逆seo 料金。 【SEO対策費用】まずはこれから!種類別費用一覧とその対策内容

逆SEO対策のやり方|順位を落とす方法と料金体系

逆seo 料金

Webマーケティングにおける集客では、検索連動型広告とSEO対策が基本となります。 なかでもサイトを最適化し、ホームページのパフォーマンスを向上させるためにはSEO対策を強化する必要があります。 今回はSEO対策の費用相場について、成果報酬型から月額固定費型、一括支払い型までさまざまな料金体系を比較してご紹介いたします。 また、SEO対策を業者に外注する際の注意点とポイントもあわせてお伝えしていきます。 [料金体系別]SEO対策の費用相場 SEO対策費用の相場は以下の表の形となっています。 料金体系 サービス内容 料金・費用 成果報酬型 外部SEO対策 月額1万5000円~数十万円 月額固定費型 外部SEO被リンク対策 3万円~15万円 コンテンツSEO(取材ライティング型) 4万円~30万円 SEOコンサルティング(中小企業向け) 10万円~30万円 SEOコンサルティング(大企業向け) 数十万円~100万円以上 一括支払い型 コンテンツSEO(記事量産型) 1記事1000円~5万円 複数記事一括納品もあり 内部SEO対策 10万円~100万円以上 SEOサイト設計コンサルティング 数百万円以上 コンテンツSEO (ソーシャルメディア拡散型) 数百万円以上 SEO対策の料金体系と施策内容 SEO対策の料金体系と政策内容は• 成果報酬型• 月額固定費型• 一括支払い型 の3種類となっています。 では順にご説明していきます。 成果報酬型 成果報酬型は「 1キーワードの上位表示に対していくら」という価格設定になります。 そのため上位表示させるキーワードの数に応じて費用は変動するので、月額1万5000円~数十万円と価格帯の幅が広いです。 成果報酬型は検索結果の順位が上がった分だけ成果が出たとみなして料金が発生するという形式です。 このキーワードでの検索順位を上げたいというようなニーズを持つ人にとっては最適な料金体系です。 しかしながら気を付けないといけないのは、このキーワードだけで検索順位を上げたいという視点に陥ってしまいがちなことです。 サイト全体への流入やサイト全体でのCVの最大化を目的とするであれば全体的なコンサルティングを依頼するのが最適かもしれません。 しかし、コンサルティングを成果報酬で必要とする場合には気をつけなければならないことがあります。 それはコンサルティング業者をしっかりと見分けることです。 なぜかと言うと、成果報酬の場合、当たり前ですが、成果が出なければ業者には報酬は入りません。 そのため、悪質な業者の場合には、外部リンクを設置することで無理やり順位を上げようとします。 そのような方法で順位を上げるとGoogleからのペナルティーを受けてしまうのです。 一時的には順位が上がるかもしれませんが、しばらくして順位が急落したと言うケースをよく耳にします。 そのため、SEOコンサルティングを頼む際には、その業者がどのような方法で施策していくのかを聞いたり見極めたりして、本当に信頼が置けるのかを確認しましょう。 月額固定費型 月額固定型は名前の通りに 月額で固定の料金を払ってSEOについてコンサルティングをしてもらうという料金体系です。 先ほどの成果報酬型と違って結果には関係なく月額で固定の料金がかかってきます。 一口に月額固定といってもその料金の幅は様々あって、数万円から100万円以上など幅が大きいです。 また、同じ料金でもどこまでやってくれるかについては各会社で変わります。 その料金で具体的にどのようなことをしてくれるかも確認する必要があります。 この時に大切なのが、成果報酬の時と同じように、信用できる会社かどうかです。 被リンク対策でのSEO対策は結果には出やすいかもしれませんが、かなりリスクのある施策方法です。 SEO対策は昔と比べて、明確にこれをやれば結果が出るというものではなくなってきました。 それはGoogleがよりユーザーのためになるコンテンツを上位表示しようとするため、外部リンクを貼っただけの対策やその他その場しのぎの対策は見抜いて順位を下げるようになったのです。 月額固定の場合は、最低契約期間が決められている場合があります。 最悪の場合は半年間続けて結果が出ないこともあるかもしれません。 長期間の無駄な費用を出さないためにもきちんと信用に値する会社かどうかの見極めが大切です。 ・タイトルタグ設定 ・メタディスクリプション設定 ・サイト内構造の改善 ・内部リンク設置 などがあります。 これらはGoogleからの評価を着実に得やすくすることができるため、外部SEO対策とは逆にすぐには結果は出ませんが、リスクは低くお勧めできる施策方法です。 コンテンツSEO コンテンツSEOは、内部・外部SEO対策とは違い、サイト内の記事やブログの出稿やリライトをすることによる対策です。 業者によっては、大量にコンテンツ制作をして記事数を増やすことによりSEO対策をしていく方法をとるようなところもありますが、SEOの知識のないライターがコンテンツ制作をしても、質の低いコンテンツがサイト内に出回ることでサイトの評価を下げてしまう可能性があります。 コンテンツは量よりも質を考えた方がいいです。 記事のライティングを委託する際にはそのようなSEOの知識のあるライターなのかを確認してみることが重要です。 SEO対策についてもっと詳しく知りたい場合には以下の記事もご覧ください。 SEOと検索連動型広告のメリット SEO対策のメリットとは何でしょうか? 何より検索するという能動的な行動をとっているユーザーに対して接点を持てることです。 しかしこの点に関しては検索連動方広告とそれほど大きく変わりません。 ここでは検索連動型広告を比較したときのSEOの良さについてご紹介します。 SEOのメリット SEOが一番いいのは長い目で見たときにコストの削減になることです。 SEO対策では記事コンテンツの納入をしたり内部・外部施策をすることによって順位を上げていきます。 すぐには流入が増える流入が増えるという結果がでるとは限りません。 しかしながら、流入がひとたび確保できるとそのコンテンツやページは資産として蓄積していくので、費用を削減して施策をやめたとしてもそのページからの流入はなくなりません。 そして何よりSEOのいいところはブランディングの効果も持つことです。 多くの人が検索画面において上位に表示されるサイトや会社に対して信頼感を持つといわれています。 SEO対策を通じて流入を稼げるだけでなくブランディング効果もある。 だからこそSEO対策はすべきなのです。 検索連動型広告のメリット 逆に広告のいいところはすぐに結果が出るところです。 SEOは中長期的な視点でコストの削減になる反面、流入が出るまでに時間がかかります。 広告の場合は出稿するとすぐに検索画面に表示されます。 お金をかければかけた分だけ流入が獲得できます。 PLAN-BのSEO対策費用についてはこちら 集客認知の手段としてSEO対策が最適なのか? 最後にSEO対策を検討しておられる方に、 SEOによる集客が向いている業界、向いていない業界についてです。 確かに検索エンジンに上位表示されることには大きな意味がありますが、商材によって向き不向きというのはもちろんあります。 皆さんもSEO対策をするか検討する際にご自身の業界が向いているかどうかを確認してください。 SEOによる集客認知が向いている業界 人に相談しにくい事柄に関する業界、例えば、「転職」、「うつ病」、「借金」などの問題などです。 これらに関しては人に相談しにくいこともあってネットでの情報収集を行う場合が多いです。 また購入前に検討する必要のある商材なども口コミや評判をネットで情報収集する場合が多いのでSEO対策をすると成果の出やすい業界といえます。 SEOによる集客認知が向いていない業界 業界で大手のポータルサイトがすでにある業界、例えば外食の業界であれば、食べログやぐるなびなどの大手のポータルサイトをしのいで情表示されるのは至難の業です。 そこでSEO対策をするならもしかするとポータルサイトに掲載する方が効率的に集客できるかもしれません。 ご自身の業界がSEOに向いている業界なのかどうか? もし迷った場合には是非弊社のコンサルタントにご相談ください。 まとめ ここまでSEO対策の料金体系やその料金の相場についてご説明してきました。 最後に考えるべきなのは集客や認知の施策にはSEO以外にもたくさん選択肢があるということです。 SEOに拘泥することなく、自分の業界が向いているか向いていないかなども検討したうえで導入の可否について考えることが必要です。

次の

逆SEO対策 料金

逆seo 料金

逆SEO対策のコンテンツ費用を考える 逆SEO対策とは、検索結果の1ページ目にどのような内容を載せたいかを考え、それを実現することです。 そのためには、サイトに「載せたい内容」を考え、それを文字(文章)にする必要があります。 実は、このコンテンツ作成作業こそが、最も難易度が高い作業であり、コストもかかります。 企画 逆SEOのたのコンテンツづくりにあたっては、事前に企画を入念に考えることが大切です。 企画によって方向性が定まらないと、コンテンツも的外れのものができてしまいます。 また、コンテンツ企画の策定にはマーケティング力や文章執筆力も求められます。 これらのプロセスをしっかりと経ることで、逆SEOのトータルコストを軽減させることができます。 ドメインの費用 逆SEO対策には、ドメイン費用やサーバー費用が必要となります。 検索順位を変動させるためには、たくさんのドメインやサーバーが必要になるからです。 中小規模の逆SEOならともかく、大規模な逆SEOの場合、ドメイン・サーバーのコストを無視して逆SEOの費用を論じることはできません。 オールドドメインは10万円かかることも 価値の高いオールドドメインを取得するためには、10万円かかることがあります。 逆SEO業者を選定するにあたっては、こうした費用が料金に反映されているのか、いないのか、チェックする必要があります。 サーバー管理費 逆SEOには、多数のサーバーが必要になるため、サーバー管理費も念頭に置いて検討する必要があります。 技術の高い逆SEO会社であれば、自前で多数のサーバー設備(IP分散型)をそろえており、サーバー代は低予算で済むことが多いです。 SEOよりも重要 検索エンジン対策である「SEO」と「リスティング広告(SEM)」は、企業にとって大事なアクセス対策です。 それだけに、同業他社との競合が厳しくなり、少額の予算だけでは効果を出すのが難しくなっています。 ネット広告の予算を逆SEOに 逆SEOは、SEOよりもさらに重要です。 自社の企業イメージの根幹にかかわるからです。 SEOやネット広告の予算の一部を、逆SEOに振り向ける企業が増えています。 一般個人向けに格安の対策 また、SEOやリスティング広告は企業、個人事業主、著名人だけがやればいいですが、 逆SEOは一般個人にも必要です。 幸い、一般個人の方の場合、企業に比べて逆SEOの費用は少なくて済みます。 当社は一般個人の方に最適な格安の逆SEO対策を提供しています。 逆SEO• レピュテーション・マネジメント• 会社概要• 問い合わせ•

次の

逆SEO対策の料金と方法

逆seo 料金

こんにちは!webパト隊員の峯です! 今回はネガティブサイトの逆SEOの方法を紹介いたします! 逆SEOとは、 企業の誹謗中傷を目的としたネガティブサイトの検索順位を下げる手法のことです。 基本的な逆SEOの手法としては、ネガティブサイトに対して直接何かするのではなく、自分のサイトを最適化してネガティブサイトの順位を上回るようにSEO対策を実施することとなります。 そうすることで、 誹謗中傷サイトの順位を相対的に下げて、検索トラフィックの流入を減らすことができるので、結果的にユーザーへ知れ渡るネガティブな情報の抑止が期待できます。 このような点踏まえて、今回は、逆SEOの手法について中心に初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。 逆SEOとは? 逆SEOとは、 風評被害の原因となる特定のネガティブサイトの検索順位を相対的に下げるように施すSEO手法のことです。 別名、「リバースSEO」とも呼ばれてます。 もう少し言うと、 根拠のない企業や個人の誹謗中傷を目的としたインターネット上の悪質なサイトの検索順位を下げるために、自分のサイトを最適化して、ターゲットとなるネガティブサイトの検索順位を上回るようにSEO対策(逆SEO)を進めます。 ちなみにネガティブサイトには、2ちゃんねる(2ch)や5ちゃんねる(5ch) などの掲示板サイトや個人ブログサイト、口コミサイトといったものが多く見られ、これらのサイト内で悪意のあるコメントなどが記載されてるケースがあります。 このようなコメントに企業名(会社名)など含まれてれば、それを目にしたユーザーは、その会社に不信感を抱くため企業にとってマイナスの要素となります。 なので、 もし誹謗中傷を記載したWebサイトが検索結果に表示されていたら、そのサイトを対象に逆SEOを検討することとなります。 また、誹謗中傷サイトのドメインパワーが強ければ、自分のサイトの質もそれなりに向上させるように最適化する必要があるので、その分、逆SEOの難易度も高くなります。 逆SEOの目的 逆SEOは、 当事者となるネガティブサイトの検索順位を下げて、そこに送客される検索トラフィックを減らし、ユーザーに悪い情報が広く認知されるのを防ぐことを目的とします。 なので、ネガティブサイトが消える(検索結果から削除される)わけではないので、悪意のある情報を根絶するという完全な対策までには至らないでしょう。 このような風評被害対策(誹謗中傷対策)においてベストなのが、 当事者に依頼して、ネガティブな情報の削除にその当事者が素直に応じてくれることです。 もしこれが厳しい場合に、Googleからコンテンツ削除するといった法的措置や逆SEOという選択肢があるということを念頭に入れておくといいでしょう。 逆SEOを行う前に意識すること ネガティブサイトの順位を下げるべく、逆SEOに取り組む前に意識しておかなければいけないことがあります。 それは、スパム的な手法を使わないことです。 つまり、 Googleウェブマスター向けガイドラインで定義されてるスパム的な対策やネガティブSEO(相手サイトに対して攻撃的な対策)を行うのはNGということです。 ちなみにネガティブSEOとしては、コピーコンテンツ(コピーサイト)を量産、質の低い被リンクを設置するなどがあります。 このような方法で自サイトを最適化したり、当事者のサイトの順位を下落させようとしても根本的な対策となりません。 なぜかというと、自サイトであればペナルティとして罰せられ順位下落し、当事者のサイトであれば、ネガティブSEOの原因を対処すれば順位が元に戻るため、結果的に誹謗中傷サイトの存在を減退させることに繋がらないからです。 なので、 Googleガイドラインに準拠して自サイトの最適化に注力することが、逆SEOを進めるうえでのポイントとなります。 逆SEOの対策手法について(逆SEO対策の方法) 逆SEOは、基本的に、自分の管理サイトを最適化して、ネガティブサイトよりも上位化させる手法となります。 なので、 誹謗中傷サイトが表示されてる検索クエリで自分の管理サイトを上位表示させ、かつ当事者サイト(対象サイト)の検索順位を相対的に下落させてオーガニック検索流入を減退させることが逆SEO対策のポイントとなります。 そのために、以下2つの視点から逆SEO対策を推し進めていくこととなります。 自サイトを上位化させる• 自サイトの上位化を維持する 自サイトを上位化させる 誹謗中傷サイトが表示されてる検索クエリを見つけ、そのサイトが上位表示してる場合、検索流入してる可能性が高く、ユーザーにネガティブな情報が認知されやすい状況と言えます。 この場合、 まず該当の検索クエリでインデックスされるように、そのキーワード(検索クエリ)に特化したWebページを作成する必要があります。 先述しましたが、このWebページを作成する際に、 Googleガイドラインに準拠したユーザーファーストのWebページを作成することが、自サイトを上位化させるポイントとなります。 なので、該当の検索クエリで実際に検索してみて、上位表示してるサイトのタイトル名やコンテンツ内容を参考にしながら、ユーザーが求めてる情報(検索意図)を盛り込んだWebページを作成しましょう。 そうすることで、 ネガティブサイトが表示されてる検索クエリで自サイトが上位化できる可能性が高まり、逆SEOの効果が期待できます。 また、該当の検索クエリで上位化してるサイトの傾向がいくつかあれば、それらの傾向に習ってページ作成し、複数ページインデックスさせることも可能です。 (Googleガイドラインの規定で最大5ページ程度同じ検索クエリでインデックスされる) これは難易度が高いですが、 該当の検索クエリで自サイトの複数ページを上位化させて、ネガティブサイトを相対的に順位下落させることができれば、逆SEOの効果が大いに見込めます。 ちなみに、複数ページインデックスさせるためには、各ページの品質だけでなく、サイト自体の質(ドメインパワー)を高めていく必要があります。 そうすることで、最終的にGoogle(検索エンジン)に評価されやすくなり、より上位化しやすく、優先的に関連ページがインデックスされるようになります。 この状況になるためには、時間や知識を要するため難易度が高い対策というわけです。 自サイトの上位化を維持する 先述したような方法で、 うまく逆SEOの効果が発揮できた場合、この効果を持続させるために、上位化させた自分のサイトを管理してくことが重要となります。 なぜかというと、ネガティブサイトが再度上位化したり、検索意図の変化によりGoogleアルゴリズム調整が施され自サイトの順位が下落して、逆SEOの効果が薄れる可能性があるからです。 なので、 順位推移がわかる検索順位チェックツールを導入するなどして、順位下落したときにすぐ自サイトを改善できるようにしておくことが逆SEOの効果(自サイトの上位化)を維持するためのポイントといえます。 ちなみにネガティブサイトが再度上位化するなどして逆SEOの効果が落ちた場合は、改めて自サイトのWebページのコンテンツ内容を見直してユーザーの検索意図に沿ったものとなるようにリライトすることが必要となります。 また、リライトしたのに、うまくネガティブサイトの順位を上回ることができない場合は、サイト内の各Webページの質を上げてドメイン単位で(ドメインパワーを上げるように)対策を進めていく必要があります。 このように、 Googleに評価されやすいサイトに改善して、上位化しやすいサイトを運用することが、逆SEOの効果をより高めて持続させるためのポイントとなります。 逆SEO対策のポイントまとめ自サイトを最適化するために、ユーザーファーストを考慮したSEO対策が基本となります。 なので、これをベースに自サイトを上位化させて、そのサイトを運用していくことで逆SEO効果の持続に繋がります。 基本となるユーザーファーストを考慮したSEO対策のポイントについては以下記事でまとめてますので、ぜひ合わせてご覧ください。 どういうことかというと、例えばドメインパワーの強いネガティブサイトが上位化していれば、そのサイトの順位を上回ることが容易でないため、自サイトに時間かけて対策をしないと思った効果が得ずらいということです。 実際に上位化してるサイトは、基本的にドメインパワーが強い傾向です。 なので、 このようなサイトの順位を上回るためには、技術、知識、インフラをベースとしたうえで先述した逆SEO対策が必要となり、素人が自分でやるとなるとかなり時間を要するため、早急な解決には至りずらいでしょう。

次の