何か質問があったら遠慮なく言ってください 英語。 何かあったら言ってね。は英語でどう言うの?

「遠慮なく」は英語で?相手に気を使わないでほしい時の表現10選!

何か質問があったら遠慮なく言ってください 英語

エリックさんが最も適格なお答えをアドバイスしてくれていますのでここではあえてもう一つの超ビジネス的な、固くて丁寧な表現を一つだけ追加しておきますね。 合わせてご参考になればと思います。 Please feel free to contact us if you have any questions. 何か質問があれば遠慮なく連絡してください。 Please do not hesitate to contact us if you need any further information. 他に何か知りたいことがあれば遠慮なく連絡してください。 Please let me know if you have any questions. 何か質問があれば言ってください。 上記はビジネスメールの最後によく使われる表現です。 「遠慮なく」は「feel free」や「hesitate」などを使います。 「hesitate」は「躊躇する」「ためらう」という意味なので「Do not hesitate」で「遠慮しないで」という意味になります。 他の方もおっしゃっていますが、 Shouldで始めるとすごく丁寧なビジネス文書のような印象を受けるし、 なんとなくかしこくみえる(笑) 気がする。 高校の英語のグラマーで習ったことがこんなところで実際に使われるんだ~ っていうのを海外の取引先からのメールでみたときはちょっと感動しました。 If you should have any questions, please feel free to contact us. Ifを省略した構文に書き直せ!なんて問題があったよなぁ~って(笑) そのときのよく覚えてたフレーズ「万が一のShould」! 「もし万が一質問があれば...」 If を消して You should have any questions... 仮定法?倒置構文? なつかしー In order to make it clear that it is acceptable to ask questions, we should include phrases like 'please do not hesitate', 'I would be happy to answer any questions', 'feel free to contact me' etc. Phrases like this put the recipient at ease and make it clear that it is okay to ask questions and that you are prepared to answer them. Phrases like this are normally placed at the end of an email after another piece of information has been provided. By adding a sentence expressing that questions are okay to ask, we are ensuring that the recipient of the email has understood all the information provided to them and they are free to ask for any clarifications. Do not hesitate to contact me if you have any questions. "Do not hesitate" is a term native speakers often use. If you say "do not hesitate", it means that you should not feel reluctant to ask something. In this case, you are saying that the person can contact you no matter what, without having any reluctance. reluctance means hesitance. If you have any questions, please feel free to ask. In this sentence, you are also stating that the person can contact you anytime, should they require further information. Should you have any further questions, please let me know. "Should you have any further questions" just means: if the person has any further questions. In this case you are saying that if the person has any questions, they can let you know and you will be happy to help them. Do not hesitate to contact me if you have any questions. (質問があればお気軽にご連絡ください) "Do not hesitate" はネイティブがよく使うフレーズです。 "hesitate" は「~をためらう」という意味です。 "Do not hesitate" で「遠慮せずに~する」という意味になります。 ここでは、「遠慮せずにご連絡ください」と伝えています。 ("reluctance" は "hesitance"(ためらい)の意) If you have any questions, please feel free to ask. (質問があれば遠慮せずに聞いてください) これも同様に、「質問があればいつでも連絡をください」と伝えています。 Should you have any further questions, please let me know. (質問があれば、お知らせください) "Should you have any further questions" は単に "if you have any further questions"(質問があれば)の意味です。 ここでは「質問があればお知らせください、喜んでお答えします」と伝えています。

次の

何かあったら言ってね。は英語でどう言うの?

何か質問があったら遠慮なく言ってください 英語

「何かございましたら、ご連絡ください」は日本のビジネスでは結構よく使われている。 個人間なら「何かあったら、連絡して」あたりだろう。 どんなことでも気兼ねなく電話なり、メールをしてください、というメッセージだ。 日常語の決まり文句として定着しているからは、英語でメールするときでもわれわれはこの言い回しを結びに使おうとする。 これを直訳的に英語に直せば、 if something happensとなろう。 英語でもこの言い方はちゃんとあるのだが、これは、どちらかといえば非常にシリアスな文脈で使われている。 人の人命にかかわるような事故、事件などが起こる場合が念頭にあって使われる。 メールなどで気軽に「何かあれば」と呼びかけるような文脈で使うことばではない。 どんな時に使うのかがわかる例をひとつあげる。 そうすれば、何か起こっても、備えができています。 とはいえ、英語の世界でも、「何かあれば、ご連絡ください」という意味のことはよく言う。 メールなどの通信文の末尾にも使う。 そこは、日本語と同じだ。 ただし、「何かあれば」という表現法は用いない。 英語的言い方がいくつかある。 「何かあれば」というあいまいな言い方ではなく、具体的に言う。 そのひとつが、「質問があれば」という言い方だ。 If you have any questions, call xxxxx. 質問があればどのようなものでも、xxxに電話をください。 「何かございましたら」ではなく「お聞きになりたいことがあれば、電話ください」と表現する。 さらに、 Please feel free to contact me with any concerns or questions that you may have. ご質問や気になるところがあれば、お気軽に連絡ください とていねいにいうこともある。 「何かうまくいかないことがあれば」という意味で troubleも使う。 If you have any trouble with... , please contact... ~でお困りなら、 …にご連絡ください。 「何かがあった」場合、相手が求めるのは「手助け」だから、さき回りして helpが必要ならばと、次のように表現することも多い。 If you need any help, please feel free to call …. あるいは、 If there is anything I can be of assistance with, please do not hesitate to contact me. もしお手伝いできることがあれば、 お気兼ねなく、ご連絡ください。 後者は、どちらかといえば、対顧客とか会員同士とかなど、どちらかといえば、顔を知っている相手に使われている。 ちょっと踏み込んだ言い方のようだ。 「何かあれば」は日本語の曖昧な言い方だが、見方を変えれば、カバーする対象が広く、汎用性の高い言葉だし、英語の方は questionや trouble、 assistanceなどで状況を具体的にわかりやすく表現する。 これらからも、 英語は具体的にストレートに表現することを好む言葉であり、日本語はあいまいを好む言葉であることがよくわかる。 その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典 本体 ( www. waeijisho. net)をご覧ください。

次の

何かあったら言ってね。は英語でどう言うの?

何か質問があったら遠慮なく言ってください 英語

「何なりと」や「ご遠慮なく」には、「気兼ねせずに」や「どんなことでも」、 「自由に」といった意味があります。 「何なりと」の後には、「お申し付けください」のような丁寧な言葉が続きます。 また、「ご遠慮なく」は、「遠慮なく」に敬語表現である「ご」を付けて、丁寧な言い方にしたものです。 そのため、「何なりと」や「ご遠慮なく」を用いた場合も、上司など目上の方に問題なく使用することが出来るのです。 また「お気軽に」という言葉を用いることもあります。 この「お気軽に」には、「堅苦しくない」や「面倒くさがらずに行動する」という意味があります。 少しでも気になることや分からないことがあったら、「こんなことを聞いたら迷惑かな。 などと考えたり躊躇したりしないで質問してくださいね」というニュアンスになります。 「お問い合わせください」とは、「質問してください」という意味があります。 そのため、不明なことがあった場合には質問して欲しいと伝えていることになります。 また、「ご連絡ください」の「連絡」には、相手と繋がるという意味があります。 そのため、電話やメールなど手段は何でも良いので、不明な点があった時には伝えて欲しいというニュアンスが含まれています。 「お申し付けください」は、「申しつける」を丁寧にした言葉です。 この「申しつける」には「言いつける」という意味があります。 「言いつける」といっても、依頼や希望のような優しいニュアンスのものとなります。 「お申し付けください」について、詳しく知りたいという方にオススメの記事がこちらの「お申し付けくださいの意味と敬語と使い方」です。 「お気軽に」や「何かございましたら」などを 「お申し付けください」の前につける使い方なども紹介されていますので、ぜひ参考にしてください。 ご不明な点がございましたらのビジネスメール例文 ここまで、「ご不明な点がございましたら」の使い方について紹介してきました。 「ご遠慮なく」や「何なりと」、「お気軽に」を使った例文や「お問い合わせ」「ご連絡ください」、「お申し付けください」を使ったビジネスメールに使用できる文例を紹介していきます。 ご不明な点がございましたらのビジネスメール例文• ・不明点がございましたら、ご遠慮なく申し付けください。 ・ご不明な点がございましたら何なりとお聞かせください。 ・ご不明な点がございましたら、お気軽に問い合わせください。 ・ご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。 ・不明な点がございましたら、ご連絡ください。 ・ご不明な点がございましたらお申し付けください。 ・ご不明な点がございましたら、電話またはメールにてご連絡ください。 ご不明な点がございましたらに対する返信は? 不明な点がある場合の返信する方法 ご不明な点がございましたらに対する返信方法として、不明な点があった場合の返信の仕方について紹介します。 不明な点が発生する状況としては、何かについて口頭で説明されたときや、受け取った書類やメールを読んで気になることがあったときなどがあげられます。 そのような時は、気になる点や確認したいことなどについて問い合わせるようにします。 分かりやすく、疑問点をリストにするなどして、返信を受け取った相手が何について聞いているのか明確に分かるようにすることが大切です。 ビジネスシーンにおいて、不明な点があったときなど質問をメールで送りたいとき、どのように書いたら良いか悩んでしまう事ありませんか。 そのような方にこちら「ビジネスメールの質問の書き方」という記事を紹介します。 不明な点があったときの返信の際にも役立つ情報がまとめられていますので、ぜひ参考にしてくださいね。 「ご質問がございましたら」は、「何か聞きたいことがあったら」という意味になります。 そのため、「ご不明な点がございましたら」と同じような使い方をすることが出来ます。 また、「等」を付けて「ご質問等」にする事が出来ます。 「ご質問」が「ご質問等」となることで質問以外に気になることが合ったら問い合わせてくださいということになります。 例文としては「ご質問がございましたらお申し付けください」や「ご質問等がございましたらお気軽にご連絡ください」となります。 意味としては「ご不明な点がございましたら」とほとんど同じとなります。 ですが、「等」が付くことによって「不明な点以外の気になることについても聞いてください」というニュアンスが含まれることになります。 例文としては「ご不明な点等ございましたら何なりとお申し付けください」や「ご不明な点等ございましたら、お問い合わせください」、「ご不明な点等ございましたら、お気軽にご連絡ください」となります。 ご不明な点がございましたらの英語と例文は? 英語表現は「Ifyouhaveanyquestions」 ご不明な点がございましたらの英語表現は「If you have any questions」です。 「If you have any questions」の意味は、「何か不明な点や質問があったら」となります。 またその他のご不明な点がございましたらの英語表現としては、「for any inquiries」や「if you have any comments」などがあります。 こちらの英語には「不明点があれば」や「どんな質問でも」という意味があります。 ご不明な点がございましたらの例文 続けて「ご不明な点がございましたら」の英語表現である「If you have any questions」や「for any inquiries」、「if you have any comments」を使用した例文を紹介します。 ご不明な点がございましたら英語表現の例文• ・If you have any questions, please feel free to let me know. 不明な点がございましたらお気軽にお伝えください。 ・Please feel free to ask any questions. 不明点などございましたら、気軽にお問い合わせください。 ・Please contact me if you have any questions. 不明点がございましたら連絡ください。 ・Please feel free to contact us anytime for any inquiries. ご不明な点がございましたら、連絡ください。 ・Please let me know if you have any comments. 何かございましたらお声がけください。 状況に合わせた「ご不明な点がございましたら」を使っていこう 「ご不明な点がございましたら」の様々な使い方について紹介してきました。 問い合わせの出来ない状態の場合、自分が伝えたいことと相手が理解したことの内容が食い違ってしまうことがあります。 不明なことや分からない点があったときに「ご不明な点がございましたら」の一言があるだけで、相手の方は質問しやすい状況になります。 自分と相手の理解度を一致させるためにも「ご不明な点がございましたら」は、とても大切な言葉です。 「ご遠慮なく」や「何なりと」を用いるとより問い合わせがしやすくなります。 状況に合わせて「ご質問がございましたら」や「ご不明な点等ございましたら」のように伝え方を変えることも出来るので、その場にふさわしい「ご不明な点がございましたら」を使って、伝えたいことが上手に伝わるように出来ると良いですね。

次の