ラティナ 正体。 「この幼女、可愛すぎだろ!」と全紳士が騒然! そんな紳士たちの心をかき乱す幼女って何者?

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。

ラティナ 正体

Sponsored Link うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 (うちの娘)の2期はある? まず、 うちの娘の2期があるかどうか、ということについて。 これは、 残念ながら可能性が低いです。 というのも、 円盤や原作の売上が他のラノベ作品に比べて控えめ。 原作小説と漫画の累計発行部数は 50万部(より)。 うちの娘は巻数が少なめなこともあって、最近の人気ラノベと比べると発行部数が少ないんですね。 そこを考えると、2期はちょっと望みが薄いかなと。 あったとしても、けっこう後の方になってしまうかなと思います。 なので、ラティナの可愛さを堪能したい方は原作買うのがいいかなと。 (うちの娘)の2期はいつ? 続いて、 うちの娘の2期があるなら、いつ頃になりそうかということについて。 これは上にも書いたとおり、ちょっと遅め。 早くとも2年くらい後になりそうです。 理由としては、売上から見て、 うちの娘の2期よりも、他のラノベのアニメ化や2期が優先してアニメ化されそうだからです。 もし2期が決定しても、企画から放送までにけっこう時間がかかるでしょうし、 2年くらいは待つことになってしまうでしょう。 Sponsored Link うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 (うちの娘)の2期のストーリーは何巻からかネタバレ! それでは、うちの娘。 の2期のストーリーについて。 2期では原作の~がアニメ化されるでしょう。 このあたりの、ラティナが可愛いシーンをご紹介していきますね。 うちの娘。 のストーリーネタバレ 3巻:早く大人になりたいラティナ。 彼らのもとに美女ヘルミネが現れます。 (C)CHIROLU・景 ヘルミネとともに依頼を受けることになるデイルに、 ラティナは不機嫌に頬を膨らませます。 「……デイル、今のひと、お仕事でいっしょのひと?」と嫉妬心を見せるのが、今までにないリアクションで可愛い。 一人になったラティナは、 「ラティナ……やっぱり、早くおとなになれたら良いのにな……」とつぶやくのでした。 もう、本当にデイルと結婚したい、くっつきたいって気持ちが隠しきれないって感じで微笑ましい。 でも、デイルは娘と一緒にくっつくなんて、考えてもしていません……。 ラティナ、不憫な子。 しかし、赤の神の夜祭りへと出かけるラティナは友達のクロエたちに手伝ってもらい、おめかしをします。 そして 祭りの終わりに告白することを決意したのです。 いじらしい。 虎猫亭に戻ってきていたデイルは祭りでめかしこんでいたラティナが、誰彼構わず無防備な姿を見せているんじゃないかと、心配から不機嫌になっていました。 過度に子供扱いするデイルに、ラティナは言います。 「……デイル、私、もう、ちっちゃい子どもじゃ無いよ」 「デイルにそんな風に、言われたくないのっ……、デイルは、私の、『お父さん』じゃ無いものっ……私、 デイルのこと、お父さんの代わりだなんて、思ったこと無いもの……っ」 父親ではなく、もっと特別な存在。 たどたどしく、でも一生懸命な告白。 最高かよ。 「ラティナが……っ、とうとう……っ、反抗期に……っ!」 父親だと思っていない。 その言葉を取り違えたデイルはひどくショックを受け、逃亡してしまうのでした……。 ってな感じで、 ラティナの恋煩いが見れて見どころたくさん。 ……そしてだからこそ、デイルに「なんだこいつ腹立つわ」ってなること請け合い。 ラティナちゃんがホント不憫なんだ……(泣)。 のストーリーネタバレ 4巻:ルドルフから告白されるラティナ。 伝わってなかったとは言え、 「恋人になりたい」という告白をしてしまって、ラティナはもう照れまくり。 (C)CHIROLU・景 デイルの顔も見れないくらい恥ずかしくなって、友達の家に逃げ込むのでした。 一方、娘が反抗期を迎えたと思っているデイル。 動く死体と化していた彼に声をかけたのは、ケニスでした。 彼は 「ラティナはずっと前からお前のことを『男』として見ていた」ことを伝えます。 デイルはラティナの気持ちにずっと気づこうとしていなかったのです……。 そんなとき、幼い頃からラティナによくしてくれた少年、ルドルフが虎猫亭を訪れます。 彼は、ラティナに言います。 「ラティナ」 「なあに?」 「好きだ」 (C)CHIROLU・景 「え?」 皿を割るほどの動揺。 きょとんとしてるラティナがめっちゃかわいい。 後日、ラティナはルドルフに答えます。 デイルのことが好きで、相手にされていないけど、諦められないと。 ルドルフはそれを受け入れ、それでも俺も諦めないから、と伝えるのでした。 そして。 虎猫亭にデイルが病に倒れたと手紙が届きます。 心配でかけつけるラティナ。 ワガママも、困らせることも言わないから、いなくならないで……。 デイルにそう懇願します。 涙ながらに叫ぶラティナが痛々しい……。 彼は、ラティナに謝ります。 「ラティナ……俺は……俺は、お前の父親じゃないけど、ずっとお前のそばにいるから……いや……」 「 これからも、俺のそばにいて欲しい……だな。 ラティナ、これからも、俺と一緒に居てくれるか?」 その言葉に感極まったラティナは、 「好きなの」とまっすぐ見つめながらいうのでした。 「デイル……私……デイルとずっと一緒に居たいの……」 「……ああ。 約束しよう。 最期の時が来るまで……一緒に居よう」 ついに2人は恋人になり、一緒になることを誓うのでした。 といった感じで、2期ではデイルとラティナの関係が親子から恋人へと変わっていくまでが描かれます。 恋人になってから、もうホントデレデレ。 (うちの娘。 )を楽しむなら うちの娘。 の書籍版を揃えるなら、ebookjapanがオススメ。 今なら会員登録で一冊半額クーポンがもらえて、50%オフで読めるのでぜひどうぞ。 2期もだいぶ先になりそうですし……。 また、ヤフープレミアム会員かソフトバンクスマホユーザーならお得にポイントがつくキャンペーンがやってます。 たくさん買うほどポイントがつくので、書籍版を揃えるならここがいいですよ。 まとめ うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 の2期についてでした。 残念ながら、 現状2期が制作される可能性は低め。 ここからが本番なんですけどね。 続きは原作の~で、デイルにアタックしまくる ラティナが恋する乙女すぎて可愛い。 一度玉砕して顔も見れないくらい恥ずかしがったり、恋人になれて浮かれるところも最高です。 2期は望みが薄いので、ぜひ原作でラティナの可愛さを堪能してください。 原作を読むならこちら。

次の

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。

ラティナ 正体

この項は、成分を多く含んでいるかもしれません。 ここから下はで突っ走ってください。 とは版「」に登場したである。 : 概要 それは 界は大きく揺れた。 彼の初出は「」の第話。 が2回戦を終え、会場から戻る途中ですれ違った。 この時は彼は何も話さず手持ちのも分からなかったが、は 何か異様な雰囲気を感じたのかやけに慌てた様子だった。 そしてがのでのを確認した後、はこう言った。 「他にもを使う手ごわいもいるらしいぞ。 」 を知っているにとっては「」 という言葉だけで衝撃が走ったことだろう。 といえばでは通りの存在のはずである。 当然、で今まで開催された数々のの中でに分類されるなど登場するはずったし、 そもそもがを使役するなんてのであっていいことではない。 (もあくまでを貸してくれるだけである) そしてのちに「 の8つのと1回戦、2回戦の相手を全てこのたった一匹でしてきた」というまで分かった。 驚きと同時に「はまたできないのではないか」との予測もで飛び交うことになった。 その後は最大のであるを倒し、初となる準決勝へ進出。 と戦うこととなった。 そして注となった第話 「準決勝!登場!!」 彼は 開始々を出すという 的な展開。 「また負けるな…」とほとんどのは的な想いで見ていたことだろう。 ご丁寧にも試合中は「」で使用されたが流れ、雰囲気的にもの勝ちは薄かった。 そんなは的中し、1匹に、、をあっさり倒される。 このとき対策としてのはを覚えており、根性発動でのは見事に炸裂。 効果は抜群だ!多くのはを見ったが、この攻撃に耐えたので敗れてしまう。 このことから両にかなりの差があることが伺える。 の、という悪なに為す術は思われた。 しかし4体、がこの大会で初めてを打ち破ることとなり、予想していなかった展開に全は盛り上がりを見せた。 だが、彼が次に出したによって更にを驚かせることとなる。 「次のは…これだ!」 そこから出てきたのは、あろうことか であった。 「 」 ,. イ もっと恐ろしいの片鱗を味わったぜ… 紛れもなくであった。 もまた、強なである。 のにも登場したのをなぜ彼が? 登場した間上、やにて 「」という言葉が大量に飛び交うことに。 当然に勝てるはずがなく、その後、を軽々と倒し、とは相打ち。 は手持ちが全てなくなったため念にもまたを逃すこととなった。 一方決勝戦に駒を進めたはだけで6タテを制し、あっさり大会のを決める。 いままで13年、0話以上もをやってきたが突如現れたによってに と地ほどの差を見せ付けられ、ほぼ敗という長いのの中で最も異例となる形で幕を下ろしたのであった。 疑問点 「、はどこで捕まえたのか」、「残りの4体はなんだったのか」、「彼自身何者だったのか」など非常に不明な点が多い。 ここまでしいを手に入れたのであれば、彼は他とは違う特別な経験や遇を得たであることはまず間違いない。 さらに、この推測で考えるとなればその他の手持ちに関してもやはり、に匹敵する級のを所持している可性が高い。 しかしあまりにが少なすぎるうえ、これ以降の登場が一切ないため未だに包まれている。 問題点 この回によりは「」に加え「」という不名誉なを与えられてしまった。 彼がされているな理由としては• しか使ってない。 値の高さとの技に頼りきった戦法。 今までのにまったく関わりなし。 その前の戦いがとても熱い展開だった。 など、の対戦でも嫌われる戦法を行っていたことや、この自体が あまりにも唐突に現れたことから多くのから反感を買うことになってしまった。 さらに一つ前の対戦である戦は 最長の3話かけた長いであったため、その後に行われた勝負がこれとなるとあまりにあっさりしすぎて納得いかないのも理解できる。 なぜタクトは産まれたのか? で彼についてられたことは未だにい…が、どうしてこのようなが作られたかについてはある程度推測が立つ。 い話が… つまりがしたら困るのだ。 の夢は「」であり、それが何なのかは明確にはられていない…が、 をするとある種の区切りになってしまうかもしれないのだ。 また体面・精面の成長と異なり「」という実績はどうしても消らく、それを全く触れられないことにをが覚えてしまうかもしれない。 なのでをで続投させるにはを負けさせるしかいのである。 「それにしてももっと熱戦を演じることはできたんじゃないか?」という意見もあるだろうが、今のは少々成長しすぎてしまい、 の成長に達が追いつけない状況であった。 仮に決勝戦がで、それに負けてしまったらそれがたとえどんなにいい勝負だったとしても「これでもは勝てないのか…」とにある種の感を与えてしまうのではないか?とは考えたのかもしれない。 そういうわけでもはやでもどうしようもないような「絶対的な存在・努ではどうしようもなさそうな性差」を見せつけてあっさり終わらせざるを得なくなったのではないかと考えられる。 それでももう少し描写が欲しかったと思う人も多いだろうが、そこには 自体の尺の都合もあったのかもしれない。 このもまた、長いのにおける訳あり事情の1つと言っても過言ではない。 についてのが多かったのか、後のではこのようなメチャなは出てきていない。 …しかし結局の所にさせるわけにもいかないので、次のであるでは露なを食らったうえ、としか思えない編成で挑んで敗退、さらに次のでもが「!頂上!」と記していたにも関わらず、スで突如脚本が差し替えられたかのよでん返しの展開でしている。 は次のであるサン&ムーンでようやくすることができたが、このように年もの間意地でものを阻んだの姿勢には未だ難色を示す者も多い。 まとめ 上記に書かれてある通りこのは「」と言われても仕方ないかもしれない。 だが彼は前述の通り、で急遽登場せざる得なかったという事は皆が知ってほしいことである。 ただのという形で終わらせるのは非常にもったいないである。 まだまだ明かされていないが多く残っており、戦い方はともかく嫌味な態度を全く見せていないため、再登場を願うも少なからず存在する。 放送の新ではすべてのがということもあり、彼の再登場の可性はもしかするとありえる・・・かもしれない。 そして話に関しては未だ各所でが続いている。 最初こそは酷評する人が多かったが、的状況からを上げられたという評価や、後のの戦と較するとまだ納得のいく負け方だと捉えるも現れてきたりと、の間では今も様々な意見を踏まえながらり継がれている。 あなたはこれについてどう思いましたか?このがどんなものだったかは自分自身で判断してください。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。(うちの娘。)のアニメのストーリーは何巻まで?最終回の結末をネタバレ!

ラティナ 正体

疾風怒濤の巻。 うちの娘の為ならば、俺は もしかしたら確実に魔王 も倒せるかもを皆殺しにするに違い しれない。 3巻から1巻あたりの密度が濃すぎる。 ここでついにタイトル回収、というか魔王と戦うのってこの巻だけじゃん! 八の魔王となったラティナ。 その力は他の魔王の永遠の生を限りあるものにしてしまうものだった。 7人の魔王の脅威となったラティナは殺されろうになるが、一の魔王の手により封印されることで命は助かる。 だがラティナはデイルの目の前でこの世界から消えてしまう。 ラティナを失ったデイルは魔王を害せるのは勇者以外には魔王しかいないという推理を元に世界に散らばる魔王すべてを屠る決意を固める。 ラティナを失ってからのデイルが悲壮すぎる。 それでいて冷酷に状況を判断して最善の行動を取るところに勇者として重い宿命を背負っていた空恐ろしさも伺える。 魔王たちも痛感しているが、こんな相手を敵に回してしまったことが最大の悪手だったと言わざるを得ない。 一方でデイルとしても、3,5,6の魔王とは殺さずとも交渉次第で寿命を受け入れてくれたのではないかとも思う。 とはいえ2,4,7の主戦派がいると穏健派もそちらが怖くて動けないし、主戦派=倒すのが厄介ということで後回しにせざるを得なかったわけだしやむを得ないか。 ということで7人いた魔王はわずか1巻で6人殺されてしまう。 デイル怖い。 とはいえ愛するもの旗を掲げ戦うというヒロイックファンタは熱い。 そして、デイルと同じ旗の元に集うクロイツの面々の想いにも胸が熱くなる。 ラティナの愛されっぷりがすごい。 約一名と一匹すごい方向にそれを発揮したがw ということですべての因縁は最後の一の魔王の居るヴァスィリオへ。 一の魔王が女性であることを察していた人はどれくらいいるのだろうか。 見事に騙された。 ラティナを信じられなくてごめん。 うちの妹 娘の為ならば、余 俺は迷わず もしかしたら他の魔王 も倒せるかもしれを見殺しにするに違いない。 一の魔王の正体はラティナ=プラティナの双子の姉フリソス。 彼女は魔王となったラティナを助けるため決死の駆け引きをしていたのだった。 そしてそれを手助けをしたのがラティナの友人シルビアとクロイツの人々だった。 重い展開も後に引き伸ばすことなく1巻で収めてくれたのはありがたい。 そこからのデイルの残念ぶりがいまだかつてない落差だけど。 今まで、ラティナから見てデイルがどれだけ大事か、というのは示されてきたけども、今回はデイルから見てラティナがどれだけかけがえのないものか、失ったあとの悲痛さ、非情さ、再会した時の涙で痛感させられる。 こういうのがあるからデイルをただの過保護残念勇者と笑いきれないから困る。 勇者が魔王を6人倒した結果、残念勇者、庶民派魔王に続きシスコン魔王が登場し、三角関係になった5巻。 summerephemeral.

次の