スコ ヒア ファーマ。 ベンチャーブームに沸く日本人が知らない壁

株式会社スコヒアファーマの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

スコ ヒア ファーマ

製薬企業の間で、実用化の可能性がありながら経営の都合で研究開発を断念した事業を、ベンチャー企業に移す取り組みが広がっている。 大日本住友製薬は15年以上研究してきた痛みの治療薬について「研究の優先度は低い」と経営判断し、ベンチャーを設立して特許権を移転。 独立したベンチャーが実用化を目指している。 新薬の研究開発は莫大(ばくだい)な時間と資金、人材を要するため、同時に進められる数は限られ、ストップするケースは少なくない。 こうした事業のベンチャーへの移転は、新薬を世に送り出す方法の一つとして期待される。 常勤するのは、3月末まで大日本住友の社員としてこの研究や治験に携わってきた小山田義博代表取締役(50)、林洋次取締役(49)の2人だ。 開発中の疼痛(とうつう)薬は、末梢(まっしょう)神経の痛みの原因である遺伝子変異の働きを妨げるという。 ただ、大日本住友は現在、がんと精神神経、再生医療の研究開発に重点を置き、痛みの分野は優先順位が低い。 この薬は15年も研究し、平成28年までに安全性を確かめる治験(臨床試験)を米国、欧州、日本で済ませたが、その後、開発計画はストップした。 林氏は「アメリカの開発トップに継続を直訴したこともあるが、将来性は理解してもらっても、経営判断から優先順位が上がることはなかった」と振り返る。 現在、アルファナビファーマは大日本住友の研究所の一部を間借りして研究開発を継続。 京大と秋田大が共同研究を進める「小児四肢(しし)疼痛発作症」の治療薬として令和7年の実用化を目指している。 小児四肢疼痛発作症は、寒いときなどに手足が痛む疾患。 アルファナビファーマ技術顧問の小泉昭夫・京大名誉教授は、開発中の新薬について「副作用が少ないため、遺伝子変異に効くことが証明されれば、小児四肢疼痛発作症だけでなく、糖尿病や炎症などのあらゆる痛みに適応が拡大される可能性もある」と話す。 今年、アイルランドの製薬大手シャイアーを6兆円超で買収して世界のメガファーマ(巨大製薬企業)に名を連ねた武田薬品工業は、事業の選択と集中を進める一環としてカーブアウトを積極活用している。 糖尿病や高血圧症などの新薬候補の研究開発を切り出した「スコヒアファーマ」をはじめ、がん創薬ベンチャー、薬効薬理や安全性評価を行う部門を切り離した企業などを次々と生み出してきた。 製薬業界でカーブアウトが広まる背景には、独特の産業構造がある。 一般的に新薬の研究開発から発売までには10年から15年、費用は1000億円近くかかるとされ、同時に進められる計画には限りがあるからだ。 だからこそ、独立して薬を世に出すチャンスに懸けた」と話す。 大日本住友の馬場博之執行役員は、「貴重な新薬候補を無駄にしないよう、今後も事業の切り出しを含め、さまざまな選択肢を模索したい」と話す。 カーブアウトした事業が成功すれば、反対に製薬企業が買い戻す例もある。 塩野義製薬は今年6月、同社から平成27年に事業分離したベンチャー「ピオニエ」を買収したと発表した。 ピオニエが外部資金を活用して新薬候補の研究を続けた結果、薬効や安全性を確認できたためで、開発は塩野義が引き継ぐ。 ピオニエ設立を支援した大阪商工会議所では「ベンチャーとして事業分離することで、外部の資金や人材を活用して研究開発を加速できた。 今後もカーブアウトによる創薬事業化を支援したい」としている。

次の

バイオ業界はこの約10年でどれだけ進化したか?:日経バイオテクONLINE

スコ ヒア ファーマ

INDEX• 透析導入の原疾患で最多 糖尿病性腎症は、糖尿病の代表的な合併症の1つ。 糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害とともに、糖尿病の3大合併症に数えられます。 慢性腎臓病(CKD)の一種で、糖尿病による高血糖状態が長期間続くことで発症。 腎臓の糸球体(毛細血管が球状に絡まった組織)の血管が壊れ、血液中の老廃物を濾過することができなくなり、さまざまな障害を引き起こします。 2型糖尿病の場合、患者の半数程度が糖尿病性腎症を発症すると言われています。 はじめのうちは自覚症状はありませんが、進行するとやがて尿がつくれなくなり、透析に至ります。 日本透析医学会によると、糖尿病性腎症は1998年以降、毎年新たに透析を開始する人の原疾患で最も多く、2017年は透析導入患者4万959人の42. 糖尿病性腎症は、進行すると透析のリスクが高まるうえ、病態の改善や進展抑制が難しくなるため、早い段階で治療を開始することが重要とされています。 治療は血糖と血圧のコントロールが基本で、進行するとタンパク質の制限が必要になります。 進行を阻止するためにレニン-アンジオテンシン系阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬=ACE阻害薬やアンジオテンシン2受容体拮抗薬=ARB)の投与が推奨されていますが、アンメットメディカルニーズは高く、新たな薬剤の開発が求められています。 世界初「腎機能改善薬」がP3 アンメットニーズの高い糖尿病性腎症ですが、国内では現在、7つの新薬が臨床第3相(P3)試験を実施中。 抗酸化炎症モジュレーターやミネラルコルチコイド受容体(MR)拮抗薬、ASK1阻害薬、SGLT2阻害薬と作用機序も多様で、近い将来、治療選択肢は大きく広がりそうです。 協和キリンが開発を進める「RTA402」(一般名・バルドキソロンメチル)は、抗酸化炎症モジュレーター。 米リアタ・ファーマシューティカルズからの導入品で、国内で先駆け審査指定制度の対象に指定されています。 体内のストレス防御反応で中心的な役割を果たす転写因子「Nrf2」を活性化する作用機序を持ち、抗酸化ストレス作用や抗炎症作用により腎機能を改善すると考えられています。 腎機能を改善する薬剤は承認されておらず、世界初の「腎機能改善薬」として期待されています、国内P2試験(TSUBAKI試験)では、イヌリンクリアランス法で測定したGFR(糸球体濾過量)を改善。 エサキセレノンは21年の承認見込む MR拮抗薬では、第一三共のエサキセレノン(製品名・ミネブロ)とバイエル薬品のフィネレノン(開発コード・BAY94-8862)がP3試験を、田辺三菱製薬の「MT-3993」がP2試験を行っています。 ミネラルコルチコイド受容体は、血液中の電解質のバランスを制御するステロイドホルモンの受容体。 MR拮抗薬は、腎臓に存在するミネラルコルチコイド受容体に作用し、腎臓を障害するアルドステロンとの結合を阻害することで、腎保護作用を示すと考えられています。 エサキセレノンは今年5月に高血圧症の適応で発売されており、11月には糖尿病性腎症を対象に行った国内P3試験(ESAX-DN試験)の結果を発表。 第一三共は2021年の承認取得を目指しています。 期待高まるSGLT2阻害薬 糖尿病治療薬として販売されているSGLT2阻害薬も、腎臓への適応拡大に向けた開発が進みます。 国内では現在6成分7品目のSGLT2阻害薬が販売中ですが、このうち田辺三菱製薬の「カナグル」(カナグリフロジン)とアストラゼネカ(販売は小野薬品工業)の「フォシーガ」(ダパグリフロジン)、日本ベーリンガーインゲルハイムの「ジャディアンス」(エンパグリフロジン)がP3試験を実施中です。 カナグリフロジンは、海外導出先の米ヤンセンが今年9月、糖尿病性腎症の腎・心血管リスク低減の適応で米国で承認を取得。 フォシーガとジャディアンスは、糖尿病のない患者も含め、CKDを対象に開発を行っています。 このほか、P2試験の段階には、帝人ファーマの非プリン型キサンチンオキシダーゼ阻害薬「TMX-049DN」と、武田薬品工業からカーブアウトしたスコヒアファーマの直接的レニン阻害薬「SCO-272」(イマリキレン)があり、スコヒアファーマはエンテロペプチダーゼ阻害薬「SCO-792」でもP1試験を実施中。 (前田雄樹).

次の

研究断念、ベンチャーに継承 製薬大手に広まる「カーブアウト」:イザ!

スコ ヒア ファーマ

INDEX• 透析導入の原疾患で最多 糖尿病性腎症は、糖尿病の代表的な合併症の1つ。 糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害とともに、糖尿病の3大合併症に数えられます。 慢性腎臓病(CKD)の一種で、糖尿病による高血糖状態が長期間続くことで発症。 腎臓の糸球体(毛細血管が球状に絡まった組織)の血管が壊れ、血液中の老廃物を濾過することができなくなり、さまざまな障害を引き起こします。 2型糖尿病の場合、患者の半数程度が糖尿病性腎症を発症すると言われています。 はじめのうちは自覚症状はありませんが、進行するとやがて尿がつくれなくなり、透析に至ります。 日本透析医学会によると、糖尿病性腎症は1998年以降、毎年新たに透析を開始する人の原疾患で最も多く、2017年は透析導入患者4万959人の42. 糖尿病性腎症は、進行すると透析のリスクが高まるうえ、病態の改善や進展抑制が難しくなるため、早い段階で治療を開始することが重要とされています。 治療は血糖と血圧のコントロールが基本で、進行するとタンパク質の制限が必要になります。 進行を阻止するためにレニン-アンジオテンシン系阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬=ACE阻害薬やアンジオテンシン2受容体拮抗薬=ARB)の投与が推奨されていますが、アンメットメディカルニーズは高く、新たな薬剤の開発が求められています。 世界初「腎機能改善薬」がP3 アンメットニーズの高い糖尿病性腎症ですが、国内では現在、7つの新薬が臨床第3相(P3)試験を実施中。 抗酸化炎症モジュレーターやミネラルコルチコイド受容体(MR)拮抗薬、ASK1阻害薬、SGLT2阻害薬と作用機序も多様で、近い将来、治療選択肢は大きく広がりそうです。 協和キリンが開発を進める「RTA402」(一般名・バルドキソロンメチル)は、抗酸化炎症モジュレーター。 米リアタ・ファーマシューティカルズからの導入品で、国内で先駆け審査指定制度の対象に指定されています。 体内のストレス防御反応で中心的な役割を果たす転写因子「Nrf2」を活性化する作用機序を持ち、抗酸化ストレス作用や抗炎症作用により腎機能を改善すると考えられています。 腎機能を改善する薬剤は承認されておらず、世界初の「腎機能改善薬」として期待されています、国内P2試験(TSUBAKI試験)では、イヌリンクリアランス法で測定したGFR(糸球体濾過量)を改善。 エサキセレノンは21年の承認見込む MR拮抗薬では、第一三共のエサキセレノン(製品名・ミネブロ)とバイエル薬品のフィネレノン(開発コード・BAY94-8862)がP3試験を、田辺三菱製薬の「MT-3993」がP2試験を行っています。 ミネラルコルチコイド受容体は、血液中の電解質のバランスを制御するステロイドホルモンの受容体。 MR拮抗薬は、腎臓に存在するミネラルコルチコイド受容体に作用し、腎臓を障害するアルドステロンとの結合を阻害することで、腎保護作用を示すと考えられています。 エサキセレノンは今年5月に高血圧症の適応で発売されており、11月には糖尿病性腎症を対象に行った国内P3試験(ESAX-DN試験)の結果を発表。 第一三共は2021年の承認取得を目指しています。 期待高まるSGLT2阻害薬 糖尿病治療薬として販売されているSGLT2阻害薬も、腎臓への適応拡大に向けた開発が進みます。 国内では現在6成分7品目のSGLT2阻害薬が販売中ですが、このうち田辺三菱製薬の「カナグル」(カナグリフロジン)とアストラゼネカ(販売は小野薬品工業)の「フォシーガ」(ダパグリフロジン)、日本ベーリンガーインゲルハイムの「ジャディアンス」(エンパグリフロジン)がP3試験を実施中です。 カナグリフロジンは、海外導出先の米ヤンセンが今年9月、糖尿病性腎症の腎・心血管リスク低減の適応で米国で承認を取得。 フォシーガとジャディアンスは、糖尿病のない患者も含め、CKDを対象に開発を行っています。 このほか、P2試験の段階には、帝人ファーマの非プリン型キサンチンオキシダーゼ阻害薬「TMX-049DN」と、武田薬品工業からカーブアウトしたスコヒアファーマの直接的レニン阻害薬「SCO-272」(イマリキレン)があり、スコヒアファーマはエンテロペプチダーゼ阻害薬「SCO-792」でもP1試験を実施中。 (前田雄樹).

次の