顔 の わりに 小さな 胸 や 少し 鼻 に かかる その 声。 privilegios.euro6000.comen Over 歌詞

「顔のわりに」ということば|田中裕子|note

顔 の わりに 小さな 胸 や 少し 鼻 に かかる その 声

うちには、は全シングル、アルバム、ツアーDVDが揃ってあって、ライブは今まで5回見に行っていて、それなりにファンであるのだけど、このヒカリノアトリエに関しては、感想は、まあ、普通やな、って感じだった。 うん、普通。 で一番好きな曲を1曲選べと言われたら悩むけど、これだけでは絶対ないよな、ベスト20にも入らないよな、と思った。 けなしているわけではない。 しかしこのCDヒカリノアトリエは良かった。 ファンなら、必聴の1枚であると思った。 なぜなら、長年、ファンのみならず、多くの人々の間で議論の的になってきた 『顔のわりに小さな胸』問題に、桜井さん自らが切り込んだトークが収録されているのである。 トラック8のover弾き語りで、そのなぞが、ついに、あかされるのだ……! そもそも、顔のわりに小さな胸問題というのはなんであるかと言えば、アルバムアトミックハートに収録された「over」の歌詞に出てくる女の子の描写にある。 歌詞の主人公は、彼女に心変わりされてフラレた男性。 その人が、彼女を思い出して悲しみを唄う歌。 軽やかで明るいメロディーにのせて、悲しい現実をうたう手法をとったのは、桜井さんいわく、ギルバートオサリバンのアローンアゲインを意識したとのこと。 ちなみにアローンアゲインの歌詞は、嫁が結婚式当日に逃げるわ、親が死ぬわ、自殺を匂わせるわ、もう超絶鬱展開なのに、メロディーがとてつもなく優しくて穏やかで、湖畔でピクニックかなんかしてる曲かと思ったのに和訳を知ってショックで恐怖すら感じた。 で、overの歌詞、長年大きな謎とされてきた女性の特徴が『顔のわりに小さな胸』なんです。 顔のわりに小さな胸。 かおのわりに…… ってどんな顔やねん、どんな胸やねん! 「桜井さんは、顔を見ただけで、女性のカップ数がわかるんですか?って聞かれたこともある 笑 」と、このCDでの語りでご本人も仰るように、ほんと謎。 で、その歌詞について、桜井さんが語り始めたのです、これは聞かなければ。 「僕だってね、パッチリ二重瞼にうまれたかったよ、だって一重よりさ、二重瞼のほうが一般的には立場は上でしょ。 でね、怒らないでほしいんだけどね、胸も、小さいより、大きな方がポイント高いでしょ、怒んないでね……あはは」 「まあ、だから、セールスポイント低い胸でもね、そのままを愛していたんだよ、なぜなら世界でひとつの胸ってことでね。 会場内ここで拍手が起きる 」 いやいや、ようわからん、どういうこと?何の拍手? 「なぜこんな歌詞になったかは、不徳のいたすところ。 今だったらもっと、的確な表現にしていました」 なんじゃそりゃー。 結局わからんやないかいっ。 でも、ええねん、overの歌詞は、これでええねん。 顔のわりに小さな胸。 うん、わからんけどなんとなくわかるよ。 わけのわからなさも含めoverの良さだな、と思うわけでした。 本当に私はどの曲も桜井さんの歌詞が好きで、例えば「隔たり」ではコンドームをあんなに純粋でロマンチックな曲にしてしまえたり、「タガタメ」ではあからさまにを叫ばずとも、そういう意図を受け止められる深い言葉で聴く人の心に戦争の是非を訴えたりだとか、どの表現がどんなに素晴らしく素敵で好きかをいちいち書いてたらきりがないんだけど、このoverに関してはまた違う意味で私のお気に入りの詩だと思っている。 ちなみに、この歌を聴くと、いつも思い出すのは、大学時代可愛がっていた後輩の男の子に言われた「みきみや先輩は、おっぱいさえ大きければ、100点やと思いますよ!」という言葉。 私の小さな胸は、100点から何点分減点されたのかは、知るよしもない。 あと、桜井さんは、パッチリ二重瞼じゃなくて今のタレ目がめちゃくちゃかっこ良いのです。 mikimiyamiki.

次の

Overー顔のわりに小さな胸に関する新考察ー

顔 の わりに 小さな 胸 や 少し 鼻 に かかる その 声

「田中さんはさ、それってトクしてるの? ソンしてるの?」 少し前、バトンズ社長の古賀さんにそう問われた。 デスクの上の本が雪崩を起こしたときだったか、なにかを紛失したときだったか、なにかに「やばいやばい」と騒いでいるときだったか忘れたけれど、呆れたようにしみじみとそう問われた。 「それ」とはなにか。 顔のわりに、しっかりしていないことだ。 これは以前も書いた気がするけれど、わたしはまじめ顔だ。 しっかり顔だ。 優等生顔だ。 初対面ではかなり「ちゃんとした人」に見えるらしい。 たぶん古賀さんも、そう思っていたはずだ。 しかし皮膚をぺりぺりと剥いでみると……さまざまな能力が、あきらかに平均より劣っている。 たとえば、こまごまとした事務作業が驚くほど苦手。 現にいま引っ越し準備まっただ中のオフィス、たったふたりの会社でなんの戦力にもなれずにいる。 「あ、なにかやることはないかな」と思ったときには大体のことが済んでいた(済んだのかな)。 注意力散漫だし、すべきことをすぐ忘れる。 めんどうくさがりで、計画的とはとても言えない。 不器用で生活能力が低い。 服にシミがつき、「クリーニングに出さなきゃ」と玄関先にうっちゃり、そのまま頭から抜けて放置してしまうタイプというか……。 優等生顔で期待値が高まりがちなくせに、ちゃんとできなさすぎるのだ。 「もう、しっかり見えて抜けてるんだから、可愛いなあ」 ……などと社会が思ってくれるはずもないだろう。 古賀さんの問いには0. 1秒で「圧倒的にソンだと思います」と答えた。 Childrenの『Over』という曲(ひとつの恋が終わろうとしている男性の心境を歌った名曲)に、「顔のわりに小さな胸」という非常にユニークかつ有名な歌詞がある。 今となれば 顔のわりに小さな胸や 少し鼻にかかるその声も 数え上げりゃきりが ないんだよ 愛してたのに 心変わりを責めても空しくて 「顔の割に小さい胸とはなんぞや」と小さな議論を巻き起こし続けているこの歌詞、わたしはとても好きだ。 好きというか、おそらく彼女は「グラマー系美女っぽい顔なのに貧乳」なんだろうけれど、そんなふうに自分の知らないところでくさされていることに共感してしまうのだ。 あなたも、勝手に期待されて勝手にガッカリされてたの。 「あれ?」って思われたの。 理不尽だよねえ。 失礼だよねえ。 ソンだよねえって。 ……でも、『Over』の彼女は、ただソンをしているわけじゃない。 そもそも「顔のわりに小さな胸」は愛してたポイントとして挙げられているし、「 今以上綺麗になってないで」という歌詞があるように、(おそらくウィーク)ポイントも彼にとってはたまらなく魅力的だったんだろう。 「顔のとおり大きな胸」をストレートに称えられるより、なんだか深い愛情を感じてしまう。 顔や見た目、たたずまいから思い描いていたイメージや期待とはちょっと違った。 はじめは少し残念に思わなかったといえばウソになる。 だけどいまは、それがいいんだと腹の底から思える。 革製品が手になじんでいくように、どんどん味わい深い関係になっていく。 ——それって素敵だなあ、と思う。 残念ながら、「顔のわりにしっかりしていない」をポジティブに捉えてもらうのは難易度が高いかもしれないけども。 「しょうがないよね」とサポートしてくれる夫、そして嫌みのひとつもこぼさない古賀さん、周りのひとたちに感謝しながら、わたしは明日も優等生顔で生きていくのだ。

次の

Over

顔 の わりに 小さな 胸 や 少し 鼻 に かかる その 声

うちには、は全シングル、アルバム、ツアーDVDが揃ってあって、ライブは今まで5回見に行っていて、それなりにファンであるのだけど、このヒカリノアトリエに関しては、感想は、まあ、普通やな、って感じだった。 うん、普通。 で一番好きな曲を1曲選べと言われたら悩むけど、これだけでは絶対ないよな、ベスト20にも入らないよな、と思った。 けなしているわけではない。 しかしこのCDヒカリノアトリエは良かった。 ファンなら、必聴の1枚であると思った。 なぜなら、長年、ファンのみならず、多くの人々の間で議論の的になってきた 『顔のわりに小さな胸』問題に、桜井さん自らが切り込んだトークが収録されているのである。 トラック8のover弾き語りで、そのなぞが、ついに、あかされるのだ……! そもそも、顔のわりに小さな胸問題というのはなんであるかと言えば、アルバムアトミックハートに収録された「over」の歌詞に出てくる女の子の描写にある。 歌詞の主人公は、彼女に心変わりされてフラレた男性。 その人が、彼女を思い出して悲しみを唄う歌。 軽やかで明るいメロディーにのせて、悲しい現実をうたう手法をとったのは、桜井さんいわく、ギルバートオサリバンのアローンアゲインを意識したとのこと。 ちなみにアローンアゲインの歌詞は、嫁が結婚式当日に逃げるわ、親が死ぬわ、自殺を匂わせるわ、もう超絶鬱展開なのに、メロディーがとてつもなく優しくて穏やかで、湖畔でピクニックかなんかしてる曲かと思ったのに和訳を知ってショックで恐怖すら感じた。 で、overの歌詞、長年大きな謎とされてきた女性の特徴が『顔のわりに小さな胸』なんです。 顔のわりに小さな胸。 かおのわりに…… ってどんな顔やねん、どんな胸やねん! 「桜井さんは、顔を見ただけで、女性のカップ数がわかるんですか?って聞かれたこともある 笑 」と、このCDでの語りでご本人も仰るように、ほんと謎。 で、その歌詞について、桜井さんが語り始めたのです、これは聞かなければ。 「僕だってね、パッチリ二重瞼にうまれたかったよ、だって一重よりさ、二重瞼のほうが一般的には立場は上でしょ。 でね、怒らないでほしいんだけどね、胸も、小さいより、大きな方がポイント高いでしょ、怒んないでね……あはは」 「まあ、だから、セールスポイント低い胸でもね、そのままを愛していたんだよ、なぜなら世界でひとつの胸ってことでね。 会場内ここで拍手が起きる 」 いやいや、ようわからん、どういうこと?何の拍手? 「なぜこんな歌詞になったかは、不徳のいたすところ。 今だったらもっと、的確な表現にしていました」 なんじゃそりゃー。 結局わからんやないかいっ。 でも、ええねん、overの歌詞は、これでええねん。 顔のわりに小さな胸。 うん、わからんけどなんとなくわかるよ。 わけのわからなさも含めoverの良さだな、と思うわけでした。 本当に私はどの曲も桜井さんの歌詞が好きで、例えば「隔たり」ではコンドームをあんなに純粋でロマンチックな曲にしてしまえたり、「タガタメ」ではあからさまにを叫ばずとも、そういう意図を受け止められる深い言葉で聴く人の心に戦争の是非を訴えたりだとか、どの表現がどんなに素晴らしく素敵で好きかをいちいち書いてたらきりがないんだけど、このoverに関してはまた違う意味で私のお気に入りの詩だと思っている。 ちなみに、この歌を聴くと、いつも思い出すのは、大学時代可愛がっていた後輩の男の子に言われた「みきみや先輩は、おっぱいさえ大きければ、100点やと思いますよ!」という言葉。 私の小さな胸は、100点から何点分減点されたのかは、知るよしもない。 あと、桜井さんは、パッチリ二重瞼じゃなくて今のタレ目がめちゃくちゃかっこ良いのです。 mikimiyamiki.

次の