きめつのやいば イラスト カナヲ。 【鬼滅の刃】最新202話 カナヲと炭治郎と恋【きめつのやいば】(鬼滅の刃 202、203)

炭カナ (たんかな)とは【ピクシブ百科事典】

きめつのやいば イラスト カナヲ

の髪型や紫色の瞳・スカートやブーツ等の洋服が特徴的である。 身に着けている羽織は無地の単純なもの。 炭治郎と同日に最終選別に挑み、これを生き残った五人の内の一人だが、炭治郎を含めた他の三人(は集合場所にいなかったため不明)が満身創痍であったのに対して、カナヲは 傷どころか土汚れひとつなく涼しい顔で選別を突破していた。 人物 花のように可憐なニヒリスト 常に穏やかに微笑んでいるが、自ら喋ることは殆どなく、感情が掴みにくいミステリアスな美少女。 最終選別終了時の揉め事にも一切興味を示していない。 見様見真似で呼吸を習得できるだけの才能を持ち、同期隊士の中では ・常中をいち早く習得しており、最終選別を簡単に突破したのは純粋に圧倒的な戦闘力を有していたからであった。 幼少期は貧しい家に生まれ、両親から虐待を受けて育った(兄弟が何人かいたが、殆どが虐待による暴力で命を落とした模様)。 やがてその中で苦しみから逃れるために心を閉ざし(当人の言では 『ある日ぷつんと音がして 何も辛くなくなった』らしく精神崩壊に近い)、親に売られ人買いに縄で連れ歩かされているところを・しのぶ姉妹に保護されたが、その頃には自分の頭で考えて行動できなくなっていた。 当人曰く「全てがどうでもいいから何も決められない」ため言われないと何もできず、食事をするかどうかさえ自分で決められなかった。 そのため指示されていないことはカナエに貰った「表」「裏」と書かれた銅貨を投げて決めている。 ちなみに、彼女が着けている蝶の髪飾りはカナエの 形見である事が後に判明した。 に入った理由は、世話になっているで家事や怪我人の治療を達の様に上手く出来なかったからであった。 カナエとしのぶからは認められなかったが、カナヲは上記の通り見様見真似で""を使えるようになっており、更に最終選別に 無断で参加し突破してしまう。 それは鬼に家族を殺されたアオイや達、両親や姉、継子達を亡くしたしのぶを見ていて、次第にを許せない気持ちが強くなっていった末の行動であり、 間違いなく彼女の意志であった。 以降はずっとカナヲが自分の意志で行動しているとは思っておらず心配するしのぶから、とにかく迷わず、考えず、鬼の頚を斬るよう言い聞かされていた。 『表が出たらカナヲは心のままに生きる!』 炭治郎との出会いを経てからは 「この世にどうでもいいことなんて無い」「人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる」と激励され、少しずつであるが銅貨に頼らず「心のままに」行動する事が多くなった。 具体例としては、に無理矢理任務に連れて行かれそうになったアオイとなほを助けようと(直前まで銅貨を使うか否か葛藤した末に)宇髄を引き止めたり、遊郭での戦いで負った傷により二ヶ月間眠り続けていた炭治郎の意識が戻った際には、涙を流しながら安堵の言葉を漏らすなどしている。 その他 なお、「栗花落」という苗字はいくつかの候補の中からカナヲ本人が決めたものであり、カナエとしのぶの「胡蝶」以外にはアオイの「神崎」、「久世(くぜ)」「本宮(もとみや)」などが候補に挙がっていた。 姉妹が欲しかったアオイは、自分の苗字を激推しして横から口出ししていたという(19巻の大正コソコソ話より)。 栗花落カナヲのみが行使できる、特殊な 絶技。 行使している間は、相手の動きがスローモーションのように映る……認識時間そのものが拡張していることから、脳内を意図的に過剰分泌させての、への強制移行も推察される。 ただし言うまでもなく、カナヲの視神経が受ける負荷も絶大であり、網膜血管が破裂寸前まで拡張して、が彼岸花の如く朱に染まるほど。 このため技の使用時間に比例して、のリスクが高まっていく。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 カナヲの隊服は状の特別なものが支給されている(単行本情報によると正確にはらしい)。 初期のころは膝下まである長さだったが、なぜか回が進むにつれて短くなった(推察される原因については、を参照)。 更に履物は草履ではなくブーツを使用しているなど、と同じく全体的に洋装寄りのデザインとなっている。 ネタバレA 無限城内部での対「」戦。 ネタバレB 鬼の首魁「」との最終決戦及び「」。 ネタバレC。 ネタバレA 無惨によって鬼殺隊が無限城へと落とされた後、カナヲは仲間達を探して城内を駆け回った。 その先で彼女を待ち受けていた運命は・・・。 以降の詳細については、 を参照。 勿論 ネタバレ注意。 ネタバレB 無限城崩壊後は、と共に皆と合流。 の札を使い姿を消した上で無惨に攻撃を仕掛けるが、無惨の全方位攻撃によって仲間達は戦闘不能となり、運良く直撃を免れたカナヲも札が斬られた事で無惨に見付かってしまう。 絶望的な状況の前に成す術も無く座り込むカナヲに容赦なく無惨が襲い掛かろうとしたその時、死の淵から復活した炭治郎が参戦。 間一髪でカナヲは助かり、炭治郎の手で隠に託された。 更にそれ以降の詳細は を参照。 ネタバレ注意。 ネタバレC を参照。 ネタバレ注意。

次の

【鬼滅の刃 考察】163話|涙涙!【きめつのやいば ネタバレ】

きめつのやいば イラスト カナヲ

の髪型や紫色の瞳・スカートやブーツ等の洋服が特徴的である。 身に着けている羽織は無地の単純なもの。 炭治郎と同日に最終選別に挑み、これを生き残った五人の内の一人だが、炭治郎を含めた他の三人(は集合場所にいなかったため不明)が満身創痍であったのに対して、カナヲは 傷どころか土汚れひとつなく涼しい顔で選別を突破していた。 人物 花のように可憐なニヒリスト 常に穏やかに微笑んでいるが、自ら喋ることは殆どなく、感情が掴みにくいミステリアスな美少女。 最終選別終了時の揉め事にも一切興味を示していない。 見様見真似で呼吸を習得できるだけの才能を持ち、同期隊士の中では ・常中をいち早く習得しており、最終選別を簡単に突破したのは純粋に圧倒的な戦闘力を有していたからであった。 幼少期は貧しい家に生まれ、両親から虐待を受けて育った(兄弟が何人かいたが、殆どが虐待による暴力で命を落とした模様)。 やがてその中で苦しみから逃れるために心を閉ざし(当人の言では 『ある日ぷつんと音がして 何も辛くなくなった』らしく精神崩壊に近い)、親に売られ人買いに縄で連れ歩かされているところを・しのぶ姉妹に保護されたが、その頃には自分の頭で考えて行動できなくなっていた。 当人曰く「全てがどうでもいいから何も決められない」ため言われないと何もできず、食事をするかどうかさえ自分で決められなかった。 そのため指示されていないことはカナエに貰った「表」「裏」と書かれた銅貨を投げて決めている。 ちなみに、彼女が着けている蝶の髪飾りはカナエの 形見である事が後に判明した。 に入った理由は、世話になっているで家事や怪我人の治療を達の様に上手く出来なかったからであった。 カナエとしのぶからは認められなかったが、カナヲは上記の通り見様見真似で""を使えるようになっており、更に最終選別に 無断で参加し突破してしまう。 それは鬼に家族を殺されたアオイや達、両親や姉、継子達を亡くしたしのぶを見ていて、次第にを許せない気持ちが強くなっていった末の行動であり、 間違いなく彼女の意志であった。 以降はずっとカナヲが自分の意志で行動しているとは思っておらず心配するしのぶから、とにかく迷わず、考えず、鬼の頚を斬るよう言い聞かされていた。 『表が出たらカナヲは心のままに生きる!』 炭治郎との出会いを経てからは 「この世にどうでもいいことなんて無い」「人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる」と激励され、少しずつであるが銅貨に頼らず「心のままに」行動する事が多くなった。 具体例としては、に無理矢理任務に連れて行かれそうになったアオイとなほを助けようと(直前まで銅貨を使うか否か葛藤した末に)宇髄を引き止めたり、遊郭での戦いで負った傷により二ヶ月間眠り続けていた炭治郎の意識が戻った際には、涙を流しながら安堵の言葉を漏らすなどしている。 その他 なお、「栗花落」という苗字はいくつかの候補の中からカナヲ本人が決めたものであり、カナエとしのぶの「胡蝶」以外にはアオイの「神崎」、「久世(くぜ)」「本宮(もとみや)」などが候補に挙がっていた。 姉妹が欲しかったアオイは、自分の苗字を激推しして横から口出ししていたという(19巻の大正コソコソ話より)。 栗花落カナヲのみが行使できる、特殊な 絶技。 行使している間は、相手の動きがスローモーションのように映る……認識時間そのものが拡張していることから、脳内を意図的に過剰分泌させての、への強制移行も推察される。 ただし言うまでもなく、カナヲの視神経が受ける負荷も絶大であり、網膜血管が破裂寸前まで拡張して、が彼岸花の如く朱に染まるほど。 このため技の使用時間に比例して、のリスクが高まっていく。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 カナヲの隊服は状の特別なものが支給されている(単行本情報によると正確にはらしい)。 初期のころは膝下まである長さだったが、なぜか回が進むにつれて短くなった(推察される原因については、を参照)。 更に履物は草履ではなくブーツを使用しているなど、と同じく全体的に洋装寄りのデザインとなっている。 ネタバレA 無限城内部での対「」戦。 ネタバレB 鬼の首魁「」との最終決戦及び「」。 ネタバレC。 ネタバレA 無惨によって鬼殺隊が無限城へと落とされた後、カナヲは仲間達を探して城内を駆け回った。 その先で彼女を待ち受けていた運命は・・・。 以降の詳細については、 を参照。 勿論 ネタバレ注意。 ネタバレB 無限城崩壊後は、と共に皆と合流。 の札を使い姿を消した上で無惨に攻撃を仕掛けるが、無惨の全方位攻撃によって仲間達は戦闘不能となり、運良く直撃を免れたカナヲも札が斬られた事で無惨に見付かってしまう。 絶望的な状況の前に成す術も無く座り込むカナヲに容赦なく無惨が襲い掛かろうとしたその時、死の淵から復活した炭治郎が参戦。 間一髪でカナヲは助かり、炭治郎の手で隠に託された。 更にそれ以降の詳細は を参照。 ネタバレ注意。 ネタバレC を参照。 ネタバレ注意。

次の

【どうぶつの森】マイデザイン鬼滅の刃QRコードカナヲまとめ|みかんと傘とコッペパン。

きめつのやいば イラスト カナヲ

漫画研究所です。 今回の記事は「鬼滅の刃・163話」についてです。 今回は「5人の勝利!」といったところでしょうか。 カナエ・しのぶ・カナヲ、そして伊之助。 最後の1人は伊之助の母です。 伊之助の母である琴葉も、伊之助を崖から落とすことで生かし、最終的にその伊之助が仇討ちに大きく貢献しました。 童磨討伐に伊之助はなくてはならない存在でしたので、琴葉も童磨討伐に貢献したと言えるでしょう。 今回は、私的に非常に後味のいい終わり方となりました。 本当に何も感じていないようですね。 そして童磨には、変異のような現象は現れませんでした。 負けたことが悔しいという気持ちもないようです。 童磨の過去も少し出てきました。 色狂いの父を殺した母も服毒自殺。 壮絶な過去ですね。 しかし、それが原因で感情を失ったというわけではなく、童磨は生まれつき感情が無かったようです。 両親が死んだ時も、部屋を汚さないでほしいとか、血の匂いを早く換気しなきゃと、すごく合理的な判断をしています。 でも、こういう人ってたまにいませんか?笑 人間の中にもいたような気がします。 しのぶさん しのぶさんは童磨に、最期の挨拶をしにきたようです。 これで安心して成仏できるということは、しのぶさんは成仏できていなかったのですね…。 気色悪いので名前を呼ぶなというしのぶさん。 気色悪いのに首は持てるようです笑 今回のしのぶさんの毒は、珠世さんの協力もあり、一気に発動し、最速で殺せるように仕組まれていたのでしょう。 途中で毒に気付かれていた場合、解毒されていたかもしれません。 そして、最期の最期で童磨の恋が芽生えました。 これは驚きの展開でした。 最期のシーンは少し可愛くも思えました。 しのぶさんは一瞬驚きながらも 「とっととくたばれ糞野郎」 と、最大限の悪態をつきました。 このときのしのぶさんの笑顔は、何だか嬉しそうなようにも見えます。 仇討ちも終わり、童磨が本当にしょうもない奴だと改めて知り、気持ちが晴れたのかもしれません。 伊之助 伊之助は、母の愛を思い出したようですね。 赤ん坊の頃のことなので、思い出したというよりは「理解した」と言う方が正しいかもしれません。 炭治郎の 「そんなふうに言わないであげてくれよ」 という言葉も良かったですね。 炭治郎は、母親がどれだけ子供を愛しているのか知っています。 そうでない親がいたとしても、そうは言ってほしくない。 そして炭治郎は 「伊之助のお母さんはきっと、伊之助のことが大好きだったと思うよ」 と続けました。 炭治郎は、伊之助の母である琴葉が、伊之助を大好きだったことを知っているわけではありませんが、この言葉によって伊之助は救われました。 伊之助は感受性の豊かな人物です。 しのぶさんが童磨に殺されたと知ったときも、激怒していました。 煉獄さんが亡くなったときも号泣していましたね。 伊之助はとても優しく魅力的なキャラクターです。 カナヲ カナヲの過去も少し出てきました。 カナエさんが亡くなったとき、カナヲだけは泣くことができなかったようです。 それは、過去の虐待により、感情を失っていたからでした。 カナヲはごめんなさいと言っていますが、カナヲに責任はありません。 過去に虐待を受けていたカナヲは、泣くと蹴飛ばされ、引きずり回されて水に浸けられていたそうです。 虐待をしているのは、鬼のような形相の人間。 人間でありながら、鬼にも勝る非道さ。 童磨のほうがまだ可愛い気すらします。 兄弟が殺されることもあったそうです。 そんなカナヲも、カナエとしのぶによってここまで持ち直してきました。 そして、2人の助言通り仲間を大切にし、結果として伊之助の参戦、童磨を討つことに成功しました。 問題はカナヲの右目です。 ほとんど見えていないということから、まだ完全に失明したわけではなさそうです。 短時間しか技を使わなかったため、この程度で済んだようです。 しかし、これからどうなるか。 回復して前線に復帰してくれるといいのですが。 このままフェードアウトというのは悲しいものです。 そして最後に、髪飾りを見つけたカナヲは今まで無意識に抑えられていた感情があふれ出し、涙を流しました。 感情を取り戻してくれて、本当に良かった。 まとめ的なもの 次号では、泣いてるカナヲに伊之助が気を遣おうとするものの、うまくできずにあたふたするといったシーンがありそうです。 そして、黒死牟さんや無惨さんもお怒りになるかと思われます。 このまま上弦が倒されていくと、そのうち無惨さんだけになってしまいますよね。 そこで一つ考えたのは、上弦以上の何か違う存在が生まれることはないのかということです。 上弦、下弦というのは半月のことなので、満月にちなんだ存在とか…。 しかし、今までにそんな話は一切なかったので、期待は薄いところです。 鬼滅の刃も約ネバも、今のジャンプを支える看板作品だと思うので、まだまだ続いてほしいところです。 今後の新展開に期待しましょう。

次の