さくら コンパネ。 プラン比較

【さくらインターネット】メール転送をしたいのですが...【Gmail】は...

さくら コンパネ

[更新: 2020年4月17日] 概要 オンラインサインアップやコントロールパネルから サービスを新規でお申込みいただく際、クーポンに印字されているクーポンコード 16桁の英数字 を入力することにより、記載の金額に応じた金額分や無償期間分を無料でご利用いただけます。 クーポンはさくらインターネットが主催・協賛する勉強会やセミナー、またはキャンペーンなどで配布することがあります。 注意事項 クーポンの種類や注意事項については、「」をご確認ください。 支払い方法に「クレジットカード」を選択した場合、無償期間内にサービス利用継続のための自動更新が発生します。 自動更新を行わない場合、更新請求日までに「」または「」をお願いします。 本クーポンは有効期限内にクーポンコードを入力して対象プランのサーバを新規お申込みすると、92日間(約3ヶ月間)無料でサーバをご利用いただけます。 ご利用の際には「注意事項」もご確認ください。 サービスの新規お申込み方法(さくらのVPS) さくらのVPSのページからお申し込み 1. さくらのVPS()の右上にある「お申込み」をクリックします。 サーバのゾーンを選択します。 ご注意ください。 利用するクーポンの対象プランを選択します。 オプションを選択します。 お申込みの「サーバ台数」を選択して、「カートに入れる」をクリックします。 カートの内容を確認します。 内容を変更する場合は「入力内容を変更」から、サーバを追加する場合は「サーバを追加する」をクリックしてご変更ください。 カート金額合計が表示されます。 内容を確認後、「お支払い情報の入力」をクリックします。 新たに会員IDを取得される方は「新規会員登録へ進む」を、さくらの会員IDをお持ちの方は「ログイン画面へ進む」をクリックします。 さくらインターネット会員登録 新たに会員IDを取得される方は、以下の手順でお手続きください。 さくらインターネットからの通知先となるメールアドレスをご入力ください。 (このメールアドレスに認証コードをお送りします) 「個人情報の取扱いについて」をご確認いただき、同意いただけましたらチェックをつけて「会員登録のご案内メールを送信」をクリックします。 入力いただいたメールアドレスに support sakura. jp から以下件名のメールが届いたら、記載されている「認証コード」を控えて(コピーして)ください。 件名:[さくらインターネット] メールアドレスの確認 3. 認証コードを入力して「次へ進む」をクリックします。 今一度メールアドレスをご確認いただき、もう一度はじめからお手続きをお願いいたします。 登録する会員情報を入力します。 会員メニューにアクセスするためのパスワードを入力し、メール配信可否を選択して「確認画面へ進む」をクリックします。 入力した会員情報を確認してください。 会員情報に誤りがなければ「会員登録する」をクリックします。 入力した内容を変更する場合は「入力内容の変更」をクリックしてご変更ください。 電話認証 1. ご登録いただいた電話番号に認証コードをお送りします。 認証コードの送信方法は「SMS」か「音声電話」を選択いただけます。 「SMS」または「音声電話」で受け取った認証コードを入力します。 以下の画面が表示されると電話認証は完了です。 「VPS お申し込みページ へ進む」をクリックします。 VPS お申し込みページ 1. 「支払いパターン」と「支払い方法」を選択します。 支払い方法がクレジットカードの場合は、クレジットカード情報を入力してください。 クレジットカードを新規登録される場合は「カードの新規登録(会員メニュー)」をクリックして、別画面で表示される会員メニューにてご登録ください。 クーポンコードを入力して、「お申し込み内容の確認」をクリックします。 お申し込みのご確認が表示されます。 お申し込みの内容に問題がないかご確認ください。 約款や注意事項等をご確認いただき、こ同意いただける場合は 「同意する」にチェックをいれて「この内容で申し込む」をクリックします。 以上でお申し込みは完了です。 サービスの新規お申込み方法(さくらのVPS for Windows Server) さくらのVPS for Windows Server のページからお申し込み 1. さくらのVPS for Windows Server()の右上にある「お申込み」をクリックします。 新たに会員IDを取得される方は「新規会員登録へ進む」を、さくらの会員IDをお持ちの方は「ログイン画面へ進む」をクリックします。 さくらインターネット会員登録・電話認証 「新規会員登録へ進む」で新たに会員IDを取得される場合は、とをご参照ください。 さくらのVPS for Windows Server お申し込みページ 1. 利用するクーポンの対象プランを選択します。 リージョン・ゾーンを選択します。 追加ソフトウェアを選択します。 ライセンス追加申込に必要数を入力します。 ライセンスについて同意いただけましたら「ライセンス数を確認しました」にチェックをいれてください。 「支払期間」と「支払方法」を選択します。 支払方法がクレジットカードの場合は、クレジットカード情報を入力してください。 クレジットカードを新規登録される場合は「カードの新規登録(会員メニュー)」をクリックして、別画面で表示される会員メニューにてご登録ください。 クーポンコードを入力します。 約款や注意事項等をご確認いただき、こ同意いただける場合は 「同意する」にチェックをいれて「確認画面へ進む」をクリックします。 申込内容の確認が表示されます。 お申し込みの内容をご確認いただき、問題がなければこの内容で申し込む」をクリックします。 以上でお申し込みは完了です。

次の

合板|コンパネ|構造用合板|サイズ|規格寸法|DIY

さくら コンパネ

クイックインストールでCMSなどのプログラムを簡単操作でインストールできます。 - WordPress、EC-CUBE、concrete5 WordPress高速化 モジュール版PHPが利用可能です。 WordPressやEC-CubeといったPHPアプリケーションが高速化されます。 - サイトを高速・安定化し、Webページへの快適なアクセスを実現します。 大量アクセス時でも安定したサイト表示を実現できます。 有料オプション 有料オプション - モリサワが提供するWebフォント、全33書体を無料で導入できます。 プランによって、月間PV数に上限があります。 - ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージドサーバ ディスク容量 10GB 100GB 200GB 300GB 500GB HDD700GB SSD360GB ドメイン オリジナルのドメインを割り当てられます(当社でのお申し込みも、他社のドメインのお持ち込みも対応)。 標準でsakura. jpのサブドメインが1つ、60種以上のドメインから選べるさくらのサブドメインが2つ付属しています。 無料SSLサーバー証明書 Let's Encryptがコントロールパネルから簡単に設定できます。 また、管理マネージャであるphpMyAdminが利用できます。 - 20個 50個 100個 200個 無制限 SQLite 外部接続許可設定 データベースへの接続を許可するIPアドレスを設定できます。 - - - - - クイックインストール ブログやCMSなどのプログラムを簡単操作でインストールできます。 WordPress 豊富なテンプレートが選べるブログ用CMSのWordPressが利用できます。 - EC-CUBE 日本発のネットショップ構築ツールEC-CUBEが利用できます。 - concrete5 簡単で直感的にホームページの制作・運用管理が出来るconcrete5が利用できます。 - 管理・操作 サーバーの設定をブラウザから簡単に行えます。 初期ドメインでのログインのほか、メールアドレスでもログインが可能です。 複数ユーザーでの管理 サーバーの操作や編集を行う権限をユーザーごとに分けられます。 - - - サーバーにログインし、UNIXコマンドでサーバーを遠隔操作できます。 - ファイルのアップロード FTP転送 FTP ファイルのアップロード、 ダウンロードが行えます。 sftp FTPのセキュリティ機能を強化したsftpが使用できます。 複数ユーザでのFTP利用 - - - ウェブブラウザ上でファイルのアップロードやアクセス制限の設定ができます。 ファイル管理 さくらのレンタルサーバの余った容量をスマートフォンやタブレットで活用できるストレージ機能です。 - - - - - サポート メールサポート 電話サポート データセンターの立地 日本国内 サーバー監視体制 24時間365日、有人監視• sakura. jp 」も含まれます。 サーバーの管理に支障をきたす事が確認された場合には、一時的に制限させていただくことがあります。 フィーチャーフォンやTLS1. 2非対応の端末には対応しておりません。 お試し期間中は、共有SSLをご利用いただけません。 共有SSLと同名のドメイン(コモンネーム)との同時利用はできません。 初期ドメイン、さくらのサブドメインには利用できません。 マルチドメイン証明書やワイルドカード証明書のような複数のドメインをカバーする証明書は利用できません。 使用できるSSL証明書は1枚です。 SSH、sftpについては、サービスのお申込み時に設定された初期ドメイン名のみご利用になれます。 App Store、Google Playからのアプリのダウンロードが必要です。 ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージドサーバ プログラム プログラム言語を用いて動的なウェブページの設置や自由度の高いウェブコンテンツの作成が可能です。 Perl Ruby Python PHP CGIモード PHP モジュールモード) WordPressやEC-CUBE、concrete5などPHPを利用したCMSが従来のCGIモードと比較して高速化できます。 3です。 バージョンは4. 4、5. 2、5. 3、5. 4、5. 6、7. 2、7. 3をご利用いただけます。 SSI 高速化 サイトを高速・安定化し、Webページへの快適なアクセスを実現します。 大量アクセス時でも安定したサイト表示を実現できます。 1)に対して、通信の高速化がなされた新しいプロトコル 通信規約 です。 HTTPSのウェブページの場合、適用されます。 サイト制作 サイトのテスト環境・本番公開に便利な、スナップショット機能、テスト環境構築、リリース機能が使えます。 プランによって、月間PV数に上限があります。 最大50個。 サーバーにブログツールをインストールすることなく、すぐにブログが使用できます。 ウェブサイト検索機能 お客様のホームページにキーワード検索機能を設置できます。 - - -. htaccessの利用. htaccessを用いて、パスワードで保護されたページなどを作成できます。 セキュリティ Webサイトを毎日巡回し、Webサイトが改ざんされていないかをチェックするクラウドサービスです。 有料オプション サイトへの攻撃を検知し、ブロックするウェブアプリケーションファイアウォールを利用できます。 アクセス解析 Webalizerによる閲覧 日別、期間別のアクセス状況(全ドメイン合計)を閲覧できます。 アクセスログ ホスト名の記録 ログにホスト名を記録し、ドメイン毎のアクセス元の把握ができます。 アクセスログの保存 1~24ヶ月の間でログの保存期間を設定できます。 エラーログ サーバーから出力されるエラーログを表示・閲覧できます。 リソース使用状況 サーバーの稼働状況を確認することができます。 ロードアベレージやトラフィックの情報などサーバーの稼働状況を確認できます - - - - -• PHP7以上をご選択いただいた場合のみ、モジュールモードをご利用になれます。 ビジネスプロ以上は標準がモジュールモードです。 2018年4月18日以降にお申し込みのお客様はPHPモジュールモードが利用できます。 2018年4月17日以前にお申し込みのお客様で新構成をご利用希望の方は、をご確認ください。 お試し期間中は、バックアップ&ステージングをご利用いただけません。 規定値の月間7. 5万PVを超えますと、Webフォントの利用を解除させていただきます。 監視対象となるプロトコルは、HTTPとHTTPS(共有SSL、SNI SSLが対象。 ただしCookieの引き継ぎは不可)です。 なお、独自SSLを設定したドメインへのHTTPSリクエストについては対象外となります。 月間転送容量100GBまでの制限があります。 101GB以上は従量課金にてご利用できます。 メール送信 不正中継対策 SMTP認証が利用できます。 暗号化 STARTTLSが利用できます。 - - - メール振り分け転送 振り分け条件に合致したメールを自動的に転送できます。 サーバーの管理に支障をきたす事が確認された場合には、一時的に制限させていただくことがあります。 暗号化は初期ドメインで利用されているメールアドレスに限りご利用いただけます• OSがFreeBSD9以下の場合は利用できますが、順次アップデートによりご利用できなくなります。 同じメールアカウント名で異なるドメイン毎のメールアドレスの運用はビジネスプラン以上で可能です。 net」はユーザ2が受信と設定することで、同じメールアカウント名で異なるドメインのメールアドレスの運用が可能です。 SPFレコードの利用を有効にした場合、既存のゾーン情報は追加されたサーバで利用するゾーン情報に上書きされます。 ゾーン情報を編集されている場合はSPFレコードを有効後、改めてゾーン情報を編集する必要があります。

次の

さくらインターネット|サーバーホスティングサービス

さくら コンパネ

5年単位での調達 民間と大きく異なる点として、大学などの学術系組織では5年単位での調達がよく行われます。 このような調達方式では、期間内に利用する量が確定できない「従量制のクラウドサービス」は敬遠されがちです。 「さくらのクラウド」では、利用料金に月額利用料金が設定されているため、月々の支払べき料金を確定することができます。 そのため、5年単位の調達でも容易に見積もりをすることができるのです。 この点は多くの大学様から評価をいただいている点です。 また、2017年3月からはNIIの「学認クラウド 導入支援サービス」利用者向けに「さくらのクラウドの学術機関向け定額プログラム」を提供開始しました。 このプログラムは、毎月の利用金額の変動をある程度吸収できるようにできております。 サーバの月額料金は一定でも、サーバ数が増減すると利用料金が若干変動してしまいます。 その課題を解決し、利用期間中のサーバ増減にも対応できるプログラムとなっています。 SINET5の利用 学術情報ネットワーク 「SINET5 」 は、日本全国の大学、研究機関等の学術情報基盤として、国立情報学研究所 NII が構築し、2016年4月より運用している情報通信ネットワークです。 研究に関わるような重要なデータを学術機関同士でやりとりする場合は、SINET5を使うようにしている機関が多くあります。 当然、さくらのクラウドを初めとする、専用サーバ、VPS、コロケーションなどのサービスは、「ハイブリッド接続」を使いSINET5に簡単に接続することが可能となっています。 また、SINET5は、学内LANを延長しているという感覚で使うケースも多いため、サーバを構築してもインターネットへの接続性は無しにすることが多くあります。 インターネットへの接続性がないサーバのメンテンナンスは、物理環境であればデータセンター等へ行って作業をする必要がありましたが、さくらのクラウドはバーチャルデータセンターとも言われているとおり、「さくらのクラウドのコントロールパネル」からサーバのコンソールにアクセスすることが可能になっています。 そのため、インターネットへの接続性がサーバであってもメンテナンスに掛かるコストが低くすむという特徴があります。 また、せっかくインターネットへの接続性をなくし安全にしたサーバに、コンパネからアクセスできるようにすることで不安を感じる方もいるかも知れませんが、コントロールパネルの2段階認証で強固にアクセスを保護する方法を後述します。 VPNまたはSINET5の利用 一言にサーバのクラウド化と言っても、研究室のウェブサーバと、研究用サーバでは求められるセキュリティレベルも異なります。 通信経路の保護方法も、インターネットVPNを利用する場合と、学術系の閉域網サービス SINET5を利用する場合の、2つに分けられます。 これらを用途別に当てはめてみるとこのような形になることが多くあります。 この場合はグローバル側のネットワークにつなげないことが可能ですので閉域網として使う事が出来ます。 接続には「ハイブリッド接続」を利用します。 データセンターとクラウドのセキュリティ対策比較の一例 物理データセンターでいう入館者登録に相当するものがユーザ管理になります。 ユーザを分けていると、どのユーザが作業したかが作業履歴も残るので、監査などにも対応することが可能です。 複数のユーザがいると、全員が同じ権限を持っているとは限りません。 たとえば、監査担当者であれば、サーバの確認は必要かも知れませんが、サーバ自体にログインする必要はありません。 運用担当者であれば、当然サーバへのログインや再起動などの権限は必要ですが、作成や削除の権限は必要ないかも知れません。 適切なセキュリティを確保するためには、ユーザには最低限の権限を付与するべきです。 そのため、ユーザには下図のようなアクセスレベルを設定できるようになっています。 それには、2段階認証を利用します。 一般的なユーザ認証はIDとパスワードで行われますが、パスワードが推測または窃用されてしまうということが昨今では頻繁に発生しています。 そのような現状で安全性を高めるために2段階認証は機能します。 2段階認証は、ID・パスワードの他に、ワンタイムパスワードを使用し、「認証アプリ TOTP ・SMS テキストメッセージ ・音声電話」による3種類の認証方法を選択できます。 ワンタイムパスワードは数十秒間だけ利用可能なパスワードで仮に外部に漏れたとしても、すぐに使えなくなるため高い安全性を担保することが可能になります。 さくらインターネットでは、様々な操作が可能なコンパネにおいて、高い安全性を保つための取り組みを行っております。 サーバ単位での管理コンパネ ユーザはアカウント(プロジェクトや部署などの単位で作るクラウドリソースの集まり)単位でのアクセスを制御していましたが、学術機関では特定のサーバだけにアクセスが出来るコンパネが欲しいと言うリクエストが多くあります。 現在は特定の組織への提供のみを行っていますが、これは、ユーザをプロジェクトや研究室に割り当て、学生にサーバを提供するようなケースで活用されることが多いためです。 サーバ単位でのコンパネは非公開ながらすでに提供の実績があります。。 特性のサーバの再起動、コンソール操作などの操作を特定の人に権限を与えることが可能になります。 この機能に興味のある方はお問い合わせください。 一般公開される際は、機能等が変更される場合があります。 あらかじめご了承ください。 WAFやIPSを利用したい サーバ側のセキュリティ対策について目を向けてみると、前述のVPCルータを使ったVPNやファイアウォールといった機能でセキュリティ対策を行うことが可能です。 さらに踏み込んだ対策としては、サーバのウェブアプリケーションへの攻撃を検知・防御するWAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)、「SiteGuard Lite」を提供しております。 「SiteGuard Lite」は、通常は有償の製品となっていますが、さくらのクラウドで利用する場合、無料でご利用いただけます。 また、ネットワーク単位でファイアウォールよりも踏み込んだ対策として、IPS(侵入防御システム)を利用するケースもあります。 さくらのクラウドでは機能としてはまだ提供しておりませんが、利用者の方自身が構築している実績のあるソリューションとしては、「SophosUTM」が上げられます。 VPCルータの代わりに「SophosUTM」をルータとして利用することでサーバ等へのアクセスをIPSなどで保護することが可能です。 VPCルータをはじめとして、サーバ単位、ネットワークでのセキュリティ対策も充実した内容となっております。 まとめ ここまで見てきたように、学術系機関からよくリクエストされる機能については幅広く解決方法を持っております。 お気軽にご相談ください。

次の