悟りとは。 悟りと至福

十牛図〜悟りの境地に至るプロセスをわかりやすく解説

悟りとは

悟り(さとり)とは? 「 さとり」というと、何かに気づいたとき、「さとった」と言います。 また、人生を達観している人や、年配の立派な人を「あの人はさとりを開いているから……」ということがあります。 本当にそれが悟りなのでしょうか? さとりとは諦めやひらめきのこと? 「 さとり」という言葉はよく、苦しいことが起きたとき、「 人生さとった」という人があります。 これはというような意味です。 他にも、何か気づきをえたとか、何かがひらめいたことを、「 さとった」という人がありますが、さとりは、とかひらめき、気づきとはまったく違います。 さとりは、1段違えば、人間と虫けらほど境涯が違うといわれます。 虫けらに、テレビやパソコンのことを教えようとしても、とても分かるものではありません。 気づきやひらめきの内容は、人間でも説明すれば、充分理解可能ですからさとりではありません。 さとりというのは、そんな程度ではなく、境涯が変わってしまうのです。 さとりの種類と名前 仏教では、さとりといっても1つや2つではありません。 1段違えば人間と虫けらほど違うさとりが、低いものから高いものまで、全部で52あります。 これを「 さとりの52位」と言います。 それぞれのさとりはどんな名前かといいますと、 1段目から10段目を「 十信」、 (1段目を初信、2段目を二信、3段目を三信……10段目を十信) 11段目から20段目を「 十住」、 (11段目を初住、12段目を二住、13段目を三住……20段目を十住) 21段目から30段目を「 十行」、 (21段目を初行、22段目を二行、23段目を三行……30段目を十行) 31段目から40段目を「 十回向」 (31段目を初回向、32段目を二回向、33段目を三回向……40段目を十回向) 41段目から50段目を「 十地」、 (41段目を初地、42段目を二地、43段目を三地……50段目を十地) といいます。 51段目は、ほとんどと等しいということで、「 等覚」と言われます。 そして一番上の、下から数えて52段目のさとりが「 仏覚(ぶっかく)」と言われ、です。 これ以上、上が無い、「 無上覚(むじょうかく)」といわれたり、妙なるさとり、「 妙覚(みょうかく)」とか、「 阿耨多羅三藐三(あのくたらさんみゃくさんぼだい)」ともいわれ、には色々な名前があります。 崩れないさとり このさとりの52位の中で、40段目までを「 退転位(たいてんい)」といい、41段目以上を「 不退転位(ふたいてんい)」といいます。 「 退転(たいてん)」とは、油断するとさとりが崩れることをいいます。 ですから、2段目、3段目とさとっても、気を抜くと、がらっと崩れて元の木阿弥になってしまいます。 そして41段目以上の「 不退転位」まで行くと、どんなことがあっても崩れないさとりの位となります。 さとりを開くことを山登りにたとえると? さとりを開くことを山登りにたとえると、最初はみんな「 凡夫(ぼんぶ)」といわれ、1段もさとりを開いていませんから、山のふもとにいるようなものです。 それが、山に登り始めて、一合目まで登ると、ふもとにいたときより、遠くまで見えるようになります。 二合目まで登ると、もっと遠くまで見えるようになります。 二合目より三合目、三合目より四合目と、登れば登るほど見える景色が広がっていきます。 51段までいっても、山の片側しか見えませんが、頂上まで登りつめたとき、360度ぐるりと見渡せるようになりす。 そのように、さとりの段階を登って行き、最後、52段のに到達すると、大宇宙ののすべてを体得できるのです。 これまでさとりを開けた人は? 今日まで、地球上でを開かれた方は、 「 釈迦の前に仏なし、釈迦の後に仏なし」と言われるように、お釈迦さまただお一人です。 人類の歴史上、52段目の最高のさとりまで到達できたのはただ一人ですが、2番目は誰かというと、お釈迦さまの700年後、インドに生まれられた菩薩です。 41段のさとりを開かれました。 その200年後には、無著菩薩が、同じく41段のさとりを開かれています。 人類で2番目に高いさとりを開いたのは、この龍樹菩薩と無著菩薩で、41段です。 面壁九年という手足が腐るほど厳しいをしてを開いたでも、30段程度だったといわれます。 を開いた天台は、臨終に、弟子の智朗から、 「 先生はどのあたりまでさとりを開かれたのですか?」 と聞かれて、 「 一人でに打ち込んでいれば、多分10段まで行っただろうけど、弟子の指導育成に当たっていたために、そこまで行けなかった」 と答えています。 八宗の祖師といわれて、あらゆる宗派から尊敬される 龍樹菩薩でも41段、 を開いたでも30段、 天台宗を開いた天台大師でも10段程度ですから、さとりを開くのがいかに難しいかわかります。 では、地球上で唯一を開かれたお釈迦さまが体得された大宇宙のとは何なのでしょうか? さとりの内容 大宇宙のといっても、数学的とか、科学的ではありません。 すべての人が本当の幸福になれるです。 これを「 (しんにょ)」といいます。 は、言葉で表せるものではなく、言葉を離れた世界なのですが、言葉でなければ伝えられません。 そのを体得され、仏のさとりを開かれた方を、仏とか、仏様、はたまたと言われるのです。 約2600年前、35歳でを開かれて、を体得されたのがです。 悟りの段階を決めた人は? たまに、「悟りの段階は誰が決めたんですか?」とか、 「どれ位悟ったかは誰が認定するんですか?」 と聞く人がありますが、さとりは誰かが決めたものではありません。 分かりやすくいいますと、お釈迦さまが仏のさとりまで到達されたところ、そこまで52の心の段階があることを発見されたのです。 その1段1段の心の変化について、1段悟るとこんなことが知らされてこんな境地になる、もう1段上るとこんなことが知らされてこんな境涯になるということを、お釈迦さまが説き明かされ、それがに書き残されているのです。 ですからさとりは、誰かが考え出した教えではありません。 ちょうど、ニュートンが万有引力の法則を作り出したのではないのと同じです。 万有引力の法則は、ニュートンが現れる前からあったのですが、それをニュートンが発見して法則として明らかにしたようなものです。 また、アメリカ大陸やヨーロッパからアメリカまでの距離は、コロンブスが決めたわけではありません。 コロンブスが、アメリカに到達して、 「アメリカまで5700キロあります」 と言ったとき、それは誰が決めたということではなく、 実際にアメリカまで行ったところ、 5700キロあったので、そう言っているだけです。 ですから、万有引力の法則が、ニュートンの思想とは言われないように、また、アメリカまでの距離がコロンブスの思想と言われないように、仏教も、釈迦の思想というわけでもありません。 地球上で唯一、仏のさとりを開かれたお釈迦さまが、すべての人が本当の幸福になれる道を発見され、言葉を尽くして教えられたのが、仏教なのです。 では、そのすべての人が本当のになれる道とは何かということは、仏教の真髄ですが、メール講座と小冊子に分かりやすくまとめました。 ぜひ一度読んで見て下さい。 メニュー•

次の

悟り(さとり)とは何? Weblio辞書

悟りとは

悟りを開くことの意味を知って実践している人物は、物質や他人に対する欲望や欲求、私利私欲という強い執着を断ち切って解放されています。 かごの中の鳥ではなく、解き放たれて、自由に大空を飛び回る鳥が、悟りを開いた人の姿です。 このように物質的なものや、流行や価値観の縛りや執着から完全に開放されている悟りを開いた人の生活は実にシンプルです。 余計な欲望や虚栄といったものをすべて削ぎ落した生活、とにかく必要最低限のものしか所持しませんし、最低限生活できる住居で、質素なものを食べて暮らしています。 仕事は、私利私欲や自己栄達のためではなく、世の中のためを思ってやるので、求められればクオリティの高い仕事を、損得関係なくこなします。 会社組織などは、一般にとても「泥臭い」場所です。 逆に良い言い方をすれば、とても「人間臭い」場所と言えます。 そのような組織で上手くやっていくには、やはり世俗的な人間である必要が多分にあります。 悟りを開くことの意味を知り、実践している人物は、執着から解放されているので、正しいことは正しい、間違いは間違い、と常に正しい判断を下します。 このことは、人間集団である会社組織には非常に煙たいことであったりもします。 そのため、悟りを開くことの意味を知り、実践している人物は、このような組織においては、仕事がどんなにできても煙たがられる存在で、距離を置かれます。 その結果、いくら仕事ができてもあまり出世することができないというデメリットがあります。

次の

悟り(さとり)とは(52種類)

悟りとは

二元の意識にいる自我は非二元(悟り)をそもそも理解できないので、 反発や抵抗を抱いたりしますが、 そういう自我さえも全てOKなんだよと、あたたかく包み込んでくれる本です。 読んでいるうちに自我が受け入れられていき、癒されていきました。 非二元の世界をただ語るのではなく、今の自分にでできること、今ここで迷ったり、 穴に落ちて抜け出せなくなっていることなどに対して、 そうそう、それでいいんだった、と何度も思い出させてもらえたり、 気づかせてもらえたりしました。 ありのままを受け入れることって結構大変に感じるけれど、 昨今のスピリチュアルと呼ばれる、夢の中を心地よく過ごす方法で 真の癒しを感じられないことに気づいた方にはお薦めの書だと思います。 You tubeでこの方の一回15分ぐらいにまとめられているメッセージを見て、心の奥深いところが共鳴するような感じで涙とともに感情が溢れてきました。 その体験は魂を揺さぶるような体験で、その後自然にこちらの本や2冊目の本、それから覚醒スカイプレッスンを受けています。 私も以前は全て「無い」で終わらせる非二元ティーチャーのお話を伺ったりして「無い」のもわかるけどやっぱり今ここに感じる辛さ、モヤモヤ。。 模索は続いていました。 中野さんに出会えて、それがそのままでいいんだ。 と一歩受け入れられるようになり、まだまだ途上の気はしますが、気づきは確実に広がった気がします。 感情に抑圧、愛の人になりたいという理想が強い私にとってはまさに助け舟のような素晴らしい本でした。 おすすめします。 わたしは、この本を読んだことがきっかけで、 中野さんの覚醒セッションを受けています。 この本からもにじみ出ているように、 中野さんはとても平穏で、平和な、菩薩のような方です。 本にも載っている、インナーボディのワークは、 続けると本当に、自分をとりまく世界のフレッシュな、きらめきを感じますよ。 男性ファッション誌にも寄稿を依頼されるなど、 時代が中野さんを必要としている、 みんなが癒やしや覚醒を必要としているのではと感じます。

次の