犬 も 歩け ば 棒 に当たる ネプリーグ。 「犬も歩けば棒に当たる」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

欅坂46松田里奈がネプリーグでやらかした放送事故が笑えるッ!「犬も歩けば棒にあ〇る」とは…

犬 も 歩け ば 棒 に当たる ネプリーグ

スポンサーリンク 「犬も歩けば棒に当たる」ということわざがあります。 有名な、ことわざで、いろはカルタにもあるので、聞いたことがあると思います。 犬が歩いていたら、棒にあたっちゃた。 想像すれば、簡単にイメージできるこの風景。 たとえば、歩きスマホをしていて、目の前の電柱に気がつかずに、当たってしまった。 目から火がでちゃうくらい、痛いでしょうね。 犬だって棒に当たれば、痛いにきまってます。 想像すれば、なんか悪い意味でつかうことわざのような・・・。 ところが、驚きです! このことわざには、意味が2つあるんです。 ということで今回は、有名なことわざなのに、あんがい2つの意味があるのが知られていない、 「犬も歩けば棒に当たる」の意味についてみていきましょう。 さらに、このことわざの由来や例文、そして、類似語も紹介しています。 では、まいりましょう^^ 犬も歩けば棒に当たるの2津の意味• ひとつ目は、何か行動しようとすれば、考えもしなかった 災難にあうこともある、と言う意味。 2つ目は、外を出歩いていれば、思いがけずに 幸運に出会うことがある、という意味。 不幸にあうという意味と、幸運に出会えるという意味。 そんな、まったく正反対の意味があるなんて驚きです^^ ひとつ目の意味なら、犬は災難に会うので、きっと棒でたたかれたんでしょうね。 じつは、昔はこのひとつ目の意味で使われていたんです。 それが、近年になると、2つ目の意味である、幸運に出会えるという意味も加わってきたんです。 2つ目の意味なら、犬は幸運に出会えるので、棒は、骨型をしたペットフードの犬のおやつかもしれませんね^^ 私の営業マンとしてのモットーは「やってみなくちゃわからない。 」です。 なので、2つ目の、出歩いていたら幸運に出会える、という意味の方がウエルカムです^^ 自己啓発などで、ポジティブシンキングがはやってますよね。 それで、おなじ当たるんなら、幸運に当たるほうがいいよ!ってなったのかもしれません。 スポンサーリンク 犬も歩けば棒に当たるの由来 「犬も歩けば棒に当たる」のことわざができたのは、江戸時代だと言われています。 江戸時代には、今のように、犬をくさりで繋いでおくという習慣がありませんでした。 なので、野犬が普通にいた時代なんです。 今では野犬なんて、ほとんど見なくなりましたが、私が子供のころは、野犬なんて普通にいましたよ。 野犬に、かまれたこともありました。 え~っと。 話をもどしましょう^^ 江戸時代には野犬が普通にいまし、犬を食べる習慣もありましたから、犬も食料として棒でたたかれて、食べられちゃったんでしょうね。 それに、野犬ですから、子供にいたずらをしたり、人の食べ物を横取りしようとして、棒でたたかれることもあったでしょうね。 そんな犬にとって、災難続きの江戸時代だからこそ、誕生した言葉なんです。 今の愛犬家が聞いたら、怒り心頭ですね、きっと。 例文 それでは、「犬も歩けば棒に当たる」を使った例文をみてみましょう。 例文と言っても、このことわざには2つの意味がありますから、わけてみてみましょう。 まずは、何か行動しようとすれば、考えもしなかった災難にあうと言う意味の例文です。 久しぶりに、映画でもみようと出かけたら、1万人目の来館者ということで、 映画のチケットも無料になったし、記念品までもらっちゃった!まさに 犬も歩けば棒に当たるだね。 抽選で、プロ野球の観戦チケットが当たったので、喜んで観戦にいったら、 隣で観戦していた女性と仲良くなり、結婚してしまった!これぞ、 犬も歩けば棒に当たるだ。 ひさしぶりで休みが取れたので、親子で海水浴にいったら、親子でファンの芸能人に出会えたよ! まさに、 犬も歩けば棒に当たるだ。 どうですか。 災難と幸運に出会う「犬も歩けば棒に当たる」。 例文も、わざと場面を、同じ場面にしてみました。 あなたは、どちらの「犬も歩けば棒に当たる」がいいですか。 類似語 ここでは、「犬も歩けば棒に当たる」の類似語をみていきましょう。 ここでも、2つの意味の「犬も歩けば棒に当たる」について、類似語をみていきましょう。 まずは、何か行動しようとすれば、考えもしなかった災難にあうと言う意味の類似語です。 けがの功名• 流れに掉さす• 思い立ったが吉日 どのことわざも、行動したことで、、幸運にあってしまうことわざです。 日本にはことわざは、たくさんありますから、災難に会いたいあなたも(武将の山中鹿介のように、「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」なんて人は、めったにいないと思いますが)、幸運に会いたいあなたも、 ことわざを、さがしてみませんか。 まとめ 「犬も歩けば棒に当たる」。 このことわざは、本当に有名なことわざです。 でも、このことわざの意味に、アンラッキーな意味とラッキーな意味の2つの意味があったなんて、驚きです。 災難と幸運は紙一重、なんて言いますが、まさにこの2つの意味は、考え方しだいで、 アンラッキーとラッキーがひっくり返る良いお手本となる、ことわざですね。 よく、考えるだけで行動しないのは、何もしないのと同じと言います。 幸運か災難かは、考え方で、どうにでもなることもあります。 災難があっても、その棒をくぐりぬければ、その後には、明るい未来があると信じていきましょう。 犬もいまや日本では、お父さんより、いい食事をしている犬もたくさんいますから^^.

次の

「犬も歩けば棒に当たる」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

犬 も 歩け ば 棒 に当たる ネプリーグ

その名称はポルトガル語で「手紙」(葡: Carta)、あるいは紙板状のもの、トランプなどを意味するcartaに由来する。 元々はトランプなどのカードゲーム一般を指した。 現代日本では、花札か、後述する読み札にあわせた絵札をとってその枚数を競う競技を意味するようになった。 また、小倉百人一首の場合は読み札には短歌が書かれ、取り札には下の句が書かれている。 >ことわざを使っているが、内容は江戸、京都、大坂、上方、尾張などで各々異なっており、地方の特色が表れて、「郷土かるた」も各地に存在する。 「犬も歩けば棒に当たる」で始まるものは、江戸かるた(犬棒かるた)である。 引用元:. 「カルタ」という形式が成立する以前に、青木鷺水「和漢故事要言」(宝永2年・1705)から選んだ「いろはたとえことば」が世間に流布し、小山駿亭「心学いろはいましめ」(文政8年・1825)のような「いろはたとえ」の通釈書が著された。 「いろはガルタ」は初め京都を中心とする地域で編まれ、大阪、尾張地方を経て江戸に到った。 選ばれた四十八項目の諺は通用した地域によって異同が見られ、変化の跡が辿れる。 「い」の項は「一寸先は闇」(京都)が「一を聞いて十を知る」(尾張)となり、江戸では「犬も歩けば棒に当たる」が採択され、「犬棒カルタ」という別称を生む。 引用元:.

次の

「犬も歩けば棒に当たる」には災難と幸運の意味がある!その由来は?

犬 も 歩け ば 棒 に当たる ネプリーグ

「犬も歩けば棒に当たる」意味と由来 早速ですが、「犬も歩けば棒に当たる」の正しい意味と言葉の由来について解説します。 「犬も歩けば棒に当たる」2つの意味 「犬も歩けば棒に当たる」には2つの意味があります。 一つ目は「あまり出しゃばった行動をすると、思わぬ災難に会う」、二つ目は「何か行動を起こせば、思ってもいないような幸運に巡り合える」です。 もともとは一つ目の意味で「でしゃばることへの戒め」として使われていましたが、現在は「行動を起こすことのメリット」として使われています。 「当たる」とは幸運のこと? 「犬も歩けば棒に当たる」の「棒に当たる」は棒で殴られるという意味があり、ことわざ全体で捉えると「犬も歩いていれば、人に棒で殴られることがある」となります。 犬が歩いている時に、どれだけのチャンスで人に殴られことがあるのでしょうか?これこそ「思ってもみない災難」です。 また、「当たる=幸運」という捉え方をして意味を変化させたのが「何かをしていれば、幸運に巡り合える」という2つ目の解釈です。 つまり「幸運に巡り合うためにも、行動を起こそう」というプラスの意味に転換しているのです。 由来は「江戸いろはかるた」 「犬も歩けば棒に当たる」の由来は「江戸いろはかるた」です。 もちろん、「いろはにほへと…」となるため、江戸いろはかるたの第一句となります。 ちなみに、第二句は「論より証拠」、第三句は「花より団子」、第四句は「憎まれっ子世にはばかる」、第五句は「骨折り損のくたびれ儲け」と続きます。 小学生の時に間違って解釈? 「犬も歩けば棒に当たる」は小学生に入ってから初めに習うことわざの一つです。 しかし、小学校で習った時に、このことわざの意味を「反射神経の良い犬でも、歩いていれば棒にぶつかってしまう」というように間違えて理解してしまっていることがあるようなのです。 「猿も木から落ちる」とは違う意味 前述した意味で解釈すると「犬も歩けば棒に当たる」は「河童の川流れ」や「猿も木から落ちる」などと同義語となってしまい、間違いとなります。 正しい意味は「何かをしていれば、思いがけない幸運が起こる」です。 しっかり正しい意味を理解しておきましょう。 「犬も歩けば棒に当たる」使い方例文 続いて「犬も歩けば棒に当たる」の正しい使い方とわかりやすい例文を挙げてみましょう。 「積極的に」プラスの意味で使う 一般的に「犬も歩けば棒に当たる」を使う時は、「でしゃばり過ぎると、思わぬ災難が降り注ぐ」という意味で使うことは少ないです。 どちらかといえば「行動を起こせば、思ってもみないような良いことが起こる」というプラスの意味で使われることがほとんどとなります。 「犬も歩けば棒に当たる」は相手に行動を起こすことを促す意図で使うと良いでしょう。 「犬も歩けば棒に当たる」3つの例文• 「犬も歩けば棒に当たる」を信じて、婚活パーティに参加してみない?• 無理だと思い過ごす前に「犬も歩けば棒に当たる」で飛び込み営業してみるよ。 「犬も歩けば棒に当たる」というように、やっと就職先が見つかった。 「犬も歩けば棒に当たる」の類義語は? それでは「犬も歩けば棒に当たる」の類義語を挙げてみましょう。 類義語「歩く足には泥がつく」 「犬も歩けば棒に当たる」の類義語は「歩く足には泥がつく」「歩く足には棒あたる」「犬も歩けば棒に合う」などがあります。 どれも「行動を起こせば、思いも寄らない幸運がある」という意味で使われる言葉です。 類語を使った例文• 積極的に行動していこう。 「歩く足には泥がつく」というでしょう。 「歩く足には棒あたる」というが、休みに外に出るのも案外気持ちがいいものだ。 とにかく名刺をできるだけ多く配ることだ。 「犬も歩けば棒に合う」の精神で頑張ろう。 「犬も歩けば棒に当たる」の外国語 最後に「犬も歩けば棒に当たる」の英語と中国語でのフレーズについて紹介します。 英語では少しニュアンスを変えて 「犬も歩けば棒に当たる」には2つの意味がありますが、「何かをしている時に、思わぬ幸運が起きること」の意味で英語表現するなら「Nothing ventured, nothing gained=冒険しなければ、何も起こらない」が適語になります。 また、「Nothing will ever change if you do nothing=何もしなければ、何も変わらない」でも良いでしょう。 好みのフレーズを使いこなして、国際的なシーンで上手に使ってみて下さい。 まとめ 「犬も歩けば棒に当たる」は「出しゃばり過ぎると、思わぬ災難が降りかかる」という戒めの意味で使われていたことわざですが、現在は「何かをしていれば、思わぬ幸運が訪れる」という反対の意味で使われるのがほとんどです。 また、「犬も歩けば棒に当たる」は職場なら積極的な行動が必須である「営業」や、時として奇抜なアイデアを必要とする「販売促進」などで意味を成す言葉として使えるかもしれません。 何事も「行動あるのみ」です。

次の