学校 コロナ 休校。 新型コロナで長期休校、先行き不透明 いっそわが子を1年留年させては: J

アメリカ47州で全公立学校が休校 新型コロナで社会が停止状態に

学校 コロナ 休校

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、小学校等が臨時休業した場合等に、その小学校等に通う子の保護者である労働者の休職に伴う所得の減少に対応するため、正規雇用・非正規雇用を問わず、有給の休暇(年次有給休暇を除く。 )を取得させた企業に対する助成金を創設しました。 (助成金の支給要領、申請様式や具体的な申請手続についても本ページに掲載しています。 ) 今般、対象となる休暇取得の期限を延長し、 令和2年2月27日から9月30日までの間に取得した休暇についても支援を行います。 また、 令和2年4月1日以降に取得した休暇の1日あたり上限額を8,330円から15,000円に引き上げます。 順次申請を受理したものから審査をしております。 可能な限り速やかに支給決定ができるよう努めておりますが、具体的な支給時期についてお伝えが難しいため、ご了承願います。 申請額と支給決定金額については、審査の結果金額が異なる場合がございますのでご了承ください。 具体的な申請手続きについては、次の資料をご確認ください。 (申請の手順) 次の1~5のステップに沿って申請書類の準備をしてください。 ・様式第2号(有給休暇取得確認書)は、(5月31日改定以前の)旧様式での提出も可能です。 ・5月31日に先行して本HP掲載した、上限額引上げに対応した様式を使用している場合は、様式全体についてそのまま使用可能です。 <お知らせ>.

次の

首相、全国の小中高校に3月2日からの臨時休校を要請:朝日新聞デジタル

学校 コロナ 休校

王 青 おう せい [日中福祉プランニング代表] 王 青(おう・せい) 日中福祉プランニング代表。 中国上海市出身。 語学学習を経て大阪市立大学経済学部卒業。 アジア太平洋トレードセンター(ATC)入社。 2002年からフリー。 「(日本初のオンライン)日中介護ビジネス交流プラットフォーム」を主宰,開催中。 内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。 「臨時休校」について、新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(右から3人目、27日撮影) Photo:JIJI 安倍晋三首相が2月27日の夕方に表明した全国の学校に対する臨時休校の要請は、あまりに突然であり、多くの人々に衝撃を与えた。 このニュースはほぼ同時に中国でも報道されたが、ネットやSNS上のコメントを見ると、ほぼ100%と言っていいほど賛同と理解を示す意見で占められている。 なぜ、中国人はこれほどの理解を示すのか。 その理由や背景について解説する。 (日中福祉プランニング代表 王 青) 中国でもほぼ同時に報道された 日本の休校要請のニュース 2月27日の夕方、安倍晋三首相は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3月2日の月曜日から全国の小学校・中学校・高校・特別支援学校を臨時休校にするよう要請した。 このニュースが日本で流れるとほぼ同時に中国の各主要メディアは一斉に報じ、SNSなどで拡散された。 そして1時間もたたないうちに、SNSやネットメディアのコメント欄はたちまち数多くの発言であふれた。

次の

中国で日本の「新型コロナ全国一斉休校」が絶賛されている理由

学校 コロナ 休校

全国の小中高校などへの休校要請を表明する安倍首相(27日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影 政府は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため全国の小中学校、高校、特別支援学校を3月2日から春休みまで臨時休校とするよう、要請することを決めた。 政府が一斉休校を求めるのは極めて異例だ。 全国的な蔓延(まんえん)と問題の深刻化を食い止めるには、特別な措置が必要だと判断した。 安倍首相が首相官邸で開かれた対策本部会議で「ここ1、2週間が極めて重要な時期だ。 全国全ての小学校、中学校、高等学校、特別支援学校について来週3月2日から春休みまで、臨時休業を行うよう要請する」と表明した。 文部科学省が28日に全国の教育委員会などに通知する予定だが、法的拘束力はなく、受け入れるかどうかの判断は委ねる。 首相は「患者クラスター(集団)が次のクラスターを生み出すことを防止することが極めて重要で、徹底した対策を講じるべきだ」と一斉休校の狙いを強調。 入学試験や卒業式などをまだ行っていない場合は実施を認め、その際は感染防止措置を取ったり、必要最小限の人数に限ったりするなどの対応を呼びかけた。 文科省の調査では2019年5月1日現在、全国の国公私立の小学校は約2万校(約636万人)、中学校約1万校(約321万人)、高校約4800校(約316万人)、特別支援学校約1100校(約14万人)。 文科省は25日の通知で全国の教育委員会などに対し、学校で感染者が確認された場合、地域全体での臨時休校を検討するよう求めていた。 その後、北海道や大阪市などで一斉休校に踏み切る例も出てきたことから、全国で足並みをそろえてもらう方が、より効果的だと政府は判断した模様だ。 長期にわたって一斉休校になると、子供の面倒を見る親や家族らが会社などを休まざるを得ない恐れもある。 このため首相は行政機関や企業に「子供を持つ保護者の方々への配慮」を求めた。 その上で「こうした措置に伴って生じる様々な課題に対しては、政府として責任をもって対応する」と明言した。 政府内では休業補償を行う案が出ている。 首相は感染拡大を抑制し、経済への影響を最小限に抑えられるよう、関係閣僚に法整備の検討も指示した。 新型コロナウイルスに関する新法を制定するか、現行の新型インフルエンザ特別措置法を改正することが念頭にあるとみられる。 《あわせて読みたい》.

次の