仁王 2 大 太刀 ステ 振り。 【仁王2】薙刀鎌のステ振りとおすすめスキル

【仁王2】最強候補「大太刀」のおすすめステ振りや武技・使い方など│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

仁王 2 大 太刀 ステ 振り

複数の武器を使うよりも1つの武器に特化させた方が結果として早く強くなるのでおすすめです。 守護霊の加護は気にしない 守護霊を憑けるとステータスに応じてボーナスが発生しますが、ボーナスを発動させるために無理やりステータスを上げる必要はありません。 六道輪廻の書でステータスの振り直しができる ステータスの振り直しには「六道輪廻の書」が必要です。 「六道輪廻の書」はステージのクリア報酬やなどで入手できます。 武器スキルポイントや陰陽術ポイントの増やし方 武器ごとの武技を覚えたり陰陽術や忍術を覚えるのに必要な スキルポイントは、その武器や術を使用し続けることで入手できます。 スキルポイントの振り直しは、修練場でいつでも行うことができます。 基本性能が高かったり特殊能力がついている防具ほど必要ステータスが高いので、防具に合わせて少しずつ成長させておきましょう。 武器種に関わらず「体」と「心」を10まで上げる 「体」はHPに大きく影響し、「心」は気力に大きく影響します。 どちらのステータスも レベル5から10までの上昇値がとんでもなく大きいので、どんな武器を装備するにしても優先的に10まで上げましょう。 準備ができたら武器に合わせて上げる 「防具に必要なステータスの確保」「体と心を10まで上げる」の2つが完了したら、今度は武器種に合わせてステータスを上げていきましょう。 使用する武器の「攻撃力への反映」がもっとも大きいステータスに特化させれば効率よく火力を上げることができます。 反映はAが最も大きくB,C,Dとなるにつれて小さくなっていく。 ステータス効率で考えたら、忍術を使いたいなら「鎖鎌」一択、陰陽術を使いたいなら「大鎌」一択です。 防具のステータスのチェックも忘れずに 防具の必要ステータスは、防具の種類によって変わるので、防具のステータスも常にチェックしておきましょう。 防具の必要ステータスの確保が最優先なのは序盤の育成方法と変わりません。 武器種に関わらず勇や剛も上げていく 気力回復速度にかかわる「勇」や、装備重量にかかわる「剛」もある程度上げておくのがおすすめです。 「勇」は上昇効率が良い10まで、「剛」は敏捷B以上を確保できるように上げましょう。 終盤おすすめのステ振り論.

次の

【仁王2】ステ振りのコツとおすすめビルド

仁王 2 大 太刀 ステ 振り

こんにちは。 今回は育成の幅もある状況なので、参考までに。 私の場合は、メイン刀・サブ槍のスタイルなので、心・体を主に上げています。 体振りはある程度で止めようかと思っています。 他で言えば、武・技・忍に必要に応じて振っています。 忍は猫と透っぱが欲しかったので。 ですが、仁王2は術と武器を使っていかないとスキルポイントが貰えなくなり、スキルツリーの埋め方が前作と少し異なるのでそこは注意です。 ですので、ステータスをたくさん振れば熟練度も上昇しやすいようなので、メイン武器一本に絞る育成もあるようですが、私の場合はサブもある程度伸ばすようにしております。 熟練度につきましても、今後修正等でどんどん上げやすさが変わりそうなので、無理やり特化型にしなくても良さそうな気がします。 熟練度によって、スキルポイントの有無になるので、やはり反映ステを上げる方向に持って行けば大きな間違いはなさそうです。 もしもの時に六道輪廻は買っておいて損はないと思います。 陰陽術については、さすがに遅鈍符は弱体化されているようです。 武器は上記の通りですが、防具については前作で重装愛好家だったので、今作は軽装でやっております。 軽快に動ける事と、気力の消費が少なめなのはありがたいですが、基本ガード固めて…には全然向きませんし、何かもらうと即死か瀕死になりやすいです。 2は、重装が良いと言われているようですが、せっかくなので遅鈍も使わず、どこまで戦えるかをやっております。 ご参照いただければ幸いです。 今作は武器改造が終盤で可能なので、二刀と大太刀なら技と武を伸ばせば良いです。 他は不要です。 ただ一方で仁王では各ステータス20までは上昇率が高く設定されていますので1週目は心、体も10~15までは振っても良いと思います。 あとはクリアを楽にするためにですが気力管理のためにも敏捷Bは必須なゲームなのですが、敵火力も高いので重装有利です。 そのため防御力と敏捷Bの両立のために剛と、陰陽or忍は15あると攻略が楽になります。 個人的には心、体、技、武、剛、呪を全て10にする。 次に技、武を20のイメージで良いと思います。 ちなみに私の1週目は薙刀で心10、体10、剛40、武10、呪30ぐらいであとは初期値だったと思います。 薙刀で不要な剛を上げたのは重装を着ないと厳しいためです。

次の

【仁王】 全ての武器でオススメのステ振り!序盤から終盤まで

仁王 2 大 太刀 ステ 振り

複数の武器を使うよりも1つの武器に特化させた方が結果として早く強くなるのでおすすめです。 守護霊の加護は気にしない 守護霊を憑けるとステータスに応じてボーナスが発生しますが、ボーナスを発動させるために無理やりステータスを上げる必要はありません。 六道輪廻の書でステータスの振り直しができる ステータスの振り直しには「六道輪廻の書」が必要です。 「六道輪廻の書」はステージのクリア報酬やなどで入手できます。 武器スキルポイントや陰陽術ポイントの増やし方 武器ごとの武技を覚えたり陰陽術や忍術を覚えるのに必要な スキルポイントは、その武器や術を使用し続けることで入手できます。 スキルポイントの振り直しは、修練場でいつでも行うことができます。 基本性能が高かったり特殊能力がついている防具ほど必要ステータスが高いので、防具に合わせて少しずつ成長させておきましょう。 武器種に関わらず「体」と「心」を10まで上げる 「体」はHPに大きく影響し、「心」は気力に大きく影響します。 どちらのステータスも レベル5から10までの上昇値がとんでもなく大きいので、どんな武器を装備するにしても優先的に10まで上げましょう。 準備ができたら武器に合わせて上げる 「防具に必要なステータスの確保」「体と心を10まで上げる」の2つが完了したら、今度は武器種に合わせてステータスを上げていきましょう。 使用する武器の「攻撃力への反映」がもっとも大きいステータスに特化させれば効率よく火力を上げることができます。 反映はAが最も大きくB,C,Dとなるにつれて小さくなっていく。 ステータス効率で考えたら、忍術を使いたいなら「鎖鎌」一択、陰陽術を使いたいなら「大鎌」一択です。 防具のステータスのチェックも忘れずに 防具の必要ステータスは、防具の種類によって変わるので、防具のステータスも常にチェックしておきましょう。 防具の必要ステータスの確保が最優先なのは序盤の育成方法と変わりません。 武器種に関わらず勇や剛も上げていく 気力回復速度にかかわる「勇」や、装備重量にかかわる「剛」もある程度上げておくのがおすすめです。 「勇」は上昇効率が良い10まで、「剛」は敏捷B以上を確保できるように上げましょう。 終盤おすすめのステ振り論.

次の