俺 ガイル 14 巻。 14巻 あらすじ

14巻 あらすじ

俺 ガイル 14 巻

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 』の著者・渡航が、10月30日に開催された「小学館 新企画発表会」に登壇。 11月19日発売の第14巻でついに完結を迎える本作について、最終巻に込めた想いや今だからこそ明かせる9年間におよぶ執筆活動の裏側、3度目のTVアニメ化について語った。 』は、ひねくれた高校生の主人公・比企谷八幡が、とあるきっかけで完璧美少女・雪ノ下雪乃が部長を務める「奉仕部」に入部し、生徒の悩みを解決するボランティアを始めてからの高校生活を描くライトノベル。 電子書籍や海外翻訳を含めると、シリーズは全世界累計で900万部を突破しており、宝島社の「このライトノベルがすごい!」は3連覇によって史上初の殿堂入りを達成。 2度のTVアニメ化に加えてTVアニメ第3期の制作も決定している、名実ともにライトノベル青春群像劇の金字塔といえる作品だ。 ガガガ文庫「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 14」は、定価850円(+税)で11月19日に発売予定。 なお本編は完結するが、アニメ化にあわせて人気ライトノベル作家が参加したアンソロジー小説と、著者の渡がサイドストーリーを書き下ろした短編集も同時に発売される予定だ。 <以下、コメント全文掲載> 【渡航】 〈最終巻に込めた思いについて〉 全力で思いの丈を書き切りました。 小学館に籠もり、生きるか死ぬか、精魂を込めて書いた作品です。 果たして青春とは何だったのか、今青春を過ごしている方も、遠い過去に青春を過ごされた方も、作品を読んで、振り返って頂ければ嬉しいです。

次の

俺ガイル。全巻(14巻+外伝3巻)の行動内容を時系列順でまとめ|「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)」解説・感想・考察サイト

俺 ガイル 14 巻

俺ガイルの最終巻の質問です。 ネタバレがあるので原作未読者は観ないでください。 さて、さて、 読んでみたのですが結局葉山の好きな人Yや雪の下と葉山がよく言っていた過去、結局何も明かされずに曖昧で終わってなんなんだこれは... と思いました。 葉山が重要になってくると思いきや、ほとんど前と変わらない立場で完結... あと普通の恋愛ストーリーすぎて読んでいても面白くなかったです。 告白シーンも何も感動しませんでした。 最後は雪の下とイチャイチャしてるだけでただの恋愛ストーリーじゃないと思っていたので残念です... これ由比ヶ浜派のかたは許すのでしょうか? アニメ始まったら炎上しそうで怖いです。 全然質問じゃなくてごめんなさい。 皆さんの最終巻のご意見おしえてほしいです。 俺ガイルは作者と読者のレベルに明らかなズレがあると個人的に思っています。 読者は、誰エンドとか表面的な展開しか見れていない人が多いように感じます。 おそらく作者はこの話を完結させるにあたってかなりの苦労を重ねたはずです。 まず物語構造として、プロムを二度やったこと。 これ自体が偽物を本物にするという俺ガイル全体のテーマと合致していたり。 告白的シーンで、感情の総体として雪ノ下と一緒にいたいという八幡の感情、言葉に対する批判がこれまでの展開であった中、行動で示した八幡。 一緒にいたいという思いすら論理武装をして考える八幡。 あのシーンはラブコメ屈指のシーンだと思うのですが。 確かに後半はファンサービスの意味も込めて雪ノ下と一緒にいる八幡が多めに描かれてはいましたが、その中にも「一人で立てるのに」「知ってる」や「最後にはここに帰ってくる」など流石だと思える文章がいくつもありました。 もう少し読者には表面的な部分だけでなく中身を見て欲しいです。 12~14巻読んでます。 私は全然ダメダメだと思います。 ゆきのんルートなのはいいとして、ガハマの振り方が酷い。 八幡は振る時は後腐れないように冷たくした方がいいのセオリーに従って「お前は俺の今後を見届けなくていい」と冷たく言い放ったのでしょう。 しかし八幡はガハマを低く見過ぎだと思います。 最後にガハマが部室に来て、友達でもいいから仲良くしてほしいと言いましたよね。 ガハマは恋人になれなくても、それでも八幡が人として好きだったのです。 だから八幡はガハマを信頼して、ガハマを選べない理由を懇切丁寧に説明すべきだったと思います。 そもそもガハマがあれだけ積極アピールしてきた時にもっと早く振ってやれよ。 あーしさんにはっきりしろと言われてやっと動くとか何やってんだか。 ガハマの乳に未練あったんか?ああ?いっそヤッてから振ればまだよかったわ! このままアニメ化したら大炎上すると思いますね。 feel. の判断次第ですが…。

次の

【俺ガイル12巻】感想・ネタバレ 由比ヶ浜、幸せになってくれ……|俺の人生二次元に捧げる!

俺 ガイル 14 巻

俺ガイルの最終巻の質問です。 ネタバレがあるので原作未読者は観ないでください。 さて、さて、 読んでみたのですが結局葉山の好きな人Yや雪の下と葉山がよく言っていた過去、結局何も明かされずに曖昧で終わってなんなんだこれは... と思いました。 葉山が重要になってくると思いきや、ほとんど前と変わらない立場で完結... あと普通の恋愛ストーリーすぎて読んでいても面白くなかったです。 告白シーンも何も感動しませんでした。 最後は雪の下とイチャイチャしてるだけでただの恋愛ストーリーじゃないと思っていたので残念です... これ由比ヶ浜派のかたは許すのでしょうか? アニメ始まったら炎上しそうで怖いです。 全然質問じゃなくてごめんなさい。 皆さんの最終巻のご意見おしえてほしいです。 俺ガイルは作者と読者のレベルに明らかなズレがあると個人的に思っています。 読者は、誰エンドとか表面的な展開しか見れていない人が多いように感じます。 おそらく作者はこの話を完結させるにあたってかなりの苦労を重ねたはずです。 まず物語構造として、プロムを二度やったこと。 これ自体が偽物を本物にするという俺ガイル全体のテーマと合致していたり。 告白的シーンで、感情の総体として雪ノ下と一緒にいたいという八幡の感情、言葉に対する批判がこれまでの展開であった中、行動で示した八幡。 一緒にいたいという思いすら論理武装をして考える八幡。 あのシーンはラブコメ屈指のシーンだと思うのですが。 確かに後半はファンサービスの意味も込めて雪ノ下と一緒にいる八幡が多めに描かれてはいましたが、その中にも「一人で立てるのに」「知ってる」や「最後にはここに帰ってくる」など流石だと思える文章がいくつもありました。 もう少し読者には表面的な部分だけでなく中身を見て欲しいです。 12~14巻読んでます。 私は全然ダメダメだと思います。 ゆきのんルートなのはいいとして、ガハマの振り方が酷い。 八幡は振る時は後腐れないように冷たくした方がいいのセオリーに従って「お前は俺の今後を見届けなくていい」と冷たく言い放ったのでしょう。 しかし八幡はガハマを低く見過ぎだと思います。 最後にガハマが部室に来て、友達でもいいから仲良くしてほしいと言いましたよね。 ガハマは恋人になれなくても、それでも八幡が人として好きだったのです。 だから八幡はガハマを信頼して、ガハマを選べない理由を懇切丁寧に説明すべきだったと思います。 そもそもガハマがあれだけ積極アピールしてきた時にもっと早く振ってやれよ。 あーしさんにはっきりしろと言われてやっと動くとか何やってんだか。 ガハマの乳に未練あったんか?ああ?いっそヤッてから振ればまだよかったわ! このままアニメ化したら大炎上すると思いますね。 feel. の判断次第ですが…。

次の