スロット 新鬼武者 高設定挙動。 新鬼武者 スロット新台|初打ち感想 評価 評判まとめ

新鬼武者 スロット新台|初打ち感想 評価 評判まとめ

スロット 新鬼武者 高設定挙動

ラウンド数 示唆 ラウンド2 設定2以上 ラウンド3 設定3以上 ラウンド4 設定4以上 ラウンド5 設定5以上 ラウンド6 設定6 超デレカットイン 過去作でも搭載されていたヒロインが祝福してくれる演出に、今作から新たに「超デレカットイン」が追加。 超デレカットイン全員集合画面が出現したら設定4以上確定! 周期ローテーションのキャラ順 通常時の周期で登場するキャラクターの順番は基本的に同じで、そのパターンで設定を示唆しています。 3% 4. 7% 50. 0% 2 40. 6% 9. 4% 50. 0% 3 35. 9% 14. 1% 50. 0% 4 31. 3% 18. 8% 50. 0% 5 26. 6% 23. 4% 50. 0% 6 21. 9% 28. 1% 50. 設定6確定。 200Gの天井でバンバン当たるためステチェンの車がよくでた。 天井以外のCZが全然当たらず 倍々タイムにこれでもかというくらい突入しない。 初期の倍々タイムで頑張るか超高確でやるしかない。 — へかーてぃあ i3OusTtHmacCTZf 9時間物語の設定6を打ってマイナス 本気でイライラしてる — よっしーれーたー kaos147258369 時間も時間なので設定6の物語シリーズ稼働終了。

次の

朝一 鬼武者3の打ち回り

スロット 新鬼武者 高設定挙動

高設定データ抽出条件 元データは 「1台あたりの平均AT初当たり回数が15回以上」の店舗・日付のみを対象にデータ集計を行っています。 また全台高設定の時点でほぼ全台リセット濃厚と思われるで、上記データの朝一1回目初当たりのみ抽出しました。 明らかな高設定データばかり集計していますが、 朝一にモードA確定の550G以上ハマリが約12. 推定低設定データでは約43. 5倍の設定差という結果になりました。 こんばんは、いつも参考にさせてもらってます。 いささか旬を過ぎた感はありますが、リゼロについて1つ検証いただけないかと思うことがあり、コメントします。 先日、リゼロの6確定台を打てていた時のことなんですが、 非有利区間を経て1発目の白鯨が240Gで、撃破率51%でしたが3回勝ち抜きATへ。 「ATレベルはまず間違いなく低レベルなので通常Aは否定。 当たったG数から見て通常Bも否定。 51%を3回通したのもまぁ自力じゃないだろう。 それで有利区間継続ならあと何回かはAT初当たり取れるな」と皮算用しました。 しかし、次の初当たりは700G台、通常Aの天井でした。 撃破率72%からATに繋げ、上乗せは5Gが6つと10が2つの50Gでした。 有利区間継続だったので、1回目の当たりはモードAの200G台のゾーンに引っかかっていたことが確定します。 実は偶数濃厚台で似たような状況に何度か遭遇していて、一つ仮説を立ててみました。 通常Aとか鬼天国とかのモード移行とは別に、「白鯨に当選したら必ずゼロからっしゅに突入する代わりに、ATレベルが低で固定される状態」みたいなのがあって、有利区間継続時はその状態も継続するんじゃないか、と。 その状態だと通常Aでの当選でもATレベルは低になっちゃうんじゃないかと…。 偶数設定の台で、鬼天国天井の256Gを抜けてからのうさんくさい挙動が多すぎるんですよ…。 そこで、検証依頼です。 奇数の低設定濃厚台(AT初当たりが極端に少ない台)の通常A確定G数からのゼロからっしゅ平均獲得枚数と、高設定濃厚台の同様に通常A確定からのゼロからっしゅ平均獲得枚数を算出していただけないでしょうか? 僕の予想では、同じモードAからの当たりでも高設定台の方が獲得枚数は少なくなっていると思います。 朝一1回目の当たりを除外すれば、更に差は顕著になるかと。 お暇な時にで構いませんので、良かったら検証をお願いしたいです。 長文失礼いたしました。

次の

新鬼武者DAWN OF DREAMS 天井解析|天井 リセット狙い目 恩恵 期待値 アイキャッチ やめどき

スロット 新鬼武者 高設定挙動

この記事では、• 機種情報・導入日・導入台数• 設定判別・設定差・設定示唆• スペック・初当たり確率・機械割• 小役確率・弱チャンス目確率• 低確・高確でのボーナス• 高確示唆・高確ステージ• 幻魔闘ボーナス中の撃破数• 蒼剣乱舞中の特定鬼力• 終了画面• ネット上の評価• 設定判別の考察 などを掲載しています。 新鬼武者が純増約3枚のATとなって6号機で登場!! 今作は初当たり確率の設定差大!? 最新情報は随時更新いたします! それではご覧ください。 基本的な初当たり契機はレア役による直撃となっており、他にはゲーム数解除・ CZ「目覚めよ鬼」からの当選もあります。 初当たりのメインである鬼の試練に突入すると、リゼロの白鯨戦のように3連戦のバトルが始まり3連勝で 「幻魔闘ボーナス+特化ゾーン」が確定します。 バトルの勝率は以下の通り。 2連目以降の振り分け 設定 茜 お初 天海 ロベルト 蒼鬼 1 0. 高確示唆演出として、• ベル成立時にいつもと違う音が鳴る• リプレイ or ベル入賞時に小役ランプが白発光• 左下のミニキャラが可愛いポーズ 以上の演出が発生すれば 高確以上滞在が確定します。 また、超高確の特徴として滞在時はレア小役でボーナス確定となります。 弱小役から当選した場合は超高確だった可能性が高いと判断しましょう。 少し低設定を触りましたが、百鬼モードでの当選は0だったので 高設定であれば引き戻ししやすい機種なのかもしれませんね。 また 完走時のリザルト画面の帯には秘密がありそう… 現在確認できている帯の色は銅と紫と虹だけなので、他に色があったよ!という方はぜひコメント欄で教えてください。 赤7以上でも狙えるかもしれません。 まとめ エンターライズから新鬼武者が登場します!! 鬼武者シリーズはこれまで人気台を何台も排出しているので、今作も期待せざるを得ないですね。 今まではサミー系で出されていましたが、メーカーが エンターライズに変更していますね。 基本的なゲーム性はリゼロと同じような感じで、 AT突破型となっています。 初当たりのボーナス自体に大きめの設定差があるので、まずはここをチェックしましょう。 さらに解析が出れば設定判別自体は難しくなさそうなので、設定が期待できるお店では狙っていけそうです。 以上、 「新鬼武者DAWN OF DREAMSの設定差まとめ記事」でした! 導入日未定• 2020年8月17日• 2020年8月3日• 2020年7月20日• 2020年7月6日• 2020年6月15日• 2020年5月18日• 2020年5月11日• 2020年4月20日• 2020年4月6日• 2020年3月23日• 2020年3月16日• 2020年3月2日• 2020年2月25日• 2020年2月17日• 2020年2月3日• 2020年1月20日• 2020年1月6日• 2019年12月09日• 2019年12月02日•

次の