シャッフルおじさん。 宇多丸と高橋ヨシキ 高野政所『前科おじさん』を語る

ヘルメットおじさんの初登場はいつ?なぜ被っているの?世界の果てまでイッテQ

シャッフルおじさん

こんばんは! 「内定」に2文字加えるだけで 「内定切り」になることが発覚して青ざめています。 どうも、こんばんは。 皆さん 沖縄の曲って聴いてことありますか? 沖縄出身の歌手多いですよね。 みんなみんな歌が上手いです。 そんな沖縄出身の歌手の方々、 どなたも独特な歌いかたをするのが気になった方っていらっしゃいませんか? 今日久々に1個下の後輩と帰宅した際にその話になったので記事を書かせていただきました。 僕がリスペクトしまくる 高橋幸宏さんってドラマーの方が居ます。 YMOのドラムですね!以前でも紹介しました!!! そんな幸宏さん曰く、 沖縄のリズムは微妙にシャッフルしているそうです。 以前後輩の前でボイスパーカッション講座をさせていただいた時の資料から転載します。 近現代のコンピューターの発展により、いろんな演奏技術が発達していくなかで、日本を代表する名ドラマーである高橋幸宏さんは 8分音符を12等分することで沖縄特有のリズムがもつグルーヴ ハネ を解析しようとしました。 その結果幸宏さん曰く、 沖縄のリズムは14:10の割合でリズムが刻まれており、その誤差が 3連符まではハネがどこか躍動感のあるリズムを生み出していると言います。 早速幸宏さんも例にあげていた 「ハイサイおじさん」の音源を聴いてみたいと思います。 たしかに ハネていますね。 しかも 3連符ではないですね。 耳では本当に14:10なのかわかりませんが、たぶんそうなのでしょう。 笑 続いて夏川りみさんの涙そうそう。 確かに 若干ながら8ビートが鈍っているのがわかります。 このなまりが沖縄独特のリズムを創出しているのではないかな?と素人ながらに僕は思います。 是非こういうのが好きな人は 色んな音楽を聴いて曲のグルーブをつきつめていくと面白いかも知れません。 ただし突き詰める際に1人で突っ走ってしまうとメンバーに迷惑がかかるだけでなく、音楽的にも物理的にも孤立してしまいます…。 突きつめる際は必ずことわり、理解を得てからにしましょう。

次の

spotifyのCMのシャッフルおじさんは本多力?声の特徴がそっくり!

シャッフルおじさん

Spotifyの無料会員と有料会員の違い まずは Spotifyの無料会員と有料会員の違いについてです。 Spotifyの公式サイトによると、ザッと上の様な違いとなっています。 強制シャッフルプレイ• 広告の有無• スキップ(曲送り)の回数制限• オフラインでの音楽再生• 全トラックの再生• 音質の選択 以上の6つについて書いてあるのですが、実際には 「おすすめの曲の再生」という7つ目の違いもあります。 これは「広告」に入るのかも知れませんが、よく分かりません。 Spotifyを無料で使っている上で一番ストレスになることは何か? 上で挙げた様に、Spotifyの無料版と有料版には、大きく7つの違いがあります。 この7つの違いのうち、 無料ユーザーとしてやっていく上で一番ストレスになる事は何か・・・といえば、これは間違いなく「おすすめの曲の再生」だと思います。 おすすめの曲はプレイリストの終わりなどに再生されるのですが、数分ある曲をフルで聴かされた上に、更に連続して再生される可能性まである鬼仕様です。 好きな曲はプレイリストにまとめておくこと。 ラジオ感覚。 これは仕方ない。 以下の項で対策説明あり。 モバイルデータ通信で使うのは厳禁。 気になるなら有料会員しかない。 僕の感想としては、上の様な感じ・・。 まあ僕は「おすすめの曲」がかなり嫌だったので、今は有料会員として使用しています。 まだ無料のお試し期間ですが、このあと継続して有料会員でやっていく可能性もあります。 Spotifyの「おすすめの曲」と無料のまま戦う方法 僕は「おすすめの曲」の存在がきっかけになってSpotifyの有料会員になりました。 厳密には「スキップ(曲送り)」ではないのですが、ともかく 「おすすめの曲」を聴く必要がなくなります。 「おすすめの曲」には嫌らしい性質があります。 それは「プレイリスト毎に記憶されている」という性質です。 例えば プレイリストAでおすすめの曲が再生される様になった場合、プレイリストBに移動してからプレイリストAに戻っても、まだ先ほどの「おすすめの曲」が再生されるのです。 この為、例えば 「プレイリストAに聴きたい曲を入れていてもおすすめの曲がジャマして聴けない」という事が起こります。 これに対応する方法としては 「プレイリストの複数作成」が有効です。 例えばA、B、C・・・と複数のプレイリストを作り、そのそれぞれに好きな曲(同じ曲)を入れておくのです。 そして 「プレイリストAでおすすめの曲が再生されたら、プレイリストBに移動」をします。 ちょっと面倒ですが、これを繰り返すことで「おすすめの曲」から逃げ続ける事が出来ます。 「おすすめの曲にジャマされて、聴きたい曲が聴けない」という状態には対応可能となります。 同一の曲で複数のプレイリストを作る事は出来ないかも?と心配もあったのですが、問題なく作成可能でした。 「おすすめの曲」への対策はスキップ制限の対策にもなる 上で紹介した 「おすすめの曲」への対策は、無料会員のスキップ制限の対策にもなります。 スキップをする・・・ということは「今の曲が聴きたい曲とは違う曲」なはずです。 なのでまず「好きな曲を集めたプレイリスト」を作ります。 そしてさらに「1曲のみのプレイリスト」を作ることで、「スキップの代わりにプレイリストの移動」をして曲を選ぶ事が可能になります。 この際、 「おすすめの曲」への対処方法として、「同じ曲の入ったプレイリストを複数作る」というのがオススメです。 無料会員は使い勝手の面で、どうしても有料会員には勝てません。 これは当たり前ですし今後もどうしようもないのですが、ちょっとした工夫で何らかの対策は可能になったりします。 ぜひ試してみて下さい。

次の

Spotifyで1曲だけ(or複数の曲)をリピートする裏技!「おすすめの曲」も回避!

シャッフルおじさん

Spotifyの無料会員と有料会員の違い まずは Spotifyの無料会員と有料会員の違いについてです。 Spotifyの公式サイトによると、ザッと上の様な違いとなっています。 強制シャッフルプレイ• 広告の有無• スキップ(曲送り)の回数制限• オフラインでの音楽再生• 全トラックの再生• 音質の選択 以上の6つについて書いてあるのですが、実際には 「おすすめの曲の再生」という7つ目の違いもあります。 これは「広告」に入るのかも知れませんが、よく分かりません。 Spotifyを無料で使っている上で一番ストレスになることは何か? 上で挙げた様に、Spotifyの無料版と有料版には、大きく7つの違いがあります。 この7つの違いのうち、 無料ユーザーとしてやっていく上で一番ストレスになる事は何か・・・といえば、これは間違いなく「おすすめの曲の再生」だと思います。 おすすめの曲はプレイリストの終わりなどに再生されるのですが、数分ある曲をフルで聴かされた上に、更に連続して再生される可能性まである鬼仕様です。 好きな曲はプレイリストにまとめておくこと。 ラジオ感覚。 これは仕方ない。 以下の項で対策説明あり。 モバイルデータ通信で使うのは厳禁。 気になるなら有料会員しかない。 僕の感想としては、上の様な感じ・・。 まあ僕は「おすすめの曲」がかなり嫌だったので、今は有料会員として使用しています。 まだ無料のお試し期間ですが、このあと継続して有料会員でやっていく可能性もあります。 Spotifyの「おすすめの曲」と無料のまま戦う方法 僕は「おすすめの曲」の存在がきっかけになってSpotifyの有料会員になりました。 厳密には「スキップ(曲送り)」ではないのですが、ともかく 「おすすめの曲」を聴く必要がなくなります。 「おすすめの曲」には嫌らしい性質があります。 それは「プレイリスト毎に記憶されている」という性質です。 例えば プレイリストAでおすすめの曲が再生される様になった場合、プレイリストBに移動してからプレイリストAに戻っても、まだ先ほどの「おすすめの曲」が再生されるのです。 この為、例えば 「プレイリストAに聴きたい曲を入れていてもおすすめの曲がジャマして聴けない」という事が起こります。 これに対応する方法としては 「プレイリストの複数作成」が有効です。 例えばA、B、C・・・と複数のプレイリストを作り、そのそれぞれに好きな曲(同じ曲)を入れておくのです。 そして 「プレイリストAでおすすめの曲が再生されたら、プレイリストBに移動」をします。 ちょっと面倒ですが、これを繰り返すことで「おすすめの曲」から逃げ続ける事が出来ます。 「おすすめの曲にジャマされて、聴きたい曲が聴けない」という状態には対応可能となります。 同一の曲で複数のプレイリストを作る事は出来ないかも?と心配もあったのですが、問題なく作成可能でした。 「おすすめの曲」への対策はスキップ制限の対策にもなる 上で紹介した 「おすすめの曲」への対策は、無料会員のスキップ制限の対策にもなります。 スキップをする・・・ということは「今の曲が聴きたい曲とは違う曲」なはずです。 なのでまず「好きな曲を集めたプレイリスト」を作ります。 そしてさらに「1曲のみのプレイリスト」を作ることで、「スキップの代わりにプレイリストの移動」をして曲を選ぶ事が可能になります。 この際、 「おすすめの曲」への対処方法として、「同じ曲の入ったプレイリストを複数作る」というのがオススメです。 無料会員は使い勝手の面で、どうしても有料会員には勝てません。 これは当たり前ですし今後もどうしようもないのですが、ちょっとした工夫で何らかの対策は可能になったりします。 ぜひ試してみて下さい。

次の