プリコネ 攻撃力ダウン。 【プリコネ】アリーナ1位になるために使ったキャラ・敵パーティ対策

アユミ(プリコネ) (あゆみ)とは【ピクシブ百科事典】

プリコネ 攻撃力ダウン

ソーシャルゲーム『プリンセスコネクト! Re:Dive』にて7月31日 木 よりマコト サマー が限定キャラクターとして登場しました。 公式Twitterにて 「攻撃対象が1つの場合スキルとユニオンバーストともに真価を発揮する、前衛物理攻撃キャラです。 」と銘打たれ事前告知のあった限定キャラクターです。 恒常キャラクターの通常のマコトが必須級のキャラクターですが、限定キャラクターのマコト サマー を獲得することで解放されるストーリーを読むことによって、 ステータスアップのボーナスが発生し、通常マコトの強化にもつながります。 マコト サマー もスキルとユニオンバーストで敵の防御力をダウンさせる デバフを持っているので早くも 人権キャラクターなのではという声も!? 早速、私もピックアップガチャに挑戦。 所持ジュエルが17000個ありましたので、ガチャを引いてみた結果とマコト サマー の性能についてお届けします。 マコト サマー のピックアップガチャの開催期間 2019年7月31日12:00~7月10日 11:59まで ピックアップ確率はいつものピックアップガチャと同じく 0. ガチャ結果 私は所持ジュエルが17000個で10連ガチャを最大11回(110連 回せます。 みんなのガチャ結果 100連してやっと水着マコト来たー! — kuwiet 転スラ好き awRYbJjGNqnSemr 水着マコト引けた! — エターナル@深海サーカス3、4日参戦 muttyan11 水着マコトガチャしました… 242連掛けて引きました ぐふっ これはきつい 天井行かなかっただけでも御の字か 5人星3がでました Newキャラは以下 ニノン キョウカ 水着マコト 既存キャラは オーエドクウカ イリヤ — トリアキ PCmE7DK6DSkH1Ea 水着マコトさん100連でお出迎え!性能はクラバトだとかなり人権なのでは…? — ヒライ LykanHS0000T だいぶ沼りましたが水着マコト引けました。 ついでにイオ先生も。 残りの攻撃対象が1つの場合、代わりに物理特大ダメージを与え、さらに物理防御力を大ダウンさせる。 スキル効果• 残りの攻撃対象が1つの場合、敵単体に42480の物理ダメージ Lv. 残りの攻撃対象が2つの場合、敵単体に30147の物理ダメージ Lv. 136の場合3. 残りの攻撃対象が1つの場合、敵単体の物理防御力を151ダウン 18秒間継続 スキル アクアクロッシング 目の前の敵1キャラに物理中ダメージを与える。 残りの攻撃対象が1つの場合、追加で物理小ダメージを与え、さらに物理防御力を小ダウンさせる。 スキル効果• 敵単体に13703の物理ダメージ Lv. 136の場合1. 残りの攻撃対象が1つの場合、敵単体に6851の追加ダメージ Lv. 136の場合0. 残りの攻撃対象が1つの場合、敵単体の物理防御力を42ダウン 12秒間継続 ブルーハウリング 自分の物理攻撃力を中アップさせる。 残りの攻撃対象が1つの場合、この攻撃力アップは時間によって解除されなくなる。 スキル効果• 自分の物理攻撃力1370アップ 条件をクリアした場合永続、攻撃対象が2つ以上の場合は12秒間継続 EXスキル 海狼の闘気 バトル開始時に自分の物理攻撃力を中アップさせる。 スキル効果• みんなが少ないジュエルで引けていようとガチャの排出の確率は変わりませんが…。 水着マコトもステータスアップボーナスはもちろん非常に強力なキャラクターです。 今年も夏の限定水着キャラクターのラッシュが続いていますが、運営のほうから『暑中お見舞いプレゼント』で5000ジュエル、『梅雨明け祝いプレゼント』で1500ジュエル、更には『 プリコネ夏のジュエル祭り』などで大量にジュエルが配られています。 7月のクランバトル報酬も入ってくると思います。 強力なキャラクターで入手期間が限られていますが、プレイスタイルによって引くガチャと引かないガチャを見極めていったほうがいいと個人的に思っています。

次の

【プリコネ】ユイ(ニューイヤー)の評価と使用感

プリコネ 攻撃力ダウン

概要 アユミはのスマートフォンRPG『』のキャラクター。 無印版のにあたる。 プロフィール 年齢 16歳 身長 155cm 体重 43kg 誕生日 4月7日 血液型 O型 種族 エルフ ギルド 趣味 観察 CV 人物 を先輩と慕う純粋なキャラ…………の。 主人公の活動光景を観察することが純粋に楽しいらしく、その都度の行動に対する評価はともかく変に美化するようなことはないようだ。 現時点ではメインストーリーにまったくと言っていいほど絡んでこないが、他のギルドメンバーに先駆けて、イベント『』に登場した。 一応、メインストーリーの冒頭にほぼモブキャラ同然に紛れ込んでいるので、ゲームを起動するたびに表示されるワンカットにも写り込んでいる。 曰く、。 実装も遅く、サービス開始から1年以上経ってようやく本格登場となった。 コラボキャラであるを除く無印版のプレイアブルキャラクターの中では最後に実装されたことになる。 ちなみに無印でも実装は遅く、サービス終了発表の直前になって様々なキャラストーリーに登場していたモブから昇格してきたという経緯がある。 そういう経緯もあるからかイベント『ドラゴンエクスプローラーズ』のしりとりのミニゲームではアユミのパネルに「もぶ」という読みが与えられている。 やのイラストの背景にも紛れ込んでいたりもするほか、『授けの財団と聖なる学舎の異端児』ではアニメムービー内にて 聖テレサ女学院の制服を着ながら生徒の中に混じっていたりする。 上記の王都の名探偵にて、に主人公の数日間の行動について聞かれた際には、事件に関係ない日時のことまで嬉々として答えており、とカスミが心の中で若干引いていた。 ストーキングスキルはギルドマスターのからも一目置かれており、からも忍者の素質があると言われている。 イベント『激走! ランドソルギルドレース』では、【】として第3区を走った。 もともと影が極めて薄いため、走者として参加した際にインタビュアーのに選手登録していたことを認知されておらず、あらゆる走者のハプニングをスルーするどころかたすきを渡す =走り終わった 際に実況者にようやく気付かれ 「誰!?」と言われてしまった程である。 ここまで来ると 最早忍者そのものである。 第3区では2位でにたすきをつなげた。 ストーリーに登場するにつれてステルス性能はどんどん上がっており、ルナの塔のストーリー「すれちがいディスタンス」ではに気付かれないまま物理的に接触し、イベント『不思議の国のリノ 小さなアリスと希望の絵本』におけるの親愛度ストーリーでは「スパイとしてスカウトしたいぐらい」と評価されており、彼女を認識するためだけに龍眼を使用するほど。 は「ニンジャみたい」と素直に褒めているが、は「ボスの目を盗んでいなくなるとか普通じゃない」と戦慄し、その能力を羨ましがっている。 ちなみに名前も朧気にしか覚えられてないようだ。 キャラソンCDのドラマパート内ではモニカ以外のギルドメンバーと共にお祭りの出し物「風雲ニノン城」のひとつめのエリアの妨害者を担当し、そこでこのステルス能力を無意識にかつ多分に活かした結果、主人公との3人とモニカの5人がやってくるまで誰一人として次のエリアまで進めさせずに脱落させていた。 ちなみにこのときのアユミはというと「出会ってから少なくとも数分行動を共にしながらアユミから声をかけるまでこの5人の誰にも気づかれない」「妨害用のボール投げの際に投げるアユミの声はするけれど気配が全く無い上に一体どこから投げられているのかわからない」と状態であり、そんなアユミの妨害を受けていたトゥインクルウィッシュの面々をして「絶体絶命だった」「魔物に囲まれた時より恐怖を感じた」と、そしてモニカにすら「敵に回してはいけない者を敵に回してしまった」と言わしめていた。 また、意識して気配を消すという芸当も可能なようで、公式4コマではエリコの目の前で姿を消し、エリコがそれを認識したときには既に背後に回り込んでいた。 しかもただ目の前にいたのではなく「今まさにそのアユミが気配を消すという話題について話している最中」に「目の前にいるアユミがエリコに向かって一対一で話をしながら」という影の薄さ云々ではもはや片付けられないレベルの話である。 もちろん、エリコもホマレもかなりの実力者であるのに、というからすさまじいである。 なお、上記のエリコの背後を取っていたことに関しては上記ドラマパートにてモニカ曰くのアユミのふたつある固有スキルの内、ステルス能力の他のもうひとつである「常に相手の死角を確保するストーカー能力」であると思われる が、アユミ自身はこのふたつの能力について否定している。 TVアニメ版 第1話のランドソルの街中ではモブ同然のような形で出演していたが、 これだけにとどまらず以降も 毎回どこかのシーンにてセリフ無しで一瞬だけ出演している。 ユウキを遠目で見るような感じで登場する場合が多い。 恐るべしストーカー執念…。 敵をスタンさせるスキルのほか、ユニオンバーストでは暗闇と混乱を付与することで敵を邪魔することができる。 相手の行動妨害に特化した、中衛の物理キャラクター。 ユニオンバーストは非常に範囲が広く、大勢の敵を弱体化させられる。 特に暗闇の命中低下が影響しない魔法パーティには効果てきめんで、混乱による同士討ちで自滅を誘える。 「目を閉じて行けるかな・・・?」も、最前線のキャラクターの位置取り次第だが、最後列の辺りまで届くほど範囲が広い。 さらに恐ろしいことに、中衛では上位に入る物理耐久力・中衛ではかなり貴重な物理防御EXスキルを備えている。 かつてはメモリーピースの入手手段が女神の秘石交換かダンジョン報酬(ランダム)しかなかったため、才能開花の難易度が高かったが、2019年8月28日からダンジョンコイン交換に追加され、大分強化しやすくなった。 難点は命中率がとても低いので、一部物理キャラに攻撃を当てにくいこと。 またユニオンバーストで暗闇と混乱を同士に付与するため、相手が物理パーティだと命中低下の影響で同士討ちのダメージが大幅に減ってしまう。 状況によってはそのまま力押しで負けてしまうので、アリーナ防衛に採用する場合は、物理パーティーへの対策は必須。 混乱が非常に凶悪な状態異常であることを開発も認知しているのか、2019年5月のイベントでアユミのシャドウが敵として出た際はユニオンバーストの追加効果がオミットされていた。 しかし、ルナの塔に登場したアユミのシャドウは キャラ性能そのままでなおかつHPと防御力が強化されており、非常に厄介な相手となっている。 ルナの塔の仕様で最初からTPが半分まで溜まっているので、開幕のユニオンバーストで戦線が崩壊しやすい。 アユミを抜きにしても同キャラが登場する239階は妨害に特化したモンスターばかり並んでおり、非常に難易度が高い。 のUBを貯めておきバリアを事前に張っておくことで、ダメージを0に抑えて状態異常を無効化できるが、限定キャラなのでハードルが非常に高い。 持っていない場合はサポートを利用しよう。 らしく行動速度を操作することに特化している。 9行動中4行動がスキルと通常時とは打って変わってスキルの密度が高く、更にダメージを伴わないためバリアに阻害されることはない。 時間停止は停止時間こそ短いが頻度が多いためのような厄介なキャラクターにはよく刺さる。 速度ダウンは劇的ではないがこちらも高頻度で上書きしまくるためこちらもじわじわと利いてくる。 更に暗闇でない命中デバフを付与するため命中の低い物理アタッカーはタンク、特にに対しては目に見えて攻撃が当たらなくなる。 分かりやすいとは対照的に、知らぬ間に相手を妨害し追い詰める役割を担えるだろう。 …の登場人物で、好きな異性の観察を主体としたストーカー仲間。 …存在感が皆無仲間 関連記事 親記事.

次の

【プリコネ】意外と知らないステータスのこと!TP編

プリコネ 攻撃力ダウン

概要 アユミはのスマートフォンRPG『』のキャラクター。 無印版のにあたる。 プロフィール 年齢 16歳 身長 155cm 体重 43kg 誕生日 4月7日 血液型 O型 種族 エルフ ギルド 趣味 観察 CV 人物 を先輩と慕う純粋なキャラ…………の。 主人公の活動光景を観察することが純粋に楽しいらしく、その都度の行動に対する評価はともかく変に美化するようなことはないようだ。 現時点ではメインストーリーにまったくと言っていいほど絡んでこないが、他のギルドメンバーに先駆けて、イベント『』に登場した。 一応、メインストーリーの冒頭にほぼモブキャラ同然に紛れ込んでいるので、ゲームを起動するたびに表示されるワンカットにも写り込んでいる。 曰く、。 実装も遅く、サービス開始から1年以上経ってようやく本格登場となった。 コラボキャラであるを除く無印版のプレイアブルキャラクターの中では最後に実装されたことになる。 ちなみに無印でも実装は遅く、サービス終了発表の直前になって様々なキャラストーリーに登場していたモブから昇格してきたという経緯がある。 そういう経緯もあるからかイベント『ドラゴンエクスプローラーズ』のしりとりのミニゲームではアユミのパネルに「もぶ」という読みが与えられている。 やのイラストの背景にも紛れ込んでいたりもするほか、『授けの財団と聖なる学舎の異端児』ではアニメムービー内にて 聖テレサ女学院の制服を着ながら生徒の中に混じっていたりする。 上記の王都の名探偵にて、に主人公の数日間の行動について聞かれた際には、事件に関係ない日時のことまで嬉々として答えており、とカスミが心の中で若干引いていた。 ストーキングスキルはギルドマスターのからも一目置かれており、からも忍者の素質があると言われている。 イベント『激走! ランドソルギルドレース』では、【】として第3区を走った。 もともと影が極めて薄いため、走者として参加した際にインタビュアーのに選手登録していたことを認知されておらず、あらゆる走者のハプニングをスルーするどころかたすきを渡す =走り終わった 際に実況者にようやく気付かれ 「誰!?」と言われてしまった程である。 ここまで来ると 最早忍者そのものである。 第3区では2位でにたすきをつなげた。 ストーリーに登場するにつれてステルス性能はどんどん上がっており、ルナの塔のストーリー「すれちがいディスタンス」ではに気付かれないまま物理的に接触し、イベント『不思議の国のリノ 小さなアリスと希望の絵本』におけるの親愛度ストーリーでは「スパイとしてスカウトしたいぐらい」と評価されており、彼女を認識するためだけに龍眼を使用するほど。 は「ニンジャみたい」と素直に褒めているが、は「ボスの目を盗んでいなくなるとか普通じゃない」と戦慄し、その能力を羨ましがっている。 ちなみに名前も朧気にしか覚えられてないようだ。 キャラソンCDのドラマパート内ではモニカ以外のギルドメンバーと共にお祭りの出し物「風雲ニノン城」のひとつめのエリアの妨害者を担当し、そこでこのステルス能力を無意識にかつ多分に活かした結果、主人公との3人とモニカの5人がやってくるまで誰一人として次のエリアまで進めさせずに脱落させていた。 ちなみにこのときのアユミはというと「出会ってから少なくとも数分行動を共にしながらアユミから声をかけるまでこの5人の誰にも気づかれない」「妨害用のボール投げの際に投げるアユミの声はするけれど気配が全く無い上に一体どこから投げられているのかわからない」と状態であり、そんなアユミの妨害を受けていたトゥインクルウィッシュの面々をして「絶体絶命だった」「魔物に囲まれた時より恐怖を感じた」と、そしてモニカにすら「敵に回してはいけない者を敵に回してしまった」と言わしめていた。 また、意識して気配を消すという芸当も可能なようで、公式4コマではエリコの目の前で姿を消し、エリコがそれを認識したときには既に背後に回り込んでいた。 しかもただ目の前にいたのではなく「今まさにそのアユミが気配を消すという話題について話している最中」に「目の前にいるアユミがエリコに向かって一対一で話をしながら」という影の薄さ云々ではもはや片付けられないレベルの話である。 もちろん、エリコもホマレもかなりの実力者であるのに、というからすさまじいである。 なお、上記のエリコの背後を取っていたことに関しては上記ドラマパートにてモニカ曰くのアユミのふたつある固有スキルの内、ステルス能力の他のもうひとつである「常に相手の死角を確保するストーカー能力」であると思われる が、アユミ自身はこのふたつの能力について否定している。 TVアニメ版 第1話のランドソルの街中ではモブ同然のような形で出演していたが、 これだけにとどまらず以降も 毎回どこかのシーンにてセリフ無しで一瞬だけ出演している。 ユウキを遠目で見るような感じで登場する場合が多い。 恐るべしストーカー執念…。 敵をスタンさせるスキルのほか、ユニオンバーストでは暗闇と混乱を付与することで敵を邪魔することができる。 相手の行動妨害に特化した、中衛の物理キャラクター。 ユニオンバーストは非常に範囲が広く、大勢の敵を弱体化させられる。 特に暗闇の命中低下が影響しない魔法パーティには効果てきめんで、混乱による同士討ちで自滅を誘える。 「目を閉じて行けるかな・・・?」も、最前線のキャラクターの位置取り次第だが、最後列の辺りまで届くほど範囲が広い。 さらに恐ろしいことに、中衛では上位に入る物理耐久力・中衛ではかなり貴重な物理防御EXスキルを備えている。 かつてはメモリーピースの入手手段が女神の秘石交換かダンジョン報酬(ランダム)しかなかったため、才能開花の難易度が高かったが、2019年8月28日からダンジョンコイン交換に追加され、大分強化しやすくなった。 難点は命中率がとても低いので、一部物理キャラに攻撃を当てにくいこと。 またユニオンバーストで暗闇と混乱を同士に付与するため、相手が物理パーティだと命中低下の影響で同士討ちのダメージが大幅に減ってしまう。 状況によってはそのまま力押しで負けてしまうので、アリーナ防衛に採用する場合は、物理パーティーへの対策は必須。 混乱が非常に凶悪な状態異常であることを開発も認知しているのか、2019年5月のイベントでアユミのシャドウが敵として出た際はユニオンバーストの追加効果がオミットされていた。 しかし、ルナの塔に登場したアユミのシャドウは キャラ性能そのままでなおかつHPと防御力が強化されており、非常に厄介な相手となっている。 ルナの塔の仕様で最初からTPが半分まで溜まっているので、開幕のユニオンバーストで戦線が崩壊しやすい。 アユミを抜きにしても同キャラが登場する239階は妨害に特化したモンスターばかり並んでおり、非常に難易度が高い。 のUBを貯めておきバリアを事前に張っておくことで、ダメージを0に抑えて状態異常を無効化できるが、限定キャラなのでハードルが非常に高い。 持っていない場合はサポートを利用しよう。 らしく行動速度を操作することに特化している。 9行動中4行動がスキルと通常時とは打って変わってスキルの密度が高く、更にダメージを伴わないためバリアに阻害されることはない。 時間停止は停止時間こそ短いが頻度が多いためのような厄介なキャラクターにはよく刺さる。 速度ダウンは劇的ではないがこちらも高頻度で上書きしまくるためこちらもじわじわと利いてくる。 更に暗闇でない命中デバフを付与するため命中の低い物理アタッカーはタンク、特にに対しては目に見えて攻撃が当たらなくなる。 分かりやすいとは対照的に、知らぬ間に相手を妨害し追い詰める役割を担えるだろう。 …の登場人物で、好きな異性の観察を主体としたストーカー仲間。 …存在感が皆無仲間 関連記事 親記事.

次の