ディリー スポーツ 阪神。 阪神承認のギフティングサービス開始 ギフトは選手還元、野球振興などに活用

阪神タイガース

ディリー スポーツ 阪神

750 - 2 DeNA 9 6 3 0. 667 0. 5 3 広島 9 5 3 1. 625 0. 5 4 ヤクルト 9 4 5 0. 444 1. 5 5 中日 9 3 6 0. 333 1. 0 6 阪神 9 2 7 0. 222 1. 0 パ・リーグ 6月28日終了時 順 チーム 試 勝 負 分 率 差 1 ロッテ 9 8 1 0. 889 - 2 楽天 9 6 3 0. 667 2. 0 3 西武 9 5 4 0. 556 1. 0 4 日本ハム 9 4 5 0. 444 1. 0 5 ソフトバンク 9 3 6 0. 333 1. 0 6 オリックス 9 1 8 0. 111 2. 0 球団公式サイト•

次の

阪神承認のギフティングサービス開始 ギフトは選手還元、野球振興などに活用

ディリー スポーツ 阪神

デイリースポーツは日本のスポーツ新聞。 神戸新聞社系列のデイリースポーツ社から発行されている(ただし、中国・四国地方においては中四国デイリースポーツ社の発行となる)。 本社は神戸市中央区で関西に地盤を築いている。 太平洋戦争終結後、日本に進駐してきたGHQは、既存紙の紙面の方針転換を促すとともに新しい新聞の創刊を推奨した。 しかし、この頃は新聞用紙が慢性的に不足しており、結局既存紙が用紙割り当て数確保のために積極的に新興新聞発行を行った。 神戸新聞系列でも夕刊紙「神港夕刊」を発行していたが、提携先が事実上の独立を神戸新聞に申し入れたため、これに対し神戸新聞側が別の新興新聞発行を検討した。 京阪神の売店等で売られている新聞を市場調査した結果、スポーツをメインに据えた新聞を発行することに決定。 1948年7月25日付けの神戸新聞社に創刊予告が出され、8月1日に第1号が発刊された。 1950年から、タブロイド判からブランケット判に切り替え、1955年には神戸新聞から独立して「デイリースポーツ社」が設立された。 同時に東京でも発行されるようになった。 スポーツニッポン(1949年創刊)、日刊スポーツ(1950年「オールスポーツ」として創刊)、サンケイスポーツ(1955年創刊)、報知新聞(1964年大阪進出)が関西で発行を始めるまでは、名実ともに「関西唯一のスポーツ紙」であった。 現在ではデイリースポーツ社が東京、大阪、神戸の3本社体制に発展し、本州の各地(東海3県、山口県西部を除く)と四国地方で発行している。 東京首都圏では1975年から「夕刊デイリースポーツ」(駅・コンビニなどのスタンド売り専売。 宮崎県にも夕刊デイリーという新聞社があるが、全くの別物である)も発行している(大阪本社では、それより先の1957年に「夕刊デイリースポーツ」(後に「デイリールック」)という夕刊紙を発行していた)。 なお、東日本地域版は1992年までは東京タイムズとの提携で発行したが、同紙休刊以後は日本経済新聞系の印刷工場「日経東京製作センター」(旧・千代田総業)から発行されている。 1977年には東京本社版が、次いで1980年には大阪本社版が休刊日発行(号外扱いの即売特別版)を開始した。 創刊当初はプロ野球、アマチュアスポーツ界、芸能界が紙面の中心であったが、1965年以降になるとギャンブル部門を拡大させ、1985年には日航機墜落事故をきっかけに社会面がスタートした。 その間の1974年には、厳選した紙面掲載写真を「パネルサービス」として販売を開始している。 1995年1月17日の阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)で、旧神戸本社(三宮・神戸新聞会館)が壊滅的な被害を受けたため、一時は印刷困難になりそうになったが、日本経済新聞や販売提携している地方新聞社の印刷工場などを利用して新聞の発行を続けた。 しかし、3月に完全復旧するまでカラー印刷が不可能になったり、紙面のページ数も大幅に削減された。 wiki引用。

次の

阪神タイガースのチーム情報

ディリー スポーツ 阪神

750 - 2 DeNA 9 6 3 0. 667 0. 5 3 広島 9 5 3 1. 625 0. 5 4 ヤクルト 9 4 5 0. 444 1. 5 5 中日 9 3 6 0. 333 1. 0 6 阪神 9 2 7 0. 222 1. 0 パ・リーグ 6月28日終了時 順 チーム 試 勝 負 分 率 差 1 ロッテ 9 8 1 0. 889 - 2 楽天 9 6 3 0. 667 2. 0 3 西武 9 5 4 0. 556 1. 0 4 日本ハム 9 4 5 0. 444 1. 0 5 ソフトバンク 9 3 6 0. 333 1. 0 6 オリックス 9 1 8 0. 111 2. 0 球団公式サイト•

次の