東芝 エアコン クリーニング。 エアコン掃除を自分でやる方法!フィルター・ファンのカビ取りの仕方は?

エアコンクリーニング・東芝

東芝 エアコン クリーニング

エアコン RAS-2514RE 分解 最初に必ずエアコンを分解するときは、主電源(エアコンのコンセント)を抜いてから作業してください。 入ったままだとショートの原因になります。 それでは分解に入ります!! まずは前面のカバーの取外し、 次にお掃除ロボの取ったゴミが溜まる場所「ダストボックス」を取ります。 レバーをスライドすれば簡単にとれます。 エアコンルーバー取り外し 次にエアコンのルーバーを取ります。 矢印部分から外し、その後両サイドを抜く感じではずします。 上の矢印部分の位置がひっかかっているので、 それを外しながらカバーをとります。 こんな感じでとれます。 お掃除ロボの取り外し 次にお掃除ロボを取り外します。 ネジを4箇所はずし、 お掃除ロボから、基盤のほうにつながっている配線を3箇所外し、 アース2本をとれば、 お掃除ロボがはずせます。 ここまでくればフィンの掃除もできるでしょう。 シロッコファンの取り外し 次はシロッコファンの取り外しです。 上の画像の矢印部分のネジを4本とり、 このプラの部分をとります。 こんな感じでシロッコファンの左側だけ、ブラブラ状態になりました。 次にシロッコファンの右端のほうにある、イモネジを緩めます。 六角レンチを使用し、かたい場合はプライヤーで六角をはさみながら回すといいと思います。 錆びてしまって、回らない場合は潤滑油などを使用しましょう。 あとは、エアコンのフィンをい軽く持ち上げた状態にして、シロッコファンを左に引き抜きます。 エアコンのフィンを無理に持ち上げて、銅管を折らないように注意しましょう。 こんな感じで抜けます。 ここまでやれば水と洗剤で丸洗いが可能です。 最後に シロッコファンの取外しができれば、水と洗剤を直接かけて掃除ができます。 取外しができれば、ご家庭でも掃除は可能ですよね。 だけど、エアコン業者のほとんどは、シロッコファンの取り外しは行わないで、マスキングをして掃除をするんですよね。 理由は機種によっては基盤を取らないとシロッコファンがはずせないものもあるので、大変すぎるからです。 まぁマスキングだけで掃除をした方が楽ってことです。 今回の型番「RAS-2514RE」は比較的シロッコファンの取り外しは簡単でしたが、他の機種だと究極に大変なものもあると覚えておいてください。 「ここで紹介している東芝のエアコンができたから、パナソニックの自分の家のエアコンも簡単にできるでしょ!」と、 そんな簡単に思わないでください。 「分解してみたら、組み立てられなくて壊れてしまった・・・・・」 そんなことにならないように注意してくださいね。 あくまで自己責任でお願いします。

次の

エアコン内部クリーンの効果は?機能を正しく理解して快適に過ごそう | みんなのハウスクリーニング

東芝 エアコン クリーニング

Contents• エアコン分解、内部の汚れ 表向きの汚れはそれほどでもありませんでした。 フィルターとダストボックスもお手入れされています。 エアコンは裏側が汚れている しかし、本体カバーを外してみると、突然エアコン内部の汚れが見えてきました。 どのエアコンも大概この裏側が汚れています。 ダストボックスを外してみると、その裏側にもホコリが溜まっていました。 エアコン本体内部の外部にもホコリは溜まっています。 ここは電気配線・基盤・モーターなどがあり水を掛けられないので、ホコリを掃除機で吸い取ります。 エアコンお掃除機構の汚れ フィルターとそれを自動清掃するしくみのフレーム部分です。 上部だけでなく、複雑な機構部分にもホコリが入り込んでいます。 フレームは3重構造になっており、 分解せずにはきれいにお手入れ・洗浄できません。 この分解が厄介で手間がかかるため、お掃除機能付きのエアコンクリーニングは価格が高くなってしまうのです。 お掃除ロボット(機構)は役に立たない? そして、お掃除機構部分のフレームを分解撤去してみると、 完全に目詰まりしたアルミフィンが現れました。 かなり汚れがひどい例です。 ホコリは固まり掃除機で吸い取り切ることはできませんでした。 洗剤で溶かし、高圧洗浄機で洗い落とします。 それにしても お掃除機能付きエアコンというものは あてになりません。 価格が高くキチンと手入れをするには手間がかかる。 そして 使う側にキレイになったと錯覚させるからです。 エアコン高圧洗浄の結果 洗剤を吹きかけるとエアコン内部に付着していた ホコリや カビなどの汚れが解け落ちてきます。 ビニールシートに付着しているのがそれらの汚れです。 そしてエアコン内部を高圧洗浄すると、コーヒー色の洗浄汚水が出てきました。 ホコリなどは沈殿しています。 流れ出る水がキレイになるまで水で洗い続けます。 部品を洗い、お掃除機構を組み立て、すっかりキレイになりました。 お掃除機能付きエアコン分解クリーニング完了です。

次の

2020年東芝エアコン「大清快」のお掃除機能付きは故障が多い?評判と比較も

東芝 エアコン クリーニング

Contents• エアコン分解、内部の汚れ 表向きの汚れはそれほどでもありませんでした。 フィルターとダストボックスもお手入れされています。 エアコンは裏側が汚れている しかし、本体カバーを外してみると、突然エアコン内部の汚れが見えてきました。 どのエアコンも大概この裏側が汚れています。 ダストボックスを外してみると、その裏側にもホコリが溜まっていました。 エアコン本体内部の外部にもホコリは溜まっています。 ここは電気配線・基盤・モーターなどがあり水を掛けられないので、ホコリを掃除機で吸い取ります。 エアコンお掃除機構の汚れ フィルターとそれを自動清掃するしくみのフレーム部分です。 上部だけでなく、複雑な機構部分にもホコリが入り込んでいます。 フレームは3重構造になっており、 分解せずにはきれいにお手入れ・洗浄できません。 この分解が厄介で手間がかかるため、お掃除機能付きのエアコンクリーニングは価格が高くなってしまうのです。 お掃除ロボット(機構)は役に立たない? そして、お掃除機構部分のフレームを分解撤去してみると、 完全に目詰まりしたアルミフィンが現れました。 かなり汚れがひどい例です。 ホコリは固まり掃除機で吸い取り切ることはできませんでした。 洗剤で溶かし、高圧洗浄機で洗い落とします。 それにしても お掃除機能付きエアコンというものは あてになりません。 価格が高くキチンと手入れをするには手間がかかる。 そして 使う側にキレイになったと錯覚させるからです。 エアコン高圧洗浄の結果 洗剤を吹きかけるとエアコン内部に付着していた ホコリや カビなどの汚れが解け落ちてきます。 ビニールシートに付着しているのがそれらの汚れです。 そしてエアコン内部を高圧洗浄すると、コーヒー色の洗浄汚水が出てきました。 ホコリなどは沈殿しています。 流れ出る水がキレイになるまで水で洗い続けます。 部品を洗い、お掃除機構を組み立て、すっかりキレイになりました。 お掃除機能付きエアコン分解クリーニング完了です。

次の