宅 建 平成 30 年 解説。 平成30年(2018)の宅建試験の法改正を解説!

【宅建過去問】(平成30年問05)事務管理

宅 建 平成 30 年 解説

Aは、隣人Bの留守中に台風が接近して、屋根の一部が壊れていたB宅に甚大な被害が生じる差し迫ったおそれがあったため、Bからの依頼なくB宅の屋根を修理した。 この場合における次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。 Aは、Bに対して、特段の事情がない限り、B宅の屋根を修理したことについて報酬を請求することができない。 Aは、Bからの請求があったときには、いつでも、本件事務処理の状況をBに報告しなければならない。 Aは、B宅の屋根を善良な管理者の注意をもって修理しなければならない。 AによるB宅の屋根の修理が、Bの意思に反することなく行われた場合、AはBに対し、Aが支出した有益な費用全額の償還を請求することができる。 事務管理(民法[なし]) 年-問-肢 内容 正誤 1 [Aは、隣人Bの留守中に台風が接近して、屋根の一部が壊れていたB宅に甚大な被害が生じる差し迫ったおそれがあったため、Bからの依頼なくB宅の屋根を修理した。 ]Aは、Bに対して、特段の事情がない限り、B宅の屋根を修理したことについて報酬を請求することができない。 ]Aは、Bからの請求があったときには、いつでも、本件事務処理の状況をBに報告しなければならない。 ]Aは、B宅の屋根を善良な管理者の注意をもって修理しなければならない。 ]AによるB宅の屋根の修理が、Bの意思に反することなく行われた場合、AはBに対し、Aが支出した有益な費用全額の償還を請求することができる。 Bの意思に反する弁済ではないとして、AがDに支払った200万円につき、AがBに対して支払いを求める場合」、債権が契約に基づいて発生している。 委任契約を締結した場合でも、特約がない限り、受任者は報酬を請求することができません(民法[32]2 1 、同法648条)。 契約関係を前提としていない事務管理で、報酬を請求できるのは、おかしな結論です。 2 正しい 管理者による報告に関し、民法の事務管理に関する規定(同法701条)は、委任に関する規定(同法645条)を準用しています。 したがって、Aは、Bの請求を受けたときは、いつでも事務管理の状況を報告しなければなりません。 3 誤り 緊急事務管理を行う場合、管理者は、悪意又は重大な過失がある場合に限って、責任を負います(民法698条)。 善良な管理者の注意義務を負うのではありません。 4 正しい 管理者の事務管理が本人の意思に反していない場合、管理者は、本人のために支出した有益な費用の全額について償還を請求することができます(民法702条1項)。

次の

【宅建過去問】(平成30年問05)事務管理

宅 建 平成 30 年 解説

Contents• 商業地及び全用途平均は、 3年連続で 上昇。 大阪圏は、住宅地はわずかな上昇だが、 商業地の 上昇率は三圏で最も 高い。 商業地は26年ぶりに上昇 住宅地は下落幅縮小が継続。 商業地は 26年ぶりに上昇に転じ、 全用途平均でも 下落を脱した。 建築着工統計 ほぼ毎年、宅建士試験に出題されている重要項目です。 宅建士試験の出題は「 年計」が多いが、両方の対策が必要。 平成 29 年の新設住宅着工戸数 概要 :年計 平成 29 年の新設住宅着工は、「 貸家」及び「 分譲住宅」は 増加したが、 持家が 減少したため 全体で 減少となった。 ・住宅地、工業用地等の宅地は約 194 万 ha ・道路は約 139 万 ha ・水面・河川・水 路が約 133 万 ha ・原野等が約 34 万 ha 参照:「平成 29 年度土地に関する動向・平成 30 年度土地に関する基本的施策」より 法人企業統計 財務省が発表する数値をとりまとめたもので、平成30年の今年は平成28年度分の資料が最新になります。 不動産業は非製造業の区分に入り、建設業に比べると小さいですが規模の大きい業界です。 売上高は、平成25年、26年は減少でしたが、27年から 連続増えています。 今まで宅建試験には、売上高と経常利益率の数字が出ているので、増減の数値の推移をおさえて下さい。 平成 25 年 10 月1日現在における我が国の総住宅数は 6063 万戸、 総世帯数は 5245 万世帯。 平成 20 年比:総住宅数は 304 万戸、5. (5年前に比べるとそれぞれ増加している) また、第1回調査が行われた昭和 23 年の総住宅数: 1391 万戸 その後の 65 年間で 約 4. 4 倍に増加。 16 戸。 特に近年では、地方の空き家が問題になっている。 (参照:「平成25年住宅・土地統計調査 総務省統計局 平成27年2月26日公表」より) 指定流通機構の活用状況について 指定流通機構の新規登録件数などが宅建試験に出題される可能性が高いです。 指定流通機構制度とは 指定流通機構制度とは、 一定の媒介契約を締結した宅地建物取引業者に対し、国土交通大臣が指定する 不動産流通機構に不動産物件情報を登録し、オンラインシステム レインズ を通じて物件情報の交換を行うことを 義務付けるものです。 平成 2 年 5 月よりスタートした。 現在、全国で4指定流通機構 が不動産取引に活用。 これにより、迅速な不動産取引の成立や、適正な価格付け等が期待 される。 【指定流通機構の 新規登録件数】 【平成 29 年の 新規登録件数の合計】 5,369,841 件 前年 比 1.

次の

平成30年

宅 建 平成 30 年 解説

年度別の宅建試験問題です。 50問の通し問題のため難問も混ざっていますので気をつけてください。 中級者用です。 年度別の宅建試験問題と解説 宅建業法で個数問題、細かい肢が増え合格点を下げてきました。 受験者数も多く、宅建試験史上最高の合格点を更新=37点。 受験者数が久しぶりに20万人を超えました。 難問もサービス問題も少なく、バランスの良い年でした。 この年から「宅建士」試験となりました。 士業試験となる前、最後の「宅建」試験。 宅建業法等は易しく、権利関係に難問が増えてきました。 宅建業法に正確な知識を要する個数問題が増えてきました。 2択までは絞れるやらしい問題、ひっかけが増えてきました。 全体的にかなり簡単で、落とせない問題が多めでした。 宅建業法が20問になるなど 現在と同じ出題形式になりました。 この年まで、現在の宅建試験と出題割合が少し異なります。 易しめですが、受験者数20万人を超えて合格点も高い年でした。 各予備校で解答が割れる問題があった波乱を呼んだ年でした。 5点免除制度が緩和され、不動産業者の合格率が上がりました。 この年まで、法令上の制限が10問も出題されていました。 宅建インプリの販売を開始して合格者を多数輩出! この年から、宅建試験の申込みが郵送でも可能となりました。 合格点が上がり、この頃から宅建難易度が上がった気がします。 合格率15%前後の30点で合格が続いた宅建試験安定期。 問題文も短く、単純知識で解ける問題が多かった時代。 難問=単にマイナー知識で、ひっかけ問題はまだ少ない時代。 5点免除制度スタート。 以下、 宅建業法のみ公開中です。 この年まで、現在の宅建試験と出題順等が大きく異なります。 この年まで、宅建受験に高校卒業などの資格制限がありました。 宅建豆知識:昭和63年までマークシートではなく手書き解答。 宅建豆知識:宅建試験開始当初の受験料は500円。 宅建豆知識:過去最高の合格率は昭和34年の 98. 50問の出題で過去最低の合格点= 26点を記録している年。 宅建豆知識:昭和40年までは 宅地建物取引員と呼ばれていた。

次の