ハニーレモンソーダ 10巻 ネタバレ。 ハニーレモンソーダ 54話(14巻収録予定)ネタバレ感想

ハニーレモンソーダ 44話~48話~51話 ネタバレ注意 画バレ注意

ハニーレモンソーダ 10巻 ネタバレ

「石森、口開けろ」と言った界に キスをされた羽花は、力が抜けて 倒れてしまいます。 界が庇ってくれたから ケガはないけれど、「… 戻るか」と言われた事を 残念に思う羽花。 私が 倒れたりしなければ…、なんて考えていた 自分自身に驚くのでした。 界の事が頭から離れなくて 眠れない羽花は、同じく ぜんぜん眠れない あゆみとの会話の流れで、一緒に 男子の部屋へ行く事に。 だけど 移動中、先生に見つかってしまう 羽花とあゆみ。 界と悟がいる部屋に 逃げ込みます。 界のベッドの中に隠してもらった 羽花。 先生の目を 誤魔化しました。 すると 界の事を意識しすぎている羽花は、ばっ と過敏に反応して、思わず 界から離れてしまうのです。 羽花の反応に 一瞬 固まった界。 界への独占欲が強まっているせいで 伝えずにはいられなかったのでしょうけど、好きな人を 独占したい、触りたい、触ってほしい、って思うのは 当然だと思いますし。 しかし、羽花以上に 独占欲が強くなっている界は、しんどいのかな…。 男の子だもんなぁ…。 羽花のお父さんに「心配されるようなことは、誓ってしません」と言った事、ちゃんと守って 我慢してる界も えらいですね。 奈乃ちゃんと高嶺って、今後 特別な関係になっていったりするのかな? って気がしました。 「みんなといると うれしくて 夢が減らない」 お父さんのとき 羽花ちゃんを守れて よかった、と話すと 涙ぐんでしまう、優しい あゆみ達です。 そして、もうすぐ やって来る夏休みに いっぱい会うこと、今度は 羽花の家にも 遊びにいく事を、約束した 羽花とあゆみでした。 緑先生は 羽花と界の事を、心配してくれています。 2人には 失敗してほしくない、と…。 「周りを見なければ、世界には 2人だけじゃない、たくさんのものに 守られ庇われている、溺れるには まだ若い」 羽花を迎えに行った界は 帰り道、羽花を真っ直ぐに 見つめ、「大切にする、おまえも、おまえの周りも」と言ってくれます。 羽花の お父さんは、羽花を幸せに導いた 界に対して、感謝をするようになってくれました。 そして、界には 両親がいない、母は亡くなり 父は消息不明、今は叔父の所有数するマンションに ひとりで暮らしている、という 界の事情を知ると、羽花のお父さんは 電話番号を書いた 名刺を渡すのです。 「何かあったら、頼りなさい、出来ることは 力になる」 羽花と 目が合い、微笑む 界。

次の

ハニーレモンソーダ【10巻・ネタバレ感想】オレ、お前の顔も体も普通に好みだからな!by界

ハニーレモンソーダ 10巻 ネタバレ

奈乃ちゃんは 自暴自棄になってしまっている様子だけど、羽花が来てくれます。 別に 界の事が好きなわけではない、奈乃ちゃん。 「ただ羽花ちゃんが選んだ人だから、取り入ったら、何かいいことがあるのかと思っただけ」 同じ境遇だったはずなのに、現在(いま)は 友達が沢山できている 羽花の事が羨ましくて、最初は本当に お手本にしてただけなのです。 羽花と「おはよう」と 挨拶を交します。 クラスの友達も 本当の奈乃ちゃんを 快く受け入れてくれて、もう大丈夫です。 テスト期間終わり、界は 羽花を遊園地に連れていってくれました。 お揃いのキーホルダーが欲しいけど、界は嫌がるだろうと 言えない羽花。 羽花は、界を独占したい気持ちが芽生え、それは いけない事だと思っているのです。 だけど お揃いのキーホルダーを買ってくれていた界が、羽花に言います。 女子だけの 行きのバスの中は、界の「好きな女の子のタイプ」と 羽花の「潜在的な女子力」の話で盛り上がります。 目的地に到着してからも、みんなとの お喋りの影響で「女子力」について 気になって仕方ない 羽花。 一方 界の周りの男子たちも、「好きな女の子のタイプ」の話は尽きません。 ウォークラリーで 羽花と界は、同じ組になります。 「今日中に自分で探しておきます!」と 宣言する羽花だけど、宿泊場所では みんなが可愛らしい部屋着を着ている中、1人だけ 女子力皆無の服装で、完全に自信を失ってしまうのです…。 あゆみのスタイルの良さや、ブラの話題、みんなの胸の大きさを目の当たりにしたり… など、羽花にとって 慣れない事ばかり。 さらに 芹奈が、羽花と あゆみに、彼氏ができたことを 報告してくれます。 片想い11年目の あゆみは触発され、「決めた、今夜頑張る!!」と宣言。 そして 羽花も、界と過ごせる せっかくの夜を、特別に感じているのです。 私も 三浦くんにドキドキしてほしい。 羽花が そんな気持ちでいる中 始まった、肝試し。 羽花は 界とペア、あゆみは 悟とペア、…だったけれど、悟の言葉に あゆみはショックを受けてしまいました。 見かねた羽花が、あゆみと ペアを組み直します。 そして 肝試し中 あゆみは、悟との思い出や、悟の好きなところを話しました。 こんなに大好きなのに なぜ気持ちが伝わらないのか…、考えてみて あゆみは気がつきます。

次の

ハニーレモンソーダ 42話/11巻のネタバレ!最新話は2人初めての夏休み

ハニーレモンソーダ 10巻 ネタバレ

クラス替えではなんと羽花だけが違うクラスになってしまいます。 しかし羽花は友人たちを気遣い、自分は一人でも大丈夫と気丈にふるまうのです。 すると進路が違うと思っていた界が進学を希望したことで、なんと隣のクラスに! 界のクラスが騒がしくなっていたこともあり、羽花の担任は厳しく接します。 クラスの違う羽花を心配するみんな。 笑顔で大丈夫と答える羽花ですが、現実には先生には目を付けられクラスメイトともまだ仲良くなれずにいました。 しかし以前の羽花と違うのは、今では気にかけてくれる友人たちがいること。 羽花もそれを感じ嬉しく思うのです。 隣のクラスからは界へのあいさつが聞こえてきます。 羽花は姿のみえない界が隣にいることで安心し、がんばろうと心に誓うのです。 羽花は教室に入りあいさつをしようとすると…もう青木先生も後ろに。 座れ…と一括され、クラスのみんなも雑誌や携帯をいそぎカバンにしまいこみ、誰かが絶対に携帯鳴らすなよ…と忠告するのが聞こえた羽花。 教室に入った青木先生は連絡事項を話しながら、高校3年生ともなった生徒たちへ喝を入れます。 すると…鳴り響く携帯の振動音。 羽花の前の子のスマホですが、驚くとともに自分の持ち物やノートをバサバサと落として騒がしくしてしまいます。 運よくその間に携帯も鳴りやみ、誰もが羽花が怒られる…と思いきや青木先生は話しを終えそのまま教室を出て行きました。 一気に注目も的になる羽花。 前の席の子にはお礼を言われ、ほかの子達からも怒られなくてよかったといたわられます。 嫌われていたわじゃなかったんだ…と分かった羽花。 すると騒がしいね…という声とともに、界たちがA組にやってきたのです! 付き添いで来たという界。 目の前の羽花に手をふり、そんな界に手を振り返す羽花という不思議な恋人同士にみんながウケます。 いつものあいさつだよね…と言いながら高嶺もやってきました。 界と羽花のあいさつが恋人らしくないから…とみんなが発案すると、頭の上でレモンの形をするポーズは?と界に提案しますが冷たい眼差しに。 すると高嶺は構っての合図で特別なこと言わなくてもいいじゃないかと丸くおさめました。 界たちが教室を出ると、梓たちは羽花にライン交換を提案します。 羽花のラインはまだ初期設定で何も画像がなく、梓と大悟はおそろいのトップ画像で羨ましくなり、想像だけでニヤついてしまう羽花。 次の授業は体育。 隣のクラスと合同で、羽花はこれまでありえなかった界との遭遇率にどきどき。 しかし逆に変な姿を見せられない…とプレッシャーになった羽花は跳び箱に激突し鼻血を出してしまうのです。 羽花は大丈夫…と言いかけると自分の体操服を羽花の鼻にあて、お姫さま抱っこで羽花を保健室まで運ぼうとします。 すると、また誰かから告白されるのでは…と心配する大悟。 「また」という言葉に反応してしまった羽花ですが、界は気にするなと大した風ではない様子。 今まで見えなかった界とその周りの様子に不安を感じてしまう羽花。 気にしない…と心で思いながらも、界のラインのトップ画像が女の子に変わっていることに気付きます。 気にしなくてもいいことだけど、聞きに行ける距離だと思った羽花。 隣の教室に行き、構ってのレモンポーズをドアのところでするのです。 羽花は界が気付いたことで、改めて恥ずかしくなり逃げ出してしまいます。 しかし界も本気で追いかけるのです。 羽花を捕まえた界は、後ろから羽花を抱きしめます。 思い切ってラインの画像のことを聞く羽花は… あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!! ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。 31日間無料で試せる• 600円分のポイントプレゼント• 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる• でも界はモテるからな。。。 しかし羽花とお友達になった梓ちゃんや一緒に居る子たちは、いい子ですねー。 青木先生のキツイ言い方にも、ちゃんと真理を見出そうとしてる! 苦手だから嫌いとか、見ないようにするとか子供みたいなこと言ってられないと高校生で分かる子って素敵です。 そしてラインのおそろいトップ画像も良すぎます! こんな風に青春したかったなー・・・ さて次回の「ハニーレモンソーダ」56話は、りぼん8月号(7月3日発売)に掲載です! スポンサーリンク.

次の