ブロンプトン 電動。 ブロンプトンのコピーか?!ブロンプトン風折りたたみ自転車 ハリークインについて

電動アシスト式BROMPTON (ブロンプトン)が発表されました!日本対応が待ち遠しい

ブロンプトン 電動

Amazonの情報を掲載しています PORTABLE E-BIKEもブロンプトンの設計をオマージュしているが、一番の特徴は電動アシスト自転車だということ。 海外ではブロンプトンの電動アシスト自転車版が存在するが、ハリークインのPORTABLE E-BIKEは、電動アシストブロンプトンの設計をオマージュしているわけではないようだ。 電動アシストブロンプトンではバッテリーは、前方に装着されたバッグに搭載されていた。 しかし、ハリークイン・PORTABLE E-BIKEはフレームに綺麗に収まるようデザインされている。 駆動方式は前輪インホイールモーターだ。 航続距離も最大80kmほどと長く走れるようだ。 公称重量は約12. 9kgだが、本体重量はバッテリー、ペダルを除いているため注意が必要。 価格は税抜き135,000円。 ハリークイン PORTABLE E-BIKEのインプレッション サイクルモード2018で、ハリークイン PORTABLE E-BIKEに試乗することができた。 この電動アシスト折りたたみ自転車は、ブロンプトンに似たスタイリングを採用しているため、ブロンプトンに似た乗車姿勢だ。 ハンドルとサドルの距離が長いため、一般的な16インチ折りたたみ自転車と比べて、大柄な人でも楽な乗車姿勢で運転できる。 ハンドルにはアシストスイッチが装備。 電池消費は数字ではないシンプルな方式だ。 ドライブユニットは前輪インホイールモーターを採用。 アシストはタイムラグがあり、アシストを常に維持しながら走行するのが向いている。 アシストのセッティングは同じ前輪インホイールモーター方式を採用した「Benelli MiniFold16」や「Qi Cycle EF-1 Pro」のほうが、タイムラグが少なく、こちらのほうがアシストの爽快感があるだろう。 Qi Cycle EF-1 Pro Benelli MiniFold 16 一方、ハリークイン Portable E-bikeにも利点がある。 それは重量。 本体重量はバッテリー、ペダルを除いて12. 9kg。 バッテリーの重量を除いているため正確な重量がわからなかったため、バッテリー込の重量を聞いてみた所14kgを切るとのこと。 軽量なバッテリーを装備しているため、転がし移動や持ち運びは電動アシスト折りたたみ自転車の中では楽だろう。 メーカーはバッテリー込みの重量を書くべきだろう。 最長航続距離80kmを実現しつつバッテリー込みの車体重量が14kgを切るのはアピールポイントになるのだ。 2018年12月6日追記 メーカー公式Webサイトによると重量は14. 6kg。 本家ブロンプトンの電動アシスト自転車版が16. 6kg、Qi Cycle EF-1 Proが15. 8kgと考えると、電動アシスト折りたたみ自転車で15kgを切るのはアピールポイントになるだろう。

次の

【試乗レポ】Harry Quinnの電動アシスト式折りたたみ自転車、ブロンプトン?いいえ違います!

ブロンプトン 電動

ブロンプトンの利点と欠点 ブロンプトンの利点といえば、折り畳み性能と走行性能を両立した所だろう。 そのため、大サイズのコインロッカーなら余裕で入れることが可能だ。 ブロンプトンよりも小さく折り畳むことができる折り畳み自転車はあるが、このような折りたたみ自転車は、車輪の大きさを極端に小さくしている物が多い。 そのため歩道の段差程度でも躊躇してしまう物がある。 一方、ブロンプトンは16インチの車輪径を採用したため、歩道の段差程度なら気を使わずに通過できる。 また、ハンドルからサドルまでの距離が長くとっているため、身長が高い人でも窮屈せず運転が可能だ。 フレームやフロントフォーク、シートポストまで様々な所にスチール素材を採用しつつも、重さは12kgクラスと比較的軽量なのも大きい利点だ。 欠点は、折り畳み性能と街乗り性能を追求したため改造は非常に難しい事。 たとえばブロンプトンのブレーキレバーは極端に下を向いているが、これは折り畳み時の奥行きを短くするためだ。 またブロンプトンは特殊な変速機を採用しており、後輪がパンクした場合修理に時間がかかる。 ブロンプトン 後輪の外し方(グリーンサイクルステーション): ブロンプトンは完成度が非常に高い一方で伸びしろが殆ど無い折り畳み自転車だ。 購入する時はそれを理解して試乗して買おう。 BD-1・BirdyとBromptonは何が違うか? ブロンプトンとよく比較された折り畳み自転車と言えばBD-1だろう。 かつて、BD-1はブロンプトンと同じ輸入代理店で売られていた。 価格帯も近く、自転車本やネットでも比較される事がある。 かつて筆者はBD-1・スタンダートフレーム(セーフティーサスペンション装着)を所有していた事がある。 ハンドリングは、ブロンプトンのほうがBD-1よりも安定している。 かつてBD-1は、落ち着きがないハンドリングで知られていた。 これは、特徴的な前サスペンションが原因と言われており、一部ユーザーはBD-1に通常のリジッドフォークを装着すると、ハンドリングが安定したという話もあるほどだ。 因みに現行モデルのBirdyに関しては不安定なハンドリングは解消されている。 乗り心地については、BD-1は前後にサスペンションがあるので、社外品等の部品を使えば乗り心地を変えられる利点がある。 ギア比はBD-1が有利だ。 BD-1は一般的な外装変速を採用しているため、ギア比のセッティングは比較的自由だ。 外装2段は汎用性が低く平地重視のマニアックな仕様。 脚を速く回すスポーティーな走りよりも、ゆったり走るのが向いている。 乗車姿勢は、両車とも体が大きい外国人用に考えたのか、非常に大柄な自転車だと感じる。 身長180cmの筆者が乗っても普通に乗れる。 個人的にはブロンプトンのほうが、乗車姿勢はアップライトでコンパクトに感じた。 車体デザインの割には、走り系では無いがギア比が豊富なBD-1と、車体デザインの割にはよく走るがギア比が少ないブロンプトン。 価格に関してはBD-1のほうがラインナップが豊富で安いが、それでも15万円近くする。 BD-1とブロンプトンは、折りたたみ自転車というジャンルの自転車ではなく、「BD-1」と「ブロンプトン」という1つのジャンルのような自転車だろう。 BD-1とブロンプトンは両車とも高価で簡単に買う自転車ではない。 自分には何が欲しいのか、何を捨てるかを考え、試乗をして選ぶのを薦める。 社外品ヒンジクランプは要注意 ブロンプトンは細かい部品を交換可能にすることで、長く使うことが可能だ。 例えばシートスリーブは交換可能になっている。 このヒンジは交換可能なため、劣化しても交換すれば長く使えることだろう。 ヒンジクランプに関しては純正品だけでなく社外品が売られているが、社外品の購入はやめたほうがいい。 ブロンプトンの折りたたみヒンジクランプはコの字形状となっており、底部分との隙間が少なくなると交換と言われている。 しかし、一部の社外クランプは新品時ですら要交換状態の隙間が少ない物も存在する。 また、社外ヒンジクランプを使用することによりフレームが破損する事例がある。 また、輸入代理店はサードパーティ製品を使用したフレームの不具合につきましては保証対象外となる。 Brompton ヒンジクランプ交換です。 (bici termini):• Brompton ヒンジ 破損事例です。 (bici termini):• Bropmton ヒンジクランプについて。 (bici termini):• ブロンプトンのヒンジクランプ ご確認ください!(SS-SITE店長日記): 製造物責任法等の問題があるため、想定外の使用にかんしてはやらないほうがいい。 カーボンフレームロードバイクは荷台の装着やオフロード走行はできず、某折りたたみ自転車ブランドに関しては「非純正品のロングタイプのシートポストに交換したら保証できないのでやらないでほしい。 」「バイクパッキングタイプのシートバッグを装着するとシートポストに過剰な負荷がかかるからやめてほしい。 」と言う所もある。 ブロンプトンのライバル Harry Quinn Roller 折り畳み自転車界の名車の地位にあるブロンプトン 折り畳みサイズと走行性能を両立したブロンプトンは、少なくない会社からライバルが登場している。 街乗りを追求した折り畳み自転車なので、スポーツ性を求める人には向いていないが、多くの人が愛用している。 折り畳み自転車界の中でも名車の1つと言えるだろう。 ブロンプトンを借りることが出来るレンタサイクル一覧 ブロンプトンを買う時、一般的には試乗を行うだろう。 しかし、短時間での試乗では、その自転車を理解するのが難しい場合がある。 そこでお薦めしたいのがレンタサイクル。 ブロンプトンをレンタルできるレンタサイクルは何件か存在するので、レンタルしてじっくり乗るのも1つだろう。 ル・サイク土浦店:茨城県 土浦駅に併設されている自転車店「ル・サイク土浦店」。 様々な自転車がレンタルできるがブロンプトンも借りることができる。 2018年10月現在、日付を跨いでのお貸し出しはお断りしている。 場所:茨城県土浦市有明町1-30PLAYatre1階• 料金:1日¥2,500 スマートクルーズ:新潟県 1日¥1,000でレンタル可能。 折りたたみ自転車だが、折りたたみはできないようになっている。

次の

ブロンプトンの電動アシスト自転車にウィリアムズの技術が採用|MotorFanTECH[モーターファンテック]

ブロンプトン 電動

Brompton ブロンプトン)の間違いない機能性・デザイン性の高さ わたしは現在12台の自転車を持っている自転車所有マニアだが、もし残りの人生、1台に絞って生きていかなければいけないとしたら、ブロンプトンにしようと思っている(もっともブロンプトンもロンドン用と東京用と2台持っているのだが)。 その理由は、機動力の高さと完成度の高さにある。 自転車王国には自転車で!とブロンプトンを列車に載せて行った。 しばらく乗らない時は畳んで袋に入れ、物置などに入れておけばスペースを取らないのも強み。 都市生活者なら全員1台ずつ持っていてもいいのではないかとさえ思うほど便利だ。 まず折りたたみ性能がすごい。 組み立て・折りたたみはツール不要で10秒ほどで完了。 畳んだときの大きさは機内持ち込み荷物よりちょっと大きい程度。 しかも、チェーンなど触れたくないパーツが露出しない構造なので、服を汚してしまうようなことがほとんどない。 さらに折りたたんだままコロコロと転がして押して歩くこともできる。 そして走りやすさもすごい。 16インチと小径車の中でも小さめのホイールだが、ホイールベースが長く直進安定性の高いジオメトリーで、いわゆるクロスバイクに遜色ない走行感だ。 ブロンプトン純正の専用バッグを前後につけ、小旅行ならこれで十分だという。 右の青いブロンプトンは筆者のもの。 荷物をたっぷり載せられるのもすごい。 とくにメインフレーム(ヘッドチューブ)に直接荷物を固定するフロントのラゲッジシステムが優秀で、スーパー帰りの大量の買い物も、数日間の出張荷物もふらつくことなく運べるのだ。 フレームカラーはいろいろな組み合わせができ、毎年新しい色が登場するのも楽しい。 やはり英国生まれで長く愛された小型自動車のミニ(現行のBMW製になる前のクラシック・ミニ)を彷彿させると言う人も多い、ぬくもりのあるデザイン。 そして、ブロンプトンはほぼ一生モノなのがすごい。 1980年代の初期型以来多くのパーツ仕様が変わっておらず、ブロンプトン独自のスモールパーツもすぐに注文できる。 すでに累計の生産台数も数十万台に達しているので、たとえ本家ブロンプトン社に何かあっても(順風満帆で当分は何もなさそうだが)、パーツを作って販売するところが出てくるのは確実。 右奥にもブロンプトンの男性がふたり。 ロンドンの通勤時間はブロンプトンだらけだ。 ブロンプトンの本国での人気は相当なもので、単一車種としてはイギリスでいちばん多いのではないだろうか。 ロンドンの場合、普通の自転車を載せられない通勤電車や地下鉄・バスなどにも、折りたためるブロンプトンは持ち込めるので、とくに朝晩の通勤時間帯のロンドンの路上は、通る自転車の10〜20台に1台はブロンプトンというまでの状態になっている。 自転車通勤で駐輪スペースがなくて苦労するのはロンドンも日本の都市と同じだが、ブロンプトンなら畳んでオフィスに持ち込み、デスクの下に置いておけるのもポイント。 アフター5に立ち寄るレストランやバーでもブロンプトンなら店内に持ち込める。 飛行機やユーロスターなどで旅行をする際にもサイズや追加料金を気にせず預けられるので、ロンドンの駅まで自走し、パリでさっと走り出すということができる。 以前はイギリス以外では「わー何これ自転車?」と感心されることが多かったが、最近はヨーロッパ各国でもブロンプトンは人気であまり聞かれなくなった。 ここですべてのブロンプトンは組み立てられている。 社長のアダムス氏曰く、誘致金が出る田舎の工業団地に移転することも検討したが、都市生活者のための自転車は都市で設計され製造されるべきだというポリシーでロンドンにこだわったのだそうだ。 ……と、ブロンプトンのすごい機能を駆け足で述べてきました。 現行モデルでありながらすでに歴史的名車と言ってもまったく過言ではないイギリスの折りたたみ自転車、ブロンプトン。 ここから、さまざまなバリエーションのあるブロンプトンの魅力と選び方をご紹介しよう。 ブルックスサドルがよく似合う。 ブロンプトンは基本的には1車種のみだが、ハンドル形状、フレーム素材、ギア数、リアキャリアや泥除けの有無などなど、多数のオプションが用意されている。 日本のショップには人気のある組み合わせの完成車が在庫されているが、時間がかかってもよければ、細かく指定をして本国に注文、自分仕様のブロンプトンを作ってもらうことも可能だ。 ローカラーのPタイプハンドル、ハブダイナモライト付き。 新オーナーは、ツーリング旅行を計画しているのではないか。 細かなオプションまではとてもここでは説明しきれないが、のちのち変更しにくい大きな決断ポイントは以下のようなものだろう。 (1)ハンドル形状 現在のブロンプトンには4種類のハンドルがある。 フラットハンドルバーのSタイプは、乗車姿勢の前傾が深めのスポーティなタイプ。 オリジナルのMタイプはバー中央が下がっていて、サドルからグリップの遠さをある程度調整できる。 独特な形のPタイプはさまざまな乗車姿勢がとれるのでツーリング向き。 世界一周をしたりする人は大抵このハンドルを選んでいる。 比較的最近登場したHタイプは、前傾姿勢が苦手な人のために、ハンドル位置を高くしたタイプだ。 (2)フレーム素材 メインフレームはスチールのみだが、フロントフォークとリア三角形には軽量なチタンも選べる。 チタンはお値段がちょっと高い。 (3)フレーム色 メインフレームと、フロントフォークとリア三角2色を組み合わせて選べる。 ブリティッシュレーシンググリーンなど英国らしい色もポップな色も魅力的だが、溶接箇所がそのまま見られるクリアラッカー仕上げの「ロー(raw)」という色も渋くてカッコいい。 (4)ギア数 シングルスピードから2速、3速、6速までがあり、さらにチェーンリングの歯数違いでギア比も数種類ずつ用意されている。 これらのチョイスはブロンプトンの公式サイトにある「バイクビルダー」という、バーチャルに好みのバイクを作り、それをそのまま注文書のように使えるコーナーを使ってみるとよくわかる。 重量やお値段(ただし英ポンド)も見られるので、興味のある人はいじってみて。 ペパーミントグリーンのMタイプで3速。 泥除け、リアキャリアでちょっと重たい(12. 6kg)が実用性が高くてとても気に入っている。 間近に見ると、その銀ピカ具合は相当なもの。 耐久性も高まっているという。 以上はブロンプトンの定番モデルで、この他に生産台数の少ないスペシャルエディションとしては現在は「ブラックエディション」、総ニッケルメッキの銀ピカ「ニッケルエディション」が発売されている。 ファイヤーレッドとグレーのカラリング、2速、Sタイプハンドル、特別限定生産の赤いカンビウムC17サドル、タン色のサイドウォールのシュワルベ・コジャック。 日本にも少数入荷しているとか。 また限定台数のモデルもその時々に短期間登場している。 ごく最近発表になったのは、英国人元プロロード選手デイビッド・ミラー氏が立ち上げたオリジナルブランドCHPT3(チャプター・スリー)仕様の軽量・高速仕様のブロンプトンだ。 ミラー氏が速いストリートバイクをイメージしてディレクションしたもので、軽量化と特製カラーのブルックスカンビウムC17サドルやシュワルベ・コジャックを奢られている。 初回ロットの700台が速攻で完売、今回の生産が最後になるとか。 写真のように、たたむ性能は変わらず、バッテリーパックはショルダーバッグのように外してオフィスや家の中に持ち込む設計。 ショルダーバッグと一体型になっているバッテリーもある。 (2018年3月現在は英国内のみで予約受け付け中) そして長らく噂になっていた電動アシストのブロンプトン・エレクトリック。 今年2018年にまずは英国内に絞っての販売からスタート、現在予約が始まっている(日本を含むその他の国や地域での販売はまだ未定)。 250Wのモーターをフロントハブに配し、航続距離は40〜80kmとのこと。 重量のあるバッテリーパックは従来のフロントバッグ用のマウントにとりつける設計で、折りたたんで持ち歩く時にはバッテリーは外してショルダーバッグのように肩にかけられるデザイン。 英国での価格は38〜40万円ほど。 トートバッグタイプから旅行に便利な大容量のもの、イギリスらしいガンバッグなどだいぶ種類が増えてきている。 ブロンプトンユーザーが増えるほどに、アクセサリーも充実してきている。 とくにフロントのラゲッジマウントに固定できるショルダーバッグやトートバッグはブロンプトンではないサードパーティからも続々登場中で、アウトドアっぽくない、通勤着に合わせやすいものも増えてきた。 この裏側に、自転車側のマウントに固定するためのキャッチが仕込まれている。 ヒルス&エリスの革の学生鞄風ショルダー「パーシー」も端正なルックスだし、トラックの幌リユースのUPSO「フェリーブリッジ・フォールダー」、本家ブロンプトンのトートバッグやゲームバッグも使いやすいスタイル。 さらにはバブアーとブロンプトンのコラボバッグも出ている。 けれどもポップな色合いやスポーティなSタイプの登場などで近年みるみる若者ファンを増やし、女性ユーザーも激増している。 とくに日本からすると値段の高さが印象的になってしまうが、ほぼ一生そばに置いて使っていけると思えば、決して高い買い物ではないと思う。 試乗のできる取扱店もあるので、興味のある人にはぜひ試してみていただきたい。 Photos by Yoko Aoki and Brompton Brompton輸入販売元:.

次の