青山 学院 中等 部。 青山学院中等部・高等部

青山学院中等部はどんな学校?

青山 学院 中等 部

A ベストアンサー ANo.2です。 いくつか補足を。 男子は算数と理科、女子は国語と社会ができて当たり前です。 なので偏差値を上げる為には得意科目の偏差値を維持しつつ、苦手科目の偏差値を上げる努力が必要です。 青山を志望校にされている理由は不明ですが今年はいろんな学校の行事や授業をお子さんと見学されてみてはいかがでしょうか? 私立だけじゃなく公立も含め、見学されてお子さんの志望校を決めるのが良いと思います。 受験勉強はかなり辛いから本人が頑張るためには本人が本気になれないとね。 都内公立なら小石川中等教育学校が難易度が高いです。 公立は文科省の学習指導範囲内とは言え、小学校の授業だけでは合格できません。 勉強方法は入試説明会で教えてくれます。 学校のホームページに過去問と模範解答が掲載されていますから質問者様のウォーミングアップを兼ねてトライされてみてはいかがでしょうか? それと中学受験に落ちると本人にはかなりショックです。 自分の子どもはレベルを落としたけど目標達成いたしました。 ですが同級生で同じ学校に落ちた子から逆恨みされたようです。 通塾していることは友達にはわかりますから志望校に落ちて同級生と机を並べる屈辱は大人と同じです。 かと言って高い学費を払うに値しない学校に入学しても仕方ないような気がします。 頑張ってください。 ANo.2です。 いくつか補足を。 男子は算数と理科、女子は国語と社会ができて当たり前です。 なので偏差値を上げる為には得意科目の偏差値を維持しつつ、苦手科目の偏差値を上げる努力が必要です。 青山を志望校にされている理由は不明ですが今年はいろんな学校の行事や授業をお子さんと見学されてみてはいかがでしょうか? 私立だけじゃなく公立も含め、見学されてお子さんの志望校を決めるのが良いと思います。 受験勉強はかなり辛いから本人が頑張るためには本人が本気になれないとね。 都内公立なら小石川...

次の

青山学院中等部(渋谷区)の口コミ57件[p.2]|みんなの中学校情報

青山 学院 中等 部

A ベストアンサー ANo.2です。 いくつか補足を。 男子は算数と理科、女子は国語と社会ができて当たり前です。 なので偏差値を上げる為には得意科目の偏差値を維持しつつ、苦手科目の偏差値を上げる努力が必要です。 青山を志望校にされている理由は不明ですが今年はいろんな学校の行事や授業をお子さんと見学されてみてはいかがでしょうか? 私立だけじゃなく公立も含め、見学されてお子さんの志望校を決めるのが良いと思います。 受験勉強はかなり辛いから本人が頑張るためには本人が本気になれないとね。 都内公立なら小石川中等教育学校が難易度が高いです。 公立は文科省の学習指導範囲内とは言え、小学校の授業だけでは合格できません。 勉強方法は入試説明会で教えてくれます。 学校のホームページに過去問と模範解答が掲載されていますから質問者様のウォーミングアップを兼ねてトライされてみてはいかがでしょうか? それと中学受験に落ちると本人にはかなりショックです。 自分の子どもはレベルを落としたけど目標達成いたしました。 ですが同級生で同じ学校に落ちた子から逆恨みされたようです。 通塾していることは友達にはわかりますから志望校に落ちて同級生と机を並べる屈辱は大人と同じです。 かと言って高い学費を払うに値しない学校に入学しても仕方ないような気がします。 頑張ってください。 ANo.2です。 いくつか補足を。 男子は算数と理科、女子は国語と社会ができて当たり前です。 なので偏差値を上げる為には得意科目の偏差値を維持しつつ、苦手科目の偏差値を上げる努力が必要です。 青山を志望校にされている理由は不明ですが今年はいろんな学校の行事や授業をお子さんと見学されてみてはいかがでしょうか? 私立だけじゃなく公立も含め、見学されてお子さんの志望校を決めるのが良いと思います。 受験勉強はかなり辛いから本人が頑張るためには本人が本気になれないとね。 都内公立なら小石川...

次の

青山学院中等部(渋谷区)の口コミ57件[p.2]|みんなの中学校情報

青山 学院 中等 部

現在の学校だと 公立は留年がありません。 制度上完全に無いわけではないですが、もし留年を望んでもできない、させない方針になっています。 私立の場合は制度としてはたいていの学校で留年があります。 ただ、実際に機能する場合は、原則そういう状況に陥ったときに「本人がかなり積極的にそれを望んで」、「学校も認める」という2つの条件が重ならないとおこらないです。 公立に転校して、学年通りに卒業。 これがほとんどです。 成績不良の場合 これは実質的に留年は認められません。 公立への転校をほぼ強制されます。 長期病欠の場合 これは状況次第だと思います。 公立に出る選択もありますが、本人や家庭が望んだ場合で学校がそれを受け入れると、留年もあり得る場合もある。 ただ付属校の場合は上にあげるとずっと過年度生を抱えることになるので学校側が難色を示す場合もあると思います。 また、中3で闘病等で日数が大幅に足りないという場合などは、特例で卒業というケースもあると思います。 明日をも知れない命の子に単位が足りないので卒業は公立でしてください。 なんてことはあり得ない。 不登校の場合 これも病欠と同様ですが、この場合は、ほぼ本人が留年しての復学を望む可能性がないと思われます。 日本の学校制度だと、どこかの段階で年齢と学年が合わなくなると、それ以後、ずっとずれることになる。 基本的にはそれは何としても回避したいという場合がほとんどなので、留年を望むケースは非常に少ないですし、本人や家族が望んでも学校が認めるということは、かなりまれな状況だと思います。

次の