翻訳家 英語。 翻訳家【映画・小説・在宅】の年収や年収1000万円の翻訳家になる方法

活躍中の翻訳家たちをまとめてみた

翻訳家 英語

「翻訳の仕事に憧れがあるけど、翻訳学校に行くほどの時間とお金の余裕が今はない。 まずは自分でできる勉強はある?」「初心者からでも、翻訳者になれるの?」「どんな勉強をしたらいい?」と、悩んでいる人は多いと思います。 この記事では、 初心者がゼロから最終的に翻訳の仕事にたどり着けるまでにどんな勉強をどういう順番でやればいいか、その最短ルートを示します。 まずは、翻訳家を目指しているが、自分の英語力はまだ初心者レベルなので翻訳の仕事がしたいと言うことがためらわれるという方の事例を取り上げ、「初心者から翻訳家になれますか?」という質問に私の経験から回答します。 (英検準2級の方からのメール) 私は今、看護師として病院勤めをしておりますが、退職をしようと考えています。 そして、少し休み、そのあとは夜勤のないクリニックなどで働きながら英語学習を継続しようと思っています。 以前から英語に興味があったこともあり、社会人になってから勉強を始めたわけですが、ゆくゆくは英語に携わる仕事ができたらと漠然と考えています。 翻訳家になりたいのですが、今は自分の英語力が乳飲み子レベルなので、恥ずかしくて口に出すことが躊躇われます。 専門卒の看護師が、翻訳家になろうなんて厚かましいんじゃないかとか、大人しく看護師のキャリアを積んだ方がいいんじゃないかと、時々ネガティブ思考に苛まれます。 愛さんの読者さんの中には英語初心者の状態から翻訳の仕事に就けるレベルまでいった方がいらっしゃるのでしょうか。 コンテンツ• 初心者から翻訳家になろうなんて、厚かましい? 「専門卒の看護師が、翻訳家になろうなんて厚かましいんじゃないかとか、大人しく看護師のキャリアを積んだ方がいいんじゃないかと、時々ネガティブ思考に苛まれます」とのことですが、 今のお仕事が何であるかなんて、関係ありません。 一度きりの人生です。 やりたいことに挑戦したらいいと思います。 誰にでもいつか死が訪れますが、そのときに、 「ああ・・・やっぱり翻訳の仕事をやってみたかったな」って思ったら、嫌じゃないですか? そして、これは私自身も経験から痛感していることですが、あなたのように 看護師としての経験があって医薬分野の専門知識がある人は、それだけでかなり有利です。 自信持ってください。 医薬分野は、産業翻訳の中でも特に需要が高い分野の一つです。 私は専門分野が何もなかったので、とても苦労しました。 私にとっては、英語の勉強そのものより、専門知識を身につける方がずっと難しいことです。 多くの「英語が得意なだけ」の翻訳者志望の人は、専門分野が見つけられなくて苦労しています。 看護師に限らず、今まで何らかの(翻訳需要のある)分野の技術職や専門職に就いていた人は、英語の面ではスタートが遅れているように見えますが、翻訳者を目指すならとても有利です。 英語さえ身につけば、看護師の職歴を活かして医薬業界の会社に就職して翻訳の経験を積み、努力次第でいずれは(望むなら)在宅翻訳者という道も開けると思います。 初心者から英語を使う仕事に就けるレベルになれますか? 愛さんの読者さんの中には、英語初心者の状態から翻訳の仕事に就けるレベルまでいった方がいらっしゃるのでしょうか。 はい、たくさんいますよ。 だって、誰だって最初は初心者だからです。 私もあなたと同じ、英検準2級レベルの英語力だった時期が当然あります。 その前には、全くゼロだった時期もあります。 そこから勉強をコツコツ積み上げて、英語を武器に仕事できるようになりました。 だから、私も、その他の現在翻訳の仕事をしている人も全員、「英語初心者の状態から翻訳の仕事に就けるレベルまで」いった人です。 私は、はじめてTOEICの公式問題集を自分で解いてみたのが22歳の時で、確か550点だったと思います。 英検でいうと準2級〜2級くらいのレベルですね。 そこからスタートして、初めて英語の翻訳の仕事(単発の在宅ワーク)をしたのは、27歳。 秘書兼翻訳の仕事に就いたのは、30歳。 通訳兼翻訳の仕事に就いたのは、31歳です。 私の翻訳の職務経験について詳しくは、に書いています。 英語の勉強を始めたときから中級者、上級者の人なんていません。 みんな初心者です。 最初はみんなゼロです。 今日からどれだけ時間を確保して、どれだけ勉強を積み上げるか、それ次第です。 初心者が翻訳の仕事ができるようになるための勉強法 現時点で初心者の人が翻訳の仕事ができるようになるために、何をどういう順番で勉強したらいいか? 最短ルートのモデルは、以下です。 翻訳は、(特に専門分野を持たない人の場合は)文法理解がしっかりしていない人には非常に厳しいです。 翻訳って、長~~い文章を読んで、構文を取って、修飾部分の切れ目を判断して、正しく訳さないといけないので。 お勧めの文法問題集は、たとえばこちらです。 すでにお持ちのものがあれば、別にこの問題集である必要はありません。 中学英語の復習(中3まであります) 文法の復習をする際の注意点ですが、Forest(今はEvergreenという名前になっていますが)のような、 「分厚い文法参考書を最初のページからやり込む」という復習のやり方はNGです! 分厚い文法参考書は、「辞書」として使うのが正しい使い方です。 つまり、 分からないことがあったら索引からその項目だけを調べるという使い方です。 最初から最後まで全部チェックする必要はありません。 辞書をAからZまで、全部の単語を覚えるなんてやり方はしませんよね。 それと同じです。 最初から最後までやり込むのはダメですが、分厚い参考書は持っておくと非常に重宝します。 文法や構文の疑問がある時に調べるのに使います。 Evergreenでもいいですが、私のおすすめはこれです。 また、翻訳コンテストも非常にお勧めです。 私は、翻訳講座等で専門的な勉強をしたことは一度もないのですが、新聞の翻訳コンテスト(無料)に応募し、解説をじっくり読んで復習をするということを繰り返しながら、翻訳のスキルを身につけました。 上記の翻訳コンテストはTOEIC900点程度以上の上級者向けなので、まだ難しいという場合はがお勧めです。 アメリアは有料会員にならなければ様々な特典(求人情報など)を利用できませんが、この翻訳コンテストは、会員でなくても応募できます。 その他の翻訳コンテスト情報は、も参考にしてください。 転職活動、トライアル応募について 最後の「転職活動、トライアル応募」を見て、「まだ翻訳の勉強を始めてないのにいきなり?無理でしょ」と思うかもしれません。 確かに、この時点で採用される可能性は高くないと思います。 でも、 ここから「まだ私はレベルが低いから」「もっと翻訳の勉強をしてから」ってズルズル先延ばしにする人があまりに多いので、あえてこう書いています。 トライアルは、一度失敗すると同じ翻訳会社への再挑戦は1年間できないなど、制限がかかってしまうことがあるので、闇雲にトライアルを受けまくってはいけません。 それでも、 「実際に応募するとしたら」という視点で業界を早い時点で実際にチェックすることはとても大事です。 私は、フルタイムで働ける人は、競争率の高い在宅翻訳(フリーランス)を目指すより、派遣で翻訳の仕事をゲットすることをお勧めします。 その場合は、求人はその時限りしか出ていないので、定期的に求人情報をチェックし、派遣会社に登録しに行ってみましょう。 実際に仕事を探して、応募できそうな求人やトライアルはどこにあるかと実際に検討する過程で、自分に本当に足りないものが初めてよく見えてきます。 それに、もしかしたらこの時点で採用される可能性だってあります。 応募しなければ可能性はゼロです。 「準備ができてから応募しよう」と思ってたら、いつまでたっても動けません。 翻訳者志望なら、リスニングは今日から毎日ずっとやる! そして、今日から英語を毎日たくさん聞いてください。 最低1時間、できれば2時間以上。 ながら聞きでいいです。 つまり、 机での勉強時間はすべて単語、文法、翻訳練習に捧げ、それ以外の時間でリスニングしてください。 「2時間どころか1時間も無理!」と思うなら、を読んでみてください。 翻訳にリスニング力は直接関係ありませんが、 英語を聞きながらその語順で理解する能力を身につけることは、リーディングにも翻訳にも大いに役立ちます。 単語や文法の知識の補強にもなります。 自然で英語らしい英語の組み立て方も身につきます。 私の翻訳チームのメンバーを見ていると、大きな差はインプットの差でついているように見えます。 英語をたくさんインプットしてきたであろう人は、そもそもの理解力が高いです。 訳し方がちょっと直訳調だったりという問題点は、そんなに矯正が難しいことではありません。 でも、理解力が不足している人は、いくら訳し方のテクニックを磨いても、単語力を上げても、なかなか伸びません。 読む時間がたくさん取れればそれに越したことはないですが、仕事や育児に忙しいと、そうもいかないものです。 だから、勉強時間の確保が必要ない「ながら聞き」を取り入れていけばいいのです。 そういう意味で、翻訳者志望の人にもリスニングをやるように私はおすすめしています。 でも、産業翻訳者が目標なら、ある程度上級になれば、リスニング力そのものをどんどん上げていくというイメージよりは、レベルを維持してインプットの量を確保するということが重要だと思います。 そして勉強時間は精読、多読、翻訳に費やす。 最後に、誤解のないように言っておきますが、中級者さんまでの場合は、将来の目標が翻訳者だとしても、シャドーイングやディクテーションはやって損はないトレーニングです。 高い英語力を手に入れるための体力づくりの一環と考えてください。 で、体力が十分ついた人はいつまでもぬるま湯で体力づくりしてないで、目的に直結したトレーニングをやりましょうってことですね。 リスニングの勉強についてはもどうぞ。 その他、翻訳者になるために勉強以外の大事なこと 翻訳の勉強の基本的なことはここまででだいたい網羅しましたが、ここからは、翻訳の勉強そのもの以外にやるべきことを挙げていきます。 翻訳セミナーや勉強会、懇親会で翻訳者の話を聞く 翻訳者を目指す人向けのセミナーや勉強会って探せばたくさんあるので、可能なら参加してみてください。 翻訳学校が主催しているセミナーもありますし、現役翻訳者のグループが企画する勉強会やパーティーもよく開かれています。 そういう場所に行って話を聞いてみるだけで、翻訳という仕事についていろんなことが分かると思います。 勉強のやり方や将来の方向性も見えてくるはずです。 たとえば、こんな団体や翻訳学校がセミナーや説明会を開催していることがあります。 ・ ・ ・ ・ セミナーの内容は、翻訳という仕事との向き合い方や仕事を得る方法であったり、翻訳者が知っておくべき便利なMicrosoft Wordの機能の使い方だったり、あるいは具体的に翻訳のテクニックだったりと様々です。 (もちろん、翻訳学校主催の場合は結局は生徒集客が目的なので、それを理解した上で参加してください) まだ翻訳の仕事をしていなくても参加できるものがほとんどですので、積極的に参加してみることをお勧めします。 私も、これまでいろんな翻訳セミナーに参加しましたが、セミナーの後に懇親会もあることが多いので、現役のフリーランス翻訳者の方たちと情報交換もできて非常に有意義でした。 また、翻訳学校だけでなく、派遣会社も英語を活かして仕事をしたい人を対象にセミナーをやっていたりします。 私の場合、派遣会社が主催する「英語を活かすお仕事の現状」というセミナーに参加したことがきっかけで、外資系企業での秘書兼翻訳の仕事を得ました。 自分の経歴の棚卸し そして今のうちに、「 今までどんなことを経験して、どんなスキルを身につけてきたか」を棚卸ししておいてください。 たとえば、事務の仕事をしていたのであっても、ただの「事務」で片付けないで、その仕事に含まれていた内容を全部書き出してください。 一言で「事務」と言っても、会社によって全然違います。 電話応対や郵便物の仕分けといった業務だけでなく、英文メールの読み書きや簡単な翻訳も含まれたかもしれません。 そういった、 今後自分が実際に求人に応募した時にアピールできそうな項目をきちんと洗い出しておきましょう。 「いや、英文メールって言ってもたいしたこと書いてないし」「月1回くらいだったし」とかいう 遠慮と謙遜は全く必要ありません。 転職活動の時は、「私は前職では英文メールの読み書きを業務としてやっていました」って堂々と言えばいいんです。 当たり前ですが、月1回しか英文メールを書いてないのに「毎日書いてました」って事実とかけ離れた嘘をつくのはダメですよ。 もしも先方が「どのくらいの頻度でやってましたか?」って聞いてくれば、その時に真実を言えばいいです。 あるいは、罪のない程度にちょっと多めに「月2〜3回」って盛るのもありです。 (私は「ちょっと気持ち多め」でいいと思います) もちろん、嘘は絶対イヤだという人は事実を言っていいですよ。 ただ、正直に「月1回」と言ってしまうと、相手にとっては正直「少なっ!」って感じですよね。 ぶっちゃけ、先方が知りたいのは「この人にうちの仕事を任せられるのか」だけなので、 「任せられる」と思われるために私は何を伝えないといけないのか?を真剣に考える必要があります。 周囲に翻訳の仕事をしたいとアピールする 友達や親戚などに、 「翻訳の経験を積みたいんだけど、ボランティアでもいいから何かない?」って声をかけておきましょう。 翻訳の仕事を得るには、「それまでの実務経験」がすごく大事で、未経験者が最初の仕事をゲットするのがなかなか大変です。 なので、ボランティアでもいいので翻訳の実務を経験して、それを応募書類や面接の時にアピールできると強いです。 ボランティアでやった場合も、アピールの際は「ボランティアで」って自分からバカ正直に言わなくていいですからね(笑)。 聞かれたらそう答えればいいだけで、自分からあれこれ弱みをさらけ出す必要はありません。 相手としては、仮にボランティアであっても、翻訳と名のつく何かの作業をしたことがある人と全くない人とでは、当然ながら翻訳をやったことがある人が安心なものなんです。 翻訳に必要ないことはしないと決める そして、 翻訳に最短ルートでたどり着きたい場合は、 ・英会話レッスン ・瞬間英作文 ・ディクテーション ・通訳トレーニング ・TOEIC対策 とか、翻訳に関係ない勉強はどんどん排除してください。 まあ、TOEIC対策については「800点以上ないと足切りされることが多い」という現状があるので、そのレベルまではTOEICに特化した勉強をすることも仕方ないかもしれません。 でも、800点や900点を越えてもTOEIC問題集で勉強をしている翻訳者志望の人をたくさん見かけますが、TOEICはもういいので、翻訳の勉強をしましょう! TOEIC高得点のあなたが翻訳の仕事がゲットできない理由は、TOEICの点数ではありません。 翻訳スキルが足りないからです。 ちゃんと翻訳の勉強をやっていたら、何の対策をしなくてもTOEICの点数も上がります。 心配いりません。 あと、 「英検1級を取ってから」とかいう先延ばしも、マジでやめてください(笑)。 「英検1級の読解問題が解ける程度になる」「エッセー対策」ならまあいいとしても(ただし最短ルートからは外れます)、翻訳に何の役にも立たない2次のスピーチの練習とかやってたら、ものすごい遠回りです。 英検1級を持ってたからって、翻訳の仕事を探す時に有利にはなりません。 これについては、にも詳しく書いています。 また、英検1級は多くの受験者にとって単語がネックですが、英検1級の単語のマスターなんて翻訳には不要です。 「いやいや、1級レベルの単語もたくさん翻訳で出てくる!」って反論はあるでしょうし、それは事実です。 私が何を言いたいかというと、 英検1級レベルの単語だったら、「知っている」とは言っても定義を一つ覚えている程度で、それ以外の背景知識が何もないことが多いでしょう。 そういう場合、どうせ翻訳の時に最適の定義を見つけるために辞書を引くことになるんです。 だったら、覚えてなくてもいいじゃないですか(笑) 「翻訳の仕事がしたい」と口では言いながら、いつまでも「勉強」が終わらない。 これは、たくさんの人が陥っている罠です。 「これも翻訳に関係あるかも」「これも役立つかも」って手を広げないように、本当に気をつけてください。 専門知識がないと翻訳はできないのか? 最後に、「 専門分野がない自分に、翻訳はできるのだろうか?」と不安に思う人も少なくないと思います。 技術者など、もともと専門知識があった人が翻訳の仕事をするようになった場合もあれば、 専門知識なしでその業界に入り、翻訳の実務経験を積みながら知識を身につけてきた翻訳者もいます。 私は完全に後者ですが、「英語が得意で翻訳の仕事がしたかったから、仕事をしながら何とか専門知識をつけた」という人の方が一般的に多いと思います。 産業翻訳の分野は、医薬、特許、金融、ITなどいろいろありますが、どうしてもこの分野というこだわりがあるのでなければ、今は専門知識の心配はしなくていいと思います。 専門知識や得意分野と言えるものが今の所ないのなら、分野を絞らず、 たまたま人材を募集していた企業、たまたま派遣会社に勧められた企業、自宅から通える企業という感じで、ご縁のあった会社の仕事から始めればいいと思います。 まとめ 現在TOEIC500点程度の初心者の場合、今はまだ英語の基礎をしっかり固めて翻訳ができるレベルの英語力を身につける段階です。 1.中学文法の復習 2.英検2級程度の単語 3.高校文法の復習 4.英文和訳練習(日英翻訳を目指すなら、英作文練習) 5.転職活動、トライアル応募 という順番を参考にして、勉強を積み重ねてください。 そして、今のうちに以下のような準備もしておきましょう。 1.翻訳セミナーや勉強会、懇親会で翻訳者の話を聞く 2.自分の経歴の棚卸し 3.周囲に翻訳の仕事をしたいとアピールする 収入のために別の仕事をしながら勉強時間を確保することはなかなか大変なことではありますが、ながら時間やスキマ時間を上手に活用して、頑張ってみてください。 私が翻訳者になったいきさつや、翻訳という仕事の実情については、以下に詳しく書いています。 こちらも参考にしてください。

次の

翻訳家(他に英語を日常的に使う仕事など)の単語力の度合いっていかほ

翻訳家 英語

スポンサーリンク 【英語ができるだけでは翻訳家にはなれない】 『英語が好き』『英語を使った仕事がしたい!』という理由で、私は翻訳家を目指し始めました。 英検1級、TOEIC980、留学経験も豊富にあったので、英語さえできれば大丈夫だろうと思っていたのです。 しかし現実はそう甘くはありませんでした。 英語ができるだけでは翻訳家として全く使い物にならなかったのです。 挫折を経験した私はいったん外資系企業に就職しました。 その間も翻訳家の夢は諦めきれずひらすら努力を続けたんです。 翻訳家を目指し始めてから10年後、ようやく実務翻訳者としてお仕事をこなせるようになりました。 「この仕事だけで食べていける!」と実感したときは思わず涙がこぼれ落ちるほど嬉しかったです。 ただ、今思えば英語だけはなく、ある3つのスキルを磨いておけば、もっと近道ができたのかとモヤモヤすることもあります。 そうすればこれまでの苦しい思いをする必要がなかったからです。 そんなことは言ってもしょうがないですね。 そこで翻訳家になるまで10年かかった私がこのモヤモヤをなくすために! ではなく、「翻訳家になりたい!」と思っているあなたに! 私と同じように苦しい思いをしなくていいよう翻訳家に必要な意外な3つのスキルをお伝えします。 最短で翻訳家の夢を叶えましょう! 必要なスキル1、日本語文章スキルを磨くこと! 必要なスキル2、リサーチ力を身につけること! 必要なスキル3、専門分野の知識を身につけること! 英語だけじゃない、翻訳家に必要な3つのスキル 繰り返しになりますが、英語ができるだけでは翻訳家にはなれません。 翻訳家になるには、高い日本語の文章能力、リサーチ力、専門分野の知識が必要です。 日本語文章スキルを磨くこと! 英語をただ訳すだけではプロではありません。 日本語としていかに自然な文章にできるかが大切になります。 日本語の文章能力を上げるためには、日頃からできるだけたくさんの文章を読むように心がけましょう。 リサーチ力を身につけること! どのジャンルの翻訳でも、原文が書かれた背景や、単語の意味を正確に把握しなければ、誤訳をしてしまう原因になります。 常にいろんなことにアンテナを張り、気になることやわからないことがあったら、すぐに調べる癖をつけておきましょう。 専門分野の知識を身につけること! 英語はただの道具にすぎません。 英語の勉強だけに集中せず、色んなことに興味を持って、自分の得意分野を見つけましょう。 得意分野が決まると、翻訳の勉強も一気に効率アップします。 翻訳家として成功する近道の一つは、得意な専門分野を早く決めることです! 翻訳家になるのに有利な進学先は? 1. 私は、英語以外の言語の学科を卒業しましたが、語学に強い大学だったので、英語の授業もしっかりしていましたし、英語学科の授業も取ることができました。 また、意外かもしれませんが、理系の大学出身の翻訳家もいます。 後ほど詳しくお話ししますが、翻訳家として食べていけるレベルになるには、英語だけでなく、理系分野の知識が大活躍するのです。 100パーセント文系の私には、うらやましい限りです。 映画字幕や『ハリー・ポッター』だけが翻訳じゃない あまり知られていないかもしれませんが、翻訳には、大きく分けて3つのジャンルがあります。 逆に、最も需要があって、安定した収入が見込めるのが、1の産業・実務翻訳のジャンルです。 英語力も必要ですが、それぞれの分野の専門知識を持っていることが重要です。 英語の得意な方の多くが文系出身者なので、翻訳家の少ないITや機械などの理系分野の知識があると有利です。 私も翻訳といえば、字幕翻訳のような華やかな職業だと思い込んでいたので、産業・実務翻訳がメインだと知った時は、正直がっかりしました。 翻訳家になるのに必要なものは? 翻訳家に必要な英語力 目安として一般的に言われるのが、『英検1級、TOEIC900以上』です。 でも、実際にはこのレベルの英語力があっても翻訳がスラスラできるというわけでもないです。 理系の専門分野では、もっと低い英語力でお仕事をしている人もいます。 ただ翻訳経験を積む前は『英検1級、TOEIC900以上』の資格がないと、書類で落とされてしまうことがあるのでできるだけ取っておいたほうがいいと思います。 翻訳家になるのに資格は必要? 翻訳家になるのに、資格は必要ありません。 ですが、TOEICなどのように、あると有利になる検定資格があります。 有名な民間検定資格は、翻訳技能検定、ほんやく検定(JTF)、翻訳実務検定(TQE)です。 これらの資格があっても、翻訳の仕事が保証されるわけではありませんが、能力のアピールになるかと思います。 検定試験のレベルはかなり高く、合格すると翻訳家として契約するという翻訳会社もあるくらいです。 どうやって仕事を見つけるの? ひとくちで翻訳家と言っても、いろんなジャンルや、働き方があるので、仕事の見つけ方も様々です。 翻訳会社のトライアルを受ける 2. 翻訳会社に就職する 3. 出版会社に就職する 4. 企業に就職して、社内で翻訳業務をする 5. 人脈を利用する などが、主な仕事の見つけ方です。 翻訳会社のトライアルが王道ですが、初めは、企業に就職して、翻訳の経験を積むのも良い手段だと思います。 面接時に英語力をアピールして、社内文書の翻訳を任せてもらったり、企業によっては翻訳専門の部署に配属されることもあります。 なんと言っても、翻訳の勉強をしながらお給料がもらえるなんて、一石二鳥です。 また、翻訳会社には、翻訳家が訳した文章をチェックする、『チェッカー』という職業の人たちがいます。 チェッカーとして、プロとして活躍する先輩翻訳家たちの仕事を見て学ぶのもお勧めです。 早めのスタートで翻訳家への第一歩! 翻訳家として活動していらっしゃる方の動画です。 とてもイキイキしていて、魅力がある人なので参考になりますよ。

次の

翻訳家になるには英語だけじゃダメ?翻訳家に必要な3つのスキル

翻訳家 英語

このコンテンツは、10年以上の経験を持つが、翻訳の仕事についてきるだけ分かりやすく説明するメディアです。 「 翻訳者になりたいのですが、どれくらいの英語力が必要ですか?」 「 TOEICなら何点 必要ですか?」 と、よく質問されます。 プロの翻訳者として独立したいなら、 英語力は高ければ高いにこしたことはありません。 でも、いったいどれくらいの英語力が必要なのか興味のあるところではないかと思います。 そこで、この記事では、 翻訳者になるにはどれくらいの英語力が必要なのかをお話しします。 翻訳の仕事には、どれくらいの英語力が必要か プロの翻訳者として仕事をするには、どれくらいの英語力が必要でしょうか? 翻訳に必要な英語力は、リーディング力です。 だから、 リーディング力はかなり高くなければいけません。 一方、翻訳では英会話は必要ないので、スピーキングやリスニングのスキルは不要です。 「 翻訳の仕事には、TOEICなら何点必要ですか?」 という質問をされることがよくあります。 リーディングセクションはかなり高得点を取る必要がありますが、リスニングセクションはできなくてもかまいません。 だから、「 翻訳の仕事にはTOEICで何点必要」という言い方はできないように思います。 ただし、を受けるために履歴書を書くときは、TOEIC 900点以上を持っていないならTOEICのことは書かない方がいいです。 翻訳者の英語力アップ方法 翻訳者(和訳)に必要な英語力は、リーディング力です。 リーディング力を付けるためには、文法をしっかり勉強して、たくさんの英文を読むことです。 文法の勉強について リーディングの基礎になるのは、文法の知識です。 文法を知らなければ、雰囲気で英文を理解することになるため、正しい訳文を作ることができません。 また、 たとえ帰国子女で英会話ペラペラの人でも、英文法を学ぶ必要があります。 なぜなら、実務翻訳の仕事では、文法ルールに従って訳すというルールがあるからです。 いくら読みやすくて素晴らしい日本語訳を作っても、英文の文法を大きく外れていたら、それは実務翻訳として失格です。 原文の文法に忠実でありながら、日本語として自然な訳文を作ることが求められるのです。 翻訳に必要な文法力は、高校で学ぶレベルの文法で十分です。 だから、文法の参考書を読んで理解できたら、とりあえずOKです。 もし、英文を読んでいて分からないところがあったら、文法書やインターネットで調べれば問題ありません。 リーディングの練習について リーディングの練習には、英字新聞を読んだり、自分の専門分野の英文を読んだりします。 書店で売られているリーディング教材は役に立ちません。 学習者向けに書かれた英文ではなく、ネイティブ向けに書かれた英文を読まなければ、ネイティブ向けに書かれた英文を読めるようにはならないからです。 インターネットで英字新聞を読んだり、専門分野のウェブサイトを読むなどすれば、リーディングはグングン上達します。 翻訳に必要な英語力 翻訳の仕事をするには、英語力は高ければ高いほどいいに決まっています。 でも、「 TOEICで900点を取れるようになってから翻訳の勉強を始めよう」と思っていたら、翻訳の勉強を始めるのは、はるか先のことになってしまいます。 また、TOEICにはリスニングの練習が必要なので、翻訳の仕事に関係ないことに時間を費やすことになります。 それよりも、 TOEICで600点、700点程度の実力があるなら、翻訳の勉強を開始することをおすすめします。 そして、翻訳の勉強を通じて、翻訳に必要なリーディング力を鍛えるのが、翻訳者になる近道です。

次の