最近 妻 の 様子 が おかしい 結末。 「もしかして…バレてる?」妻に不倫がバレそうになったらやるべき行動

教えて下さい。

最近 妻 の 様子 が おかしい 結末

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ 妻の様子がおかしい 最近、妻の様子がおかしい 遠くの方を見て考え事をしている時間が増えたし、 私との会話でも、そっけない返事をするばかりで、どこか上の空だ。 更にそれから3年間の結婚生活は何不自由なく、 旧知の友人からは身長差からか「でこぼこ夫婦」などと揶揄されながらも、 仲睦まじくやってきたつもりだ。 彼女が塞ぎがちになり始めたのは、今の家に引越してからか。 高い天井、そして広い庭に蔵まであることが気に入り、 郊外にある年代物の旧家を買い取って住み始めたものの、 普段仕事に出掛ける私と違って、 家にいることが多い妻にとってはこの町は刺激がなく、 退屈な毎日だったのかもしれない。 今日は体調が優れなかった為、 会社を早退して来たのだが、 どうやら妻は出かけているようだ。 車庫には彼女の車は無いし、 テーブルの上を見るとラップがかけられた料理と、 置き手紙がある。 「博美のところに出かけてきます 帰りが遅くなりそうなので、博美と夕飯は食べてきます。 あなたの好きなハンバーグを作って置いたので温めて食べて下さい」 知り合いが全く居ないこの土地で、 隣町の美容院で知り合い意気投合した博美さんのことは妻から聞いていた。 私はまだ会ったことはないが、妻の唯一の友達である。 まぁ、気分転換にでもなればいいだろう。 残念ながら体調の為か、 好物のハンバーグにも関わらず食欲は全く沸かない。 私は冷蔵庫に料理をしまった。 「妻は当分帰ってこない・・・」 最近の妻の異変が気がかりだった私は、 何か原因が分かるかもと思い、 妻の部屋を調べてみようと思った。 妻の部屋に行ってみると本棚に見慣れない本がある。 「これは『完全自殺マニュアル』か・・・こんなものを何故・・・」 十何年か前に流行った本だが、 わざわざ古本屋ででも見つけて来たのだろうか。 私はそれをゴミ箱に捨てると、 他に何か妻の異変は無いものかと探すことにした。 すると妻と共有で使っているPCを見ると、 既にファイルは削除済みであったが、 ワープロソフトの使用履歴に 「遺書. doc」という名前を見つけてしまった。 そういえば最近、夜中に探し物があると言って、 彼女が庭にある蔵に向かうことが多い。 ふと嫌な予感がした私は、 戸棚から蔵の鍵を持ち出し、慌てて蔵へ向かう。 鍵を開け、照明のスイッチはどこだったかな、 と思いながら暗闇の中を手探りで進むと、 足に何かがぶつかった。 「あったあった・・・」 と照明のスイッチを入れた私の目に飛び込んで来たのは、 先が結ばれ輪が作られた梁から垂れる太いロープと、 踏み台代わりなのか、 庭いじり用に購入した小さな脚立が置いてあった。 『旧知の友人からは身長差からか「でこぼこ夫婦」などと揶揄されながらも』 語り手はバスケットボール部のエースだったことからも、 語り手の身長が高く、 妻との身長差が大分あるように思われる。 なので、妻の身長に合わせたのであれば、 もっと低い位置にきているはずである。 つまり、このロープの輪は 妻が夫を自殺に見せて殺害しようとしていたもので、 『完全自殺マニュアル』でその方法を探し、 夫の遺書として「遺書. doc」を作っていたのだろう。 『ワープロソフトの使用履歴に 「遺書. doc」という名前を見つけてしまった』 とのことからも、 使用履歴を見つけただけで、 ファイルは開いておらず、 気が付いていないようだ。 しかし、身長の低い妻が、 ロープを使ってそんなに高い位置に設置することなのできない。 (語り手は脚立の一番上に登ってちょうどの場所なんだから) では、誰がその位置につけたのか? それが友人の「博美」だろう。 名前は女性でも、男性でもどちらでも存在する。 つまり、妻は愛人である博美と 語り手を自殺に見せかけて殺そうとしているのである。 語り手が体調が悪くて食べられなかったハンバーグに 睡眠薬などが仕込まれていて、今夜殺害を 決行しようとしていたのではないだろうか。 しかし、睡眠薬が仕込まれていたとして、 どうやってロープのある蔵に連れて行くのだろうか… 寝た状態は 起きている状態よりも重く感じるはずである。 しかも、身長の高い人を蔵までつれていき、 首つりまでさせるのは相当辛いことだろう。 果たしてどうやって語り手を 自殺に見せかけて殺すつもりだったのだろうか? もしかして、語り手はバスケットボール部のエースだっただけで 身長は特に高くなかったのだろうか? (某マンガのように) そして、妻は「でこぼこ夫婦」と言われるくらい 身長が高かった…と。 そうなると、愛人と二人で 寝ている語り手を連れて蔵まで行き、 ロープに首を引っかけることは どうにかできるかもしれない。

次の

不倫の成れの果て…人生を詰む悲しい結末とは

最近 妻 の 様子 が おかしい 結末

20090409200444 削除 妻は床に座り両手を突き、床に頭をつけて、話し始めました。 「あなた、ごめんなさい。 あなたの留守中に、私、不倫をしてしまいました。 相手は会社の村澤本部長です。 これ以上あなたを裏切れません。 あなたへの罪悪感にもう堪えきれません。 本部長とのお付き合いを辞めるため会社に退職願いを出し、あなたにすべてをお話ししてお許しを請おうと決心しました。 私は6月20日付けであの会社を退職しました。 でも退職後もあなたにすべてをばらすと脅迫されていて、関係を強要されています。 何とかこの関係を断ち切りたいです。 もうあなたにすべてをお話しする以外に選択肢はありません。 あなた、ごめんなさい。 」妻は涙を流しながらここまで話し、泣き崩れたのです。 妻は告白するかどうか散々迷ったようです。 このまま不倫を続けることもできるとも考えたようです。 でも毎週外出するとなれば早晩不倫を知られてしまうでしょう。 隠していても普段の素振りでバレてしまう恐れもあります。 精神的に疲れて体調を壊してしまう恐れもあります。 私に騙し通せる保証はどこにもないのです。 もし村澤と会う機会が増えたら、それだけバレる危険が膨らむことになります。 知られたとき裏切り続けていたとなると、離婚を覚悟しなければならないでしょう。 私や子ども達と別れることだけは絶対に避けなければならないと妻は考えています。 それなら深みにはまる前にみずから告白すれば償いの機会を貰えるかも知れません。 妻は自分の気持ちに素直になり、不倫を止め、謝罪し、償っていく道を選択したのです。 不倫を告白しようと思うだけなら、世の中にいっぱいいることでしょう。 しかし思うだけでは意味がないのです。 不倫をしている多くの女性は心の中で告白し謝罪しようと決めたり思ったりしているだけで、実行するだけの勇気がなく、ズルズルと不倫を続けてしまうのでしょう。 妻は最悪の事態をも覚悟して、清水の舞台から飛び降りるつもりですべてを告白したようです。 冷静になれば、それがどんなに勇気のいることであったのか推測できますし、生半可なことではできないことはよく分かります。 でもその時は冷静ではいられなくて感情を爆発させてしまいました。 「えぇ!何だと!やっぱりそうなのか!いつからだ!全部話してみろ!詳しく話せ!昨日の寝室での痴態を見ても何か様子がおかしいと思って、菜穂子に問い質そうと思っていたんだ。 もしかしたら不倫ではと疑っていた。 昨日のあの行為は村澤に教えられたのか?」俺は思わず大きな声を出してしまった。 全身が凍りつき、全てが崩れ落ちていくかの様な感覚に陥り、すぐ裏切られたという想像を絶する感覚に襲われ、怒りと嫉妬で俺の血圧があがりました。 暫くして、とにかく事実関係を妻から聞き出すことが先決だと思いました。 とても冷静ではいられないのですが、事実関係を把握するために温和しくしていようと心に決めたのです。 妻は「そうです。 退路を断つために、あなたにおかしいと思っていただけるようにわざとあのような行為をしました。 あなたにすべてをさらけ出し、お許しを請い、一生償っていくと決めましたが、私の心の中には隠そうとする気持ちが少しですけどまだ残っています。 ですから私には逃げ道を塞ぐ必要があったのです。 あなたに是非お見せしたいものがあります。 」と言って、寝室に入り原稿用紙の束のようなものを持ってきました。 「これはあなたの留守中に私がどんな過ちを犯してしまったのかを正直に書きとどめたものです。 あなたに告白して許しを請おうと思ったとき、反省の意味を込めて自分のしてきたこと、していることをすべて正直に書きとどめようと思いました。 そしてほぼ1カ月を掛けて書きました。 これからすべてをお話ししますが、同時にここに書きしたためてありますので、どうぞ後で読んでください。 」妻は涙を流しながらそう言って、原稿用紙を私に差し出しました。 それはA4の400字原稿用紙が30数枚綴じられていました。 ざっと見るとびっしりと文字が書かれています。

次の

単身赴任は夫婦生活の危機!妻の様子が変わってきたら・・・?

最近 妻 の 様子 が おかしい 結末

20090405210721 削除 「なんで俺に言ってくれなかったんだ。 夫婦なのに!俺は昔からベッドでは少し淫乱な方がいいと思っていたんだ。 でも拒否されてステレオタイプな形のセックスしかできなかった。 俺は前からいろいろ試したかったし、もっと淫乱なセックスをしてみたかったんだ。 」私は本音を吐露した。 「今からでも遅くないからいろいろ試してみような。 夫婦なんだから恥ずかしいことなんかないんだよ。 2人がよければどのようなことでも愛の行為として許されるんだ。 自分に素直になってもっともっとセックスを楽しめばいい!」私は妻にそう訴えました。 「はい、あなた。 帰ってきたらもっともっと試してね。 私もして欲しいことを正直に言います。 自分に素直になります。 」と妻は約束してくれました。 嬉しい反面で、3カ月も留守をするのに、妻の身体に火をつけてしまってよかったのかなと私は少し後ろ髪を引かれる思いだったのです。 その夜は心地よい疲れからかすぐ寝てしまいました。 出発前の3月30日の日曜日に私は、近くに住む妻の友人である井崎恵子43歳の夫慎次さん45歳と会って、3カ月の予定で中国へ出張するので、留守中宜しく頼む旨をお願いしました。 留守中は妻子だけになるので、何かあったときは宜しく面倒見て欲しいといった趣旨の挨拶なのです。 慎次さんも心得ていて私の趣旨を分かってくれて、留守中はそれとなく恵子さんに面倒見させると約束してくれました。 私は菜穂子が人事異動で出張するような職務に就いた旨を慎次さんに伝えました。 妻と恵子さんは子どもを通じて知り合った友人で、お互いの家を行き来する間柄です。 その関係から旦那同士も知り合い、家族ぐるみでお付き合いするようになったのです。 翌日の4月4日朝、私は成田国際空港から飛行機に乗り、中国へ向かいました。 中国出張の理由は私なりによく理解しています。 中国には生産委託する協力工場がありますが、食の安全性についてもうひとつ信頼がおけないのです。 ですから自社工場を建設し日本の製造技術や品質管理技術だけでなく、現地従業員の教育を通じて食の安全性を確保しようとしているのです。 そのためには製造や品質の管理技術に明るい人が行かねばならないのです。 私がそのお眼鏡にかなったというわけです。 そして3カ月を中国で過ごし、7月4日金曜日に日本へ戻ってきました。 中国では工場建設の最終段階を見届け、設備の搬入・据え付けを行い、試験生産を繰り返してから、商業生産させてきました。 一方で中国人従業員の品質に対する考え方を変えさせるべく徹底した教育を実施してきました。 意識改革のため生産したばかりの製品を廃棄したこともあります。 私は廃棄するにあたって何故廃棄するのか、何故不良品と判断したのか、何故不良品が生産されたのか、従業員によく説明しました。 製品は会社の顔です。 その善し悪しが会社の信用・発展を左右します。 徹底的に良品を生産することの必要性を強調してきました。 そしてそんなことを繰り返しながら何とか本生産へとこぎつけ、新たに中国に着任した工場長(元製造部次長)にバトンタッチしました。 慣れない異国での仕事は言葉や文化の違いもあって気苦労が多く、私には本当に激務でした。 当初中華料理が続いたためか下痢に悩まされました。 それでも会社のため、家族のためと頑張ってきたつもりです。 中国滞在中に井崎慎次さんから5月中旬と6月中旬に手紙による連絡がありました。 恵子さんが土日にそれとなく妻の様子を見に行ってくれていたようです。 直接会って話をするだけでなく、それとなく様子を見ていてくれたのです。 直接話をしているときはいいのですが、離れて様子を見ているとき、妻が何か考え込んだり、涙を見せるなど、妻の様子が少しおかしいとそれとなく知らせてくれたのです。

次の