月 の 満ち欠け 名前。 暦(こよみ):月齢カレンダー、月の満ち欠けと月の呼び名(月の名前)

【月齢】月の満ち欠けと月の呼び名 一覧

月 の 満ち欠け 名前

月の満ち欠けの名前・呼び方一覧! 月齢による月の満ち欠けの名前一覧 まずは月齢による、 月の満ち欠けの名前を一覧で紹介します! 月齢 月の名前 別名 1日目頃 新月 しんげつ 朔 さく 2日目頃 繊月 せんげつ 二日月 ふつかづき 既朔 きさく 3日目頃 三日月 みかづき 初月 ういづき 若月 わかづき 眉月 まゆづき 蛾眉 がび 7日目頃 上弦の月 じょうげんのつき 弓張月 ゆみはりづき 半月 はんげつ 10日目頃 十日夜 とおかんや 13日目頃 十三月夜 じゅうさんやづき 14日目頃 小望月 こもちづき 十四日月 じゅうよっかづき 幾望 きぼう 15日目頃 満月 まんげつ 望月 もちづき 十五夜 じゅうごや 16日目頃 十六夜 いざよい 既望 きぼう 17日目頃 立待月 たちまちづき 十七夜 じゅうななや 18日目頃 居待月 いまちづき 十八夜 じゅうはちや 19日目頃 寝待月 ねまちづき 十九夜 じゅうくや 20日目頃 更待月 ふけまち 二十夜 にじゅうや 23日目頃 下弦の月 かげんのつき 26日目頃 有明月 ありあけづき 30日目頃 三十日月 みそかづき 月齢1日目~30日目まで、月の名前とその意味は? 新月(しんげつ) 月の満ち欠けの周期は約30日で、月が全く見えない 「新月」が最初の日となります。 月は地球の周りを回りながら、太陽からの光を受けています。 このとき地球から見る月は、一定周期で光の当たる部分が変化して見えます。 新月は地球から見た時に、太陽の光が当たっていない部分しか見えません。 そのため地球からは、月が消えたように見えるんですね。 月の満ち欠けをもとにした「太陰暦(太陰太陽暦)」では、新月を月始めの日( 月齢1日目頃)としています。 そのため「始まり」という意味の「 朔(さく・ついたち)」の別名もあるんですね。 繊月(せんげつ) 繊月(せんげつ)は 月齢2日目頃のことで、右側に繊維のように細い光が現れます。 また二日目の月なので、 二日月(ふつかつき)という別名もあります。 更には「既に朔を越えた月」なので、「 既朔(きさく)」という別名もあるんですよ。 三日月(みかづき) 月が弓状だと「 三日月(みかづき)」といいますが、正しくは右側に細い弓形の光が出ているものを指します。 名前に「三」がつくように、 月齢3日目頃の月となるんですよ。 三日月は姿が美しいからか、別名も数多くあります。 「 初月(ういげつ)」や「 若月(わかづき)」は、新月から最初に見える月だから名付けられました。 「 眉月(まゆづき)」は人の眉と月の形から、「 蛾眉(がび)」は蛾の触覚が弓状だから名付けられたんですね。 上弦の月(じょうげんのつき) 上弦の月(じょうげんのつき)は月の右半分が明るくなった状態で、 半月とも呼ばれ、 月齢7日目頃に当たります。 「上弦」は月の形を弓に例えた時に、弦(げん)と呼ばれる糸が上側に来ることから名付けられました。 また弦(げん)を張った弓の形から、「 弓張月(ゆみはりつき)という別名もあるんですよ。 十日夜(とおかんや) 月の3分の2程度が明るい状態で、名前の通り 月齢10日目頃の月を指します。 旧暦10月10日には、月見を楽しむ「 十日夜(とうかんや)」を行う地域もあります。 十三月夜(じゅうさんつきや) 十三月夜(じゅうさんつきや)は、 月齢13日目頃の月で、満月より左側が少し欠けた状態です。 昔の人は「満月の次に十三夜の月が美しい」と、好んでお月見をしました。 旧暦9月13日のお月見では、お豆や栗をお供えしする「豆名月」「栗名月」の風習もあるんですよ。 小望月(こもちづき) 小望月(こもちづき)は 月齢14日目頃の月のことで、「 十四日月(じゅうよっかづき)」という別名があります。 満月の別名の一つに「望月(もちづき)」で、満月の前日なので「小望月」という名前になりました。 満月の前日という意味では、「 待宵月(まちよいづき)」という別名も素敵ですね。 さらには近いという意味の「幾」を使った、「 幾望(きぼう)」という別名もあるんですよ。 満月(まんげつ) 満月(まんげつ)は、地球から見て月に全て光が当たった状態で、 月齢15日目頃の月を指します。 「 望月(もちづき)」「 十五夜(じゅうごや)という別名があり、旧暦8月15日にお月見を楽しむ「中秋の名月」という風習があります。 【関連記事】• 十六夜(いざよい) 十六夜(いざよい)は、 月齢16日目頃の月の右側がかすかに欠けた状態を指します。 満月を過ぎてすぐの月なので、「 既望(きぼう)」という別名があります。 立待月(たちまちづき) 立待月(たちまちづき)は、 月齢17日目頃の月で、 十七夜(じゅうななや)とも言います。 満月の頃より遅く月が昇るのを、今か今かと立って待つことから名付けられました。 居待月(いまちづき) 居待月(いまちづき)は、 月齢18日目頃の月で、 十八夜(じゅうはちや)とも言います。 月が昇るのを立って待てなかったので、座って待つことから名付けられました。 寝待月(ねまちづき) 寝待月(ねまちづき)は、 月齢19日目頃の月で、 十九夜(じゅうくや)とも言います。 座っていても待ちきれず、寝っ転がって月を待つためこの名前となりました。 更待月(ふけまちづき) 更待月(ふけまちづき)は、 月齢20日目頃の月で、 二十夜(にじゅうや)の別名があります。 夜更け過ぎにならないと月が登らないことから、更待月となったんですよ。 下弦の月(かげんのつき) 月齢23日目頃の月で、月の左半分に光が当たった状態となります。 上弦の月とは逆に、弦が下側にくるので「 下弦の月(かげんのつき)」となりました。 有明月(ありあけづき) 有明月(ありあけづき)は、 月齢26日目頃の月で、三日月とは反対に、左側が弓形に光ります。 夜明け頃という意味の「有明」がつくのは、夜明け頃に昇る月だからなんですよ。 三十日月(みそかづき) 三十日月(みそかづき)は、 月齢30日目の月で、ほんの少しだけ左側が光っています。 「みそか」は月の最終日という意味で、12月31日の別名「大晦日(おおみそか)」も月の名前が由来です。 「晦日(みそか)」は「つごもり」とも言いますが、最終日の月が隠れて(こもって)見えないからなんですよ。 【関連記事】• 月の満ち欠けを楽しもう 月は約30日周期で満ち欠けを行うため、かつては暦の基準として使われてきました。 そのため月の形ごとに名前がつけられ、日にちの変化を確認していました。 現在でも満月や新月はよく使いますし、弓形の月は三日月としておなじみです。 上弦の月や下弦の月は名前が美しいですし、立待月・居待月・寝待月は由来が面白いですよね。 今夜の月を確認しながら、満ち欠けの名前を覚えるのも楽しいものですね。

次の

お月様の満ち欠けと呼び名(月の名前)(No.0203)

月 の 満ち欠け 名前

月の満ち欠けの名前・呼び方一覧! 月齢による月の満ち欠けの名前一覧 まずは月齢による、 月の満ち欠けの名前を一覧で紹介します! 月齢 月の名前 別名 1日目頃 新月 しんげつ 朔 さく 2日目頃 繊月 せんげつ 二日月 ふつかづき 既朔 きさく 3日目頃 三日月 みかづき 初月 ういづき 若月 わかづき 眉月 まゆづき 蛾眉 がび 7日目頃 上弦の月 じょうげんのつき 弓張月 ゆみはりづき 半月 はんげつ 10日目頃 十日夜 とおかんや 13日目頃 十三月夜 じゅうさんやづき 14日目頃 小望月 こもちづき 十四日月 じゅうよっかづき 幾望 きぼう 15日目頃 満月 まんげつ 望月 もちづき 十五夜 じゅうごや 16日目頃 十六夜 いざよい 既望 きぼう 17日目頃 立待月 たちまちづき 十七夜 じゅうななや 18日目頃 居待月 いまちづき 十八夜 じゅうはちや 19日目頃 寝待月 ねまちづき 十九夜 じゅうくや 20日目頃 更待月 ふけまち 二十夜 にじゅうや 23日目頃 下弦の月 かげんのつき 26日目頃 有明月 ありあけづき 30日目頃 三十日月 みそかづき 月齢1日目~30日目まで、月の名前とその意味は? 新月(しんげつ) 月の満ち欠けの周期は約30日で、月が全く見えない 「新月」が最初の日となります。 月は地球の周りを回りながら、太陽からの光を受けています。 このとき地球から見る月は、一定周期で光の当たる部分が変化して見えます。 新月は地球から見た時に、太陽の光が当たっていない部分しか見えません。 そのため地球からは、月が消えたように見えるんですね。 月の満ち欠けをもとにした「太陰暦(太陰太陽暦)」では、新月を月始めの日( 月齢1日目頃)としています。 そのため「始まり」という意味の「 朔(さく・ついたち)」の別名もあるんですね。 繊月(せんげつ) 繊月(せんげつ)は 月齢2日目頃のことで、右側に繊維のように細い光が現れます。 また二日目の月なので、 二日月(ふつかつき)という別名もあります。 更には「既に朔を越えた月」なので、「 既朔(きさく)」という別名もあるんですよ。 三日月(みかづき) 月が弓状だと「 三日月(みかづき)」といいますが、正しくは右側に細い弓形の光が出ているものを指します。 名前に「三」がつくように、 月齢3日目頃の月となるんですよ。 三日月は姿が美しいからか、別名も数多くあります。 「 初月(ういげつ)」や「 若月(わかづき)」は、新月から最初に見える月だから名付けられました。 「 眉月(まゆづき)」は人の眉と月の形から、「 蛾眉(がび)」は蛾の触覚が弓状だから名付けられたんですね。 上弦の月(じょうげんのつき) 上弦の月(じょうげんのつき)は月の右半分が明るくなった状態で、 半月とも呼ばれ、 月齢7日目頃に当たります。 「上弦」は月の形を弓に例えた時に、弦(げん)と呼ばれる糸が上側に来ることから名付けられました。 また弦(げん)を張った弓の形から、「 弓張月(ゆみはりつき)という別名もあるんですよ。 十日夜(とおかんや) 月の3分の2程度が明るい状態で、名前の通り 月齢10日目頃の月を指します。 旧暦10月10日には、月見を楽しむ「 十日夜(とうかんや)」を行う地域もあります。 十三月夜(じゅうさんつきや) 十三月夜(じゅうさんつきや)は、 月齢13日目頃の月で、満月より左側が少し欠けた状態です。 昔の人は「満月の次に十三夜の月が美しい」と、好んでお月見をしました。 旧暦9月13日のお月見では、お豆や栗をお供えしする「豆名月」「栗名月」の風習もあるんですよ。 小望月(こもちづき) 小望月(こもちづき)は 月齢14日目頃の月のことで、「 十四日月(じゅうよっかづき)」という別名があります。 満月の別名の一つに「望月(もちづき)」で、満月の前日なので「小望月」という名前になりました。 満月の前日という意味では、「 待宵月(まちよいづき)」という別名も素敵ですね。 さらには近いという意味の「幾」を使った、「 幾望(きぼう)」という別名もあるんですよ。 満月(まんげつ) 満月(まんげつ)は、地球から見て月に全て光が当たった状態で、 月齢15日目頃の月を指します。 「 望月(もちづき)」「 十五夜(じゅうごや)という別名があり、旧暦8月15日にお月見を楽しむ「中秋の名月」という風習があります。 【関連記事】• 十六夜(いざよい) 十六夜(いざよい)は、 月齢16日目頃の月の右側がかすかに欠けた状態を指します。 満月を過ぎてすぐの月なので、「 既望(きぼう)」という別名があります。 立待月(たちまちづき) 立待月(たちまちづき)は、 月齢17日目頃の月で、 十七夜(じゅうななや)とも言います。 満月の頃より遅く月が昇るのを、今か今かと立って待つことから名付けられました。 居待月(いまちづき) 居待月(いまちづき)は、 月齢18日目頃の月で、 十八夜(じゅうはちや)とも言います。 月が昇るのを立って待てなかったので、座って待つことから名付けられました。 寝待月(ねまちづき) 寝待月(ねまちづき)は、 月齢19日目頃の月で、 十九夜(じゅうくや)とも言います。 座っていても待ちきれず、寝っ転がって月を待つためこの名前となりました。 更待月(ふけまちづき) 更待月(ふけまちづき)は、 月齢20日目頃の月で、 二十夜(にじゅうや)の別名があります。 夜更け過ぎにならないと月が登らないことから、更待月となったんですよ。 下弦の月(かげんのつき) 月齢23日目頃の月で、月の左半分に光が当たった状態となります。 上弦の月とは逆に、弦が下側にくるので「 下弦の月(かげんのつき)」となりました。 有明月(ありあけづき) 有明月(ありあけづき)は、 月齢26日目頃の月で、三日月とは反対に、左側が弓形に光ります。 夜明け頃という意味の「有明」がつくのは、夜明け頃に昇る月だからなんですよ。 三十日月(みそかづき) 三十日月(みそかづき)は、 月齢30日目の月で、ほんの少しだけ左側が光っています。 「みそか」は月の最終日という意味で、12月31日の別名「大晦日(おおみそか)」も月の名前が由来です。 「晦日(みそか)」は「つごもり」とも言いますが、最終日の月が隠れて(こもって)見えないからなんですよ。 【関連記事】• 月の満ち欠けを楽しもう 月は約30日周期で満ち欠けを行うため、かつては暦の基準として使われてきました。 そのため月の形ごとに名前がつけられ、日にちの変化を確認していました。 現在でも満月や新月はよく使いますし、弓形の月は三日月としておなじみです。 上弦の月や下弦の月は名前が美しいですし、立待月・居待月・寝待月は由来が面白いですよね。 今夜の月を確認しながら、満ち欠けの名前を覚えるのも楽しいものですね。

次の

【月齢】月の満ち欠けと月の呼び名 一覧

月 の 満ち欠け 名前

月の語源 月は太陽の光を受けて光っています。 また、一日の中で月は太陽が沈んでからでてきますよね。 自然の流れがそのまま月という言葉になったのですね。 美しい由来です。 この他にも月は日々満ち欠けしており、一か月に一回は新月となり光が失われます。 月の満ち欠けの読み方・呼び名の由来 月には新月~満月まで様々な形があります。 そしてそれぞれに名前がついています。 この名前も適当につけられたものではなく意味が存在するんですよ。 その中からいくつか有名なものを抜粋して紹介していこうと思います。 新月(朔) 月が見えない状態のことです。 月はこの日を周期の一番始めの日としています。 昔は現在のようなカレンダーが存在しておらず、この新月を毎月の始まりとしていました。 新しい月の始まりを意味することから新月と呼ばれるようになったのですね。 三日月 新月から数えて三日目の月のことで、細長い状態です。 三日月には「初月(ういづき)」という呼び名もあり、その月で、 初めて光る月をみることができたのが三日目だったためこの名がつけられたといわれています。 上弦の月 7~8日目の月で 「半月」とも呼ばれています。 ちょうど半分月が光って見えている状態で、 この形が弓に張られている弦に似ているためこの名がつけられました。 ちなみに、新月から満月に向かうときは上弦の月、満月から新月へと向かうときは上弦の反対で、下弦の月と呼ばれます。 十三夜月 13日目の月で、満月の次に美しいとされています。 読みは難しく考えず素直に「じゅうさんやづき」です。 十三夜に月見をする風習は現在でもあり、その際には栗や枝豆をお供えします。 そのため「 栗名月(くりめいげつ)」や「豆名月(まめめいげつ)」なんて呼び名も存在します。 満月 月がまんまるで、全体が光が満ちている状態のためこう呼ばれました。 新月から数えて15日目に満月になることから「十五夜」という言葉が生まれました。 夜の暗闇に太陽を最も強く反射して、最も強く夜を照らす満月、やはりその美しさは格別ですよね。 十六夜 いざよいとも呼ばれる、16日目、つまり満月の次の日の月のことです。 満月よりも月がでてくるのが遅れるため、ためらうという意味がある「いざよい」と呼ばれるようになりました。 有明の月 26日目ごろの月です。 この頃になると、 月が真夜中ではなく有明(夜明け)に昇ってくるためこう呼ばれることになりました。 ちょうど形が 三日月を反対にしたものであることから「逆三日月」とも呼ばれます。 三十日(みそか)月 30日目の月のことでほとんど新月に近い状態です。 現在ではカレンダーがありますので、毎月の終わりの日を晦日、一年の終わりの日を大晦日と呼んでいますね。

次の