飛び降り ブログ。 飛び降り自殺で確実な高さは20m以上、落下中の恐怖・痛みはなく、生存率も低いって話

【ブログ】 パラシュートのかわりに、リュックサックを背負って飛び降りする研究。

飛び降り ブログ

歩行不能の重度身体障害から先生のある言葉で歩けた あなたたちの中で自殺行為したことある人っていますか?例えば手首を切ったり練炭自殺未遂をしてみたり… 私の場合は 飛び降り自殺行為をしました。 滅多に自殺行為なんてしませんよね。 私の場合母がまず先に自殺し、それを追いかけるように跡を追ったのです。 母が自殺したのは私が横浜国立大学3年生の春のことでした。 急な連絡が親戚から入り、霊安室に入ったった時には、愕然としました。 母の死体はばらばらになっており、顔はほぼ半分ぐらいしかのこっていませんでした。 何故なら特急列車に飛び込んで自殺してしまったからです。 母が大好きだった私は、その最期のわかれの姿が忘れられず、毎日脳裏にフラッシュバックしては、母がいない世界がひどくむなしく、大学も辞めてしまい、実家で鬱々とした気持ちで、営業職に就きました。 毎日が虚しくて母が恋しくて、生きているのが辛すぎ、上司の命令にも平常心で答えられず、会社でもただただ機械的に動くだけで心ここにあらずという状態で、社内で虐められる対象でした。 徐々に 高いビルを見ては「あそこから飛び降りたら、ぐしゃっと死ねるな」などと毎日考えるようになりました。 そのことが父にばれ、精神病院という施設にたらいまわしされる廃人となり、自責の念はさらにましていきました。 「なんでこんな施設にお世話になる廃人になってしまったんだろうか。 母が恋しい」など刑務所のような鉄柵のある施設で毎日毎日死ぬことだけを考えるだけの廃人に成り下がりました。 自殺願望は消えないままに、とうとう自殺できそうな死に場所を求め、飛び降りれそうなビル探しに明け暮れていました。 「こんなに苦しい人生を早く終わらせて天国の母のもとに行きたい」 適当なマンションのビルを探し、一気に最上階の4階まで駆け上がり、私は何のためらいもなくそのテラスの、壁に立つと同時に、ほんの数秒の恐怖を振り払いジャンプしました。 下は固いコンクリートでした。 意識不明の重体となり、ドクターヘリで脊髄損傷センターという特殊な九州一の外科総合病院に担ぎ込まれました。 数日もの手術を受け一命をとりとめましたが、第三第四腰椎破裂骨折、はみ出たかかとの骨も摘出手術を受け両脚は複雑骨折という状態でしたから1週間ほど意識はもどりませんでした。 手術を担当した医師から「あなた なぜ自殺行為など考えたんですか。 そんなことして天国のお母さんが悲しむだけですよ。 自分の子供が自殺して喜ぶ親なんて、この世にも、あの世にもいないですよ」 と言われ、私は先生の言葉で涙が止まりませんでした。 私に下りた診断は「下半身は障害で歩くことはできないだろうという重度身体障害2級、ない腰椎は金属でブリッチで繋ぎ、麻痺の残る部分は長いリハビリによって回復を待ちましょう」とのことでした。 複雑骨折やかかとの骨が無い状態での歩行リハビリはできず、ベットの上でのリハビリが続きました。 先生の「君は一度死ぬという最悪な行為を選んだんだから、死ぬ気で歩ける努力して天国の母親に親孝行していこうね」という言葉は15年以上経った今でも毎朝思い出します。 何でも死ぬ気で歩けるために努力して裏切らない様に生きてきました。 歩けないゆえに太り続けた体重も、死ぬ気で断食40キロダイエットして、腰や足への負担を軽くしました。 ほとんど断食に近い7か月でしたから、苦しいダイエット中も 先生の「君はこれからの人生なんでも死ぬ気で努力しなさいね」という言葉が励ましとなりました。 最近その努力の甲斐もあり、健常者に見間違えるほどあるけるようになりました。 私は思います。 自殺行為するなんて馬鹿な考えです。 「なんでも死ぬ気で努力しなさいね」 今でも先生のあの言葉 忘れないで生きています。 苦しかった断食の日々のことも。 皆さんも死にたい時も人生ではきっと訪れることもあるでしょう。 そんな時は是非思い出してみてください。 自分から命を絶つという行為は最低の行為です。 先生の言った通り、何でも死ぬ気で努力していけばかなわないことなどないのだから。 私も一度命を粗末にし、歩けなくなりましたが、あるけるようになって、そう願います。 何でも死ぬ気でやってみて。

次の

[自殺レポ]崖から飛び降りて自殺未遂。その末路をガチで書いてみる

飛び降り ブログ

方法・概要 [ ] やといったからの飛び降りが代表的な方法であり、他にもやの上から、断崖から、果ては飛んでいるからまでといった、高いところ全般が対象となる。 特に道具などの準備は必要とされず、十分な高さを取れば失敗する確率も割合低いということもあり 、自殺の代表的な方法の一つとして用いられる。 飛び降りる高さが高いほど地面への激突する速度が速くなり、落下中にバランスを崩し回転しながら激突するなど、致死率は確実に高くなる。 例えば、10メートル(ビルの3階相当)の高さから落ちると着地時の速度は50キロほどである。 このような高速で舗装道路に激突すれば、かなりの衝撃を受け死ぬ、もしくは重傷を負うことになる。 また、より高速で激突すれば、死体を地面からはがすようにして回収しなければならない場合もあるという。 下に植え込みやが積もっていた場合などは、衝撃が幾分和らげられて生還する可能性も高まる。 ただし生還した場合でもによる、内臓破裂、などを負っていることが多く、重傷でも緊急手術で救助される場合もあるが、重度の障害を負う場合が多い。 着地点が地面の場合45メートル以上、水面の場合75メートル以上からの落下であれば、生還例がほとんどない為、確実に死に至るとされる。 しかし、稀に地上45メートル以上の地点から飛び降りて助かった例としては、にのにて窓の清掃員がビルの47階(約150メートル)から落下したにもかかわらず助かった例や、またにニューヨークの39階建てアパートの屋上(地上120メートル)から22歳の男性が飛び降りたが両足骨折で助かったという例がある。 落下の恐怖心が何らかの理由で麻痺した状態では、飛び降りるという行為と死の結果が結びつけられなくなっていることもあるという。 また、日本における10代の自殺の方法のうち、首吊りについで頻度の高い方法となっている。 のデータ(外部リンク参照)によれば、自殺者が選ぶ自殺の手段における飛び降り自殺の割合は、男性で全体の7. また地域別の自殺手段における飛び降り自殺の割合を見ると、高い建造物の多い都市部で圧倒的に高い。 巻き込まれ事故 [ ] ビルやマンションなどの飛び降り自殺の場合、下に偶然歩いている歩行者などに直撃した例があり、最悪の場合には「死ぬつもりで飛び降りた人が生き残り、直撃を受けたまったく無関係の人が亡くなる」といった非常にな事例もある。 一部にはわざと巻き込んだ、または巻き込みの可能性が高いことを認識していたのではないかと推測される場合も有り、複雑な心境が窺える。 また、説得に向かった警官が転落死する事故も起きている。 ビルの管理者が屋上への出入り口の施錠を徹底管理し、監視カメラ、赤外線センサーなどを利用することで屋上への侵入者を完全にシャットアウトすることで巻き込まれ事故を防止することは可能である。 また建物の階下に転落衝撃吸収の網を張ることで、第三者が事故に巻き込まれる可能性を軽減することが可能である。 飛び降り自殺の現場は、発生から処理されるまでの時間、不特定多数の人々に目撃・発見されることになるが、目撃・発見者は大きなショックを受けるため、PTSD 心的外傷後ストレス障害)や強迫性障害などの様々な重篤な精神障害を発症する場合が多い。 前段落の身体的な巻き込まれ事故に対して、これは精神的な巻き込まれ事故である。 目撃者だけではなく自殺当事者にかかわったことのある人々もその事実を伝え聞いたとき非常に大きなショックを受け、トラウマや罪責感、大きなショックなど様々な心理的苦痛に圧倒され、PTSD、鬱病、不安障害、希死念慮などの深刻な精神障害・疾患を患う場合が多い。 これは二次的な巻き込まれ事故である。 巻き込まれ事故の例 [ ] 過去において再三巻き込まれ事故は起きている。 以下では巻き添えで双方が死亡した例を列挙する。 1954年9月13日 東京都中央区日本橋の(現)屋上から主婦 27 が飛び降り、真下で営業していた売りの女性 53 を直撃した。 飛び降りた主婦と女性はまもなく死亡した。 1962年11月25日 東京都中央区の有楽町店(現有楽町店)屋上から埼玉県在住で自殺未遂を繰り返していた少年 18 が飛び降り、路上を歩いていた女性 43 を直撃した。 飛び降りた少年と女性はまもなく死亡した。 2004年8月8日 兵庫県西宮市の市営住宅(12階建て)の非常階段から同住宅在住の無職男 30 が飛び降り、歩道付近で友人と雑談していた県立高校定時制の男子生徒 20 を直撃した。 飛び降りた男は全身打撲でまもなく死亡。 男子生徒も1時間半後に病院で死亡が確認された。 2004年12月31日 東京都武蔵村山市の団地において、埼玉県在住で同団地に帰省中だった無職女 42 が、12階通路の側壁を乗り越えて飛び降り、同団地に住む男性 54 を直撃した。 飛び降りた女と男性はまもなく死亡した。 2007年11月6日 東京都豊島区の「」(8階建て)の屋上から無職女 25 が飛び降り、千葉県在住の男性会社員 38 を直撃した。 飛び降りた女は死亡。 男性は重体に陥り、その後11月10日に死亡した。 警視庁池袋署は飛び降りた女を容疑で被疑者死亡のまま書類送検した。 2016年5月31日 韓国光州で学生が飛び降り、帰宅途中の家族を連れた男性 38 に直撃した。 学生と巻き込まれた男性はまもなく死亡した。 清水の舞台から「飛び降り」る [ ] 清水の舞台 清水のにまつわる有名な慣用句であるが、その由来はに庶民に広まったにある。 これは、同寺に祀られるに自らの命を預けて「清水の舞台から飛び降り」、もし助かれば願い事が叶い、またたとえ死んだとしてもし観音様の元へ行ける、というもの。 清水寺が独自に行った調査では、清水寺の成就院が記録した文書「成就院日記」の中に、(7年)から幕末の(元年)までの間に取られた148年分の記録中、未遂も含め234件の「飛び降り」の記録が残っているという。 これには件数だけでなく生死の状況など詳細な統計も残っており、そこから「生存率」を計算したところ85. 下は12歳から上は80歳代まで老若男女が飛び降りを図っており、彼等はからまでの全国から「飛び降り」にやって来ていたようである。 相次ぐ飛び降りを近隣住民は快く思うはずもなく、対策を同院に嘆願していたという記録も残っており、(明治5年)に政府による飛び降り禁止令によってようやく収束している。 現代においては、2月にで被災した80歳代の男性が、には30~40歳代と見られる男性がそれぞれ清水の舞台から飛び降り、いずれも死亡している。 2009年9月30日には、18歳の男子大学生が自殺を図って飛び降りたものの、一命を取り留めた。 火事場からの「飛び降り」 [ ] 高層建造物等におけるの際に、建物の中にいた人が高階から飛び降りるという現象が見られる。 この場合の飛び降りは死を望んでの自殺行動ではなく、炎や煙、内装の倒壊などで逃げ場を失ったことに伴って、死にたくない一心から「最終手段」として取った行動と考えられ、非常時の行動心理としては十分に理解しうるものである。 このような行動を「取らされる」要因としては、火災の熱によって建物周辺の大気が熱せられたことや煙による呼吸困難の苦しさから逃げようとした人が、極度の緊張状態において窓から下を覗いたときに、地面が実際よりも比較的近くに見え、「飛び降りても大丈夫かもしれない」と錯覚してしまう(言わば地面のを見ている)ことが考えられている。 これは、緊張から来る視覚の収斂効果により、地面や他の建物の屋上などが実際より近く感じられる錯覚による物であり、これに、わずかな望みにでもすがりたいという希望的観測が加わり、思い切って飛び降りを選択してしまうものと思われる。 日本の戦後史上最悪の建造物火災として知られる、に南区(現在の)で起きた(7階建てで3階から出火)では、犠牲者118名中、飛び降りによる死者が22名。 またにで起きた(火災が起きたのは建物の9、10階)の際には、犠牲者33名中、飛び降りによる死者が13名と実に3分の1以上に上っている。 のの際は、飛行機の突入によるの火災で、燃焼部分より上にいた人の中に、飛び降りを行った人が200人程いた。 や救急隊員、避難者の一部のうち、落ちてきた人に直撃されて命を落とした者もいた。 動物の「飛び降り」 [ ] がとる異常行動の一つとして飛び降りをすることがあり、世界中で報告されている。 近いところでは7月に、のとある地区で放牧をしていた羊1,500頭あまりが次々と崖から身を投げ450頭以上が死ぬ、という事件が発生している。 この異常な行動に対しては諸説あり未だ解明に至っていないが、自殺ではなく単なる集団移動の結果に生じる「集団事故死」とする見方が有力である。 交通機関からの「飛び降り」 [ ] 「」も参照 のから線路上に飛び降りる行為が自殺目的で行われ「飛び降り」とされることがある。 しかしホーム上から路盤への落差は通常低く、むしろ列車への「飛び込み」とも呼べるものであろう。 また、運行中の例もあり、スクリューに巻き込まれて即死することがある。 これらのほか、や駅舎から、さらには等のから、逆に高架橋や橋梁から飛び降りる例もある。 高速道路やへの飛び降りは、同落差の通常の建物から飛び降りるよりも危険性が高く、また関係する交通機関への損害や悪影響も大きい。 自殺目的以外では、無賃乗車や隣接ホームへの移動を目的にホームから線路上へ飛び降り、列車に轢かれた事故例もある。 また、走行中の鉄道車両やバスからの飛び降りは、自殺目的の例もしばしばあるが、駅・停留所以外からの降車や、完全に停車する前に早く降車するなどの目的で行われる場合が多くみられた。 列車暴走事故を避けようとして飛び降りる例もあるが、高速走行中の列車からの飛び降りはが多々あるように非常に危険であり、困難な決断を迫られる。 かつて日本の鉄道では、客用扉が走行中にも開閉可能な旧型客車や、オープンデッキの古典路面電車などで、走行中列車でのや飛び降りが横行していた。 転落事故もあり、著名人ではが列車から転落死している。 国鉄およびJRグループでは、 にて全ての客用扉が走行中施錠されるようになり、12系客車 で客車として初めて自動扉が装備された。 にはの気動車化により定期旅客列車から旧型客車が全廃された。 イベント等で走行する旧型客車にも保安要員の添乗が義務付けられており、飛び降りなどの危険行為は制止される。 しかし現在でも、新興国、特に高温多湿な諸国では、非冷房のバスや鉄道車両の客用扉を開放して走行する例がみられ、しばしば扉から乗客がはみ出した危険な状態で運行される。 先進国の例として、従来ロンドン等で路線バスとして使用されていたは出入り口がオープンデッキであり、現在は動態保存目的の運行を除き引退している。 にも、オープンデッキの古典車両が珍しくない。 また、スキー場等ではからの飛び降りも散見され、特に旧型のでは容易に搬器からの飛び降りが可能である。 しかし索道は未整備の箇所やコース外をしばしば通過し、場所により落差も大きく、コース外での滑落・遭難、雪崩の誘発、硬い凍結した圧雪面への落下や工作物との衝突など、管理者・行為者の予期せぬ事故により死亡あるいは重傷を負うことが考えられ、支柱等には飛び降り禁止の警告が表示されている。 また、人が搬器から落下すると、他の搬器も反動で大きく揺れ、場合によってはワイヤーが支柱から脱索する場合があり、他の乗客にとっても大変危険である。 飛び降りにより自ら命を絶った著名人 [ ]• (戦前期のプレイヤー)• (カナダの外交官・歴史家)• (のサッカー選手)• 中田治雄(芸人・漫才コンビのメンバー)• (俳優)• (アイドル歌手)• (ロカビリー歌手、ヴォーカル)• (作家)• (の)• (俳優・)• (出身の)• (元)• (の歌手、俳優)• (、)• (オリックス編成部長)• (、メンバー)• (所属の)• (会社社長)• (元)• (第16代)• (元プロ野球選手)• (所属の)• (ウクレレ漫談家)• (歌手) 脚注 [ ] []• 9階から転落したにも拘らず致命傷に至らなかったの例もある。 日本語. 2010年9月2日. 2010年9月2日閲覧。 香港ポスト. 2011年6月17日. 2016年11月19日閲覧。 河西千秋 2009 『自殺予防学』 新潮選書• 高橋祥友 2014 『自殺の危険 第三版 臨床的評価と危機介入』 231ページ 金剛出版• 朝日新聞、2008年2月20日時点のよりアーカイブ、2008年2月20日閲覧。 AFP、2020年5月8日閲覧。 (文中に出典表記あり)• スキー場の安全基準として定められている。 2018年2月12日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

飛び降り自殺で確実な高さは20m以上、落下中の恐怖・痛みはなく、生存率も低いって話

飛び降り ブログ

スポンサーリンク 「清水寺」、「清水の舞台」とは? よく 「清水 きよみず の舞台から飛び降りる」ということわざが使われることがあります。 その意味は、 「強い決意をして思い切って物事に取り組むときの気持ち」を表しています。 「清水寺」は宝亀9年 778年 に、「延鎮 えんちん 上人」が夢の中でこの地に寺を立てよとお告げを受けて建立したといわれています。 かの征夷将軍「坂上田村麻呂」も十一面観音を安置し、崇敬していた由緒ある寺です。 その 「清水寺の舞台」は、断崖の上に高さ13メートル、通称「地獄止め」といわれる139本の組木が縦横に組み合わされた構造で建てられています 本当に「清水の舞台」から飛び降りた人はいるの? 「清水の舞台から飛び降りる」ということわざ通り、本当にこの舞台から飛び降りた人は少なくないのです。 「宇治拾遺物語」に、一番初めに飛び降りた人のことが記されています。 検非違使(けびいし という今でいう警察官が見回りのとき、数人の若い無頼の者と遭遇し、多勢に無勢で追いつめられた際に、この舞台から飛び降り難を逃れたといいます。 これがきっかけとなったかどうかわかりませんが、江戸時代には 「この舞台から命をかけて飛び降りると願いが叶う」という一種の庶民信仰のようなものが流行りました。 江戸時代に長期にわたり書かれた「清水寺古記録」とされる「成就院日記」には、なんと未遂も含めて234人も飛び降りた人がいたと書かれているくらいです。 ただし、明治5年に政府によって 「飛び降り禁止令」が出され、以来飛び降りは激減しました。 ちなみに、飛び降りた際に死亡する人は15パーセントくらいの確率だそうで、いくら願いが叶うからといっても、かなりリスクのある願掛けだったことは確かなようです。

次の