蜷川 実花 結婚。 蜷川実花

蜷川実花 旦那と子供は?子育ての仕方が気になる!

蜷川 実花 結婚

写真家・映画監督の蜷川実花が初めて挑むドラマ作品「FOLLOWERS(フォロワーズ)」。 女性たちが元気になれる物語を紡ぎたい、とかねてから願い続けてきた蜷川監督が長年温めていた物語が、数多くの話題作を生み出してきたNetflixにより、世界190カ国に独占配信される。 早くも各方面で注目を集める本作に蜷川が託した思い、そして作品のモチーフであるSNSとの、自身の付き合い方とは? 写真家として活躍する主人公、奈良リミを演じる中谷美紀。 蜷川はリミについて「私自身が憧れる女性像になった」と語る。 「FOLLOWERS」撮影現場での蜷川。 ---fadeinpager--- 日本で描かれてこなかった女性像。 女優を夢見て上京するもまったく芽の出ない百田なつめを、池田エライザが演じる。 アイデアの出発点から聞かせてください。 『ヘルタースケルター』(2012年)の撮影が終わった頃に、軽やかでおもしろい物語をやりたいなという気持ちになったんです。 ショートストーリーみたいなものを書いて、脚本家を探し始めたのがそれくらいだったかな。 でも脚本を書き進めているうちに、私にとってどうやら恋愛はメインディッシュじゃないらしい、と気付いて(笑)。 最終的には友情や仕事を描く方向になっていきました。 自分にとって何が大事で、何をカッコ悪いと思っているか。 それが露呈していく過程も楽しかったですね。 みんなで集まってスーパーの納豆巻きを食べるシーンも楽しかったです。 私たちのような業界にいると、いつもシャンパンを飲んでオリーブを転がしているみたいなイメージを持たれがちですが、全然そんなことはないわけです(笑)。 もちろんとても局地的な物語で、このドラマがすべての働く女性たちの物語をすくい上げているとは思っていません。 でもこういう女性像を描いた日本のドラマや映画があまりにも少ないな、という思いがあって。 仕事は大好きだけど別に女を捨てているわけでもなく、結婚か未婚か、子どもがいるかいないかにかかわらず、楽しい日々を送っている女性たちが周りにはたくさんいます。 年齢的なことでそろそろ子どもはどうしようか、っていう話を聞くことはありますけど、何が何でも結婚したい!みたいな女性像ばかりが描かれるという偏りに違和感を持っていました。 男も女も大変なことはあるけど、女の人ってすごく楽しくない!? ってことを描きたかった。 その気持ちがこのドラマのスタート地点ですね。 中谷演じるリミの女性会仲間。 左から、人気歌手の敏腕マネージャーあかね(板谷由夏)、リミ(中谷)、 リミのマネージャーでありいちばんの理解者ゆる子(金子ノブアキ)、実業家として手腕を発揮するエリコ(夏木マリ)。 ---fadeinpager--- SNSのネガティブな反応が燃料になる。 池田演じるなつめ(左)は、ひょんなことから人気ユーチューバーのヒラク(上杉柊平/右)に出会い、惹かれていく。 写真のカワイイモンスターカフェなど、いまの東京の風景が多く登場するのも本作の魅力。 女優やモデルがどんなに大変な思いをしながら生きているかを私たちは知っているけど、メディアからだけでは伝わらないこともあると思うんです。 たとえばキラキラしている部分だけしかアップされていないインスタグラムを見て「この人は子どもがいてもあんなに素敵なのに、自分はなんでこうなんだろう」っていうふうには、絶対に思わないでほしい。 みんな大変だし、みんな大丈夫。 一緒に頑張ろうよ、っていう気持ちで撮った作品です。 エゴサーチもよくするのですが、ネガティブなことには反応しないようにしているんです。 でも私にとってエンジンをかけるために必要なガソリンは、ネガティブなことから発生する場合が多いんですよ。 こんなことを言っている人たちを納得させてやるぞ!みたいな(笑)。 楽しいことはリツイートしてみんなで共有して、ネガティブなことは自分の中の燃料にする、っていう感じですね。 あとは、嘘を書かないこと。 もちろん書かないことはあるけど、書いていることは絶対に自分が思っていることです。 左から、ノリ(ゆうたろう)、サニー(コムアイ)、なつめ(池田)。 東京のシンボルのひとつである東京タワーもさまざまな形で登場する。 それは父からもらった言葉ですね。 父からは「みんなが右に行っても、自分ひとりでも左だと思ったら左に行ける人になってほしい」ということをずっと言われていたんです。 ドラマは話数がたくさんあるし、自分が生きている世界を舞台にした現代劇だったので、いままでにないほど普段の自分が考えていることをセリフに入れ込みました。 リミはもちろん、そのほかのキャラクターも、みんなあっちでもこっちでもいいこと言ってたでしょ(笑)。 40代で自分の意志を持って凛とされていて、それでいてファッションが似合う方として中谷美紀さんにお願いしたいなと思ったんです。 それで、金髪なんかいかがでしょう……?と提案させてもらいました。 池田エライザさんは、年下だけど私よりもずっと大人で達観しているのですが、若い頃のがむしゃらな感じを思い出しながら演じてくれたみたいです。 コムアイの飄々としたマイペースな感じも、ゆうたろうくんのいまっぽさもよかった。 憧れの女性像を演じてくださった夏木マリさんはリーダー的存在で助けてくれましたし、板谷由夏さんのシーンもすべて大好きです。 リミのマネージャーであるゲイのゆる子役を金子ノブアキさんにお願いしたのは、あっくん(金子)は私にとって会うとほっこりする親戚枠だから(笑)。 撮影中は完全に女子同士の距離感でした。 私自身、撮影が終わって作品が完成してからも、ドラマに登場するみんなのことを思い出したりするんですよね。 なつめ(池田)は女優としてちゃんと頑張って成功しているかなぁ、とか。 いつか続編ができたら楽しいだろうなと思っています。 蜷川作品ならではのゴージャスな美術セットも魅力。 「フィガロジャポン 」のファッションページもたびたび手がける美術デザイナーENZOが担当。 撮影現場にて、中谷(中央右)と話す蜷川(右)。

次の

今度蜷川実花さんのドレスを着て結婚式を挙げるのですが、ど...

蜷川 実花 結婚

2019. 04 日本の心を感じる色彩鮮やかで優美な写真を発表し続け、今や世界的に有名なアーティストとなった 蜷川実花さん。 ウェディングドレスのプロデュースも精力的に取り組み、多くの花嫁さんを魅了しています。 2018年1月から結婚式場、衣裳取扱い店でレンタル開始 とのこと! 今回、編集部が一足お先に新作発表会にお邪魔させていただきました。 蜷川実花さんの作り出すウェディングコレクションの 最新作情報をお届けします! 日本を代表するアーティスト「蜷川実花」 A post shared by ninagawamika on Sep 18, 2017 at 6:46am PDT 美しく独特の世界観を映し出す蜷川実花さんの写真は、世界はもちろん日本の女性から絶大なる支持を受けています。 写真家としての活動のほか、沢尻エリカさん主演の映画『ヘルタースケルター』を手がけるなど映画監督としての実力を発揮。 2020年東京オリンピック・パラリンピックでは競技大会組織委員会の理事に就任するなどますます 注目のアーティストです。 そのテキスタイルを表現するに、彼女の世界観の真髄ともいえる鮮やかなカラーは必要不可欠! 色を忠実に再現するため、 ドレスのプリントは、世界で1箇所、日本にしかない専門工場を使用しているとのだそう。 「品番MN-0056」は、ドレスの技術にもご注目。 繊細かつ大胆な色遣いに、素材違いの生地を重ねたり、下地が透けるように工夫したり、細部にまでこだわっています。 こちらは「品番MN-0061」は、鮮やかなプリント地を覆うベールのようなチュールが可憐です。 ホワイトをベースにしたカラーバリエーションもあり、柄をさらに際立たせて、凛とした印象に。 胸元には、立体感ある小花モチーフがちりばめられています。 今回の新作発表で、編集部が特に注目したドレスがこちら「品番MN-0055」。 グリーンのカラーがとっても鮮やかでな1着。 色違いで赤い花のバージョンもありました。 花びらのあたりを中心に、ラインストーンが散りばめられており、ドレスが揺れるたびにキラキラと輝きを放ちます。 ドレスのコレクションとはまた逆で、和装でありながら西洋のアカデミックさを感じるデザインがずらり。 余すところなく、蜷川実花ならではの世界観で展開され、和装姿をより美しくみせてくれます。 なんでも、和装小物のスタイリングも蜷川実花さん自ら監修をしたというこだわりっぷりなんです。 これぞ「蜷川実花」! といった、こちらの柄の色打掛「品番 MN-4007」もたまりません! 大胆な色使いでありながら、上品さある1着。 花びらのプリント地に、ラメがほどこされています。 こういった繊細なこだわりの一つひとつが、生地の美しさをさらに引き出します。 和装もドレスも欲張りたくなる最新作の数々でした。

次の

松浦勝人氏が黒幕?沢尻エリカさんの薬物中毒「ヘルタースケルター」蜷川監督は黙認って本当?

蜷川 実花 結婚

写真家・映画監督 蜷川実花(にながわ・みか)さん 東京都出身。 多摩美術大学卒業。 木村伊兵衛写真賞ほか受賞多数。 2007年、映画『さくらん』で映画監督デビュー。 08年、個展「蜷川実花展」が全国の美術館巡回で延べ約18万人を動員。 10年、ニューヨークの出版社リッツォーリから写真集『MIKA NINAGAWA』を刊行、世界各国で話題となる。 12年、監督映画『ヘルタースケルター』が公開。 今年は今作のほかに、9月13日より監督映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の公開も控えている 写真家、そして映画監督の蜷川実花さん。 そして、2007年、映画『さくらん』で監督デビュー。 12年、映画『ヘルタースケルター』で再びメガホンを取り、7月5日 金 公開の映画『Diner ダイナー』で3度目の監督業に挑戦。 だが、前2作と大きく異なるのは、『さくらん』は安野モヨコさん、『ヘルタースケルター』は岡崎京子さんと、それぞれ稀代の女性漫画家の作品を原作としたガールズムービーであったのに対し、今作は殺し屋たちが次々と登場するアクションムービー。 おおよそ実花さんの得意ジャンルのようには見えない。 コンフォートゾーンから外れることで成長できるのは、分かる。 でも、自分の得意ジャンルではないところで勝負をするのは勇気がいるし、とても難しい。 どうすれば実花さんのように、たくましく挑み続けることができるのだろうか。 初めて挑戦したアクション映画作品 自分の得意技を、余すところなく盛り込んだ 「映画を撮り始めて、これで3本目。 そろそろやったことのないこと、難しいことに挑戦できる時期なんじゃないかと思っていたんです。 自分の得意ジャンルではないものに取り組むことで、何か面白い発見だったり、化学反応が起きるのではないかと考えました」 まるで新しい遊びを思いついたような無邪気さで、初のアクション映画づくりに挑んだ胸の内を教えてくれた実花さん。 命がクズのように扱われる殺し屋専用のダイナー。 そこで繰り広げられる殺し合いのゲーム。 アウトラインだけ見たら、どんなに残酷でバイオレンスなストーリーなんだろうと思わず目を瞑りたくなるが、実花さんがスクリーンの中につくり出した世界はカラフルで、ファンタジックで、毒々しいのに、うっとりするくらい美しい。 私たちをとらえて離さない実花さんの世界観が、まるで損なわれることなく、そこにあった。 「アクション映画は自分の 得意ジャンルじゃなかったからこそ、自分の武器は全部詰め込もうと思いました。 ビジュアルも音楽もアクセル踏みっぱなし。 私の持てる得意技を余すところなく盛り込んで勝負しました。 その分、ビジュアル的にはとても快楽的な作品に仕上がっていると思います」 手持ちのカードをどれだけ切れるかが、アウェーで戦う醍醐味 長く仕事をしていると、未経験の領域で戦わないといけない時が必ずやってくる。 そんなとき、つい「新しいスキルを身に付けなければ」と慌ててしまうけれど、その逆の方法もある。 得意じゃない領域だからこそ、自分の得意技で勝負する。 「自分がチャレンジしたことのないジャンルだからこそ、今までやってきたことが生きたと感じることがいっぱいありました。 例えば、キャストの皆さんは映画でご一緒するのは初めての方がほとんどですが、スチールで撮らせていただいたことはある方ばかり。 すでに信頼関係を結べていたので、新しい領域でのお仕事にも有利だったと思います。 つまり、 これまで写真家として積み上げてきた経験が、武器になったんです」 私たちが自分のホームを抜け出すのにためらうのは、右も左も分らない場所で丸腰で戦わされるのが怖いから。 でも、環境が変わったからといって、決して自分の経験がゼロにリセットされるわけではない。 手持ちのカードをどれだけ切れるか。 そこに、アウェーで戦う面白さがある。 それが最も分かりやすく象徴されているのが、本作のアクションシーンだ。 血しぶきの代わりに使われたのは、薔薇の花びら。 激しい銃撃戦の中、降りそそぐのは、桜吹雪。 普段の写真でも花をモチーフに使うことの多い実花さんにしか撮れない極彩色のアクションが完成した。 「桜と薔薇のアイデアは脚本を書いている段階から、『これは絶対に使おう』と決めていました。 現実的に考えてしまうと、何でこんなところで花びらが降るの? っていう話ですけど、それが私らしさだし、やって良かったと思っています。 でも、批判する人が全てじゃない。 そもそも蜷川実花という存在そのものが、凝り固まった固定観念に対する破壊者のようなところがある。 実花さんの撮るスチールもムービーも他の誰のものともまったく似ていない。 写真を見ただけで、これは実花さんの作品だと分かるオリジナリティーがある。 けれど、誰もやっていないことをやっている人に対して、時に世間は厳しい。 「これまで『 あんなの写真じゃない』って散々言われてきました。 私からするとカメラで撮ってるんだから、写真以外の何物でもないんですけどね」 サバサバとした表情で笑い飛ばし、実花さんはかつて経験したこんな話を教えてくれた。 「以前、ある個展を開催した時に、『こんなピントの合っていない写真だったら俺の方が上手く撮れる』とか、『いつも同じような写真を撮っている』とか、そういった感想が複数寄せられたことがありました。 個展自体は大盛況でたくさんの方にお越しいただけたのですが、批評家の方にはウケが悪かったんです」 そう噛みしめてから、実花さんは続ける。 「ただ、 表現を仕事にしている限り、批判はずっとあるもの。 ひどいことを言われて傷付くことも稀にありますが、それでも心折れずにいられるのは、『実花さんの作品が好き』と言って一緒に歩んできてくれるファンの方がいるからです。 応援してくれる人たちに支えられて、私は自分の信じる表現を曲げずにここまで来られたし、写真を撮り続けることができているんだと思います」 実花さんの言葉には、迷いがない。 剛速球のストレートのように、聞く人の心のミットにバシッと乾いた音を立てる。 「人が何かを批判するときって、自分が持っている常識やルールから逸脱するものを見たときだと思うんですね。 『写真家はもっとこうあるべきだ』とか『プロならこういうものを撮るべきだ』とか、要は価値観の押し付けです。 私はそういうものから一番遠いところにいるから、批判されやすいところもあるのかもしれません。 でも、 『こうあるべき』という凝り固まった考え方から離れたところにいる私が撮る写真だからこそ、普段写真なんて全然興味のない人の心にも何かを届けられるのかもしれない。 映画だって同じです。 『あんなの映画じゃない』って言われたこともあるけれど、普段映画館に行かないような人たちが観に来てくれるような映画をつくったとも言えると思います。 全ての人に受け入れてもらえる表現なんてないんだから、批判の声があってもそれが全てではありません。 このことは、私の経験から皆さんにお伝えしておきたいことですね」 ファッションはありたい自分を表現する手段 人の目を気にするより自分のこだわりを込めて アーティストやクリエイターではなくとも、働く女性たちの周りには「女はこうあるべき」とか、「若いんだからこうすべき」とか、誰が決めたかもよく分らない「べき」が溢れかえっている。 それらが無意味なものだと頭では分かっていても、実花さんのようにすべてを振り払って生きるのは難しいかもしれない。 だけど、もう少しだけ胸を張って自分らしく生きるには、何から始めればいいのだろうか。 「何かを大きく変えようとしなくてもいいと思うんです。 小さなことから、自分のやりたいことをやっていければ。 例えば、『私には派手過ぎるかな』と思って一度は諦めた髪色に思いきってしてみるとか。 『今の私には似合わないかな』と思ってクローゼットに戻した派手なワンピースをやっぱり着てみるとか。 要は、 人の目を気にして何かを諦めるのはやめましょう、ということです」 そうきっぱりと宣言した実花さんがその日着ていたのは、ピンクの柄セットアップ。 足元には白いハイヒール。 それはとても可愛くて、実花さんらしかった。 「服ってすごく大事ですよ。 ファッションは『ありたい自分』を人に伝える表現ですから、適当にしていいものではないと私自身は思っているんです。 だから、 着たい服を着るのが一番です。 『他人がどう思うか』が自分の生き方を決める軸になってしまっているなら、一度その思考を断ち切る努力をしてみるべき。 そうすることで、一歩前に進めると思うんです。 それから、実際に自分の殻を破って行動を起こしてみると、『案外平気だった』と気付けると思いますよ」 明日は何を着て行こう。 どんなメイクをしよう。 普段は選ばないような、明るい色をファッションに取り入れてみるのも楽しい。 髪の毛もばっさり切って、明るく染めてみようか。 ネイルにお茶目な絵を描いてみようか。 自分の意思で、変化していく「私」の姿を想像をしたら、今よりも少しだけ自由になれた気がした。 取材・文/横川良明 撮影/洞澤佐智子(CROSSOVER)企画・編集/栗原千明(編集部) 正社員で長く働きたい女性のための転職サイト「女の転職type」 東京・横浜など首都圏を中心に女性に人気のある正社員求人情報を多数掲載中。 女性が仕事探しをする際に重視する「残業の有無」や「産育休活用例の有無」などの情報を求人ごとに紹介。 また、希望の職種や勤務地からの検索ができるだけでなく、登録情報にマッチしたオススメの求人情報や転職イベント情報などを女の転職type編集部よりご案内しています。 その他、面接対策や履歴書の書き方、実際に企業で働く社員から職場の評判を集めた「うちの会社のほんとのところ」など、転職・就職活動に役立つ情報も満載!さらに、2016年より「リトルミイ」がサイトキャラクターとして新登場!どんな仕事が自分に向いているのか、自分の経験はどんな仕事に活かせるのかが分かる「いい仕事ミイつけよう診断 職業・適職診断テスト 」など長く働きたい女性の転職を応援します。 転職するなら「女の転職type」をぜひご活用ください。

次の