者。 休学中、留年中(過去の休学が事由によるものは除く)、留学中の人は、申込みできません。 また、外国籍の人は申込資格に制限がありますので、必ず学校に確認してください。 災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望される方 災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望される方は、該当者全員の推薦を受け付けます。 また、災害救助法の適用を受けない近隣の地域で、同等の災害にかかった世帯の学生・生徒並びに同地域に勤務し勤務先が被災した世帯の学生・生徒で同等の災害にかかったものについても、採用できる場合がありますので、いずれの場合も学校窓口にご相談ください。 大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程) 1.学力基準 以下のいずれかに該当する者。 大学等における学業成績が、平均水準以上である者• 特定の分野において特に優れた資質・能力を有する者• 大学等における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある者• その他特別の理由により、緊急採用の対象とすることが必要であると学校長が特に認める者 2.家計基準 以下のいずれかに該当する者。 家計急変の事由が生じたことによりその後1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実である者• 家計急変の事由により、申込者の属する世帯の年間の支出額が著しく増大した場合、又は年間の収入額が著しく減少した場合、その他家計急変の事由により、緊急採用が必要と学校長が特に認める者 大学院 1.学力基準• 大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者 2.家計基準 以下のいずれかに該当する者。 家計急変の事由が生じたことにより、その後1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実であると認められる者• その他家計急変の事由により、緊急・応急採用が必要と特に認められる者 貸与始期・貸与終期 貸与始期 入学月を限度として家計急変の事由が発生した月以降で申込者が希望する月。 貸与終期 採用年度末まで。 ただし、1年ごとに「緊急採用奨学金継続願」を提出することにより、修業年限を限度として延長することができます。 詳細は現在在学している学校に問い合わせてください。 貸与月額 第一種奨学金(第一種奨学金)/ 利息の無いタイプ の貸与月額(平成30年度以降入学者)は、次のとおりです。 複数の金額が設定されている場合は、いずれかを選択できます。 それぞれ以下のページによりご確認ください。 自宅外通学について 2020年4月から実施される新たな給付奨学金制度においては、自宅外通学の要件(実家から大学等までの通学距離、通学時間等)のいずれかに該当する場合のみ自宅外月額の支給を受けることができます。 【 定義】• 「自宅通学」とは、学生等本人が生計維持者(原則父母)と同居している(またはこれに準ずる)と認められる場合をいいます。 「自宅外通学」とは、「自宅通学」に該当しない場合であり、学生等本人の居住に係る家賃が発生し、かつ自宅外月額の要件(実家から大学等までの通学距離、通学時間等)のいずれかに該当する場合をいいます。 なお、「自宅外通学」の各要件を満たさないことが判明した場合は、原則として満たさなくなった時点に遡って「自宅月額」へ変更します。 大学 2. 短期大学 3. 大学院 4. 高等専門学校 5. 専修学校(専門課程 6. 通信教育課程 1. 通信教育課程 通信教育課程については、学校の奨学金窓口にお問い合わせください。 採用時期 年間を通じて随時。 対象者 失職・破産・事故・病気・死亡もしくは火災・風水害等の災害等又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められ、家計急変の事由が発生してから12か月以内である者。 また、外国籍の人は申込資格に制限がありますので、必ず学校に確認してください。 災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望される方 災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望される方は、該当者全員の推薦を受け付けます。 また、災害救助法の適用を受けない近隣の地域で、同等の災害にかかった世帯の学生・生徒並びに同地域に勤務し勤務先が被災した世帯の学生・生徒で同等の災害にかかったものについても、採用できる場合がありますので、いずれの場合も学校窓口にご相談ください。 大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)• 今後とも家計急変の事由が生じたことによる経済困難が継続すると見込まれる者• 学力及び家計を総合的に判断し学校長が緊急に奨学金を必要と認める者 大学院 1.学力基準• 大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者 2.家計基準 以下のいずれかに該当する者。 家計急変の事由が生じたことにより、その後1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実であると認められる者• その他家計急変の事由により、緊急・応急採用が必要と特に認められる者 貸与始期・貸与終期 貸与始期 家計急変の事由が発生した月または採用年度の4月以降で申込者が希望する月。 ただし、入学した月より前に遡って貸与を受けることはできません。 貸与終期 標準修業年限が終了するまで。 貸与月額 第二種奨学金(第二種奨学金)/(利息が付くタイプ)の貸与月額は、次のとおりです。 複数の金額が設定されている場合は、いずれかを選択できます。 (ただし、第二種奨学金(海外)の場合、大学の医・歯・薬・獣医学課程の増額、大学院の法科大学院法学課程の増額はできません。 ) 1. 短期大学 月額20,000円~120,000円(10,000円刻み) 3. 高等専門学校 本科1~3年生 第二種奨学金は対象外です。 本科4,5年生・専攻科 月額20,000円~120,000円(10,000円刻み) 5. 支援対象ではないと通知がきた。 想定より、支給額が少なかった。 4月から始まる新制度(授業料等減免・給付型奨学金)については、9月頃に申込みをすれば、(以前、所得の基準を満たさずに支援対象外となった人も)新たに10月分からの支援の対象となる可能性があります。 いずれの場合も、申込受付は、学校を通じて行います。 授業料の支払いに困っている。 生活費に困っている。 料金は本人負担となります。 ご承知おきください。 繋がりにくい場合は、お手数ですが時間をおいておかけ直しください。

次の

助けてください。修学支援新制度について。質問=修学支援新制度に関...

修学 支援 新 制度

Contents• 大学・短大1043校、専門学校1688校が無償化の対象 文部科学省が機関要件確認者として確認を行った大学等の一覧は、文部科学省のホームページにあるで確認できます。 大学・短期大学は1043校(全体の97. 1%)、高等専門学校は57校(全体の100%)、専門学校は1688校(全体の62. 2%)が高等教育無償化の対象校となり、一方で私立の大学・短大31校と国公私立の専門学校1024校は申請見送りなどの理由で対象外となりました。 大学無償化(高等教育の修学支援新制度)の在学生の手続きはいつ? 大学無償化(高等教育の修学支援新制度)に関して、現在、高校生等で、2020年度に進学を予定している方の2019年度の申込は終了しております。 (進学後にも申し込むことができます。 ) 画像引用:独立行政法人日本学生支援機構HP 上記の図のように、大学無償化は「授業料・入学金の免除、減額」と「給付型奨学金の支給」の二本立ての制度です。 授業料・入学金の免除又は減額は確認大学等が、給付型奨学金の支給は日本学生支援機構が行います。 大学等に在学されている方についても、2020年度から支援を受けるためには、在学している大学等に申込みを行うことになります。 減免に関する最初の申込みの手続きが始まるのは、本年(2019年)の11月頃以降、各大学等が定める時期となります。 申込手続の時期や方法は各大学等で異なりますので、在学している大学等にお問合せください。 既に大学等に進学している在学生については、2019年11月が申込期間です。 学校毎に締切が異なるので、詳細は学校にご確認ください。 画像引用元:独立行政法人日本学生支援機構HP 大学入学前の手続きに間に合わなかった人はどうなる? 現在、高校生等で、2020年度に進学を予定している方の2019年度の申込は終了しています。 2019年度の申し込みに間に合わなかった人は、大学等へ進学後にも申し込むことができます。 高等学校における予約採用手続きに申込できなかった場合であっても、入学時に、進学先の大学等で申し込むこともできますので、具体的な提出書類や申込期限について、進学先の大学等に確認してください。 なお、給付型奨学金と授業料等減免は同時に支援を受けることができますが、別途の申込が必要ですので、進学先の学校において、給付型奨学金と授業料等減免の両方にお申込みが必要です。 また、1年次の4月分から支援を受けるためには、進学後すぐに手続きを行う必要がありますので、入学前であっても、必要書類など確認し、事前に準備を始めておかれることをオススメします。 (進学後すぐに大学等の定める期限内に申請を行った場合には、4月分に遡って支援を受けられます。 ) 令和2年4月から実施の高等教育の修学支援新制度の概要 高等教育の修学支援新制度の概要は、• 授業料等の減免(入学金と授業料の免除または減額)• 給付型奨学金(返還が不要な奨学金) という2つの支援を合わせることにより安心して学んでもらおうというものです。 支援対象となる学校種は、大学・短期大学・高等専門学校(4年・5年)・専門学校です。 支援対象となるのは、住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生です。 今回の高等教育無償化では返済義務のない給付型奨学金と授業料減免制度による支援になるので、制度を利用することによる本人の負担は一切ありません。 まとめ 2020年4月開始の大学無償化(高等教育の修学支援新制度)最新情報をお伝えしました。 大学等における修学の支援に関する法律(令和元年法律第8号)による修学支援の対象機関となる大学等(確認大学等)が令和元年9月20日に文部科学省より発表された• 在学生の手続きは2019年11月1日~11月30日(大学等により締め切りが異なります。 2019年度中に申請できなかった人は、大学等進学後に進学先で手続きできる いくつかの大学の奨学金のページを確認しましたが、2019年10月9日現在、新しい制度の手続きについて記載されたものは見つかりませんでした。 秋期授業開講後、説明会の予定がある・・などと記載されている大学もありました。 日本学生支援機構のHPに、「2020年度に進級を予定している者の申込方法の詳細については、10月中旬頃に更新を予定しています。 」と記載がありますので、詳細が分かり次第、情報をUPしていきます。 今後を考える 大学無償化の制度は所得制限など対象者が限られる点で、賛否両論あるようです。 いずれにしても、教育費の準備など自助努力も必要です。 こうした中、私は、先を見越して何をしたらいいのかと考えている人向けに、無料のメールマガジンを配信しています。 選択肢のひとつ、解決策の一助になれば幸いです。 以下から無料で登録できます。

次の