コロナ 宝塚歌劇団。 宝塚歌劇団の公演再開は早い?|批判や反対もある中、新型コロナウイルス感染は大丈夫?

宝塚歌劇団 再び公演中止を発表 政府方針受け 再開は20日予定― スポニチ Sponichi Annex 芸能

コロナ 宝塚歌劇団

9日に再開も、自粛要請で直後に再度中止 2月26日に政府から大規模イベントの自粛要請が出されると、2月29日までに宝塚・東宝・松竹など大手演劇はそろって公演の中止を決定した。 宝塚では中止期間を「当面の間」としつつ、3月8日までの公演中止を発表していた。 この時宝塚大劇場では星組公演が3月9日まで、東京宝塚劇場では雪組公演が3月22日までの予定だった。 中止期間を他社より短く3月8日までとしたのは、星組公演千秋楽を9日に控えていたためだろう。 3月6日、告知通りに9日以降の公演は上演すると発表し、劇場で感染拡大防止の対策を実践した上で9日に宝塚、10日に東京で公演を再開した。 ところが11日に、翌12日から19日まで東西で公演を再び中止すると発表し、さらに18日午前には21日までの公演中止を決めた。 これにより雪組公演のみならず、花組トップスター柚香光さんのお披露目公演の予定だった花組宝塚大劇場公演の初日も3月13日の予定から延期になり、雪組公演も3月22日の千秋楽を残すのみとなってしまった。 背景には再開翌日の10日に出された政府からのイベント自粛期間の延長要請と、世論の反発があったと考えられる。 多くのファンは公演再開を支持し、積極的にマスクを着用するなど感染者を出さないよう努めていたが、再開のニュースには「時期尚早」「感染者が出たらどう責任を取るのか」といった、バッシングに近い反対意見も寄せられた。 政府の最初のイベント自粛要請に応じて公演を休止した大手興行会社、ジャニーズ事務所・東宝・松竹・劇団四季は3月下旬まで公演中止期間を延長していた。 結果的には宝塚大劇場での星組公演千秋楽のみ行い、並行して東京公演もまた中止に戻った形になった。 宝塚が一度は9日からの再開にこだわった背景には、劇団とファン双方にとって千秋楽が持つ重みにあるだろう。 ロングランなし、退団者を見送る特別な千秋楽 宝塚歌劇は公演期間の延長・ロングランはなく、高い評価を得た作品でも当初の予定通りで公演を終える。 そして特別なのは千秋楽で、主演のトップスターと退団者による挨拶、また東京公演千秋楽では原則ライブビューイングも行われる。 3月9日の星組公演千秋楽では退団する華形ひかるさん(専科)の退団挨拶が行われているが、雪組公演でも舞咲りんさん・早花まこさん・美華もなみさんの3人が退団予定である。 また宝塚大劇場の千秋楽はあくまで本拠地宝塚での千秋楽で、退団日は東京公演千秋楽であるのが通例。 当然チケットはプレミアとなり(今回は該当しないが)トップスターの退団公演ともなればなおさらだ。 台風19号ではぎりぎり上演も... 「自粛」継続なら? 昨19年は星組前トップスター・紅ゆずるさんと前トップ娘役・綺咲愛里さんの退団公演千秋楽直前に台風19号(東日本台風)が関東に上陸、千秋楽前日の10月12日公演が中止となったが、台風が過ぎ去り13日の東京公演千秋楽は上演できた。 台風であれば当日の天候に基づいて開催・中止の判断はたやすかったが、収束の見込みが立っていない新型コロナウイルスでは難しい。 3月10日に政府が「10日間ほどの」イベント自粛要請を行っており、19日には要請を継続するか否かの声明が改めて出されるとみられ、歌劇団も政府方針を踏まえて判断するとしている。 「要請」のトーンが弱まれば公演再開への機運も高まるが、もし自粛継続の要請が出されれば、千秋楽だけといえども上演に対する世間からの圧力が強まることも予想される。 また雪組公演だけでなくその後の星組東京公演・花組宝塚大劇場公演にも影響が及ぶため、歌劇団は難しい舵取りを迫られる。 (J-CASTニュース編集部 大宮高史).

次の

宝塚歌劇団ってどうしてコロナウイルスがまだ全然落ち着いて...

コロナ 宝塚歌劇団

元宝塚歌劇団・雪組トップ娘役で、女優・歌手として活躍する咲妃みゆが、初のスタジオ・レコーディング・アルバム発売に先行して、2020年7月15日(水)に配信シングル「Good Morning Baltimore」を発売した。 「Good Morning Baltimore」は、2002年にブロードウェイで上演されトニー賞8部門を受賞し2,500回を超えるロングランとなったミュージカル『ヘアスプレー』のオープニング・ナンバー。 咲妃の魅力のひとつである溌溂としたキュートな歌声が、ティーンエイジャーの女子高生が歌い踊る場面を彷彿させる。 これまでイベントやコンサートで何度か歌唱しファンの間で人気のこのナンバーを、このたびアルバムでカバーすることとなった。 9月9日(水)に発売するアルバム『MuuSee』では、輝きを増した咲妃のヴォーカリストとしての魅力を、オリジナルからカバーまでさまざまな角度から濃密に表現。 作曲・プロデュースに武部聡志、Jeff Miyahara、AK Akemi Kakihara、大嵜慶子等、咲妃と縁の深い一流のアーティスト陣が集結し、丁寧に作り上げた全12曲を収録している。 アルバム発売後は、ビルボード・ライブやミュージカル『NINE』への出演が決定している。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

宝塚歌劇団 再び公演中止を発表 政府方針受け 再開は20日予定― スポニチ Sponichi Annex 芸能

コロナ 宝塚歌劇団

2度の大震災でも無かった決断 2020年3月以降の宝塚歌劇団の公演スケジュールは、本来であれば4月の月組公演で新たに入団する106期生の初舞台公演があり、また21年初頭までに雪組と月組のトップコンビの退団公演が控えていた。 特に初舞台公演とトップ退団公演は最も注目が集まる公演である。 2014年に創立100周年を迎えて以後、毎年観客動員数を更新し続けていた劇団にとっても、順調な動員が期待されていた。 トップスターの退団は、近年では退団日の8~10カ月前に発表されるのが通例。 当初20年10月11日退団予定だった雪組の望海風斗(のぞみ・ふうと)さん・真彩希帆(まあや・きほ)さんは2月に退団発表があり、21年2月14日退団予定の月組の珠城(たまき)りょうさん・美園(みその)さくらさんも20年3月に退団発表がなされた。 なお、どちらの退団日も決まり次第、改めて発表される予定だ。 トップスターのようにスター格の生徒が退団する公演では退団者の集大成となる場面が用意されるなど、出演者とファン双方にとって力のこもったものになる。 スケジュールは1年以上前に発表されるもので、本公演に加えて退団者の主演公演が用意されることもある。 反面、1年以上先までスケジュールが決まっているので、公演期間の調整はほとんど例が無い。 阪神大震災・東日本大震災が発生した時も発生直後の公演が中止になったが、中止公演の振替公演は開催されなかった。 感染症の拡大が止まらない未曽有の事態で、抜本的な公演スケジュール見直しという、前例のない決断がなされた。 数か月~年単位で変更の可能性 6月以降に新型コロナが収束したとして、どのように公演が再開されるだろうか。 現実的には、宝塚大劇場・東京宝塚劇場の公演のみならずその他の劇場公演も延期になっているため、初日を迎える前に中止になった花組「はいからさんが通る」(宝塚大劇場)、星組「眩耀の谷/Ray-星の光線-」(東京宝塚劇場)を皮切りに、公演スケジュールをスライドさせていくことが考えられる。 以後、宙組・月組・雪組と順に、当初の予定に従って公演を組んでいく。 この場合、月組の初舞台公演も毎年恒例の春から大幅に時期をずらし、20年夏以降の時期の上演となるだろう。 雪組と月組のトップコンビ退団公演も、数カ月単位で日程を変更しての上演が濃厚だ。 もし一旦収束してから再度感染者が増加した場合も、再度の日程変更がなされて、年単位で退団スケジュールは変わる可能性もある。 他に予定されていた公演、例えば望海さんの退団に先立ってのコンサート「NOW!ZOOM ME!」の開催も現状は不透明だが、これらも収束後に開催できれば劇団とファンともに悔いなく退団を見届けることができる。 ただし、2021年には東京宝塚劇場の施設改修による長期休演も予定されていた上、宝塚大劇場・東京宝塚劇場以外の劇場を借りての公演では、宝塚以外の公演との調整も必要であり、いずれにしても劇団によるスケジュール調整をファンは待つしかない状況にある。 安心感与えた「スケジュール見直し」 6月末までの公演中止が決まり、向こう3カ月弱は一切の舞台が観られなくなったタカラヅカファンだが、劇団への信頼は固い様子だ。 2月下旬から小出しに公演中止が相次ぎ、今後の公演がどうなるのかとやきもきしていたところに、退団日の変更が告知されたために胸をなでおろしたファンが多かった。 公演中止が続くと、ツイッターには「愛してるよ宝塚歌劇団」というハッシュタグで、スターや劇団への愛をつぶやくファンが現れ始めた。 当初は生徒の健康を気遣うものが多かったが、全公演スケジュールの見直しには、「英断」「万全の状態で退団を見送れるよう配慮してくれた」として劇団に感謝する声が圧倒的だった。 生徒のタカラヅカ人生の集大成であり一大イベントの退団公演を、収束すれば安心して迎えられるという安心感をもたらしたことは大きく、まずは新型コロナの蔓延という非常事態を乗り切り、生徒と共に笑顔で公演を迎えたいという希望を抱いているファンが多いようだ。 (J-CASTニュース編集部 大宮高史).

次の