ハムスターの選び方。 ハムスターにおすすめの7種類の巣箱と選び方を紹介!素焼きの陶器製や木製のメリットは?

ハムスターのペレット5つ選び方|ハムスター飼育グッズ評論

ハムスターの選び方

トイレ砂の種類と特徴• 使用してるトイレ砂の種類をアンケート調査した結果 とくに他の飼育者がどのトイレ砂を利用しているかというデータは貴重だと思うので、ぜひ参考にしてみてください。 尿で固まるトイレ砂 砂系のトイレ砂には主に ゼオライトという鉱物を粉砕・加工して作られていますがが、ほかにも珪藻土などが利用されることもあります。 そしておしっこをすると濡れた粒同士がくっついて固まる性質をもった砂があります。 これは ベントナイトという高い吸水性と粘土質が特徴の砂があり、これが配合されることで濡れた砂同士がくっつきます。 メリット• 固まった部分を捨ててその分補充するだけなので簡単• 少量ずつ破棄・補充できるので経済的• 砂はトイレと認識されやすい デメリット• 食べると腸内で固まってしまう(腸閉塞)• 鉱物・砂なので燃えるゴミに出せない• 細かすぎる砂は吸い込んだり眼に入ることも• 砂浴びもしてしまうことが多い 固まるのはとても便利ですが、もしもの時を考えるのであれば固まらない素材のほうがいいかもしれません。 また、粒も細かすぎると粉塵として舞い上がりやすいので細かすぎない粒の砂を選ぶといいでしょう。 固まるタイプは掃除と補充が簡単で、砂の全交換も週に1回程度でよく経済的な面もあり、人気の高いトイレ砂です。 湿っても固まらないトイレ砂 砂タイプでもう一つの種類が濡れても固まらないさらさらタイプの砂です。 メリット• 砂はトイレと認識されやすい• 固まらないので誤って飲み込んでも排泄されやすい デメリット• 鉱物・砂なので燃えるゴミに出せない• 細かすぎる砂は吸い込んだり眼に入ることも• 砂浴びもしてしまうことが多い 固まらないタイプでもやはり細かすぎると粉塵のように舞い散って吸い込む機会が多いと健康にとって良いものではないでしょう。 舞い上がらない程度の粒を選びましょう。 飲み込んだ時のリスクを考えて固まらないタイプを選んでいる方も多いようですし、砂浴び用の砂との併用としてサラサラの砂が選ばれていることもあります。 天然木材トイレ砂 広葉樹や針葉樹を薄く細かく削ったり、それらを固めたものをトイレ砂として利用します。 メリット• 繊維質で臭いを吸収してくれる• 天然素材による抗菌効果も期待できる• トイレに流せるものもある• 燃えるゴミに出せて処理が簡単 デメリット• 砂状でないのでトイレと認識されにくい• 針葉樹を原料とするものはアレルギーのリスクがある• 広葉樹でもアレルギーのリスクはゼロではない• 木製の砂タイプは固まるものもある 健康チェックに最適な紙製トイレ砂 紙繊維を高吸収できるよう加工された紙製トイレ砂(砂状ではない)があります。 メリット• 尿の色が解りやすく健康チェックに最適• トイレ用に作られたものは高分子で吸収力が高い• 消臭効果も期待できる• ほこりが出にくい• ハムスターがアレルギーを起こしにくい• 燃えるゴミとして処理できる デメリット• 砂状出ないのでトイレと認識されにくい 紙製チップも尿を吸収したものとそうでないものの見分けがつきやすく、固まる砂のように部分的に捨ててその分を補充しやすいので経済的です。 また、燃えるゴミに出せるのはうれしいですね。 私もこちらのタイプを利用しています。 食物由来のコーンチップ トウモロコシを原料にしたトイレ砂です。 メリット• 誤って食べても安心• トイレ用なので消臭効果もあり• 食物由来で燃えるゴミに出せる デメリット• やや高価である• 食用でないので食べ続けるなら害があるかも• 湿ったり湿度が高いと腐りやすい 食物由来とはいっても食用ではないのであまり積極的に食べるようならなにかしら害があるかもしれません。 そういった意味ではハムスターがどんどん口に入れるようなら別のものを選んだほうがいいでしょう。 また、コーンチップ系は安心できるものの商品の種類が少なく店舗ではあまり販売されていません。 店舗にない場合は通販を利用するしかありません。 いろんな視点でのトイレ砂の選び方 トイレ砂となる種類を紹介してきましたが、それでもどのタイプを選べばいいか決めきれないという方もいると思います。 そこでトイレ砂の選び方の例をいくつか紹介します。 無難に選ぶならゼオライト素材の固まる砂がおすすめ いろいろなトイレ砂がありますが、どうしても迷って決めきれない場合は ゼオライト素材の固まる砂が無難でおすすめです。 この「セーフクリーン」はおしっこなどで濡れると固まるのですが、他の砂よりもソフトな固まり具合なので飲み込みが心配という方でもすこし安心して利用してもらえると思います。 セーフクリーンを使ってみて もっとしっかり固まってくれた方が管理しやすいと思えば、普通の固まる砂タイプに変更してみるといいですし、 固まらなくてもいいかなと思えばサラサラタイプに変えてみるといいと思います。 ハムスターのことを一番に考えるならサラサラ砂タイプ 濡れても固まらない砂は誤ってハムスターが飲み込んでも腸閉塞の原因にはなりにくく、粒が小さければ砂浴びにも利用できるので、 ハムスターのことを第一に考えるのであれば固まらない砂がおすすめです。 皆が使ってるトイレ砂をアンケート調査 本当にいろんな種類のあるトイレ砂ですが、他のハムスター飼育者がどんなトイレ砂を選んでいるのか気になりませんか? 私はみんながどんなものを選んでいるのかが気になったのでアンケートで調査をしてみました。 🐹が尿をする場所の床材?トイレ砂は何を使ってますか? いろんなところで尿をする場合は一番多くしてそうなところを選んでください。 また、固まらない砂を利用する人も36%となり、 固まる・固まらないを合わせると砂タイプが約90%の飼育者に選ばれているという結果になります。 おわりに:トイレ砂食べたらダメっていうけど食べるのか? トイレ砂を選ぶときにどうしても頭をよぎるのが 「もしハムスターがトイレ砂食べたらどうしよう」ということです。 しかしそれと同時に 「いや、食べたりするのか?」という疑問も浮かびます。 そこで、ハムスターがトイレの砂を食べてトラブルになった経験があるかをアンケート調査してみました。 固まるトイレ砂や他の砂や床材でも、飲み込んだら危ないから使わないほうがいいと言われる種類もあったりしますよね。 そこで… 材質は問いません。 ちなみに私が行った調査ではありませんが、動物病院でもトイレ砂を詰まらせて死亡したような例はないとうことも述べられているのを見たことがあります。 まぁ全国の動物病院全てに調査してみれば、死亡例が全くないとも言えないとは思いますが…。 と、まぁ、このようにトイレ砂によるトラブルは実際のところ起こらない?起こりにくいものであるといえるでしょう。 とはいえ、飼い主の責任として回避できる危険はできるだけ回避できるようにするというのもあると思います。 いろんな考え方があると思いますが、お世話のことやハムスターのことも考えてトイレ砂を選んでいきましょう。 << 前の記事へ 次の記事へ >>.

次の

ハムスターにおすすめの7種類の巣箱と選び方を紹介!素焼きの陶器製や木製のメリットは?

ハムスターの選び方

国民的人気アニメのキャラクターにもなるほど、ハムスターは大人にも子供にも大人気! 少し垂れた目、口いっぱいにエサを頬張って膨らんだほっぺなど、その愛らしさはたまりません。 飼育方法は難しくはありませんが、体が小さいため飼い方を間違うと病気になったり、死んでしまうことがあります。 ハムスターと長く暮らすために注意すべき点を、ハムスターと暮らしていた筆者がお伝えします。 元気なハムスターの選び方 元気なハムスターを選ぶには、元気に動き回る時間帯にショップに行ったほうがいいでしょう。 ハムスターは夜行性なので、昼間に行くと寝ていることが多く、動き回る姿を見ることができません。 夜にペットショップを訪れて、活発な子を選びましょう。 ハムスターは生後1か月を過ぎてから安定しますので、生まれたばかりの子は避けてください。 気に入った子を見つけたら、ケージ越しではなく手に乗せてもらって「耳がピンと立っているか」「目は腫れていないか」「体に異常はないか」を確認してください。 ハムスターの種類についてはこちらの記事で解説しています。 関連記事 ハムスターを育てる環境 ハムスターは臆病者です。 家に連れてきたら、まずは環境に慣れるよう、お店で入れてもらった箱ごとケージの中に入れてください。 そのままハムスターが自分で出てくるのを待ちます。 出てきてもそっと見守ってあげてください。 ハムスターの飼育は、「衛生的であること」「温度管理をしっかりすること」「食べ物に気を付けること」の3つを守ることが大切です。 ハムスターを飼うために用意するもの 基本的には人間と同じです。 暮らすためには家が必要ですし、その中には食卓、水道、トイレ、お風呂、寝室などが必要ですね。 それと同じようにケージの中に必要な設備を整えてあげることをイメージしてください。 ケージ ハムスターはあまり活発な動物ではありません。 せっかく広い場所に出してあげても、部屋の隅っこで丸くなっていることからもわかるとおり、暗くて狭い場所が大好きです。 ケージの大きさはさほど気にしなくていいでしょう。 むしろ安心して潜り込めるような「隠れ家」を設置してあげてください。 ショップでは水槽を利用していることが多いですが、あれはお客さんに見えやすいようにしているためです。 家で飼うなら回し車や水飲みなどが一体化したプラスチック製の専用ケージの方が、換気がよく、掃除がしやすいのでおすすめです。 水槽で飼う場合は、換気をよくするために、適当な空気穴を設けるとよいでしょう。 床材 ハムスターは、地中に巣を作る習性をもっているので、必ず敷いてあげましょう。 切り刻んだ新聞紙を使用している人もいますが、インクが付いているためハムスターにとって有害になる可能性があるほか、見栄えも悪いので、我が家ではおがくずを敷いていました。 ハムスターはトイレを覚えてくれますが、不意にもよおした時でも、おがくずが吸収してくれるので衛生的です。 ただし、おがくずは木のチップなのでアレルギーの原因となる場合があります。 心配であれば他の床材を使用するとよいでしょう。 猫砂や牧草、紙であれば水に溶けるトイレットペーパーなども床材に適しています。 給水機 げっ歯類は前歯が大きいので、噛むとボールが回って水が出てくる給水機がいいです。 もともと噛むことが大好きなので、ストレス解消にもなります。 水の交換は1日1回、夏場は腐りやすいので1日2回をめどにしてください。 トイレ ハムスターはしつけをしなくても、習性として決まったところでおしっこをしますので、ハムスターがすっぽり入れる大きさの容器に砂を入れてください。 市販のハムスター用砂または猫砂を使用してください。 ゴールデンハムスターの場合、位置や違うトイレに変えても自分で探し出しておしっこをしますが、ジャンガリアンハムスターの場合は、いつもおしっこをする位置にトイレを設置するなど、気を使ってあげる必要があります。 回し車 野生のハムスターは、餌を求めて一日に数十㎞も歩くといわれています。 ケージの中には餌が確保され、歩き回る必要はありませんが、本能が歩くことを求めているようです。 そうしたストレスの解消や運動不足解消のために回し車があります。 回し車選びのポイントは3つです。 からだの大きさに合ったものを選ぶ ハムスターは種類によって体の大きさが異なります。 適切な大きさのものを選んでください。 安全性が高い物を選ぶ ハムスターはとても弱い生き物ですので、ちょっとしたケガでも命を落としてしまいます。 身体などが挟まらないものを選びましょう。 静粛性の高い物を選ぶ ハムスターは夜行性のため、夜に回ることが多いです。 住環境によっては、その音が気になって眠れないこともあります。 ハムスターの近くで寝るような場合は、回る音が静かなものを選びましょう。 ケージを置く場所 直射日光が当たるや運動不足解消寒暖差の激しい場所や湿度の高くなる場所避けてください。 また音に敏感で怖がりなので、テレビやドアの近く、玄関先など、大きな音が出るような場所も避けましょう。 部屋で温度が安定した静かな場所で、いつも様子が見える目の高さに置くのが理想です。 もしぶつかってもケージが落ちたりしないように、ゆとりをもった広さを確保しましょう。 ケージ・トイレの掃除 ハムスターは縄張り意識の強い動物です。 ケージの掃除はハムスターにとって縄張りを荒らされる一大事ですので、毎日掃除をすることでストレスを与えてしまいます。 トイレの砂や餌は毎日変え、ケージの掃除は2、3日に1回程度にとどめます。 1か月に1回大掃除し、日光消毒ををすれば清潔に保つことができます。 飼ったばかりの頃は、1か月くらいは掃除をせずに環境に慣らしましょう。 温度・湿度管理 野生のハムスターは砂漠に棲んでいるので暑さに強いと思われがちですが、砂の中などの温度変化の少ない場所に潜んでいるため、極端な寒暖差はとても苦手です。 ハムスターが快適に過ごせる温度は20~24度。 人間と同じと考えるとよいですね。 エアコンを使用し、適切な温度に保つようにしましょう。 ただし、エアコンの風が直接当たらないように注意してあげてください。 ハムスターのエサ ハムスターは水のほか、野菜などでも水分を補います。 ただしたくさん与えると下痢の原因になるので、ハムスターフードと一緒に毎日少量を与えてください。 その他、ハムスターに与えていいもの・与えられないものを一覧にまとめましたので、参考にしてください。 与えていいもの 小松菜、ニンジン、トウモロコシ、ブロッコリー、カボチャ、サツマイモ、キャベツ、大根の葉など 水分や糖分が多いため与えすぎに注意するもの キュウリ、トマト、レタス、リンゴ、イチゴ、ブドウ、バナナなど カロリーが高いため与えすぎに注意するもの ひまわりの種、くるみ、アーモンドなど 与えてはいけないもの たまねぎ、長ネギ、アボカド、どんぐり、チョコレート 芽キャベツ、ネギ、ニラ、にんにくなど たまねぎや長ネギは貧血、アボカド、どんぐり、チョコレートは中毒や肝機能障害を引き起こすといわれています。 与えないのはもちろんのこと、床に落ちているのを食べてしまわないよう、注意を払いましょう。 ハムスターは夜行性なので、夕方1回、朝までになくなるくらいの量を与えてあげてください。 ハムスターがかかりやすい病気 人間と同様、ハムスターも様々な病気にかかります。 食欲がない、下痢をしている、動きが鈍い、お腹が膨れている、目が腫れているなどの症状がみられるのなら、何らかの病気にかかっていることが考えられます。 犬や猫を診察する動物病院は多いですが、小動物を対象とする病院は多くありません。 飼う前に、自宅の近くにハムスターを診てくれる病院を見つけておきましょう。 以前飼っていたゴールデンハムスターが結膜膿瘍になりました。 これは細菌感染により、べたべたしたものが目につき、目ヤニや涙を伴う病気です。 病院に連れて行き目薬を差していたものの結局治らず、膿がひどくなり最後は片目が失明してしまいました。 それでも2年間生きてくれたことにいじらしさを感じます。 季節ごとの注意点 春・秋 ハムスターにとって過ごしやすい季節ですが、昼と夜の寒暖差が激しいので、おがくずに潜り込んで体温調節ができるよう床材を多めに入れるなど、寒さ対策を行ってください。 夏・冬 ハムスターは、室温が30度を超えると体力を消耗し、5度以下になると体温低下を招き動けなくなってしまうことから、夏と冬の温度管理はかなり重要です。 夏はエアコンを使ったり、窓をあけて風通しを良くするなど室温調節をします。 冬は暖房が付いているうちはいいですが、就寝や外出など暖房を切るときは、ハムスターのケージ周辺が冷えないようペット専用のパネルヒーターなどを使用し、必ず寒さ対策をしてあげてください。。 ハムスターの寿命 ハムスターの寿命は短く、どの種類でも約2年ほどです。 つまり、家に迎え入れたときから、お別れに向かって命の砂時計が落ちているのです。 毛並みがツヤツヤだったハムスターが、あっという間に年を取り、痩せ衰えて天に召されるのを見るのは非常に辛いですが、それが動物と一緒に暮らす者の定めです。 一緒にいる時間と思い出を大切にしましょう。 長く一緒にいるためにはほどよい距離感も大切 とてもかわいいハムスターですが、人に慣れることはまずありません。 手からおやつをもらって食べることもありますが、残念ながらそれは食べ物が欲しいからであって、あなたの愛情を感じているからではないのです。 ハムスターはとても臆病なので、人間に触られるとストレスを感じ、それが原因で死んでしまうことがあります。 長く一緒にいるためには、お互いの距離感が大切。 遊ぶ時間は短めにして、優しく見守ってあげて下さい。

次の

ハムスターでなつく種類は?なつきやすい個体の選び方も解説!|わたしいろどっとみー

ハムスターの選び方

ハムスターを選ぶときに丈夫で元気な子を選びたいですよね。 そんな丈夫で元気なハムスターの選び方のコツをご紹介します。 実際にペットショップに足を運んで選ぶ これが一番の基本です。 実際にハムスターを見て選びましょう。 この時コツとしては 夕方以降にペットショップを訪れるのがコツです。 ハムスターは夜行性ですのでお昼に行っても眠っていたりして、動き回っている様子がわかりません。 できるだけ夕方以降に行くのが良いでしょう。 ペットショップでは店員さんとコミュニケーションを取りながら選ぶのが良い子を選ぶコツです。 コミュニケーションを取れていると、後々ハムスターのことで困ったときも相談にのってもらいやすくなります。 何回か足を運んで店員さんとしゃべりながら選ぶと良いでしょう。 この時に毛色や模様もチェックしておきましょう。 ハムスターは同じ種類でもその子によっては毛色や模様がずいぶん違います。 自分の好みに合った子を選びましょう。 良いペットショップの見極め方 ペットショップにも残念ながら良い悪いはあります。 管理がちゃんとできていないペットショップなんてのもあったりします。 こういうお店で買ってしまうと、ハムスターの健康面が心配であったり、後々相談にのってもらえなかったりする場合もあるので購入する前に以下の点をチェックしておきましょう。 ケージ・水槽は清潔か まずここを見ましょう。 ケージ・水槽が汚れていないお店を選びましょう。 汚れているお店だと、ハムスターの健康にも気をつかっていないのでは?と感じられます。 また店内の清掃状況も見ておくと良いでしょう。 床が汚かったり、店内がごちゃごちゃしていないお店を選んだ方が良いです。 店員さんが丁寧に質問に答えてくれるか 店員さんに色々質問してみましょう。 店員さんの態度が悪かったり、知識が乏しい場合、お世話がちゃんとされていなかったり、後々相談してもちゃんとした答えが返ってくるかどうか不安になります。 質問して感じ良く答えてくれるお店で購入するのが良いでしょう。 生後1ヶ月半~2ヶ月くらいの子がベスト ハムスターは生まれてから1ヶ月弱ほどでお母さんのおっぱいだけでなく、ペレットなどを食べられるようになります。 1ヵ月半くらいから体格が整い、身体が強くなってきます。 この生後1ヵ月半以降の子が育てやすいのでこれくらいの子を目安にすると良いでしょう。 飼いはじめる時期は春や秋がベスト 人間もそうですがハムスターは暑い季節や寒い季節が苦手です。 生後まもないハムスターは特にそうで、ハムスターによっては体調を崩してしまいます。 春や秋などのすごしやすい気候のときに受け入れてあげるとトラブルも少なくなるでしょう。 もし夏や冬頃に飼いはじめる場合だと室温を20度~26度くらいに設定してあげるとハムスターも快適にすごせます。 健康なハムスター選びのチェックポイント 以下の点を注意してみておくと良いでしょう。 以下の点で不安がある場合は飼うのを控えたほうがよいでしょう。

次の