大山 エンリコ イサム。 大山エンリコイサムの経歴・作品・個展を紹介!アーティストで批評家の深さ。

大山エンリコイサムの個展『Windowsill』 新作の大型作品を一挙展示

大山 エンリコ イサム

ウェブストアに56冊在庫がございます。 (2020年06月27日 19時20分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 入手できないこともございます。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 内容説明 バンクシーはなぜ匿名かつ有名なのか。 ステンシルは何を可能にするのか。 サイ・トゥオンブリなどの美術に、無名の兵士による落書きから、ライティング(グラフィティ)文化、消火器のヴァンダリズムまでを並列し、都市、地下鉄、路上の美学を考え、独自の表現を生む文化の背景を見つめ、横断的にストリートの感性を描く。 目次 第1部 都市(都市と歩行;都市と表現;都市と建築;都市と景観;都市と文化) 第2部 美術(美術とストリート;美術と制度;美術と匿名;美術と前衛;美術と文化) 第3部 ストリート(ストリートと感性;ストリートと歴史;ストリートと倫理;ストリートと文脈;ストリートと情報) 著者等紹介 大山エンリコイサム[オオヤマエンリコイサム] アーティスト。 エアロゾル・ライティングのヴィジュアルを再解釈したモティーフ「クイックターン・ストラクチャー」を起点にメディアを横断する表現を展開し、現代美術の領域で注目される。 1983年にイタリア人の父と日本人の母のもと東京に生まれ、同地で育つ。 2007年、慶應義塾大学環境情報学部卒業。 2009年、東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。 2011年にアジアン・カルチュラル・カウンシルの招聘で渡米。 出版社内容情報 ストリート・アートとはなにか? 美術品となったサイ・トゥオンブリから、路上に名前を書き、消され、書き換え、書き換えられる街中のエアロゾル・ライティングへ、そして高値で取引される匿名作家バンクシーの作品まで。 都市・美術・ストリートという三つの切り口から、さまざまな作家・作品を参照しながら、ストリートの本質と、その面白さについて語る。 バンクシー展をより楽しむために!.

次の

ストリートの美術 大山エンリコイサム著

大山 エンリコ イサム

ジャン=ミシェル・バスキア、キース・ヘリングら、ニューヨークを拠点とする、ストリートアートに関わりの深いアー… ストリートアートの素顔 ニューヨーク・ライティング文化 [著]大山エンリコイサム 著者はニューヨークで活躍するグラフィティ(落書き)アーティストである。 ストリートアーティスト12人を取り上げ、一人ひとりの履歴や活動を紹介している。 そして、世界中に広がった落書きはニューヨークから始まったことを知らせている。 グローバル化によって世界の都市は、スカイスクレイパー(摩天楼)が立ち並ぶようになった。 グランドレベルの商業建築は時代の流れを取り込み、変化を繰り返している。 取り残された時代の産物としての高架下のコンクリート壁や工場地帯、倉庫街の壁建築は、落書きのキャンバスになりやすかった。 その落書きは、都市の抱える人たちの思想や社会問題を表してきた。 私はニューヨークへ頻繁に行っていた2000年ごろ、美術館の人からキース・ヘリングら有名なストリートアーティストのことをよく聞いた。 本書では、作家たちにインタビューなどをして、丁寧に記述している。 例えばフューチュラ2000。 列車の車体まるごとに描き、アニエス・ベーやジェームス・ラヴェルとファッションや音楽でコラボレーションするなど、多彩な活動をしてきたという。 バスキアはピカソやアフリカ美術に感化され、黒人や文字、王冠などのモチーフを組み合わせた具象画を手がけた。 子供の落書きを思わせる若さや「無垢さ」「野生」を記号的に表現した。 私自身も、まちなかでアートを見せたことがある。 私が設計し、1979年に竣工した松山市の小児科では、立ち並ぶバーに面した入り口にコンクリートの壁を建て、芸術家の高松次郎さんからいただいた直線と曲線のスケッチを映した。 残念ながら数年前に壊されてしまったが、このストリートアートがまちに美しさを伝えたことは確かだ。 東京にも壁面づくりにアーティストが参加したら、どんな都市が生まれるだろうと想像する。 エアロゾル・ライティングを再解釈した技法で壁画などを発表。

次の

ストリートアートの素顔 ニューヨーク・ライティング文化の通販/大山エンリコイサム

大山 エンリコ イサム

アーティストにとって挑戦、成功とは何か?ニューヨークを舞台に活躍するアーティスト、大山エンリコイサムさん。 第8回のゲストは、ニューヨークを拠点に活動する美術家、大山エンリコイサムさん。 世界的なブランド、コム デ ギャルソンのパリコレクションでのショーに作品を提供したり、 グラフィティ文化に関しての著作を出版するなど、大きく活動を広げているアーティストです。 パリでの新聞社襲撃事件後に起こった表現の自由をめぐる論争について、朝日新聞での寄稿()が大きな話題を生んだことから、 名前を聞いたことがある方もいるかもしれません。 アーティストでありながら、 自らの世界を論じることができる論客としても注目されています。 アーティストとして文化的、経済的に成功するというのは、かなり狭き門であるように見えます。 第一部の「Warm Heart, Cool Head」では、大山エンリコイサムさんがアーティストとして活躍を 広げていくためにどのような戦略をとってきたのか、ニューヨークを活動の舞台に選んだ 理由なども含めて明らかにしていきます。 第二部のMHC HOT TOPICsでは、「アートが社会にどうインパクトを与えられるのか、 そして私たちはアートから何を得ることができるのか?」というテーマで議論をします。 日本は成熟社会にありながら、まだまだクリエイティブに対しての評価、そしてその市場が 育っているとは言えません。 もっとアートが社会的なプレゼンスを発揮する社会を作るために、 できることを明らかにできたらと考えています。 大山 エンリコイサム 氏プロフィール 美術家。 1983年、イタリア人の父と日本人の母のもと東京に生まれる。 グラフィティ文化の視覚表現を翻案したモチーフ「クイック・ターン・ストラクチャー (Quick Turn Structure)」をベースに壁画やペインティング作品を発表し、注目を集める。 アジアン・カルチュラル・カウンシル2011年度グランティ(ニューヨーク滞在)。 現在ニューヨーク在住。 山崎大祐が振り返る 初めて芸術家の方をゲストとしてお呼びした会。 なかなか、芸術家の方の話を聞く機会はないと思いますが、 新しい視点をたくさん提供できたのではないかと思います。 心に残ったのは、アーティストが作り出す作品は、 アーティストの生き方そのもののオリジナリティから生まれる、ということ。 もちろん、表現が広がっていくための戦略性は必要だと思いますが、 それはあくまでツールであって、目的ではありません。 全ての作品は、アーティストの生き方や感じ方、経験などの オリジナリティから生まれてくるものです。 これだけ情報が溢れ、何もかもが経験できる時代の中で、 オリジナルな生き方をどうしたら実現できるのか、 全ての表現者が問われているのだと思います。 そしてもう一つ。 歴史上最もコミュニケーションの重要性が増している時代。 大山エンリコイサムさんも、表現のフィールドを一つではなく、 複数持つことの重要性を説いていました。 大山さんは、アーティストとして芸術作品を発表しながら、 新聞などで表現と社会の関係性について論じたり、 グラフティアートの変遷についての著作を発表したりもしています。 全く異なる2つの表現手段を持つことで、伝えられる対象も大きく広がります。 これがアーティストとしての成功確率上げることでもあります。 改めて、表現の中心にいて、活躍している方のお話を聞くことで、 私も見えてきたことがたくさんありました。 今後も機会があれば、表現者の方々をお呼びしたいと思っています。 有料イベントにつきましては、チケットご購入後のキャンセルに伴うご返金はできかねます。 あらかじめご了承くださいませ。 スピーカー• 大山 エンリコイサム 氏•

次の