扁桃腺肥大 口臭。 【台灣e院】常見問題-扁桃腺

扁桃腺摘出手術の効果と術後について

扁桃腺肥大 口臭

「扁桃腺(へんとうせん)の手術をすると、膿栓(のうせん)が出ないようになり口臭がしなくなった。 」 ちょっと驚きですが、このような記事をヤフーの知恵袋で発見しました。 ちなみに、 この人が行った扁桃腺手術とは、ラジオ波凝固手術といってレーザーで焼く手術だそうです。 この方は原因の分からない口臭に10年以上も悩んでいたのが、扁桃腺除去手術で嘘のように口臭がなくなったとのことですが。 この記事を読まれて、あなたは、どう感じますか? じゃあ、私もすぐに扁桃腺除去手術をしようと思いますか?今回の記事は、「はたして扁桃腺切除手術で膿栓が治るのか?」という疑問にお答えさせていただきます。 ぜひご参考にしてください。 この記事の目次• 膿栓と扁桃腺の関係 膿栓は臭い玉とも呼ばれ、喉から口臭がする場合の原因の代表格だと思われています。 実際の口臭原因は、膿栓ではなく、膿栓になる前の段階の粘液(膿汁)なのですが、膿栓が口臭原因だと思っている人が多いようです。 膿栓や膿汁は、扁桃腺にある「いんか」という小さな穴の中に出来ます。 扁桃腺は細菌やウイルスから身体を守るためにある器官で、「いんか」から免疫が分泌されます。 白血球などの免疫と細菌が戦って死がいができると、いんかの中に、柔らかい耳垢(または固まる前の鼻くそ)のようにたまります。 これが膿栓(臭い玉)ですが、良くできる人には特徴があるようです。 この膿汁ができると、喉がイガイガする、口臭が強くなる、原因となるのですね。 膿栓ができても、食事の時や咳・くしゃみ等で自然に取れてしまうのでご安心ください。 ところが、膿栓が長期にわたり扁桃腺にたまると、口臭の原因になることがあります。 だからといって、無理に膿栓を取るのは危険です。 引用: 膿栓や膿汁を作り出す扁桃腺は、免疫力の低い子どもの健康を守るためにあり、成人すると必要のないものです。 ですから、喉の違和感や口臭で困ると、扁桃腺を手術で切除したいと思っても不思議ではありません。 扁桃腺の手術が必要なケース 扁桃腺の摘出手術を考えている方のために、扁桃腺摘出手術が必要な場合についてご説明します。 耳鼻科のお医者さんが、患者さんに扁桃腺の手術をすすめるのは、「繰り返し扁桃腺が腫れる人」です。 扁桃は、細菌やウイルスを食い止めてくれる免疫の役目をはたしています。 健康な時には、免疫力が高く細菌をやっつけるために炎症が起こりません。 ところが、抵抗力が落ちて細菌の感染力が勝つと扁桃に炎症が起きます。 これが扁桃炎です。 扁桃炎になると、扁桃が赤く腫れたり喉が痛くなったり発熱します。 この扁桃炎になる回数が一年に3~4回ある人の場合には、日常生活に支障がでないように扁桃摘出手術をすすめられるようです。 引用: ですから、口臭がするからとか臭い玉(膿栓)ができるという理由だけでは、扁桃摘出手術はしてもらえないかもしれません。 しかし、喉からひどい口臭がするとか、多量の臭い玉(膿栓)ができる場合は、扁桃炎のサインかもしれません。 臭い玉(膿栓)ができていなくても、喉に痰のような膿がへばりついている場合は、扁桃腺炎になっているかもしれません。 詳しくは、『』をご参考にしてください。 急性扁桃炎を放置していると、扁桃の周囲にまで炎症が及び扁桃周囲炎(へんとうしゅういえん)を引き起こすかもしれないので、喉に異常を感じたら早目に耳鼻科を受診されることをおすすめします。 扁桃腺摘出手術で臭い玉(膿栓)ができなくなる? 膿栓を取っても取ってもすぐ溜まるのであれば、それはもう扁桃腺を取ってしまうのがいいと思います。 臭い玉(膿栓)ができるのは、一般でいわれている扁桃腺「口蓋扁桃(こうがいへんとう)」です。 ですから、この口蓋扁桃を摘出してしまうことで臭い玉(膿栓)はできなくなります。 舌扁桃にできる臭い玉(膿栓)の場合は、粘膜の表面にあるので自然と取れます。 だから、口蓋扁桃を手術で摘出すれば臭い玉(膿栓)の問題は解決するようです。 引用: しかし、摘出手術をしたからといって喉が腫れないことはありません。 摘出手術によって口蓋扁桃はなくなるので、扁桃が腫れることはありませんが、術後に喉が腫れ完治するまで長い期間がかかったり、その後も喉が腫れたり発熱することは起こるのでご注意ください。 手術は10日弱入院にはなりますが、一回扁桃腺をとってしまえば今までの高い熱やすごくのどが痛くなることはなくなります。 ただし、扁桃腺が腫れることはなくなりますが、のどの粘膜が腫れて熱が出たりのどが痛くなることはおこります。 手術でのどの粘膜を全部とる訳ではないので、「全くのどが痛くなることがなくなったり、全く熱が出なくなる」のではありません。 引用: 手術するのは怖いものです。 その場合は「」をご参考にしてください 扁桃腺切除手術の方法 扁桃腺切除手術 扁桃腺切除手術といっても、最近ではメスは使わず、扁桃をレーザーメスで焼き切るのが主流のようです。 また、全身麻酔で行うので手術中の恐怖や痛みはありません。 レーザーを用いた手術はメスを入れる手術に比べると体にかかる負担は少ないのですが、後咽頭から上気道部にかけての広範囲を切除するため術後麻酔から覚めてからの痛みは強くなる傾向があります。 オペは全身麻酔で行なわれます。 手術当日の処置 手術当日は朝から絶食で水も飲めません。 手術着に着替えてストレッチャーに載せられ手術室で麻酔を受け、意識がなくなったら手術開始となります。 手術日前までの過ごし方 耳鼻科で診察をしてもらい、手術の説明を受けます。 手術日まではレントゲンを撮ったり、全身状態に変更がないかどうかを検査するために一般的な血液検査が行なわれる場合もありますが、前日までは日常生活を送る事が出来ます。 前日の夜からは絶食とし、水も基本的には飲めなくなります。 通常は手術当日までは外来でのフォローとなりますが、発熱を起こし点滴による抗生剤投与が必要な場合などは手術の数日前から入院する場合もあります。 扁桃腺手術の入院期間と費用 扁桃腺手術にかかる期間は、患者さんの術後の経過や病院の方針によって異なってきます。 入院期間は、平均すると7日から10日が多いようです。 ケースによっては、手術前日から入院する場合もあります。 手術と入院にかかる費用については、入院期間によって違ってきます。 入院期間が長くなれば、その分費用が高くなります。 手術と入院にかかる費用の平均は、7日~9日入院した場合、8万円~10万円です。 それ以上高い場合でも、高額医療費(高額療養費)が使えると合計から約8万円安くなるようです。 高額医療費について詳しくは、『』をご参考ください。 引用: 扁桃腺はいくつもある 扁桃腺というと、一般的には喉ちんこの奥、喉の左右にある口蓋扁桃をいいます。 しかし、扁桃はこの他にもあり、鼻腔と気道のつなぎ目にあるアデノイドと舌根にある舌扁桃があります。 だから、口蓋扁桃だけ(またはアデノイドだけ)を切除しても膿栓(のうせん)はなくなりません。 しかし、口蓋扁桃の穴にできるような膿栓ではなく粘膜に付いているだけなので、食事や唾を飲みこんだだけで取れていきます。 扁桃腺を取るリスク 扁桃腺(へんとうせん)は、細菌をやっつける大切な組織なので、口臭があっても、取ってしまうのはどうかな~? と不安に思いませんか? じつは、私の考えも、たとえ膿栓(のうせん)があっても、 扁桃腺(へんとうせん)は取らない派です。 切るのが怖いというのもあります。 でも本当の理由は… 1、扁桃腺には、口や鼻から入ってくるウイルスや細菌と戦ってくれる大切な役割があるから、取らない方が良い。 手術後の入院が7日~10日。 手術の恐怖に加えて抱えるリスクが多すぎる。 3、過去に扁桃腺を取ったが、膿栓(のうせん)ができると悩んでいる人がいる。 (詳しい原因は分からない。 ) 以上が、私だったら手術までしない理由です。 それに、そこまでしなくても、歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使えば、膿栓(のうせん)も口臭も予防できるからです。 美息美人(びいきびじん)は、歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」という名前なので、よく勘違いされてしまうのですが、 美息美人で歯磨きだけしても、膿栓(のうせん)は予防できません。 ご存じのように、膿栓(のうせん)が出来る場所は咽喉(のど)です。 ですから、 膿栓(のうせん)による口臭を予防するには歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」で作ったアルカリイオン水を使って、咽喉(のど)をきれいにするための、ガラガラうがいを行なわないといけません。 ブクブクうがいだけでは、アルカリイオン水は膿栓(のうせん)に届きません! 膿栓(のうせん)を予防するには、ガラガラうがいが必要です。 間違えないようにしてくださいね。 詳しくは『』をご参考にしてください。 ところが、美息美人(びいきびじん)を使っているのに、膿栓(のうせん)が中々改善されない方がおられます。 よくよく伺ってみると、やっぱり! 咽喉(のど)のガラガラうがいしていないことがあります。 早速、小まめにガラガラうがいをしてもらうと、 「膿栓(のうせん)が出ました!」とか、 「口臭がしなくなったみたいで嬉しいです!」と。 もし、歯医者さんにかかっても、口臭が治らない、耳鼻咽喉科でも治らない。 もうこうなったら、扁桃腺除去手術をするしかない! と早合点して行動に移される前に、 一度、歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお試しされてはいかがでしょうか? 膿栓(のうせん)を取ると一時的に口臭もなくなります。 ですから、自分で膿栓(のうせん)を取ろうとするのかもしれません。 でも、膿栓(のうせん)を取るために喉をいじると粘膜に傷をつけ炎症を起こすかもしれません。 そのようなことのないように、民間で流行っている方法で膿栓を取るリスクと耳鼻咽喉科では具体的にどのようにして膿栓(のうせん)を取ってくれるのかなど詳しく解説しました。 間違いを犯す前に次の記事をご参考にしてください。

次の

喉嚨發炎、扁桃腺發炎分不清?「單側喉嚨痛」小心扁桃腺膿瘍|健康2.0

扁桃腺肥大 口臭

このページでは、• 扁桃腺肥大の原因と治療• 治療のポイント! について どこよりも分かりやすく説明します。 スポンサーリンク 扁桃腺肥大ってなに? 扁桃腺肥大とは、 その名の通り 「扁桃腺が大きく膨らむ症状」です。 肥大すると、以下の画像のように咽頭 喉の奥のつきあたり 付近が見えなくなるほど大きくなり、いびきなどの原因に繋がります。 画像出展: では、 「なぜ扁桃腺が大きくなるのか」、 そして 「大きくなると、どのような弊害があるのか」 について、一つずつ説明しましょう。 スポンサーリンク 扁桃腺肥大は何が原因? 扁桃腺肥大の原因は、大きく分けると3つです。 身体の成長過程において、生理的に起きるタイプ• ウイルスや細菌の侵入によって、扁桃腺が腫れるタイプ• 遺伝や体質により、もともと肥大しているタイプ 成長過程での肥大 扁桃腺は、外部からの異物を排除するための「免疫機能」を有する組織です。 そのため、扁桃腺は 幼児 3歳ごろ から活発的に活動し、免疫システムを完成させようと肥大し始めます。 一般的に 大きさのピークは6歳を過ぎたあたりで迎え、その後徐々に小さくなります。 しかし、この時期に扁桃腺炎を繰り返し発症している場合は、 大人になっても小さくならない場合があります。 扁桃腺炎による肥大 2つ目は、扁桃腺が炎症を起こす「扁桃腺炎」による肥大です。 詳しくはで説明していますが、扁桃腺は、喉に侵入してきたウィルスを攻撃する 主力の免疫であり、 ウイルスの侵入を拒むために活性化し、炎症を起こすのです。 つまり、身体を守るために「自ら腫れている」のです。 このタイプは、風邪やインフルエンザに伴う症状ですので、それらの症状が治まれば、自然と腫れも引いていきます。 風邪が治ったあとも、肥大が続くようであれば、それは 慢性扁桃腺炎の可能性があります。 慢性扁桃腺炎は、急性扁桃腺炎が慢性化したものですので、喉の痛みや喉の乾燥がありますが、急性と比べて症状が穏やか、もしくは症状が無いということもあります。 そのため 「慢性扁桃腺炎で慢性的に腫れているだけ」なのか、 「扁桃腺炎を繰り返す中で、大きく成長してしまった」のか、その判断は病院を受診しなければ難しいかもしれません。 この場合は、少しの疲れや体調不良の他、風邪の菌が少し侵入しただけでも扁桃腺が反応し、肥大してしまいます。 こちらは慢性扁桃腺炎による症状と言えるでしょう。 では続いて、 「扁桃腺肥大による弊害と、治療法」について説明します。 スポンサーリンク 扁桃腺肥大による問題と、治療法 こちらも、 上記タイプ別に説明しましょう。 「成長過程での肥大」における問題と治療法 上記で説明した通り、成長過程にて大きくなるタイプの扁桃腺肥大は、 基本的には問題ありません。 しかし、大きくなりすぎることで気道が狭まり、 「いびき」や 「睡眠時無呼吸症候群」に陥る可能性があります。 従って、万が一「呼吸がしにいくい」などの症状が出た場合は、治療が必要になることがあります。 治療としては、菌による炎症でもないため手術にて切除しますが、通常は大人になるにつれて小さくなるため、積極的に行うことは少ないでしょう。 「扁桃腺炎による肥大」における問題と治療法 「扁桃腺炎による肥大」についても、上で説明しました通り、基本的には「一時的な腫れ」ですので、風邪やインフルエンザなどの病気が治るタイミングで、徐々に腫れも治まります。 しかし、まれに扁桃腺の奥まで炎症が及ぶ 「扁桃周囲炎」や、さらに悪化した 「扁桃周囲膿瘍」にまで悪化することがあります。 参考! そのため、基本は 抗生物質の投与による治療ですが、あまりに炎症が広がった場合は手術が必要になります。 慢性扁桃腺炎では、喉の痛みなどはそれほど強くはありませんが、繰り返す中で腎臓に過度な負担が掛かり、 腎炎などに繋がる場合があります。 そのため、基本は抗生物質による殺菌治療ですが、場合によっては手術が必要となります。 いびきの原因となる! 「成長過程での肥大」にて説明しましたが、「遺伝や体質タイプ」でも当てはまる話なので、再度簡単に説明します。 扁桃腺が肥大していると、気道の空気の流れが悪くなるため、いびきをかきやすくなります。 多少のいびきは問題ありませんが、大きないびきをかいているということは、 それだけ気道が狭まっているということを意味しています。 場合によっては、「睡眠時無呼吸症候群」といって、 睡眠や日常生活に大きな影響を与える場合もあります。 このような合併症をも引き起こすため、酷い場合は早めに病院を訪ねてみましょう。 スポンサーリンク 治療のポイントとは? 当ページでは詳しく説明していませんが、扁桃腺炎が引き起こされる原因はさまざまです。 一時的な扁桃腺炎・扁桃腺肥大であれば問題ありませんが、思わぬ原因から扁桃腺炎が引き起こされ、繰り返している場合もあります。 市販の薬でも効果は期待できますので、まずは原因を知り、適切にアプローチしていきましょう。 そして、長引く場合は早めに病院を受診しましょう。 関連ページ 急性扁桃炎と慢性扁桃炎の【症状・原因・治療】について、画像付きでどこよりも分かりやすく説明しています。 習慣性扁桃腺炎の場合や、扁桃腺肥大の場合は手術が必要になることもありますので注意が必要です。 扁桃腺炎はどれくらいで治療できるの?放っておいても自然治癒 完治 する?扁桃炎で気になる質問に、どこよりも分かりやすく説明します。 よくある質問「急性扁桃炎・慢性扁桃炎は他人へうつるのか?」について、どこよりも分かりやすく説明します。 扁桃腺炎にもさまざまな原因があるため、まずは原因を知ることが大切です! 扁桃腺炎に効く薬は、抗生物質などの処方薬だけではありません。 市販薬や漢方薬でも効果は見込めますので、のどぬーるスプレーやイソジンをはじめ、おすすめの商品を紹介します。 扁桃腺炎 扁桃炎 の際に処方される抗生物質 抗生剤・抗菌剤・抗ウイルス剤 を説明します。 インフルエンザウイルスが原因の場合は、タミフルやリレンザなどが処方されます。 化膿性扁桃腺炎と、扁桃腺炎って何が違うの?原因や症状は?喉の症状の一つ「化膿性扁桃炎」について分かりやすく説明します。 扁桃腺炎が進行すると、扁桃腺周囲炎や、扁桃腺周囲膿瘍にまで悪化する場合があります。 ここでは参考画像を元に、症状・原因・治療・手術について詳しく説明しています。 記載内容についての注意点 当サイトに掲載した情報に関して、管理人の経験や、調べた知識、収集した情報をもとにできる限り正確なものを提供できるように努めております。 しかし、必ずしも正確な情報でない場合があります。 また、私が独自に集めた情報を分析し統計を取った上での記載もあります。 そのため、偏った情報・意見も含まれている可能性もあります。 それら理由より、当サイト上の情報においては、正確性を期しておりますが、確実性・安全性は保障しかねます。 特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。 以上のことを踏まえ、当サイトのご利用は、利用者様の自己責任による判断でお願い致します。 万が一、当サイトに掲載された情報に起因してトラブル等が発生した場合でも、管理人は一切の責任を負わないことをご了承ください。

次の

【台灣e院】常見問題-扁桃腺

扁桃腺肥大 口臭

カテゴリー : 08月25日 扁桃腺が大きいと言われたことがある人は、意外と多くの方がいるのではないでしょうか? ただ扁桃腺が大きいというのは、見た目で分かるものなのでしょうか? 扁桃腺が大きいと デメリットや困ることがあるのでしょうか? 今回はこのあたりの内容を考えていきたいと思います。 扁桃腺の大きさとは 口をあけて、喉の左右にある膨らみが口蓋扁桃と呼ばれるリンパ節 「扁桃」です。 実際の写真を見てみましょう。 この写真は、私の子供の口の中の写真です。 左右の扁桃がくっつくことはないにしろ、大きく膨らんでいることが分かると思います。 実はこの口蓋扁桃、大きいと言われる人は単純に膨らみが大きいだけではなく、「奥」にも、そして「下」にも肥大している場合があります。 ですから口を開けて見ただけでは、張りだした「横」の大きさしか見ることができず、実際の大きさは分かりません。 奥行きと縦の長さは、 レントゲンを横から撮影することで確認できます。 こちらは子供の扁桃腺を映したレントゲン写真。 どこが扁桃かわかるでしょうか? 正解はこちら。 あごのラインよりも大幅に下へ肥大、また頸椎の近くまで奥に肥大している様子が分かります。 このように扁桃腺が肥大している場合、日常生活にも様々な悪影響(デメリット)がでてきます。 扁桃肥大によって表れる症状 まず一番多い症状が、 いびきや 睡眠時無呼吸症候群。 扁桃が肥大している状態で仰向けになると、気道が狭まり扁桃が振動することで「いびき」という現象が表れます。 よくテレビなどで見かけると思いますが、太った人が気道が圧迫されていびきをかいたり呼吸が止まったりするのと同じ仕組みとなります。 「やせ型なのにいびきをかいている」という場合、扁桃肥大かもしれません。 また喉の感染症である 溶連菌の感染リスクも高くなります。 溶連菌だけでなく、その他のウイルスにも感染しやすいのですが、全般的に「風邪をひきやすい」というのが特徴で、発熱すると 高熱になりやすいリスクもあります。 小さい子供で扁桃肥大になっていると、夜中に咳が止まらない、お肉などの固いものを吐き出す、食事が上手く飲み込めない、などの日常生活での異変も特徴としてあげられます。 夜中の咳に関しては、こちらので詳しくご紹介しているので、ご覧になってみてください。 大人になってからのデメリットやリスクとしては、 扁桃周囲膿瘍のリスクが大きいことがあげられます。 子供のころに扁桃肥大と言われていたものの、10代や20代前半くらいまでは健康体。 しかし20代後半~30代のころに頻繁に風邪をひくようになり、それがきっかけで扁桃炎を繰り返し「慢性扁桃炎」へ。 最悪の場合には、扁桃に膿が溜まってしまい重篤になることもある病気となります。 扁桃炎は、成人した体でも高熱になることが多く、またそれを繰り返しやすいのが特徴と言えます。 「自分は体が弱いから…」と自己判断せずに、一度耳鼻科で確認してもらいましょう。 扁桃炎を完治させるには入院・手術を行う 扁桃の切除が必要になります。 扁桃腺は大人になると小さくなると言われますが、実際にはほんのわずかしか小さくならないようです。 また扁桃の機能としては4歳~5歳頃にその役割を終え、大人になると必要は無くなりますから、手術によって切除を行っても問題はないとされています。 アデノイド増殖症の可能性もある 口蓋扁桃が大きい人は、同じリンパ節である アデノイドも肥大していることが多いようです。 アデノイドとは口蓋扁桃よりも上、鼻の奥の上についているリンパ節です。 このアデノイドが肥大していると鼻からの気道が狭くなっていて、鼻呼吸がしにくく 口呼吸になりやすくなります。 また滑舌(かつぜつ)が悪いと言われ、「す」や「ふ」、「しゃ」と言った空気を抜く発音が苦手になったり、「さ行」や「ら行」がしっかり発音できないことが特徴と言えます。 もしお子さんがこれらの症状に当てはまる場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診し、口蓋扁桃・アデノイド両方を大きい病院で検査をしてもらうことをお勧めします。 こんな記事も読まれています• 親として子供に扁桃腺の切除をさせることは、全身麻酔をかける手術ということもあって大きな決断が必要かと思います。 […]• 風邪や鼻水、咳などで耳鼻科に受診する子供は多いと思います。 親からすると、総合的に鼻から喉、耳を見てもらってい […]• 人よりも扁桃腺が大きいかどうかは、素人が見ただけでは分かりません。 自分で鏡で見たり同じ年齢の人間と比較しても […]• 私の子供がはじめて扁桃腺肥大・アデノイド肥大と診断されたのは、4歳の時、熱性痙攣で救急搬送された時でした。 娘 […]• 「アデノイド」あまり聞き慣れない言葉かもしれません。 口の中にあるいくつかの扁桃の1つで、鼻の一番奥、喉の上の […].

次の