梅 シロップ レシピ 人気。 【みんなが作ってる】 梅シロップのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

梅ジュース・シロップ(はちみつ)レシピ

梅 シロップ レシピ 人気

よくある質問 はちみつ梅シロップに関連したよくある質問の答えです どうして梅を冷凍するの? 梅を冷凍すると、細胞内の水分が凍って体積が増加し、細胞壁を破ります。 そのため果汁が出やすくなります。 失敗が少なく短期間でできる。 梅ジュースを早く出すことによって、酸味の効いたサッパリした味に仕上がるのだそうです。 冷凍しないレシピもある? はちみつの場合は冷凍しないというレシピもありました。 その場合は梅1kgに対し、はちみつを同量の1kg、漬ける期間を1カ月にするとよいようです。 はちみつ梅シロップ作りに適した梅は? 青くて固い梅が適していますが、少し熟した梅でも大丈夫です。 ただし、ブヨブヨと熟しすぎた梅は、潰れて液が濁ったり、アルコール発酵しやすい。 青梅は酸味が強く、すっぱい香りがする。 少し熟した梅は甘い香りがする。 砂糖に比べてハチミツを入れる分量は? 多くのレシピは、梅1kgに対しはちみつは同量の1kgを入れるとありましたが、蜂蜜は甘みが強い分、砂糖の 7〜8割の分量に抑えることもできます。 甘さ控えめがお好きな方は、7〜8割で作ってみて下さい。 ダイエット向きのハチミツは? ブドウ糖よりも果糖の多いはちみつの方が、血糖値を上げにくいので太りにくくなります。 見分け方は結晶しにくいはちみつ。 ブドウ糖が多いほど結晶しやすいからです。 アカシアが一番果糖が多くてほとんど結晶しません。 飲むことはできますが、アルコール化しているので、お酒の弱い方や子供さんはご注意下さい。 梅エキスはハチミツより砂糖で作った方がよく出るの? 浸透圧の関係で、水分のある蜂蜜よりも砂糖の方が、梅のエキスを引き出す力が強いです。 でもハチミツで作った場合は梅にエキスが多く残るので、にするとおいしいです。 砂糖で作った梅ジュースとはちみつ梅ジュースの味の違いは? 白砂糖で作る定番のは、すっきりとした味ですが、はちみつ梅ジュースはまろやかな風味が楽しめます。 はちみつ梅ジュースは何故濁りやすいの? 砂糖で作った梅ジュースは、透明感のある琥珀色(左写真)をしていますが、はちみつの場合は不透明だったり、濁り(右写真)が出ます。 蜂蜜は糖分以外に ミネラルなどの不純物が多いからです。 はちみつ梅シロップのカロリーは? 完成品の重量を計測し忘れたので正確には分かりませんでした。 砂糖で作ったを参考にしました。 はちみつは砂糖に比べて25%カロリーが低くなるのを考慮して、1杯分、40ccを63kcalとみなしました。

次の

梅シロップの作り方(レシピ)~冷凍法~

梅 シロップ レシピ 人気

梅と保存瓶の下処理 梅は熟す前の 硬い青梅を使用します。 青梅と氷砂糖が同量ずつが基本分量なので、 青梅1㎏、氷砂糖1㎏を準備してください。 梅を洗う前に、 梅の黒いヘタを1つずつ取り除く下ごしらえを行います。 すべて取り除けたら、ボウルなどに移して梅を洗って水気を切ります。 梅を洗い終わった後にも、 保存食に水気は厳禁なので、きれいな布巾を使って1個ずつ梅の水気をふき取ります。 ヘタの部分にも布巾を入れて水気を切り、ふいた梅はバットやざるに移します。 また、 長期間保存するものには『保存瓶の殺菌』は欠かせません。 瓶はきれいに洗ったあと、熱湯で殺菌してよく乾かしておきましょう。 梅シロップ(梅ジュース)の作り方 ここまで準備ができたらあとは簡単。 梅シロップの作り方は、 下処理をした青梅を、保存瓶の中で氷砂糖と交互に入れるだけです。 保存瓶は日の当たらない冷暗所においておきましょう。 1日経てば、氷砂糖が少しだけ溶けて汗をかいたようになります。 3日くらい経つと密が瓶の底に少したまるようになり、梅の色も多少くすんできます。 定期的に瓶を混ぜることを続けます。 1週間から10日ほどでほぼシロップがあがってきます(氷砂糖は完全に溶けてはない状態かと思います)。 最後の写真くらい、しっかり梅シロップが出てきたら、混ぜるのを終え、冷暗所にて味をさらになじませます。 梅シロップの梅を取り出すタイミング・時期はいつ? 梅シロップは、しっかり風味の出てきた2~3週間後くらいから梅ジュースなどで楽しむのがおすすめです。 ただ、ずっと梅を入れたままにしておかず、 途中に梅を取り出してシロップだけにする必要があります。 下の写真は1か月半後(45日後)のもの。 透明だった梅シロップにほのかに色もついてきます。 このくらいになれば、清潔な穴杓子などを使って梅の実を取り出し、シロップだけにするとよいです。 保存瓶のままでは場所をとるので、清潔な小ぶりのガラス製などの容器に移してもよいと思います。 冷暗所か、できればスペースに余裕があれば冷蔵庫に入れて保存してください。 砂糖は氷砂糖ではなく他の砂糖類でも作れますが、 純度の高い氷砂糖がいちばんすっきりと、梅の風味が引き立つ仕上がりになると思います。 保存の目安ですが、冷暗所におくなら秋くらいまでは飲み切るようにするとよく、冷蔵庫に入れておけば1年は保存可能です(シロップのみになったときの加熱殺菌をしていない状態での目安)。 発酵を抑えるなどの目的でホワイトリカーを入れるレシピもありますが、これは梅の味と風味が劣るのであまりおすすめしません。 発酵を抑える目的なら酢を100〜200mlほど加えるといいと思います。 とはいえ、梅シロップ作りにはこれが正解、というレシピがあるわけではありません。 あくまで私の好みの評価を記事にしていますが、梅の種類や収穫時期などでも変わってきますので、いろいろと試して作ってもらえればと思います。

次の

梅シロップの作り方(レシピ)~冷凍法~

梅 シロップ レシピ 人気

青梅を使った梅ジュースの作り方 STEP7青梅と氷砂糖を入れます 水気を拭き取った青梅と氷砂糖をビンに交互に入れていきます。 青梅をビンの底に優しく敷き詰めます。 敷き詰めた青梅の上に氷砂糖をのせます。 氷砂糖の上に1と同じように青梅を敷き詰めます。 2と同じように氷砂糖を青梅の上にのせます。 残りの青梅を氷砂糖の上にのせて、残りの氷砂糖をふたをするようにのせます。 青梅と氷砂糖の配分については、あまり神経質になる必要はないですが、エキスの抽出を早くするためにも、最後は氷砂糖が上に乗ったかたちで入れ終わるようにしてください。 エキスに漬かっていない状態の梅は発酵する可能性があるので、できるだけエキスに漬かるように毎日混ぜたり振ったりするようにしてください。 ご注文方法について インターネットからのご注文 当ネットショップからご注文頂けます。 24時間受け付けております。 お電話でのご注文 お電話でご注文いただけます(0739-72-2846/受付日時:平日9時〜17時) FAXでのご注文 FAXで24時間ご注文いただけます(0739-72-4900/) メールについて 紀州梅苑では、お客様から頂いたメールへのお返事は、必ず3営業日以内に返信させていただいております。 万一、メールをお送りいただいたにも関わらず、当店より返信が届かない場合は、大変お手数をお掛け致しますが、再度ご連絡下さいます様、お願い致します。 土、日、祝祭日はメール返信、発送業務をお休みさせて頂きます。 お急ぎの場合は電話注文をご利用下さい。

次の