バス釣り おすすめスピニングリール。 バス釣りに適したスピニングリール。そのサイズと選び方は?

【バス釣り】スピニングリールに最適な「ライン」を解説!おすすめのラインも紹介!

バス釣り おすすめスピニングリール

ルアーフィッシングの中でとても根強い人気を誇るバス釣り。 手軽さや季節を問わずに釣りができることや、使われるルアーの種類の多さなど、人によって楽しみ方のスタイルが多いことがその人気の秘訣と言えます。 このバス釣りではルアーを投げるためにリールが使われます。 リールには数種類ありますが、なかでも初心者が使いやすいのがスピニングリールです。 本記事ではバス釣り歴20年以上となる筆者がバス釣りのスピニングリールの選び方をご紹介します。 選び方のポイントや使うときの注意点、おすすめのバス釣りスピニングリールまでお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。 バス釣りスピニングリールはどういうもの? バス釣りで使うスピニングリールは軽めのルアーを使っていくことに適しています。 現在ではバス釣りをする人も多く、場所によってはなかなかルアーに反応しないといったことも多いです。 軽いルアーはより繊細に動かすことができるので、バスが釣れる確率を高めることができます。 また、基本的にスピニングリールはトラブル無しで使っていくことができるのも大きなメリットです。 リールによっては慣れが必要な種類もありますが、スピニングリールは比較的取り扱いが簡単です。 初心者の方から上級者までバス釣りに必須なのがスピニングリールです。 大きさは数字で表されていることがほとんどで、バス釣りスピニングリールとしてベストなのは2500番という大きさです。 バス釣りで使うスピニングリール用のロッドは6~8フィートまでの長さがほとんどで、これらのロッドとバランスや、パワーの面で2500番という大きさが最も適しています。 1日に何度もルアーを繰り返し投げて巻いてくるバス釣りでは、できるだけ自重が軽いものを選ぶことをおすすめします。 自重の軽さは価格が高くなればなるほど軽くなる傾向がありますので覚えておくことをおすすめします。 ラインは強すぎる負荷が掛かってしまうと切れてしまいます。 そのため、バス釣りスピニングリールではドラグ性能の高いものを選びましょう。 ドラグ性能の高さはドラグ最大値が低いことや、ドラグノブというツマミを締め込むまでにどれだけ多く回せるかといったことで決まってきますので、覚えておきましょう。 バス釣りスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP5 ここではバス釣りスピニングリールのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介。 筆者が経験に基づいて厳選したモデルを紹介していますので、ぜひこの中から気に入ったものを選んで使ってみてください。 5位 シマノ 16 ヴァンキッシュ 2500S Amazonの情報を掲載しています 自重:185g 巻取り長さ ハンドル1回転あたり):73cm NEWマグナムライトローターを採用してあるミドルクラスのスピニングリールです。 ドラグの調整も細かく効き、不意にハンドルを巻きたいときに役立つフラットハンドルノブも良いおすすめのスピニングリールです。 Amazon商品価格(2018年6月29日現在) 24,535円 バス釣りスピニングリールを使用するうえでの注意点 釣りが終わったらメンテナンスをする 淡水で楽しむバス釣りですが、釣りが終わったらスピニングリールのメンテナンスを怠らないようにしましょう。 海水と違って錆びることは少ないですが、水中の小さな浮遊物を拾ってその汚れが溜まることが多く、そのままにしておくと不具合の原因となってしまいます。 釣りから帰ったら水洗いを基本にし、定期的に各部にオイルを注すようにしましょう。 【こちらもCHECK】スピニングリールのメンテナンスに関連する動画はこちら.

次の

バス釣り初心者におすすめのスピニングリールコスパランキング

バス釣り おすすめスピニングリール

「バス釣りに使うスピニングリールって何がおすすめなの?」 「番手とかギア比とかなにを選べばいいのかよくわからないんだけど…」 スピニングリールとひとことで言っても、いろんな種類やメーカーがあるし、同じ機種でも番手やギア比に違いがあってわかりにくいですよね。 しかし、このページを見れば、バス釣りでどのスピニングリールを選んだらいいのかズバッと解決できます。 結論を先に教えておくと、同じくらいの価格であれば、ダイワかシマノの好きなほうを選んでください。 番手については、最初に買う1台は2000番を選んでみて、必要があれば2500番を追加で買ってみてもOKです。 ギア比はノーマルギアがおすすめで、バス釣りではハイギアのスピニングリールはとくに必要ありません。 それでは、バス釣りにおすすめのスピニングリールについて詳しく紹介していきますね。 ダイワのスピニングリールでコスパが最強なのはレブロスです。 6000円弱でこのクオリティーはすごいとしか言いようがありません。 巻いたときのスムーズな感じ・ドラグ性能・トラブルのなさ・価格・デザインなど、総合点がとても高いコスパ最強のスピニングリールですね。 海の魚に比べるとバスはそんなに引きが強くもないし、突進も急激じゃないのでそこまでドラグ性能が高くなくていいんですよ。 バス釣りで糸が切れるのはストラクチャーやバスの大きさに対して、糸が細過ぎる場合がほとんどです。 たとえば、ヘビーカバーのバスを4lbのラインでかけたら、あっという間に切られてしまいます。 オープンウォーターでストラクチャーがないなら、3lbでもロクマルのバスを仕留めることだってできます。 (ドラグはゆるくしておく必要はありますが) 高いリールは軽かったり、ドラグ性能がよかったり、巻き感じがなめらかで軽いんですが、普通にバス釣りを楽しむならレブロスで十分です。 第2位:カルディア LT レブロスよりももっと性能がいいものがほしいなら、カルディアLTをおすすめします。 価格はだいたい2万円弱ですね。 そこまで出したくないならレブロスで十分です。 レブロスの2倍以上の価格差がありますが、はっきりとした性能の違いを体感したいならこれぐらいの価格帯の機種を選ぶ必要があります。 なんといってもまず軽い! ダイワは2018年からLTコンセプトという軽さと耐久性を追求した新しいモデルを出したんですが、カルディアは本当に軽いんです。 (ダジャレじゃないですよ) 2000番のモデルで自重はたったの170gしかありません。 レブロスが同じ番手で235gなので、その差は65gもあります。 一度この軽さに慣れてしまうと、なかなか重いリールには戻れません。 タックルが軽いということはそれだけ疲れにくいし、繊細に動かしやすい、小さなアタリも感知しやすくなります。 バス釣りにさらなる気持ち良さ・快適さを追求したい、もっと繊細に釣りがしたいならカルディアLTを使ってみましょう。 初心者はもちろんのこと、中級者・上級者でも満足するリールでしょう。 価格はだいたい2万円くらい、カルディアよりもちょっとだけ高いくらいです。 というか、 すべての機種に言えることですが、価格が同じならダイワもシマノもあんまり変わらないんですよね。 昔はスピニングリールでもダイワとシマノでけっこう特徴があったんですが、最近は性能技術が上がってきているため、差がわかりにくくなってきています。 なので、 価格が同じくらいならデザイン・メーカーの好みと、じっさいに触ってみたときの違い・印象で決めるといいでしょう。 シマノかダイワか迷っているときは、釣具屋で2つを同時に触ってみて決めるといいでしょう。 だいたいどちらのメーカーのほうが好きか決まっている人も多いので、ダイワ好きならダイワのタックル、シマノが好きならシマノのタックルでそろえる人がほとんどです。 とくにベイトリールよりも性能差が出にくいので、スピニングはそうなりますね。 第3位:アリビオ シマノ製で安いリールならアリビオがおすすめです。 このアリビオはめちゃくちゃ安いスピニングリールで、お値段は3000円で買うことができます。 はっきり言って激安スピニングリールなんですが、それでもシマノというメーカーブランドが保証する性能はあると思います。 そりゃあ高いスピニングリールに比べたらいまいちではあるんですが、それでもシマノならではの巻き心地のよさは安くても健在なんですよね。 ちなみに、おまけで最初から巻かれている糸はめちゃくちゃ質が悪いので、その糸は捨ててください。 きちんとしたラインを巻いて使えば、とりあえずバス釣りはできるようになります。 「バス釣りってやったことないけど、どうなん?」 「いちおう釣りができる最低限のタックルがほしい」という方にアリビオはおすすめです。 最高機種:ステラ シマノの最高機種はステラです。 巻き感じの滑らかさではダイワ・シマノ問わず、どのスピニングリールよりも優れています。 もちろんドラグ性能も一級品です。 (ちなみに、ドラグ音はイグジストとステラで好みが分かれるみたいです) 巻きが滑らかではありますが、軽さはイグジストのほうがあります。 スピニングでは巻きの釣りよりもワームをちょんちょん操作するのほうが多いので、どちらかというとイグジストのほうが使いやすいかもしれません。 しかし、それはあくまで比べてみれば少し違うかなくらいのレベルです。 ここまで高級機種になると所有感も重要なので、性能をそれほど気にする必要はありません。 イグジストかステラか、どちらでバス釣りをしていたいかだと思います。 ダイワかシマノなら好きなほうを選んでいい 釣り人は道具にもこだわりがあるので、よくシマノとダイワどっちがいいのかっていう論争になるんですよ。 笑 やれ性能がどうとか、デザインがどうとか、売り上げのシェアがどうとかっていう話(ケンカ?)になります。 あえて言うなら、シマノはギアメーカーなのでギア性能がよくて巻き心地が抜群、ダイワはもともと釣り具メーカーなので遊び心と創意工夫が面白いってところでしょうか。 でも、そんな優劣なんて意味ないんですよ。 とくに性能差の出にくいスピニングリールでは意味ないですね。 (ダイワ・シマノ以外のメーカーは、同じ価格帯なら性能は劣ります) ベイトリールだとブレーキシステムがまったく違うので、キャストフィール・飛距離・トラブルの有無に差があります。 (僕はダイワ使ってますけど、どちらにも一長一短あると思います) 道具は自分が気に入ったものを使うのが一番です。 とくに釣り具っていうのは、惚れ込んで使う楽しさがありますからね。 だから、バス釣りではオーバースペックとも言えるくらいのイグジストやステラを愛用する人がいるんですよ。 デザインでもいいし、触ってみたフィーリングで決めてもOK、憧れの人が使っているからという理由でもいいんです。 自分が納得のいくものを使って、バス釣りを楽しみましょう。 番手は2000番を最初に選ぶこと スピニングリールを選ぶときに迷うのが番手とギア比ですよね。 最近は種類もどんどん増えてきて、どれを選べばいいのかわかりにくくなっています。 スピニングでライトリグを操作する釣りでは、番手は2000番台を選びましょう。 まず番手についての特徴を説明しますね。 番手が小さくなると、• 軽くなる• ドラグ性能が落ちる• 巻けるラインが細くなる(容量が小さくなる)• キャスト性能が下がる• 糸ヨレしやすい 番手が大きくなると、• ドラグ性能が良くなる• 巻けるラインが太くなる(容量が大きくなる)• キャスト性能が上がる• 糸ヨレしにくい 正直2000番と2500番ではそこまで大きな差はありませんが、あえて挙げるならこういった特徴があります。 (これが1000番と3000番ではまったく違ってきます) 番手というのは、使うラインの太さ・自重・ドラグ性能で選ぶものなんですよ。 番手が大きいほどスプールが大きくなるので、たくさんラインが巻ける(太い糸が巻ける)ようになります。 逆に、番手が大きくて細い糸を巻こうとすると、ラインが足りなくなってしまいます。 糸の量が足りていないと、スプールのエッジにこすれて飛距離が出なくなるので気をつけてくださいね。 これを踏まえて、釣りたい魚種で番手を選ぶんですが、バス釣りでは2000番と2500番がちょうどいいくらいになります。 とくに2500番がよく使われているんですが、バス釣りのスピニングは遠投もしないし、ドラグ性能もほどほどでいいので2000番のほうをメインに選んだほうがいいですね。 軽さとドラグ性能のどちらを重視するかという話なんですが、僕は軽いほうをおすすめします。 軽いほうが繊細なアタリがわかりやすくなりますし、重いとそれだけ疲れやすくなって集中力が維持できなくなります。 2500番を使ってもいいんですが、総合的に考えると最初の一台は2000番のほうがおすすめです。 バス釣りで使うならギア比はノーマルがおすすめ 番手の特徴がわかったら、つぎはギア比についてです。 バス釣りで使うスピニングリールは、ノーマルギアのほうがおすすめです。 ここにダイワとシマノ、番手ごとのギア比と1回転あたりの巻き取り長さが表にしてあります。 ダイワの番手とギア比 品番 ギア比 巻き取り長さ cm 2004 4. 8 64 2004H 5. 6 75 2504 4. 8 72 2504H 5. 6 84 シマノの番手とギア比 品番 ギア比 巻き取り長さ cm C2000S 5. 0 66 C2000HGS 6. 0 79 C2500S 5. 0 68 C2500HGS 6. 0 81 これだけ見ると、ラインの巻き取り長さの違いだけしかわかりませんよね。 ところが、 じっさいに釣りをしていくなかでは、ノーマルギアとハイギアでそれぞれにメリット・デメリットがあります。 ノーマルギアとハイギアそれぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。 ノーマルギアのメリットとデメリット• ハンドルの巻き始めが軽い• ルアー回収が遅い• リーリング変化を感じにくい• どちらかというとワームを使う釣りに向いている ハイギアのメリットとデメリット• ハンドルの巻き始めが重い• ルアー回収が早い• リーリング変化を感じやすい• どちらかというと巻物に向いている ハイギアとノーマルギアでの一番の違いは、巻き感じの軽さです。 ハイギアになると、巻くときのハンドル回転が重くなるんですよ。 ベイトリールだと巻物をすることも多いんですが、バス釣りではスピニングを使って巻物をあまりしません。 スピニングで使うミノーやシャッドでも、巻き続けるよりも巻いて止めて、また巻いて止めるという釣り方をします。 こういった釣り方の違いから、 バス釣りでのスピニングは基本的にノーマルギアのほうが軽く操作できます。 軽く操作できるということは、それだけ繊細にライトリグを動かせるということです。 ロッドワークだけでワームを動かすこともありますが、それでもできるだけ余分な力を使わないほうが微妙なアタリも感知しやすくなります。 一方、 ベイトリールはハイギアを使うメリットがあります。 遠投して早く回収できたり、リーリングスピードを一定にしたい、巻き感度を重視するためにベイトではハイギアを使うことがあります。 みんなスピニングでもハイギアを使いたがるんですけど、バス釣りは近距離でキャストするので、ルアーをそんなに早く回収する必要がないんですよね。 手返しをよくしたいなら、ベイトフィネスを使ったほうが楽ですし。 ラインスラックの微妙な処理も、ノーマルギアのほうがやりやすいと思うんですけどね。 スピニングリールのハイギアは、シーバス釣りなどのハードルアーを巻き続けるような釣りにおすすめです。 ただ、これも個人のフィーリングしだいなところがありますから、絶対にノーマルギアじゃないとダメってことはないし、ハイギアじゃないとダメってことはありません。 先ほどあげたノーマルギアとハイギアのメリットとデメリットを理解したうえで、どちらか好きなほうを選んでくださいね。 初心者の方でどちらを選べばいいのかよくわからない場合は、ノーマルギアを選んでおけば大丈夫です。 動画での解説はこちら.

次の

バス釣りスピニングリールランキング10!本格モデルが勢ぞろい!

バス釣り おすすめスピニングリール

自転車のギアメーカーとして世界的にも有名なシマノは、その技術を応用して釣り用のリールも製造販売しています。 小型で精密、さらにパーツの数が多いので、製造が難しいとされるスピニングリールにも、シマノの高い技術が結集されていることが、使ってみるとよくわかります。 このシマノのスピニングリールですが、どの製品も見た目はほぼ同じなので、どのように選んだらよいのかわからないという初心者の方も多いはず。 本記事では釣り歴20年以上となる筆者が、シマノのスピニングリールの選び方からおすすめの商品、使用時の注意点までをご紹介します。 シマノのスピニングリールとは シマノのスピニングリールは、高いギア製造技術が使われていることが最大の魅力です。 常温で鍛造を行う「冷間鍛造技術」によってつくられたギアが有名で、そのギア製造技術がリール製造にも応用されています。 ほかのメーカーのリールと比べると、巻いたときの静穏性がとても高く、価格が上がるにしたがってその巻き心地は、ギアが噛みあって駆動しているとは思えないほど軽く滑らかなものとなっていきます。 リールの内部も「オシレートギアシステム」という特殊なシマノ独自の構造になっており、これも巻き心地のよさに貢献しているのが特徴です。 この数字は「番手」と呼び、数字が大きくなるにつれてリールも大きくなっていきます。 「1000番」「3000番」というように呼びますので覚えておいてくださいね。 また、番手に「C」とついているモデルは、大きさが一回り下の番手で、糸巻き量はその番手の量となっています。 例えば、C3000番なら、大きさが2500番で糸巻き量は3000番となっているスピニングリール、ということです。 大きさの選び方として500~2000番は・メバリング・トラウトの釣りに、2500~C3000番はバスフィッシングや餌釣り、3000~4000番はソルトウォーターでのルアーフィッシング、5000番以上は大物狙いの釣りに適しています。 狙う魚種が決まっている場合であれば各釣りに適した番手を選べばよいですし、まったく何を釣るか決めていない場合には、どんな魚種にも対応できる汎用性が高い2500番を買っておくのがおすすめです。 ほとんどの場合、釣りをしている間はずっと釣り竿とリールを持った状態ですので、少しでも軽いものを使ったほうが疲れにくいです。 筆者の経験上ではありますが、20~30gの差は、半日から1日釣りをしてみると疲れ具合に大きな差となってあらわれます。 シマノのスピニングリールにおいては、価格が上がるにつれて強度を保ったままの状態でより軽く作られているものが多いので、参考にしてみてください。 そのなかでもシマノのスピニングリールが優れている点は「巻き心地のよさ」です。 巻き心地がよいことによって、繊細なルアーフィッシングで使う小型番手においては、抜群に使い勝手がよいものとなっています。 これは内部構造である「オシレートギアシステム」が影響している部分が大きいので、ほかのメーカーのリールとの比較時に参考にしてみてください。 シマノのスピニングリールの最安値と価格帯の特徴一覧 シマノのスピニングリールの価格帯は、3,000~110,000円となっています。 製品の価格の違いは、主に使用されている機能と大きさによるものです。 人気の価格帯は10,000~40,000円で、この価格帯から選んでおけばトラブルが少なく、かつ長く使い続けていくことができるのでおすすめです。 最安値 売れ筋・人気 高額・高級品 価格 約3,000円~ 約10,000~約40,000円 約40,000円~ 特徴 糸つきのものや最小限の機能のものなど、初心者向けが中心で、釣りが初めての方や小さなお子さんにおすすめの価格帯です。 機能性や強度、使いやすさのバランスが取れている価格帯です。 1日を通して使っていてもトラブルが少なく、疲れにくいのが特徴です。 大きな番手や最新技術が搭載されています。 巻き心地をほかの価格帯と比べてみると、大きな差が感じられる傾向が強いです。 シマノのスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP10 ここからはシマノのスピニングリールのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介します。 筆者がシマノのスピニングリール選びのポイントを踏まえたうえでおすすめする商品なので、ぜひ参考にしてみてください。 10位 シマノ リール 16 ラリッサ C3000DXG Amazonの情報を掲載しています 使いやすさ 自重の軽さ コストパフォーマンス 総合おすすめ度 自重:250g 最大巻上長(ハンドル1回転あたり):73cm 最大ドラグ力:9kg ナイロン糸巻量:2. 5号150m 強度の高い「HAGANEギア」や、巻き上げの力を効率よく各部に伝える「X-SHIP」を搭載したスピニングリール。 上位機種にも搭載されている機能を持ちながら、価格が1万円を下回っている魅力ある製品となっています。 コストパフォーマンスと汎用性のどちらも高い、おすすめのスピニングリールです。 お手ごろ価格のシマノのスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP3 ここからは、お手ごろ価格のシマノのスピニングリールのおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介します。 釣りがはじめての方や、小さなお子さんが使うのにおすすめのものをピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。 構造上ドラグノブ部分に衝撃が加わると、それがダイレクトに内部でスプールを上下させるギアに伝わり、不具合の原因となってしまうことがあります。 一定の強度は持っていますが、落としてしまったときはもちろん、ほかの荷物と一緒にバッグへ入れておいたままにしておくことでも衝撃が加わるので、特に小型スピニングリールになればなるほど注意するように心がけてください。 ハンドルの固定方法には、ギアに直接ハンドル軸をねじ込む方式のものと、ハンドルの逆サイドからスクリューで止めるタイプがあります。 特にスクリューで止めるタイプに関しては、使っていくとだんだん緩んでくることが多いため、適宜チェックするのがおすすめです。 ギアに直接ねじ込む方式のものは、アワセを入れたときに緩むことがあるので、最初の段階でしっかりと固定しておきましょう。 大型のリールになればなるほどこの緩みは早くなってしまうので、青物のジギングやキャスティングでは特に注意して見てください。 【こちらもCHECK】大型リールを紹介しているおすすめ記事はこちら.

次の