奥歯 抜歯。 奥歯の抜歯

右奥歯の抜歯後の処置方法・・・(涙)

奥歯 抜歯

その他の症例• 右下奥歯2本の治療 【術前の写真】 48歳の主婦の患者様です。 右下の奥歯が欠損していたところに、部分入れ歯を使っていました。 部分入れ歯は食事の際に動いて痛みがあったり、ごまのような小さな物が入れ歯の下に入ってしまうと、 痛くて噛めないという悩みがあったそうです。 口を開けた時に、入れ歯の針金が見えたりと、見た目も気になり、あまり人前で笑うことも少なくなってきたそうです。 【術後の写真】 右下の奥歯に2本のインプラントを埋め込み、その上にハイブリッドセラミックの歯が入りました。 入れ歯の時には食べにくかったお餅やするめ、フルーツのいちごも、何の心配もなくたべられるようになりました。 現在は定期健診で半年に1度、お口の状態や噛み合わせをチェックしており、順調に経過しています。 ブリッジからの治療 【術前の写真】 55歳の男性の患者様です。 左下の奥歯には十数年前に治療したブリッジが入っていましたが、歯の根が折れて腫れてしまい、痛み出したために相談にいらっしゃいました。 残念ながらそのブリッジはもう使えず、歯も抜かなければならなくなったためにどうしたらよいかと大変悩まれていました。 この場合、治療は3通り考えられます。 残っている歯を削って再びブリッジにする方法、取り外しの入れ歯を作る方法、そしてインプラント治療です。 【術後の写真】 この患者様と良く相談したうえでインプラントを行うことに決まりました。 写真はインプラント手術から3か月目にセラミックの歯が入った状態です。 今後のメンテナンスを考えて、ねじ止め式の人工歯にしました。 今まで以上に噛めるようになって満足いただいたようです。 これからは、末永くお口に中でトラブルなく使っていただけるように定期メンテナンスになります。 複数の奥歯を長期間失った状態からの治療 複数の奥歯を長期間失い、前歯に過度な咀嚼力の負担がかかってしまったため、全顎的にインプラントを支台とした口腔機能回復が必要となった症例です 【術前の写真】 【術後の写真】 奥歯を何らかの原因により失ってしまい、長期間にわたり咀嚼力の負担が前歯にかかると前歯も歯にひびが入ったり折れてしまい予後が不良となり、また骨の吸収も生じることがあります。 術前の口腔内の診査で残っている歯の状態の確認をしてお口全体の確認をする事が重要となります。 今回の症例に関しては、上あごは全顎的な口腔機能の回復が必要で、右側の奥歯は骨の吸収が大きかったためサイナスリフトを並行して行いました。 下あごはかぶせ物の治療で十分な咀嚼機能の回復をえることができました。 重度に進んだ歯周病からの治療 全顎的に歯周病が重度に進んでしまい、審美・口腔機能が失われていたが、ワンデイインプラントにより即日解決した症例です。 【術前の写真】.

次の

奥歯の抜歯後、そのままにすると顔の形まで変わってしまう!

奥歯 抜歯

その他の症例• 右下奥歯2本の治療 【術前の写真】 48歳の主婦の患者様です。 右下の奥歯が欠損していたところに、部分入れ歯を使っていました。 部分入れ歯は食事の際に動いて痛みがあったり、ごまのような小さな物が入れ歯の下に入ってしまうと、 痛くて噛めないという悩みがあったそうです。 口を開けた時に、入れ歯の針金が見えたりと、見た目も気になり、あまり人前で笑うことも少なくなってきたそうです。 【術後の写真】 右下の奥歯に2本のインプラントを埋め込み、その上にハイブリッドセラミックの歯が入りました。 入れ歯の時には食べにくかったお餅やするめ、フルーツのいちごも、何の心配もなくたべられるようになりました。 現在は定期健診で半年に1度、お口の状態や噛み合わせをチェックしており、順調に経過しています。 ブリッジからの治療 【術前の写真】 55歳の男性の患者様です。 左下の奥歯には十数年前に治療したブリッジが入っていましたが、歯の根が折れて腫れてしまい、痛み出したために相談にいらっしゃいました。 残念ながらそのブリッジはもう使えず、歯も抜かなければならなくなったためにどうしたらよいかと大変悩まれていました。 この場合、治療は3通り考えられます。 残っている歯を削って再びブリッジにする方法、取り外しの入れ歯を作る方法、そしてインプラント治療です。 【術後の写真】 この患者様と良く相談したうえでインプラントを行うことに決まりました。 写真はインプラント手術から3か月目にセラミックの歯が入った状態です。 今後のメンテナンスを考えて、ねじ止め式の人工歯にしました。 今まで以上に噛めるようになって満足いただいたようです。 これからは、末永くお口に中でトラブルなく使っていただけるように定期メンテナンスになります。 複数の奥歯を長期間失った状態からの治療 複数の奥歯を長期間失い、前歯に過度な咀嚼力の負担がかかってしまったため、全顎的にインプラントを支台とした口腔機能回復が必要となった症例です 【術前の写真】 【術後の写真】 奥歯を何らかの原因により失ってしまい、長期間にわたり咀嚼力の負担が前歯にかかると前歯も歯にひびが入ったり折れてしまい予後が不良となり、また骨の吸収も生じることがあります。 術前の口腔内の診査で残っている歯の状態の確認をしてお口全体の確認をする事が重要となります。 今回の症例に関しては、上あごは全顎的な口腔機能の回復が必要で、右側の奥歯は骨の吸収が大きかったためサイナスリフトを並行して行いました。 下あごはかぶせ物の治療で十分な咀嚼機能の回復をえることができました。 重度に進んだ歯周病からの治療 全顎的に歯周病が重度に進んでしまい、審美・口腔機能が失われていたが、ワンデイインプラントにより即日解決した症例です。 【術前の写真】.

次の

奥歯を抜歯しました。発熱、腫れ、痛みはどのくらい続きますか?

奥歯 抜歯

<抜歯しないといけない!原因は何?> 少し歯の調子が良くないなぁと思って、歯科医院に行ってみたら、 歯科医に「この歯は抜かないといけませんね。 」と抜歯を勧められたら、 びっくりしてしまいますよね。 痛みがひどい場合や、歯がボロボロになってしまっている状態だったら、 ある程度の覚悟をしていたとしても、 「虫歯かな?」という位の気持ちで受診して抜歯と診断されると、 ショックを受ける方も多いです。 抜歯しなくてはならない状態と言うと、歯がグラグラである状態や 虫歯で歯がボロボロに欠けてしまっている時くらいだと思われていますが、 実はいろいろな原因で、抜歯しなくてはならない状態になっていることがあります。 では、抜歯をするのは、どんな時なのか、原因をお話していきますね。 が、実は親知らずも生え方が綺麗に生えていて、 噛み合わせや他の歯の邪魔になっていなけれな、抜歯の必要はありません。 しかし、一番奥に生えるため、どうしても歯ブラシが届きにくく 虫歯になってしまうことが多い歯です。 これを放置すると、虫歯の細菌が歯茎の中にも入って歯を支えている骨まで、 細菌に感染してしまいます。 こうなる前に抜歯を勧めることが多いです。 この溜まっている膿が軽度であれば、再度神経を綺麗に消毒していき 膿を出すという処置をすれば改善できるので、抜歯には至りません。 しかし、膿が重度で多く溜まってしまっている場合は、 周りの骨をも溶かしてしまうことになるので、そうならないように抜歯することになります。 そのような人は、ぐっと食いしばった拍子に、歯の根っこに負担がかかりすぎて、 歯の根っこが割れてしまうことがあります。 歯の根っこが割れているので、もちろん痛みを伴います。 折れてしまった根っこをくっつけることは出来ませんので抜歯することになります。 もし、放置していると細菌感染が骨にまで広がってしまいます。 その歯周病で抜歯!?と思われるかもしれませんが、 歯周病は軽度のものから重度のものまであります。 軽度のものであれば、歯肉炎と言われ、歯茎が少し赤身を帯びて、 少しだけ腫れているような感じで炎症を起こしている状態です。 この程度であれば、日々の歯磨きでも健康な状態に戻すことも難しくありません。 しかし、重度になると、歯を支えている骨が溶けてグラグラと動揺します。 こうなると、動いている歯を支えて動かなくすることは出来ないので、 ものを噛んだりする時にも痛みが出ることがあります。 また、そのまま放置すると歯周病金が周りの歯の骨まで溶かしてしまい、 他の歯までボロボロになってしまうので、それを防ぐためにも抜歯することになります。 しかし これだけが抜歯の原因ではありません。 他にも、抜歯をする原因になる歯の状態をご紹介します。 この歯は余分な歯で、これがあることによって、本来あるべき歯の歯並びが悪くなったり、 そのせいで歯磨きがしづらく虫歯になり易かったりと弊害があるので、 抜歯を勧められることが多いです。 これは、顎の大きさに対して、歯が並びきらずガタガタになっているので、 まずは余分になっている歯を抜歯してから、歯を綺麗に並べます。 このように、抜歯をすることになるには原因があります。 抜歯と聞くと「痛い」「怖い」と言ったイメージがあると思いますが、 歯科医師に要抜歯と診断されたら、放置せず治療をするようにしましょう。 それが、他の健康な歯を守ることにも繋がります。

次の