妊娠初期 うつぶせ寝。 妊娠初期にうつぶせ寝はいつまで?苦しいと感じたらどうする?

妊娠初期にうつぶせ寝はいつまで?苦しいと感じたらどうする?

妊娠初期 うつぶせ寝

Sponsored Link 妊娠中はどんな体勢で寝ますか? お腹の赤ちゃんのことを気にして寝ていますか? 初期の頃はお腹も小さいのであまり気にならないかもしれませんね。 でも、お腹が大きくなってくると、お腹を下にして寝るのは無意識のうちに避けてしまうはずです。 なんとなくお腹に体重をかけるのはよくないと思いますよね。 私は、お腹が目立つようになってからは、横か上を向いて寝るようにしていました。 もともとうつ伏せでは寝れないタイプの人だったので、ちょうどよかったです。 でも妊娠後期になると、上を向いて寝ているとお腹が重くて腰の部分が圧迫され、横ばかり向いて寝るようになっていました。 同じ時期に出産をした友人も、うつ伏せ寝は避けて横を向いて寝ていると言っていました。 実際のところ、妊娠中にうつぶせ寝ってどうなのでしょうか? 何か悪い影響はあるのでしょうか? 気になったので調べてみました。 妊娠中にうつ伏せで寝ても大丈夫? 妊娠初期の場合は、 むしろうつ伏せ寝がいいとされているようです。 仰向けで寝ていると、子宮が重力の影響でだんだんと下へ下がっていきます。 その結果、血流が悪くなったりしていいことはないようです。 だからといって、絶対うつ伏せ寝がおすすめというわけではありませんが、妊娠初期は、自分が寝やすい体勢でしっかりと睡眠をとることが大事です。 基本的に自分が楽な体勢であればどんな体勢で寝ても、影響はほとんどないようです。 妊娠20週くらいになると、だんだんとうつ伏せや仰向けで寝るのが辛くなってきます。 お腹が大きくなって圧迫されて苦しく感じるようになります。 これは私も経験しました。 でも お腹の赤ちゃん自身は、羊水で守られているので大丈夫です。 Sponsored Link そのため 妊娠初期であっても後期であっても、特にうつ伏せ寝が悪いということはないようです。 でも自然に、横に向いて寝るのが楽に感じるようになると思います。 ただ妊娠後期になると赤ちゃんも大きくなるため、お腹の中でも楽な体勢と楽でない体勢があります。 仮に妊娠後期になって、うつ伏せ寝をして、 赤ちゃんがお腹を蹴ってくる等の胎動を多く感じた場合はなるべくうつ伏せ寝は止めた方がいいでしょう。 赤ちゃんの体勢が苦しくなっているサインかもしれないので。 うつ伏せ寝よりリスクのある危険な寝方とは 妊娠初期であっても後期であっても 背中を丸めてお腹を圧迫するような寝方はうつ伏せ寝よりもよっぽど危険と言われています。 例えば机で突っ伏して寝たり、お腹の中の赤ちゃんのように、背中を丸めて寝たりするのは避けた方がいいそうです。 体の中の血の流れが悪くなり、胎児に血液が届きにくくなってしまいます。 長時間に渡り同じ姿勢で机に突っ伏して寝るなんて言うのは赤ちゃんに血液がいかないだけでなく、ただでさえ長時間同じ体勢なので母体自身の血液の流れも悪くなり良いことは何一つありません。 また、妊娠後期の妊婦さんは実はうつ伏せ寝よりも仰向けに寝る方が危険な場合があるそうです。 仰向けに寝ることで、子宮が血液などを圧迫し酸素濃度が低い血を赤ちゃんに送ってしまうことになるからです。 アメリカの大学の研究では仰向けで寝ることで死産の危険性が高まると発表されているようです。 赤ちゃんにとって良い寝方とは 赤ちゃんにとっても母体のとってもいい寝方は横向きに寝ることです。 横向きになることによって、赤ちゃんにはきちんと栄養が運ばれ、母体は腰痛の予防やむくみの解消に繋がります。 横向きになる寝方のポイントとして左のお腹が下になるように寝てください。 右のお腹を下にして寝ると人間の体の仕組み上、胃にも負荷がかかり、血流も悪くなります。 右を下にして寝ると左を下にして寝るよりも死産の危険性が高くなるという研究結果がこれまたあるそうです。 うつ伏せ寝をするためのクッションがある? もともとうつ伏せ寝が好きだった人は、お腹が圧迫されることでうつ伏せ寝で寝ができなくなると、辛いですよね。 でも、うつ伏せ寝をするためのクッションがあることをご存知ですか? 8の字のような形のクッションで、お腹の部分と胸の部分が丸く空いています。 クッションの上に、うつ伏せ寝で寝ます。 すると、大きくなった胸とお腹の部分が空いているので胸とお腹がクッションにつくことはありません。 クッションに厚みがあるので、お腹は布団に圧迫されることもなく寝ることができます。 また、うつ伏せ寝だけではなく、上述したように赤ちゃんにも母体にもいい寝方である横を向いて寝るときにも使えます。

次の

妊娠初期ならうつぶせで寝ても大丈夫?赤ちゃんへの影響は?|NEWSポストセブン

妊娠初期 うつぶせ寝

このページの目次• 妊娠初期に発熱、だるくなる6つの原因 妊娠が判明した時、何かしら身体の異変に気付いたママも多いと思います。 そろそろくるはずの生理が来ないことに加え、基礎体温を測っていて高温期が継続したためピンときた!という方もいるかもしれません。 個人差はありますが、妊娠初期の基礎体温は37度前後の微熱がでることが多く、これにより身体が熱っぽくなり、寒気や、だるさを感じてしまうのです。 では、以下でなぜそういった症状が出るのかみていきましょう。 ホルモンバランスの変化 排卵後は受精の有無にかかわらず、プロゲステロンという黄体ホルモンが分泌されます。 この黄体ホルモンは着床を助けるために、子宮内膜を厚く柔らかくし、さらに体温を上げて身体を温めます。 通常は、2週間後に分泌量が減少し生理が開始されますが、着床が成功し妊娠すると、さらにこの黄体ホルモンが分泌し続けるのです。 よって、さらなる体温上昇の原因となるのです。 血液量の増加 妊娠が成立するとママの身体の血液量は増加していきます。 体内を巡る血液量が増えたことにより、身体が熱っぽさを感じるのです。 また、増加した血液は胎盤を作るために子宮に集中しがちで血圧も大きく変化します。 これにより 脳が酸素不足に陥り、より眠気やだるさをも引き起こします。 こんな症状なら要注意!危険な発熱の見分け方 妊娠初期の発熱はよくあること、というのはわかりました。 でも、寒気や身体のだるさを放っておいたら、実は赤ちゃんに影響のある症状だった!なんてことになったら大変です。 発熱している状況の時、 他にどんな症状があれば 異常事態なのでしょうか? 以下で、要注意な症状をご紹介していきます。 38度以上の高熱 38度以上の高熱となると、黄体ホルモンの作用だけではない可能性が高いです。 また、高熱が出ると寒気やだるさに加え、食欲も低下していきます。 妊娠中はいつもよりママの免疫力が低下しているので、自力での回復が難しく悪化してしまう可能性もあります。 高熱が出た場合は、我慢せずにすぐ受診しましょう。 発熱と共に咳や鼻水、くしゃみが出る 菌やウィルスが体内に侵入すると、それらを追い出そうと 咳や鼻水、くしゃみ、リンパ節の腫れといった症状が出てきます。 もし激しい咳が長期間続くと、腹圧がかかりお腹に負担がいきます。 市販の風邪薬や咳止めはもちろんNGなので、妊娠していることを伝えた上で病院を受診し、お薬を処方してもらいましょう。 寒気と共に貧血症状がある 主な貧血の症状に、次のものがあげられます。 貧血の症状• めまい• 吐き気• 息切れ• 頭痛 などです。 中には妊娠初期症状と似ているものもあるので、分かりにくいですよね。 実は、寒気が起こる原因に貧血が関係している場合があるのです。 身体の温かさは酸素を使って体内物質を燃焼し維持しているのですが、その 酸素を運ぶ血液が不足していると寒気を引き起こしてしまいます。 食生活にいつもよりも鉄分を取り入れるように意識してみるといいかもしれません。 妊娠初期のだるさを緩和する方法3つ 赤ちゃんへの影響がない発熱だとわかったところで、やっぱり身体のだるさや熱っぽさは少しでも和らげたいですよね。 でも注意してほしいのは、 その症状は赤ちゃんからの 「ママお休みして!」のサインだということ。 無理をせず辛い時はきちんとお休みしましょう。 では、それを踏まえた上でだるさを緩和する方法をみていきましょう。 温かいルイボスティーなどノンカフェインのホットドリンクを飲むと、内側から身体が温められます。 また、いつもよりも一枚多く着込んで外出するように心がけると、寒気が和らぎます。 でも、日中眠り過ぎてしまうと 本来睡眠をとる時間帯である夜にあまり眠れないなんてことも。 お昼寝を少し我慢した分、夜しっかり睡眠をとって、朝スッキリと目覚めると身体のだるさも緩和されるかもしれません。 でも、いつもより身体を動かさないあまり、だるさを助長させているかもしれません。 そんな時は、 お家で出来る簡単なストレッチをしてみましょう。 首や腕をまわしたり、ふくらはぎや足裏を優しく揉みほぐすだけでも血流が改善してスッキリします。

次の

妊娠中もお寿司が食べたい!食べていいネタと注意したいネタ一覧

妊娠初期 うつぶせ寝

妊娠初期の身体の変化 妊娠初期というのは、妊娠0週から妊娠15週までの時期のことです。 その時期はつわりといった体調不良とか精神が安定しない状態が持続する時期だったりします。 妊娠初期はまだまだお腹に変化は感じられないけど寝る時にうつぶせで寝転がって大丈夫かな?と心配している妊婦さんもいることでしょう。 ここでは妊娠初期の寝方に関してご紹介していきます。 妊娠初期の赤ちゃんの状態 妊娠初期の赤ちゃんについては身体を作る過程で大切な機能の形成を行っている時期になります。 臓器とか手足といった体の大まかな形も形成されていきます。 次から次へと大きくなっているお腹の赤ちゃんというのは、妊婦さんの飲酒とか喫煙の影響を受けてしまいますので控えるべきです。 妊娠初期は眠気に襲われやすい 妊娠初期というのはまだまだ、目で見て確認できる身体の変化がないので自覚がほとんど無いことですが、妊娠初期症状において非常に眠気に襲われる可能性もあります。 夜間ぐっすり寝ていたとしても普通より強力な眠気が生じる場合があるので、運転中のケースでは無理をしないでこまめに休みながら運転を心がけましょう。 休憩をとることの出来な場合は寝転びたいですよね。 そのような時、どのような姿勢で寝れば安心かご紹介していきます。 妊娠初期の寝方に関して 妊娠中だとしても、寝る場合の体勢に関しては注意深くなる必要はございません。 ですが、妊娠中に関してはどの週数の場合でもお腹に圧力をかけるような強い刺激は与えないようにご注意ください。 ですが、精神的な問題も重要になります。 お腹が下になってしまううつぶせ寝の体勢にどうしても抵抗感があるという妊婦さんは、仰向けか横向きで寝るようにしておき自分の心が落ち着く体勢でしっかりと寝ましょう。 妊娠中期や後期でお腹が大きくなってきた時の寝方 お腹が大きくなってくると仰向けで寝るには厳しくなってくるはずです。 そんな時は抱き枕を使用して横向きで抱きついて寝ると気持ちよく快適に寝ることが可能となるでしょう。 もともとうつ伏せで寝ていた人で妊娠してからは仰向けで寝るようになることが増えた人もおります。 横向きだと胎児が動くのが気になってなかなか寝れないことが原因だったみたいです。 なので仰向けでずっと寝ていたみたいです。 一番はご自身が一番楽で気持ちよく寝れる体勢で寝ることになります。 人によって差はありますが仰向けで寝ると下記のようなリスクもございます。 妊娠中に仰向けで寝ていて苦しかったら要注意 お腹が大きくなってくる妊娠後期に仰向けで睡眠をとっていると、子宮が血管を押し付けて、血の流れがすごい勢いで悪化します。 この為に、血圧がとても下がってしまい、息苦しさやめまいや、吐き気などの症状が生じるケースがあります。 これが、「仰臥位低血圧症候群の症状になります。 仰向けで寝ている最中に息苦しいと感じた妊婦さんは、仰臥位低血圧症候群が発症していることも考えられます。 ですが、仰向けで寝ていて息苦しかったとしても、仰臥位低血圧症候群だと単純に言い切るわけにいきません。 別の症状とトータルで考えて、気に掛かっている際は医師に相談してください。 それから、自分自身に適した仰向けじゃない寝方を探しだすことも重要です。 妊娠中のおすすめ楽なの寝方・体勢 妊娠中期とか後期に関しては、何を行っていても大変になったりいい感じに寝れなかったりして心安らぐ時間が減ってしまう傾向にあります。 僅かながらでも楽に過ごすことができる時間があったらありがたいですよね。 「シムス位」に関してご紹介します。 妊娠初期においても、お腹に悪影響を与えるかもしれないと心配な妊婦さんもチャレンジしてみてください。 シムス位の寝方を試してみましょう シムス位といった言葉、妊娠中に小耳にはさんだ経験がある妊婦さんもいらっしゃるでしょう。 病院等でもすすめている姿勢ですので、どういった体勢をすれば正しいか分かりづらい妊婦さんはかかりつけ医に相談して、実際に手順を教えてもらってください。 シムス位の寝方(身体の左側を下に) 1. 身体の右側を上、左側を下にして横に寝ます。 (ちょっとうつ伏せに近い感じ) 2. 左の下側の足を真っ直ぐ伸ばします。 上の右側の足を前側に曲げるようにします。 左の下側の手は背中の方に置くか、手を曲げて枕代わりにしても問題ありません。 上の右側の手は前で楽に置いてください。 シムス位で寝る時は抱き枕を使用して抱きつく感じにすればとてもリラックスして楽に寝れる妊婦さんも多くなるでしょう。 シムス位が妊婦さんにも赤ちゃんにとっても最良でむくみを改善し、不要な物質の排泄をスムーズにし、赤ちゃんに栄養分を送りやすくなります。 生殖器の近くをソフトに守ることから潜在的な安心感が増加し、安眠しやすいとも考えられています。 右側を下にした寝方はリスクが伴う 妊婦さんが身体の右側を下にした状態で寝ると赤ちゃんが大きい場合、大静脈が圧迫されて、血行が悪化してしまい寝苦しく感じる場合があります。 静脈の近くに存在しているリンパ管も押し付けられることから、リンパ液の流れが阻止されて、むくみとか静脈瘤が生じる原因になってしまいます。 特にむくみやすい妊婦さんに関しては、右側を上にして寝たほうが良いでしょう。 シムス位が合わない妊婦さんの改善策 シムスの体位の相性が合わない妊婦さんの中には、肩とか腕がしびれてきたり腕が背中の方に回ってしまうことに変な感じがするみたいです。 これは枕の高さだったりカタチが原因になっております。 同様に頭や、肩や、腕や、お腹や、脚の高さや位置があなたにマッチしていないと、ちょっとしんどい体勢となってしまう可能性があります。 お腹とかひざの下にクッションを置くと寝やすくなるはずです。 出来る範囲で一番楽に寝ることが可能な姿勢をあみだしていきましょう。 シムスの体位じゃなくても、横向きで寝ることが妊婦さんにも赤ちゃんにも無難な姿勢で、とても楽になりやすいことは保証できます。 寝る時は自分に合った楽な姿勢で 妊娠初期というのはあれこれと考えてしまいがちだろうと思います。 しかしながら、寝ている間は十分に身体を休ませ疲労感が解消できるようにしたいですね。 寝方に関してはあくまで絶対にシムスの体位をしないといけないということではございません。 他に楽な体勢があるのならその寝方で大丈夫です。 しんどかったり、息苦しかったり、問題が生じたりした場合はシムスの位が一番リスクが少なく安全ということになります。 いづれも個人差がございますので妊娠後期でずっと仰向けでもなにも問題なく元気な赤ちゃんを産んでいる方もいらっしゃいます。 ご自身が一番楽な姿勢で寝ることを心がけて、楽な体勢が見つからない・・っていう妊婦さんはシムス位など自分に合った寝方を試していきましょう。

次の