マンウィズ ファン 年齢層。 過激派になりつつあるBUMPファンを片っ端から殴って行く!

大人気ロックバンドMAN WITH A MISSION!メンバーと楽曲について紹介!

マンウィズ ファン 年齢層

参考: 初登場の多い今週、1位と2位にはLiSAが初めてキャリアを総括した『LiSA BEST -Way-』『LiSA BEST -Day-』が並んでいます。 前者は42,325枚、後者が41,651枚。 ……毎回思うんですが、このわずか674枚の差って何でしょうね? 両方欲しくないの? 店頭で二枚を手に取ってもう一枚は戻しちゃうの? すごーく謎です。 『LiSA BEST -Day-』 ともあれ。 女性アーティストがベスト盤で1・2位を独占というのは、浜崎あゆみ(2007年)、JUJU(2012年)、西野カナ(2013年)以来の記録だそうです。 錚々たる歌姫のポジションに新たにLiSAが加わった……と書いてしまうと少し違和感がありますね。 アニメ『Angel Beats! Apple Musicでのジャンル名はきっぱり「アニメ」です。 しかし彼女のライブを見た知人によると、ファン層は男女比が半々くらい。 アニメが出発点とはいえ、もともと高校時代からロックバンドをやっていた彼女は(その頃からSiMのMAH氏とはバンドマン同士の交流があったとか)、現在、アニメファンとロックファンを同時に惹きつけるパワーを持った稀有なポジションにいます。 理由はもちろん楽曲力。 それぞれ14曲を収録した今回のベスト盤は、うち7曲がUNISON SQUARE GARDENの田淵智也作曲です。 以前掲載されたを読んでもわかるとおり、ロックとアニメの両方に触れながら、それぞれのファン心理の違いも熟知している田淵ほど、LiSAにとって頼もしいパートナーはいないでしょう。 アニメ好きとロック好きが「無理に混ざる必要はない」というスタンスの彼は、毎回LiSAのパワフルな歌声が最も活きるかたちで曲を書いてきた。 その結果として、他のアーティストでは見られないファンの混ざり合いが起こっているというのは、歌い手のジャンルが何であれ理想的なことだと思います。

次の

Dragon Ashのファンの方に質問です。母がMAN WITH A MISSIONとD...

マンウィズ ファン 年齢層

「狼が出たぞ〜!!」ってな具合に、巷で話題沸騰中の5人組ミクスチャーバンド「MAN WITH A MISSION」。 狼マスクを被った奇抜な出で立ちに、デビュー当初は「コミックバンド」などと舐められることもあったが、今ではもう過去の話。 だって、バンドとしてのクオリティの高さは、人気を見れば明らかでしょ?そんな感じで、本日は「MAN WITH A MISSION」ことマンウィズの「凄さ」と「ずるさ」について紹介していこう。 音楽業界がうらやむ「マンウィズ」という存在 実際のところ「マンウィズ」はずるい。 完成度の高い楽曲に、特徴的なヴィジュアル。 それらは、常に音楽業界が求めている人材である。 たとえ標準以上のサウンドを持っていようと、年齢が高かったり、ヴィジュアルに恵まれていなければ、当然、レコード会社もアーティストを育て、その作品を販売するとこで収益を得ているため、勝率の低いアーティストに投資をすることは難しい。 だが、本日紹介する「MAN WITH A MISSION」は、狼のマスクを被ったバンドという設定を持っているため、バンドメンバーの容姿や年齢を気にすることなく、音楽性のみで勝負をすることができてしまうのだ。 しかも、ありそうでなかった「狼マスク」。 子供も気になっちゃう存在ですよね。 「容姿」なんて音楽に関係ないと思う人も多いかもしれないが、現在国内で多くの支持を集めいているバンドには必ずと言っていい程、ビジュアルに恵まれたメンバーが在籍しており、「優れた容姿」を持っていることはヒットの法則として重要視されている部分でもある。 中にはサンボマスターのような例外も存在するが、実際のところ「ビジュアル」にさえ恵まれていれば、いくらでもヒットさせる方法は用意することができるのだ。 さらに言えば、楽曲に関しては作曲家や作詞家を利用すればどうにでもなるし、現在の優れたレコーディング技術を用いれば、突出したテクニックなども必要ない。 とにかくどうしようもないのが、容姿やカリスマ性といったアーティストとしての存在感なのだ。 そんな音楽業界全体の難題を「マンウィズ」はマスクを被るだけで解消してしまった。 以上のような、飛び道具的な販売戦略が「マンウィズ」に存在してるからこそ、業界各所で「先を越された!」と羨ましがられているのだ。 だって、今さら真似しても「マンウィズのパクリ」と言われちゃうでしょ? メンバー紹介 それでは「MAN WITH A MISSION」のメンバーとして活動している狼男たちを紹介しよう。 ちなみにバンド名は「使命を持った男」という意味を持っている。 狼のくせに生意気な感じである。 トーキョー・タナカ (写真左下) ボーカルを担当している「トーキョー・タナカ」。 普段はタナカ先輩と呼ばれており「タナパイ」と略されることが多い。 まるで女子アナだ。 それにしても日本に対する偏見に満ち溢れたネーミングである。 筆者は決してマスクだとは思っていないが、狼面の特徴は左下に垂れた舌。 とても真面目な性格をしており、暴走しがちのメンバーをまとめる良きリーダーである。 究極生命体なので当然、運動神経は抜群でスケボーやスノボーなどを得意としている。 戦隊物で言うならば「パワータイプ」ぽい。 ジャン・ケン・ジョニー (写真右下) ボーカル・ギターを担当。 インタビューやライブMCをそつなくこなすトーク力と、海外のアーティストやメディアに対して通訳なしで会話ができる語学力を持った「マンウィズ」の頭脳的な存在。 狼面の特徴は若干の受け口(舌顎が少し前に出ている)。 単体の写真ではカミカゼ・ボーイと少し見分けが付きにくいが、集合写真は前列に出ているのでわかりやすいはず! 個人的には「マンウィズ」のサウンドにアクセントをつける重要人物だと思っている。 いつでも余裕な「テクニカルタイプ」。 スペア・リブ (写真 上段真ん中) バンドではドラムを担当している。 狼面の特徴は口が大きく開いていること。 小柄な外見と可愛らしいオオカミフェイスには、多くの女性ファンが存在しており、そんな状況を自らも自覚している腹黒い一面もある。 なんとも羨ましい究極生命体である。 愛嬌たっぷりの「可愛がられタイプ」。 DJサンタモニカ (写真 右上) 名前からもわかる通り担当は「DJ」。 なぜ「DJ」のプレイヤーは名前の前に「DJ」と付けるのだろうか?永遠の謎である。 そんなミステリアスなDJサンタモニカは、マンウィズの「お調子者」と呼ばれている。 名前の由来は地名の「サンタモニカ」なのだが、本人は行ったことがないらしい。 そんなところも「お調子者」と言われる理由なのだろうか? 狼面の特徴はタナカと逆方向に出された舌(左方向)。 「お調子者タイプ」。 カミカゼ・ボーイ (写真 左上) 「トーキョー・タナカ」に続き、アメリカ人の持つ偏見に満ち溢れた胡散臭いネーミングの「カミカゼ・ボーイ」。 やっつけにも程がある。 そんなかわいそうな「カミカゼ・ボーイ」が担当する楽器はベース。 遅刻や勘違いが多く、周囲から「ポンコツ」の愛称でひたしまれている。 もし、会社組織でそういったあだ名を付けられた場合は、直ちに労基署に駆け込むことを筆者はオススメする。 狼面の特徴はあまりなく、それが特徴とも言える。 消去法で探していけば最後に辿り着く存在だ。 簡単な見極めのポイントは、メンバー内で一番身長が高いところ。 「ポンコツタイプ」 謎の覆面バンド「マンウィズ」!!その実力は本物だった・・・ バンド結成の時期については明確な情報は公開されていないが、プロジェクトの開始は2010年からとなっている。 確かに、とりあえずバンドを始めようって流れになった時に、あのクオリティの「狼マスク」を用意するのは大変そうである。 毛並みも良さそうですしね。 そして、気になるマスクの中身に関しては「結構ベテランバンド」って説が濃厚なのだが、 どういった流れで彼らはマスクを被り、バンドを名を変え、新たなバンド活動を始めたかの理由については謎に包まれている。 長年活動してきたバンド名を捨てるのは、当然、悲しいことだ。 そんな決断をしてまで「狼」にならなくてはいけない理由とは何だったのだろうか・・・。 様々な葛藤の中で誕生した「MAN WITH A MISSION」。 プロジェクトの後押しもあり、瞬く間にシーンに浸透していった。 まさに「オオカミ・ドリーム」。 彼らが元々持っていた音楽センスと異色のキャラクターが人々に受け入れられたのだ。 そして、2012年にはシングル「distance」でメジャーデビューを果たす。 同楽曲では、ジャン・ケン・ジョニーの軽快なラップとノイジーなデジタルビートが緊張感のある展開を聴かせつつも、サビではしっかりと、トーキョー・タナカの力強い歌声でキャッチーにまとめられており、「MAN WITH A MISSION」としての魅力が存分に詰め込まれている。 彼らのことを「狼マスク」を被っただけの「ネタバンド」などと思っていると、火傷してしまうような高品質な楽曲である。 しかしながら、ちょっとばかり完成度が高すぎて「お手本感」も感じてしまうのだが、プロジェクトって部分も加味すれば仕方がないことかもしれない。 とにかく、彼らの完成度の高い本格的なサウンドと、わかりやすいヴィジュアルは多くのリスナーの心を鷲掴みにし、その人気は日に日に拡大していっているのである。 同楽曲は壮絶なアクション映画に相応しい攻撃的なナンバーとなっており、マンウィズの攻撃性が前面に押し出された楽曲となっている。 さらに注目すべきは、ミクスチャーバンド「Zebrahead(ゼブラヘッド)」とのコラボではないだろうか?共演と言えば聞こえはいいが、今作品はそんな甘っちょろいもんではない。 これは戦いだ!タイトル『Out of Control』どおり制御不能な状況だ。 開始早々、畳み掛けるように攻撃的なラップを繰り出すゼブラヘッドのアリ。 それを迎え撃つのは「MAN WITH A MISSION」の変態ギター、我らがジャン・ケン・ジョニー。 スピード感溢れるラップバトルからエモーショナルなサビに繋がる流れは、ロツク好きなら嫌いな人はいないはず。 マンウィズ、ゼブラヘッド、双方のファンも安心して楽しめるスピード感溢れるスリリングな楽曲だ。 どちらのバンドもSONYに所属しており「話題作成的」なコラボではあるが、見事にマッチした内容となっており安心して聴くことができるだろう。 インパクトのあるヴィジュアルだけではなく楽曲の完成度の高さも認められ、瞬く間に日本全土に認知される存在となった。 その始まりとなったメジャー初作品が『distance』だ。 デジタルビートに呼応するかのうように打ち鳴らされるドラミング、それらにノイジーなギターサウンドが絡み合い絶妙なインダストリアル風のサウンドが構築されており、筆者のようなミクスチャー全盛期を通過した世代にはたまらないサウンドである。 特にジョニーのハイトーンなラップパートは「Zebrahead」や「One Minute Silence」などの海外ミクスチャーバンドを彷彿させられ、当時を懐かしく思えてくる。 それにしてもマンウィズの楽曲は癖があるようで癖がなくとってもキャッチーで聴きやすい。 キャッチーなサビに合わせて観客全員が両手を上げ下げして大合唱するのはライブではお決まりとなっている。 過去に行った道頓堀のフリーライブでも同楽曲は演奏されており、同楽曲の人気の高さが伺える。 それにしても何でもありな狼バンドである。 人気バンドの登竜門といってもよいだろう。 当然マンウィズもアニメの主題歌を務めており、ファン層を拡大させている。 そういった露出の効果もあり、同楽曲は数あるマンウィズ作品の中でも最大のセールスとなっている。 (オリコンランキング調べ) 一言に主題歌といっても、アニメの世界観を楽曲に反映させたり、イントロやサビをオープニング映像の尺に合わせなければいけない。 そのため緻密な計算が要求されることが多いとこの事。 その辺もしっかりとこなしてしまうマンウィズの器用さは凄い。 そんな彼らをさらに有名にした楽曲が『Emotions』だ。 初めて彼らを観た視聴者の皆さんは「なんだ?このオオカミ」と思ったに違いない。 そんなインパクトあるヴィジュアルと本格的ながらキャッチーな楽曲にヤラれてしまった人も多く、今では熱狂的なファンになってしまったなんて人も少なくはないだろう。 やっぱり彼らの凄いところって、ひと目見たら忘れられないヴィジュアルと完成度の高いキャッチーな楽曲にあると思うな。 普段のミクスチャーロックってイメージとは一風変わった楽曲となっており、しっとりと心に響く幻想的なサウンドを聴かせてくれる。 MVではあくまで脇役的なポジションで登場するマンウィズ。 デジタルビートと光の美しさが際立つドラマ仕立てのMVとなっている。 コチラの楽曲はアルバムにも収録されているが、1万枚限定シングルとしてもリリースされており、ファンならチェックしておきたいアイテムである。 MVに関しては活動初期ということもあり「大分ショボい」が、楽曲に関しては彼らの原点の音といっていいだろう。 現在と比較してコンパクトにまとまった楽曲ではるが、メンバー各自の「色」がしっかりと反映されたサウンドとなっている。

次の

MAN WITH A MISSIONのライヴに行ってみたいんですが・・・オジサン、オ...

マンウィズ ファン 年齢層

「 2012」にて。 基本情報 出身地 ジャンル 活動期間 - レーベル FROM YOUTH TO DEATH RECORDS (2010年 - ) ( - ) (2013年 - ) 事務所 FYD (業務提携 公式サイト メンバー Tokyo Tanaka() Kamikaze Boy(・) Jean-Ken Johnny(・ボーカル・) DJ Santa Monica(・) Spear Rib() MAN WITH A MISSION(マン・ウィズ・ア・ミッション)は、の5人組である。 所属は。 所属はFYD。 は、はという外見 の究極の 5人で構成されるという設定である。 バンド名はで「使命を持った男」という意味 で、 MWAMや マンウィズ などの略称で呼ばれる。 また、その外見から オオカミバンドと俗称される事もある。 概要 公式設定としては、19XX年、が度重なる戦禍に見舞われていた時代、エレクトリックレディーランドと呼ばれる地球の最果てで、であるジミー・ヘンドリックスによるの結果生まれた生命体とされる。 ジミー自身はを趣味 としていたことで、音楽の能力がされた。 超人的な肉体とを持つため、、と言った権力者から、に至るまで利用されることとなり 、の意識に苛まれたジミーは誰の手にも渡らせぬよう、命と引き換えにのの中に氷漬けにした。 凍結中は、オオカミならではの発達したで世界中の様々なを聴いていた が、に開催されたで演奏された音を聴いたことをきっかけに 、音楽で何か世界を変えられないかと音楽活動を志すようになる。 以後凍結状態が続いていたが、になり、の影響で氷が融けてしまったために復活 し、バンド活動を開始した。 バンド自体の結成時期は公表されていない。 また、メンバーのやも非公開となっている。 楽曲制作において、ギターのJean-Ken JohnnyとのKamikaze Boyが主にを手掛けている。 は、Jean-Ken JohnnyとKamikaze Boyによってコード進行やリズムパターンとイメージが骨組みとして決定され 、その後各パートごとの詳細なをメンバー全員で話し合いながら作り上げていく手法を取っている。 Jean-Ken Johnnyがバースを歌い、Tokyo Tanakaがサビを歌う楽曲構成が大半を占める。 ライブでの登場SEにはの「Man With A Mission」という自身のバンド名と同名の楽曲を使用している。 なお、該当曲が収録されているアルバム「Recipe For Hate」のジャケットにはMWAMのメンバーと同じく頭が狼になっている人物が2人描かれている。 メンバー メンバーの中ではJean-Ken Johnnyのみが唯一日本語を操れる 設定だが、Tokyo Tanakaはボーカルを担当し歌唱しているほか、Kamikaze Boyはコーラスを担当し、と英語を使用して歌詞を書いていたり 、Spear Ribがインタビューに日本語で回答している など、発音自体は出来ないが理解はしている模様。 また、「」のライナーノーツではKamikaze Boyも喋れることが明らかになっている。 なお、彼等の言葉は、固有名詞など一部の例外を除いて平仮名を使わず、かな文字は片仮名で統一するのが公式の表記となっている。 文字数が多い場合は平仮名を使った表記にされることもあるが、これは「翻訳」と称されている。 『月刊GiGS』()では2012年8月号から編集部が独自に用意したという「マンウィズ変換器」が導入され、これによって「翻訳」されているが、この変換器はたびたび壊れており、その度に片仮名表記に戻っている。 ドキュメンタリー映画『MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-』では自動翻訳機「ガウリンガル」が登場し、Jean-Ken Johnny以外のメンバーも音声で発言している。 ライブではTokyo Tanaka、Jean-Ken Johnny、Kamikaze Boyの顔は下顎が大きく開いている。 また、ライブ映像はなぜか下顎が映らないアングルで構成されている。 Tokyo Tanaka Tokyo Tanaka 職業 担当楽器 Tokyo Tanaka(トーキョー・タナカ)。 リーダー。 好きなことは寝ることと歌うこと。 好きな音楽は。 マイブームはステロイド注射。 人物 通称 タナパイ(タナカ先輩の略)。 舌が右に出ている体格がいい狼。 ライブでは七分丈のパンツを愛用。 運動神経抜群、特技はや等、全般。 アイスと良く冷えたテキーラが好物。 好きな肉料理は。 最も真面目な性格の持ち主、メンバーの暴走を制止するのは彼の役割である。 Jean-Ken Johnny Jean-Ken Johnny 職業 担当楽器 著名使用楽器 エレクトリックギター• WAG• YAMAHA RGXA2 JBL• USA2 Custom• YAMAHA PACIFICA611 HFM TPP• Classic Player Jaguar Special HH• Fender American Professional Jaguar• Fender Pawn Shop Jaguarillo• Deluxe Lone Star Stratocaster• POTBELLY アコースティックギター• YAMAHA A3R Jean-Ken Johnny(ジャンケン・ジョニー)。 、、、、担当。 特技はとギター。 好きな音楽は。 マイブームは。 人物 下顎が若干出ている為、通称 シャクレ狼(受け口により穏やかな笑顔にみえるが、デビュー当時と顔が違う為、ファンはおろかスタッフから整形疑惑が浮上している)。 トークに定評があり、ライブのMCやメディアでの質疑応答、メンバーの通訳は彼が担当。 英語が堪能で海外のアーティストやメディアと通訳なしで話せる。 趣味は漫画と映画鑑賞。 好物は前述のチキンタツタと。 いわゆる絡み酒で、タナカによくくだを巻いている。 Kamikaze Boy Kamikaze Boy 職業 担当楽器 著名使用楽器• ・RBX4A2 WAG• ・RBX4A2 JBL• 2024X BL Kamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ)。 、、、担当。 特技はとベース。 好きな音楽は。 マイブームは。 人物 通称 ボイさん、 ナミカゼ。 メンバー1の長身痩躯、スキニーパンツを愛用。 ライブ後は打ち上げにより、大抵。 ならぬ雨狼。 遅刻や勘違いによる失敗が多く、周囲から「ポンコツ」と称されている。 公式ツイッターではメンバー1の迷走率を誇る。 ライブではベースのネックに噛み付くパフォーマンスを見せるが、そのために歯がボロボロになり、1本になっているという。 DJ Santa Monica DJ Santa Monica 職業 担当楽器 DJ Santa Monica(ディージェイ・サンタ・モニカ)。 、、担当。 特技はとDJと。 好きな音楽は。 マイブームは。 人物 通称 サン太、 サンちゃん。 タナカとは逆に舌が出ている。 ちなみにに行った事はない。 「皿回しパーティー野郎」の異名を持つお調子者だが、意外に繊細かつ常識人。 Spear Rib Spear Rib 職業 担当楽器 著名使用楽器• STAR Bubinga Spear Rib(スペア・リブ)。 好きなことはご飯を食べることとドラムス。 好きな音楽は。 マイブームは。 人物 通称 リブちゃん。 唯一常に口を開いており、メンバーでは最も小柄。 公式ツイッターでは語尾に「〜ニク」がつく(サインや捺印も「肉」)。 アイドル的存在である一方、辛辣な発言も多い。 好物はコーラとスペアリブ。 女性人気が特に高いことを自覚している節があり、ジョニー曰く「悦真っ盛り」。 サポートメンバー E. Vedder(イー・ディー・ヴェダー) 担当。 とは別人。 パーカーのフードを深く被り、白塗りのお面をしている。 「Feel and Think」など一部楽曲の作曲も担当。 フェスなどでは本編開始前にVedderと同様の服装をし、MWAMと同じメンバー構成、よく似た声のスタッフがサウンドチェックを行う光景が見られる。 略歴 プロジェクト始動 - インディーズ活動 2010年、プロジェクトの始動が公式アナウンスされ 、同日ににて行われた、Bar「」およびeggmanによる共同企画イベント「!! Vol. 3(バカモンロック)」にて初を行う。 、楽曲「DON'T LOSE YOURSELF」のをに公開。 、渋谷EGGMANにて行われた、World ChordおよびEGGMANによる共同企画イベント「World Standard Development Vol. 4」にて、3曲入りの初の「MAN WITH A MISSION」を会場で販売。 11月3日、FROM YOUTH TO DEATH RECORDSより、『WELCOME TO THE NEWWORLD』を1万枚限定で発売 し、全国。 公式先行発表されていた収録曲「DON'T ROSE YOURSELF」は、『Mutoma』2012年1月度に起用された。 11月17日より全4公演でツアーを行い 、その際に告知を見たのが「クール」と叫び、自身のステージで『WELCOME TO THE NEWWORLD』のタイトルを連呼したとされ、話題となった。 2011年、を受けて公式上で声明文を掲載 し、被災地とに向けて新曲「RAIN OF JULY」をおよびYouTube上に公開。 同曲は、収益分を全額被災地へのに充当するシングルとして急遽制作され 、ライブ会場限定でまで販売された。 、『』2011年4月度テーマソング および『Hits seeker』2011年4月度パワープレイ に起用されたシングル「NEVER FXXKIN' MIND THE RULES」を、2,029枚限定で発売。 発売直後のからは、全国ツアー『MAN WITH A MISSION JAPAN MARKING TOUR 2011』を全国11公演で開催。 、日本クラウンからのを正式に発表。 メジャーデビュー以降・2011年 、CROWN STONESより、『MAN WITH A MISSION』を発売しメジャーデビュー。 収録曲で、限定シングルで既に発表していた「FLY AGAIN」はミュージックビデオが制作され、tvk『Mutoma』2011年6月度テーマソングおよび『』2011年6月度エンディングテーマにそれぞれ起用された。 アルバムからは「FLY AGAIN」「RAIN OF JULY」「DANCE EVERYBODY」の3曲 が各局オンエアーで取り上げられ、全国計27のでおよび番組テーマを獲得した。 、東日本大震災の支援として、にてと支援物資のを行う。 、渋谷EGGMANにて、全国ツアーの最終公演にて初のワンマンライブ『MAN WITH A MISSION JAPAN MARKING TOUR FINAL』を開催し、398人を動員。 にはにて、東京会場BEACH STAGEに出演を果たす。 9月9日にはにて、初の自主企画ライブ『MAN WITH A MISSION presents THE MISSION Vol. 1』を開催。 、をコンセプトとしたミニアルバム『Trick ot Treat e. 』を発売。 の楽曲「」のを収録したほか、リードトラック「Feel and Think」はtvk『音楽缶 』2011年10月度テーマソングおよび系『』2011年10月度パワープレイに起用された。 2012年 - より、『』のジングルを担当。 、メジャーデビューアルバム『MAN WITH A MISSION』がに入選。 、日本クラウン主催の第48回日本クラウンヒット賞を部門で受賞し、贈呈式に出席。 同席したから好評と激励を受けた。 、インディーズデビューミニアルバムに楽曲2曲を追加収録した『WELCOME TO THE NEWWORLD -standard edition-』を再発。 本作で初出となる新曲「TAKE ME HOME」はミュージックビデオが制作され、系『』Baby Dragon's Gate(パワープレイ)に起用された。 、メジャー初のシングル「distance」を発売。 では、CDのみの通常盤のほかに付2枚組の初回限定盤の2形態が同時発売となり、本作付属DVDが初の映像作品の製品化となる。 タイトル曲「distance」はテレビ朝日系『』2012年4月度オープニングテーマ 、『』2012年4月度オープニングテーマ 、tvk『音楽缶 』2012年4月度テーマソング にそれぞれ起用された。 デイリーランキングでは4月4日付で4位を記録 し、自身初のトップ5入りを記録。 また、ニルヴァーナのアルバム『』のカバーを収録した『』も同時発売され、本作で「Lithium」のカバーを収録した。 同日より、NANO Media Inc. の提供により、および端末向けのアーティスト公式『MAN WITH A MISSION Official Apps』が無料配信開始。 シングル発売を記念し、発売翌日のには渋谷店にてメンバーが1日店長に就任し、本作と同時に接客やなどの営業業務を行った。 には、ニッポン放送『』にて、Jean-Ken Johnnyがに起用された『MAN WITH A MISSION ジャン・ケン・ジョニーのオールナイトニッポンR』が放送。 2ndフルアルバム『MASH UP THE WORLD』を発売。 2ndフルアルバム収録の「FROM YOUTH TO DEATH」がハッピーMusic7月オープニングテーマに起用される。 、テレビ朝日系『』に出演。 地上波の音楽番組に初めて生出演した。 、全日本CDショップ店員組合の「第5回」の大賞を「」で受賞。 、ソニー・ミュージックレコーズへの移籍を発表。 移籍後初のシングル「」は『』のオープニングテーマとして使われ、同作の第1期第18話にメンバー全員がモブキャラとして登場している。 2016年10月から「ハイレゾ級ワイヤレス」キャンペーンCMに起用され、CM初出演を果たす。 2020年2月、ドキュメンタリー映画『MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-』を公開。 詳細は不明である。 収録曲は 1. FUCKING ROCK STAR 5. BREATHE 6. 2014年 6月18日 super stomper feat. MAN WITH A MISSIONに参加。 2017年 5月24日 Stories Noticed The Data feat. Tokyo Tanaka MAN WITH A MISSION に参加。 Luster feat. Tokyo Tanaka MAN WITH A MISSION に参加。 2018年 9月5日 のトリビュート・アルバム に参加。 2019年 5月29日 Give It To The Universe feat. MAN WITH A MISSION に参加。 各曲にメンバーからのアドバイスが寄せられている。 - 初版発行• - 2012年初版発行• - 初版発行• 2011年 - THE MISSION vol. 2011年 - 『Trick or Treat e. 2012年 - DON'T FEEL THE DISTANCE~8カ所だョ!全員集合 ONE MAN TOUR~• 2013年 - MAN WITH A MISSION ヨーロッパツアー2013• 2013年 - 「Wake Myself Again TOUR 2013」 Supported by Budweiser• 2014年 - MAN WITH A MISSION「NORTH AMERICAN TOUR 2014」• 2014年 - MAN WITH A MISSION「PLAY WHAT U WANT TOUR」• 2015年 - MAN WITH A MISSION「5YEARS 5WOLVES 3SHOWS TOUR」• 2015年 - MAN WITH A MISSION「Europe Tour 2015」• 2016年 - MAN WITH A MISSION Asia Tour 2016• 2016年 - MAN WITH A MISSION Europe Tour 2016• 2017年 - MAN WITH A MISSION "Dead End in Tokyo Tour" Europe 2017 出演イベント• 1月9日 - 第弐回TENKAICHI Presented by 銀座 美酒家 忠• 1月23日 - 拍手喝祭!!! Rock Party 2011• 1月29日 - 拍手喝祭!!! Rock Party 2011• 2月6日 - 拍手喝祭!!! Rock Party 2011• 2月18日 - NO BUTS!?? 2月27日 - LionFESTA vol. 3月25日 - Ya kick so bad PUNK!? -ヤキソバパン-1st Anniversary! 3月26日 - @中目黒CAMARADA• 4月17日 - road to MONSTER baSH ~AWA baSH~• 5月4日 - METAMORGENERATION CONTACT• 5月26日 - QUATTRO MIRAGE VOL. 2 ~MORE ACTION, MORE HOPE. ~ powered by TOWER RECORDS• 6月18日 - 神戸UNIONWAY FEST• 7月7日 - ATMC2011~TA NA BA TA Session~• 7月9日 - 2011~今年も楽しむ覚悟でいらっ祭!~• 7月17日 - 蓮沼2011 supported by TOHOgakuen• 7月22日 - Jumping Buffalo's Night 20110722• 7月24日 - '11• 7月31日 - RockDaze! 2011 -druming-• 8月10日 - ISHINOMAKI MUSIC FESTIVAL ~東日本大震災チャリティーイベント~• 8月13日 - TREASURE 05X-the flashy seed-• 8月14日 - 2011• 8月19日 - FANTAZMA -心斎橋CLUB DROP 8th ANNIVERSARY-• 8月28日 - Live Plant in まつりつくば• 9月3日 - seedleSs Party 2011• 9月10日 - 2011• 9月12日 - ロックの夜明け presents 「INCIDENT 11. 09」• 9月18日 - 2011• 9月29日 - 未来音来 2011 Vol. 9月30日 - ロックの夜明け presents 「INCIDENT 11. 09」• 10月2日 - Candy Stripper 15th Anniversary Party• 10月8日 - MAD Ollie 2011 autumn• 10月9日 - 北海学園大学十月祭60周年記念SPECIAL LIVE 2011• 10月11日 - ~IBSP 10th ANNIVERSARY~ IBSP,DUCE PRESENTS「POSITIVE NOISE」• 10月15日 - タワレコオリヤマナイト• 10月23日 - 音龍門 presents LIVE DROGON GATE 002• 10月30日 - SABBAT NIGHT2011• 11月1日,11日 - House of Chaos3• 11月18日 - Ya kick so bad PUNK!? 11月20日 - COLLAVOLUTION tour 2011• 11月25日,27日 - Brand New World Tour• 11月29日 - SKULLSHIT presents SKULLMANIA Vol. 0 ~SKULLSHIT 15th ANNIVERSARY 第二弾~• 11月30日 - Presents 「Tribute to JAPAN」• 12月1日 - LOVE! LIFE! 12月3日 - COUNTDOWN TO FREEDOM 2011• 12月9日 - FAT PROP Brand New World Tour• 12月18日 - Boo Xmas 11• 12月23日 - SEEDS OF HOPE TOUR 2011-2012 Day 16• 12月29日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY• 12月30日 - shibuya eggman 30th anniversary [音故知新] FINAL!!! 12月31日 - LIVE DI:GA JUDGEMENT 2011 -UDAGAWA OVER DAY 2-• 2月18日 - presents BLARE DOWN BARRIERS 2012• 3月10日 - 夢チカLIVE SP in• 3月17日 - MUSIC CUBE 12• 3月25日 - 卒フェス2012 ~サクラサクトキトビラアク~• 4月28日 - 12• 5月20日 - GREENROOM FESTIVAL'12• 6月30日 - EMOTIONS tour• 7月5日 - JAPAN EXPO 2012• 7月7日 - 京都大作戦2012~短冊に こめた願いよ 叶いな祭~• 7月15日 - NIIGATA Rock Museum 2012• 7月21日 - KESEN ROCK FESTIVAL'12• 7月22日 - 2012• ウイダーinゼリー~BAND NATION~• 8月5日 - 2012• 8月8日 - Talking Rock! FES. 2012• 8月18日 - SUMMER SONIC 2012• 8月19日 - SETSTOCK'12 10th Anniversary in Bihoku• 8月25日 - 2012• 8月26日 - 2012 ~one pray in nagasaki~• 9月1日 - TREASURE05X ~dancing colorz~• 9月2日 - 2012• 9月6日 - TSUTAYA オリジナルLIVE「ツタロック」• 9月8日 - BAYCAMP 2012• 10月7日 - 2012• 10月21日 - JAPAN TOUR 2012• 10月28日 - 主宰 HALLOWEEN PARTY 2012• 11月29日 - イベント「ドギマズン」• 12月15日 - オールナイトニッポン45周年感謝祭 ALL LIVE NIPPON• 12月16日 - 『 Brand-New Life 2012』tour• 12月23日 - presents「ポルノ超特急2012」• 12月30日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY• 1月20日 - NO MATTER LIVE• 2月23日 - TOYOTA BIG AIR• 3月30日 - 2013 <OSAKA>• 3月31日 - PUNKSPRING 2013 <TOKYO>• 4月27日 - ARABAKI ROCK FEST. 5月11日 - Japan 2013• 5月17日 - Tour「相克」• 5月25日 - 2013• 6月2日 - [NOID] FESTIVAL 2013• 6月22日 - MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2013• 7月6日 - 京都大作戦2013~天の川 今年も宇治で 見上げな祭~• 7月14日 - KESEN ROCK FESTIVAL'13• 7月19日 - SiM "EViLS TOUR 2013" 2 MAN SHOWS• 8月2日 - 2013• 8月4日 - FORMOZ FESTIVAL 2013 野台開唱• 8月10日 - SUMMER SONIC 2013 <OSAKA>• 8月11日 - SUMMER SONIC 2013 <TOKYO>• 8月24日 - TWINKLE ROCK FESTIVAL• 8月25日 - MONSTER baSH 2013• 8月31日 - 音楽と髭達2013-CARNIVAL-• 9月14日 - 万博2013• 9月21日 - GUNMA ROCK FESTIVAL 2013• 10月31日 - AKASAKA HALLOWEEN WEEK 2013• 11月7日 - GRINDHOUSE 3. 徳島から福島へ• 11月9日 - MADOllie2013 powered by Monster Energy• 11月17日 - FUNKIST FESTIVAL 2013• 11月23日 - 東北ジャム2013 in 石巻• 12月19日 - Boo Xmas 2013• 12月29日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY• 1月18日 - ニッポン放送開局60周年記念イベント LIVE EXPO TOKYO 2014 ALL LIVE NIPPON Vol. 3月6日 - 第6回CDショップ大賞2014 SPECIAL LIVE• 3月12日 - 『Tales of Purefly』発売記念フリーライブ• 3月15日 - NO MATTER LIVE Special• 3月21日 - ROTTENGRAFFTY "Walk" TOUR 2013-2014 FINAL SERIES• 3月29日 - PUNKSPRING 2014【TOKYO】• 4月27日 - ARABAKI ROCK FEST. 5月24日 - TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2014• 5月29日 - SAYONARA国立競技場 FINAL WEEK JAPAN NIGHT『Japan to the World』• 7月20日 - JOIN ALIVE 2014• 7月26日 - '14• 8月24日 - 2014• 8月30日 - SWEET LOVE SHOWER 2014• 9月5日 - タイバンビガロ VOL. 9月7日 - TREASURE05X 2014 -galaxy of liberty-• 10月31日 - AKASAKA HALLOWEEN 2014 「ROCK' N HALLOWEEN」• 2014• 11月8日 - ミュージックドラゴン LIVE 2014• 11月16日 - JAPAN 2014• 11月24日 - SKULLSHIT presents SKULLMANIA vol. 11月26日 - JAPAN TOUR 2014• 12月23日 - ポルノ超特急2014• 3月7日 - Japan Tour 2015• 3月28日 - PUNKSPRING 2015 <OSAKA>• 3月29日 - PUNKSPRING 2015 <TOKYO>• 4月16日 - 「」~スペシャルライブ~SSSL• 4月25日 - ARABAKI ROCK FEST. 7月5日 - 京都大作戦2015~いっ祭 がっ祭 感じな祭! 7月12日 - DEAD POP FESTiVAL 2015• 7月20日 - presents 真夏のWOW• 7月26日 - NUMBER SHOT 2015• 8月8日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015• 8月14日 - 2015 in EZO• 8月16日 - SUMMER SONIC 2015 <TOKYO>• 8月22日 - MONSTER baSH 2015• 8月23日 - Sky Jamboree 2015 ~one pray in nagasaki~• 9月21日 - いしがきミュージックフェスティバル 2015• 9月27日 - 風とロック芋煮会2015 KAZETOROCK IMONY LAND• 10月11日 - MBS音祭2015 Final Party• 11月15日 - 尽未来際 ~尽未来祭~• 11月20日 - ROCK-O-RAMA 2015• 11月21日 - テレビ朝日ドリームフェスティバル 2015• 12月20日 - MERRY ROCK PARADE 2015• 12月27日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2015• 2月3日 - 「XENO WORLD TOUR 2016」• 2月11日 - New Album「The World's On Fire」発売記念 スペシャルフリーライブ• 5月1日 - 茨城県常総市復興支援イベント「Dappe Rock's」• 5月14日 - ~VARIOUS PEOPLE,ONE SKY~ ふくしま おおぞら フェスタ2016 AIR LIVE• 6月4日 - SATANIC CARNIVAL '16• 6月5日 -• 7月9日 - JAPAN EXPO 2016• 7月16日 - KESEN ROCK FESTIVAL'16• 7月17日 - JOIN ALIVE 2016• 7月23日 - FUJI ROCK FESTIVAL'16• 8月9日 - "STOP THE WAR TOUR"• 8月11日 - 旅祭2016• 8月21日 - WILD BUNCH FEST. 2016• 8月27日 - 音楽と髭達2016 -C'mon OTOHIGE-• 8月28日 - 2016• 9月17日 - 氣志團万博2016 ~房総ロックンロール・チャンピオン・カーニバル~• 10月30日 - ドギマズン 2016• 11月5日 - LIVE 2016• 11月6日 - KNOTFEST JAPAN 2016• 11月9日 - PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT SPECIAL vol. 12月3日 - SKULLSHIT 20th ANNIVERSARY 骸骨祭り• 12月23日 - 2016• 12月25日 - ポルノ超特急2016• 1月3日 - がんばろう! 九州 HUIS TEN BOSCH New Year Special Live 2017• 1月14日 - 東日本大作戦番外編• 1月18日 - 『新宿スワンII』スペシャルライブ~SSIISL• 1月28日 - JAPAN TOUR 2017• 2月13日 - 「JUICE UP!! TOUR FINAL SERIES」• 2月19日 - LIVE EGG BUDOKAN ~shibuya eggman 35周年 大感謝祭~• 3月28日 - PUNKSPRING 2017 EXTRA SHOW• 3月29日 - PUNKSPRING 2017 EXTRA SHOW• 4月18日 - 「試練のTAIMANツアー 2017」 主な出演 CM• 「ハイレゾ級ワイヤレス」(2016年) 映画• MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-(2020年) 脚注 注釈• - Revolver・2016年1月21日閲覧。 Musicman 2017年8月21日. 2020年1月13日閲覧。 国税庁法人番号公表サイト. 2020年1月13日閲覧。 トライストーン・エンタテイメント. 2020年5月4日閲覧。 com編集部 2011年3月30日. ナリナリドットコム. 2012年2月13日閲覧。 日本クラウン. 2012年2月13日閲覧。 SANSPO. COM. 2011年6月8日. 2012年2月13日閲覧。 New York Times(うそ) 2010年4月22日. MySpace. 2012年2月13日閲覧。 オリコンニュース 2012年10月18日. 2018年1月30日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 2012年2月13日閲覧。 YAMAHA. 2012年2月13日閲覧。 安井幸代 2010年7月25日. TANK! the WEB. 2013年10月24日時点のよりアーカイブ。 2012年2月13日閲覧。 Listen Japan. 2011年10月5日. 2012年2月13日閲覧。 竹内美保. music UP's. 2012年2月13日閲覧。 Skream! 2012年2月13日閲覧。 『月刊GiGS』()2012年8月号P17• New York Times(うそ) 2010年3月7日. MySpace. 2012年2月13日閲覧。 New York Times(うそ) 2010年3月7日. MySpace. 2012年2月13日閲覧。 YouTube. 2010年3月15日. 2012年2月13日閲覧。 New York Times(うそ) 2010年7月6日. MySpace. 2012年2月13日閲覧。 2010年8月11日. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 MySpace. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 サンケイスポーツ 2011年4月16日. MSN 産経ニュース. 2012年2月13日閲覧。 日テレNEWS24. 2011年4月16日. 2012年2月13日閲覧。 Ameba. 2012年2月13日閲覧。 YouTube. 2011年3月19日. 2012年2月13日閲覧。 MAN WITH A MISSION 2011年4月8日. Twitter. 2012年2月13日閲覧。 ナタリー. 2011年3月30日. 2012年2月13日閲覧。 ORICON STYLE. 2011年4月28日. 2012年2月13日閲覧。 FLYING POSTMAN PRESS. 2011年6月14日. 2012年2月13日閲覧。 ぴあ関西版WEB. 2011年6月15日. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 Narinari. com編集部 2011年6月7日. ナリナリドットコム. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 ORICON STYLE. 2011年8月15日. 2012年2月13日閲覧。 海江敦士 2011年10月19日. EMTG MUSIC. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 RO69 2012年1月27日. 2012年2月13日閲覧。 MUSICMAN-NET. 2012年2月10日. 2012年2月13日閲覧。 ORICON STYLE. 2012年2月11日. 2012年2月13日閲覧。 2012年2月13日. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 001」、カルチュア・コンビニエンス・クラブ、2012年3月20日、『VA』2012年4月号 vol. 117。 BARKS. 2012年1月30日. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 MUSICMAN-NET. 2012年4月5日. 2012年4月6日閲覧。 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 ナタリー. 2013年2月19日. 2013年3月10日閲覧。 デイリースポーツ社. 2013年2月22日. 2013年3月10日閲覧。 ナタリー. 2013年3月7日. 2013年3月10日閲覧。 - 2013年8月19日• - 2013年8月19日• 『ログ・ホライズン 完全設定資料集』(2014年、)P107• ORICON STYLE. 2016年10月17日. 2016年10月17日閲覧。 海外作品のためオリコン集計なし• 海外作品のためオリコン集計なし• 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 mwamjapan -• manwithamission -.

次の