鳥 もも肉 ヘルシー。 鶏もも肉のカロリーと栄養は?皮のカロリーに注意!ダイエットレシピ5選

【保存版】鶏もも肉レシピ人気簡単15選!つくれぽ1000の鶏肉料理おすすめ!鳥もも肉のおかずに

鳥 もも肉 ヘルシー

「gettyimages」より 鶏肉はヘルシーというイメージが強いですよね。 そのため、「最近お腹が出てきたし、でも揚げ物は食べたい……。 トンカツではなくチキンカツにしよう!」なんて方も多いようです。 しかし、ヘルシーと思って選んだのに、選んだほうがハイカロリーなことも! 料理は食材の種類や切り方、調理法などでカロリーがグンっと変わってきます。 先入観で間違わないよう、賢く選ぶためのコツをご紹介いたします。 部位によって違う肉の種類のカロリー 鶏肉がヘルシーなのは、ささみの部分。 同じ肉類でも、部位によってまったくカロリーは異なります。 そのため、「鶏肉=ヘルシー」とは限りません。 カロリーの低い順から並べると、下記のようになります。 そのため、鶏もも肉のチキンカツよりも豚ヒレ肉のトンカツのほうが、1食あたり50kcalも低くなります。 また、皮付き鶏もも肉の唐揚げよりもヒレカツのほうがヘルシーということになります。 同じ食材でも切り方によって異なるカロリー 実は同じ食材でも、切り方によってカロリーが変わってきます。 その理由は表面積。 食材丸々そのまま調理するよりも、切って調理すると表面積が増えます。 そうすると、調理過程で油や砂糖、塩などの調味料が付着する面が増え、カロリーアップに。 同じフライドポテトでも太切りよりも細切りのほうが1. 5倍カロリーアップ。 お肉や野菜も同様で、みじん切りや千切りより、くし形やざっくり大きく切ったほうがヘルシーです。 調理の仕方によって異なるカロリー そして、同じ食材で、同じ切り方をしても、調理方法でカロリーは変わってきます。 同じ食材でも下記の順にカロリーが高くなります。 ゆでる・蒸す<焼く<煮る<揚げる また、揚げ物でも、衣がつくほどカロリーが高いです。 素揚げ<唐揚げ<天ぷら<フリッター 特に、きのこやナスはヘルシー食材として有名ですが、スポンジ構造をしているので、油や調味料の吸収率が高いです。 ナス1本を茹でると15kcal、油で炒めると63kcal、揚げると144kcalと10倍近くハイカロリーに。 野菜だからヘルシーと思っても、1人前当たりでみると、揚げナスは鶏の唐揚げよりもハイカロリーになりますので、食材選びだけでなく調理法も意識するといいですね。

次の

鶏肉のもも肉とむね肉の違いや調理方法&ヘルシーなのはどっち?

鳥 もも肉 ヘルシー

ささみ肉の美味しい食べ方 鳥のササミは、鶏肉の中でも、特にヘルシーな部位となっています。 そのため、その部位を使って料理をすることによって、ヘルシー料理をつくることができます。 その一つに、ササミの和物があります。 和食の場合、和物が多くなっていて、そんなあっさりとした味を生かすことができるのは、肉の中でも鳥のササミとなるのです。 ササミは、少し茹でて、手でさいたものを、その季節に合わせて、いろいろな野菜と合えることによって、美味しく食べることができます。 その味付けとしては、醤油、みりん、だしなどです。 それは和食となるので、ササミをつかった、とってもヘルシーなメニューとすることができます。 また、サラダにもよく、ササミを利用することがあります。 ささみ肉は、あっさりとしているので、ドレッシングと野菜と混ぜて食べることによって、あっさりとしてサラダにすることができます。 胸肉の料理 鳥の胸肉の場合は、ササミよりはヘルシーではありません。 そのため、揚げ物等で利用することが多くなっています。 鶏肉を使った、竜田揚げ等はそのひとつです。 胸肉は、ジューシーさを感じることが出来るので、あげてもそのジューシーさを味わうことができます。 また、ササミと同じように、サラダに野菜と一緒に利用することもできます。 もも肉の料理 鳥のもも肉の場合は、鶏肉の中でも一番こってり感を味わうことができる、部位となっています。 もも肉で一番利用されているのは、なんといっても鳥のからあげです。 これは、好みの下味をつけたものに、片栗粉等を付けてあげることによって、そのジューシーさをタップリと味わうことができます。 また、煮込むと美味しいので、その他の煮込み料理にも利用することができます。 鳥の鍋の場合も利用することができるし、鶏肉の中でも一番、利用しやすい部位となっています。 こってりとしていても、ほかの肉類よりもカロリーを少なくすることが出来るので、嬉しいもも肉となります。 鳥の皮の料理 鳥の皮の場合は、好みによって嫌という人もいます。 それは食感がぐにゃっとしているので、その食感について嫌という人が多く見られます。 また鶏皮の場合は、カロリーが高めになってしまうので、その点でも食べることが少なくなっているのです。 そんな時、そんな嫌と思っている人でも、美味しく食べることが出来るのが、鶏皮のフライです。 カラッと揚げることによって、そのぐにゃっとした食感を、カリッとした感じにすることができます。 また、余分な油を揚げることによって、さらっとした感じにすることが出来るので、美味しくヘルシーに食べることができます。 鳥まるごと料理 クリスマス等になると、鳥をまるごと使った料理を食べる機会が多くなります。 鶏肉は、まるごとレンジや蒸し器を使って料理をすることによって、その肉をより柔らかくして食べることができます。 また、それをつくる過程の中で、鶏肉の余分な油を落とすことができるのです。 そのため、ヘルシーに食べることが出来ると言う点も、人気となっています。 鶏肉専門店にいくと、購入することができますが、自宅でつくると、自分の好みの味付けをすることができます。

次の

鶏もも肉 ヘルシー レシピ

鳥 もも肉 ヘルシー

「gettyimages」より 鶏肉はヘルシーというイメージが強いですよね。 そのため、「最近お腹が出てきたし、でも揚げ物は食べたい……。 トンカツではなくチキンカツにしよう!」なんて方も多いようです。 しかし、ヘルシーと思って選んだのに、選んだほうがハイカロリーなことも! 料理は食材の種類や切り方、調理法などでカロリーがグンっと変わってきます。 先入観で間違わないよう、賢く選ぶためのコツをご紹介いたします。 部位によって違う肉の種類のカロリー 鶏肉がヘルシーなのは、ささみの部分。 同じ肉類でも、部位によってまったくカロリーは異なります。 そのため、「鶏肉=ヘルシー」とは限りません。 カロリーの低い順から並べると、下記のようになります。 そのため、鶏もも肉のチキンカツよりも豚ヒレ肉のトンカツのほうが、1食あたり50kcalも低くなります。 また、皮付き鶏もも肉の唐揚げよりもヒレカツのほうがヘルシーということになります。 同じ食材でも切り方によって異なるカロリー 実は同じ食材でも、切り方によってカロリーが変わってきます。 その理由は表面積。 食材丸々そのまま調理するよりも、切って調理すると表面積が増えます。 そうすると、調理過程で油や砂糖、塩などの調味料が付着する面が増え、カロリーアップに。 同じフライドポテトでも太切りよりも細切りのほうが1. 5倍カロリーアップ。 お肉や野菜も同様で、みじん切りや千切りより、くし形やざっくり大きく切ったほうがヘルシーです。 調理の仕方によって異なるカロリー そして、同じ食材で、同じ切り方をしても、調理方法でカロリーは変わってきます。 同じ食材でも下記の順にカロリーが高くなります。 ゆでる・蒸す<焼く<煮る<揚げる また、揚げ物でも、衣がつくほどカロリーが高いです。 素揚げ<唐揚げ<天ぷら<フリッター 特に、きのこやナスはヘルシー食材として有名ですが、スポンジ構造をしているので、油や調味料の吸収率が高いです。 ナス1本を茹でると15kcal、油で炒めると63kcal、揚げると144kcalと10倍近くハイカロリーに。 野菜だからヘルシーと思っても、1人前当たりでみると、揚げナスは鶏の唐揚げよりもハイカロリーになりますので、食材選びだけでなく調理法も意識するといいですね。

次の