豚汁 ダイエット。 豚汁ダイエットで痩せる?豚汁ダイエットのポイントとおすすめダイエットレシピ3選

豚汁ダイエットで痩せる?豚汁ダイエットのポイントとおすすめダイエットレシピ3選

豚汁 ダイエット

冬は温かい味噌汁や熱々の鍋料理、正月のお雑煮など、なにかと誘惑が多い季節です。 でも来年の春におしゃれを楽しむためには、冬の間の努力が欠かせません。 そこで今回は冬の定番料理である豚汁のダイエットレシピをご紹介します。 豚汁ダイエットのポイント 豚汁の1番の強みは腹持ちの良さと栄養バランスです。 このため豚汁ダイエットは「いかに1杯の豚汁だけで満足できるか」がポイントとなります。 もちろんダイエットなので、カロリーをできる限り下げるのが前提です。 つまり具材1つ1つのカロリーを落として、グラム量を減らさない工夫が重要なのです。 普通の豚汁のカロリーってどれくらい? 豚汁は野菜が豊富で栄養価が高い一方、カロリーはそこまで低くありません。 1人分(約267g)でおよそ172kcalと言われています。 つまりカロリーのみを考えると、豚汁は一見ダイエットに向かない料理のように思えます。 しかし豚汁は食べ方を工夫することで、ダイエット向き料理に早変わりします。 豚汁の具材100gあたりのカロリー 今回の記事でご紹介するレシピでは、100gあたりのカロリーを以下のように計算していますので、この記事が何をもってカロリー削減と言っているのか、気になる方は以下を参考にしてみて下さい。 にんじん36kcal、大根18kcal、こんにゃく5kcal、ゴボウ58. 豚バラ肉は豚汁1人前で約25g使います。 しかし豚バラ肉のカロリーは100gあたり386kcalもあり、豚汁に25g入れると、それだけで96. 5kcalです。 これを削減できれば、かなりのダイエット効果が見込めます。 材料(1人分) にんじん20g、大根20g、こんにゃく20g、ゴボウ20g、だし汁100g、合わせ味噌10gと、豚肉の赤身の薄切り25g。 おからは、カロリーがとっても低いというわけではありませんが、栄養価の高さと圧倒的な腹持ちの良さが特徴的な食材です。 少量でお腹がいっぱいになれば、結果的にダイエットにつながるというわけです。 鍋底に敷く油の量は鍋の大きさにもよりますが、一般的には約大さじ1杯だと言われています。 そして油大さじ1杯が含むカロリーは約110kcalです。 もちろんその油全てを摂取するわけではありませんが、出来る限り摂取したくないですよね。 では、油を使わずに焦げ付きを防ぐ方法をご紹介します。 5、水10、ネギ、厚揚げもしくはこんにゃくです。 具材の横の数字は具材の相対量を表しています。 ネギと、厚揚げもしくはこんにゃくはお好みで入れると良いでしょう。 大根とにんじんはイチョウ切り、ゴボウは斜め切り、ネギは小口切り、厚揚げと豚肉は適当に一口大に切ると良いでしょう。 必要に応じて顆粒出汁とお酒を加えても良いかもしれません。 具材に火が通ったら、もう半分の味噌を加えて完成です。 油を使わずに焦げ付きを防ぐポイントは、下茹でです。 野菜も肉も茹でてしまうことで、鍋底の焦げ付きを防ぐほか、出汁も取れます。 基本的には下茹でで出た出汁を使うので、ちょっと経済的です。 最後に 今回は豚汁のダイエットレシピを3つご紹介しました。 ダイエットに大切なのは断食ではなく、いかに満足と栄養を保ちながら、カロリーを削減できるかです。 その点、腹持ちと栄養バランスが強みの豚汁は、ダイエット効果の高い料理だといえるでしょう。 今回の記事に載せたレシピには、豚汁のダイエット効果を活かす工夫がたくさんあります。 満足できる豚汁ダイエットレシピを探すときは、ぜひこの記事のレシピも参考にしてみて下さい。

次の

ファミマでダイエット 10種類具材の豚汁の糖質とカロリーと食べた感想

豚汁 ダイエット

豚肉(35g)…89kcal 豆腐(15g)…12kcal こんにゃく(10g)…1kcal ごぼう(4g)…3kcal 大根(10g)…3kcal 長ネギ(2g)…1kcal サラダ油(5g)…18kcal 味噌(20g)…43kcal かつおだし(200g)…4kcal 引用:文部科学省 豚汁一杯のカロリーはお椀の大きさによって変わる 豚汁のカロリーはお椀一杯分では170kcal~200kcal程度と考えられます。 しかし、お椀一杯の大きさによってカロリーは大きく変わるので注意が必要です。 豚汁をいれるお椀が小さめであれば170kcal程度に抑えられますが、どんぶり程度のお椀であれば200kcalを超えてくる可能性もあります。 他にも、豚汁のカロリーは使う肉の種類や野菜の種類によっても変動してくるので注意してくださいね。 インスタントの豚汁のカロリーは? インスタントの豚汁のカロリーはどのくらいでしょうか?ここではアマノフーズと永谷園の豚汁のカロリーを紹介します。 豚汁のカロリー【アマノフーズの場合】 インスタントの味噌汁が有名なアマノフーズの豚汁のカロリーは一食分60kcalと記載されていました。 アマノフーズの豚汁は乾燥した具材にお湯を注ぐタイプです。 湯量が160mlと少なめではありますが、インスタントの豚汁としてもかなり低カロリーですね。 豚肉の旨味とごぼうの香りを味わうことができるそうです。 永谷園の豚汁はカップに直接お湯を注ぐタイプのため量も多めで、じゃがいもや豚肉、人参などボリュームたっぷりの豚汁です。 やはりインスタントの豚汁のカロリーは、使う具材や量によってもカロリーに変動があることがわかりますね。 ここではすき屋と吉野家の豚汁のカロリーを調べました。 豚汁のカロリー【すき家の場合】 豚汁のカロリーはすき屋の場合では一杯157kcalです。 すき屋の豚汁は具沢山なイメージもありますが、157kcalとは低カロリーではないでしょうか。 普通の味噌汁だと47kcal、あさり汁だと63kcalなので、カロリーが気になるならすき家では豚汁以外がいいのかもしれませんが、豚汁は栄養もたっぷり入っているのでカロリーは気にしなくても問題ない程度でしょう。 カロリー引用: 豚汁のカロリー【吉野家の場合】 豚汁のカロリーは吉野家の場合では一杯176kcalでした。 吉野家の味噌汁はしじみ汁では42kcal、わかめの味噌汁では20kcalと紹介されていました。 豚汁のカロリーは吉野家の味噌汁の中では少し高めです。 しかし、豚汁は野菜も多く取れるので牛丼と一緒に食べると栄養も満点でおすすめですよ。 カロリー引用: 豚汁は低カロリーでダイエット向き? 豚汁はお椀一杯のカロリーが170kcal~200kcalと、ほかの味噌汁と比べるとカロリーが少々高いことがわかりました。 しかし、豚汁はカロリーの割に野菜も手軽に摂取でき、おかずとして取れば十分にダイエット向きの食べ物です。 野菜がたくさん入っているので食べ応えもありますし、一杯食べれば満腹感をかなり得られるのではないでしょうか。 カロリーが気になるダイエット中でも、野菜をたくさんとれて体を温めてくれるのでダイエット中でも豚汁はおすすめですよ。 鶏肉(35g)…44kcal 豆腐(15g)…12kcal こんにゃく(10g)…1kcal ごぼう(4g)…3kcal 大根(10g)…3kcal 長ネギ(2g)…1kcal サラダ油(5g)…18kcal 味噌(20g)…43kcal かつおだし(200g)…4kcal 引用:文部科学省 油を使わない 豚汁をカロリーオフするには、油を使わないこともおすすめです。 油はたった5g使っただけでも18kcalとかなりの高カロリー。 豚汁を作る際には肉の油を使って炒め、サラダ油の使用を控えましょう。 肉から出る脂を使って豚汁を作ることで、肉の旨味が野菜にも染み込むので美味しい豚汁を作ることができますよ。 まとめ 豚汁のカロリーを紹介しました。 豚汁のカロリーはお椀一杯では170kcal~200kcalとなり、具材の種類や量によってもカロリーに幅があることがわかりました。 インスタントの豚汁のカロリーやすき屋・吉野家の豚汁のカロリーも紹介しましたが、お店や会社によってもカロリーに違いがありましたね。 野菜も手軽に摂取できる豚汁は低カロリーでダイエット向きの食べ物です。 豚汁をカロリーオフしながら工夫して食べるようにしましょう。

次の

豚汁のカロリーと栄養価は?豚汁でダイエットはできる? 豚汁のメリットとダイエットの工夫

豚汁 ダイエット

ダイエットはただ摂取カロリーを抑えればよいというわけではない。 栄養成分をきちんと摂取するのは基本である。 まずは豚汁の栄養成分について見ていこう。 まずは豚汁の代表具材、豚肉だ。 豚肉には身体を作るたんぱく質や疲労回復効果のあるビタミンB1、B3が豊富である。 また、カルニチンという栄養素が豊富で脂肪の燃焼を促進する働きが期待できる。 味噌は塩分が多いのが気になる点ではあるが、植物性たんぱく質の大豆製品。 味噌に含まれるサポニンは脂肪の吸収を抑える効果がありダイエットに効果的といわれている。 また、こんにゃくは腸内環境を整えてくれ、ミネラル成分も豊富である。 次に豚汁のカロリーだ。 入れる具材の種類や部位、量などによっても大きく差があり、カロリーが変わる。 ここでは豚肉のバラ肉25g、里芋、ごぼう、ニンジン、大根、こんにゃくは20g、豆腐30g、合わせ味噌10gで作るとしよう。 これらを油で炒めて豚汁に仕上げ、最後にネギを加えると、1人前およそ180kcal、糖質はおよそ4gとなる。 一般的な30代~40代成人男性の1日の標準摂取カロリーの目安は2300kcal~2650kcal。 糖質の標準摂取目安は310g~360gである。 豚汁のカロリーはほかのスープに比べて高いと言える。 豚汁に欠かせない豚肉がカロリーを上げる要因なのは疑う余地もないだろう。 豚肉は脂が多いイメージもあり、ダイエット中には避けたくなる食材かもしれない。 しかし、栄養成分が豊富で豚汁だけでも満足できるボリューム感から考えると、豚汁は比較的低カロリー低糖質のメニューと言えるのではないだろうか。 ダイエットに適した豚汁のおすすめ具材を見ていこう。 豚肉は部位によってカロリーが変動する。 もも肉にするとバラ肉よりもカロリーが抑えられるだろう。 こんにゃくは豚汁に必ず入れたいおすすめ具材である。 食物繊維が豊富に含まれているため、ダイエット中に陥りがちな便秘を解消してくれる働きが期待できる。 じゃがいもは芋類の中でもカロリーや糖質が高く、ダイエットには不向きな食材だ。 イモ類なら芋の中で最もカロリーが低い里芋にするのがよいだろう。 食べ応えもあるのでダイエット中の豚汁には最適である。 七味やごま油をかけて食べるのも、豚汁のちょい足しとしておすすめだ。 唐辛子のカプサイシンが脂肪の燃焼を促してくれ、ごま油に含まれるオレイン酸は悪玉コレステロール値を下げる効果が期待できる。

次の