約束 の ネバーランド 156。 最新ネタバレ『約束のネバーランド』156話!考察!ソンジュは王弟!?女王の発言で衝撃の事実発覚!!

約束のネバーランド155話ネタバレ!異形の女王復活でクローネも登場!?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

約束 の ネバーランド 156

【約束のネバーランド】157話ネタバレ感想|涙を流すムジカ【最新話考察】 『約束のネバーランド』156話の内容と感想を紹介します。 前回の内容を復習したい方は下記の関連記事をご覧ください。 ソンジュの過去【約束のネバーランド157話】 前回は、ソンジュと女王レグラヴァリマが姉弟であることが判明しました。 157話では、ソンジュの過去が描かれていましたね。 幼いソンジュに先生と呼ばれる鬼が付き添い、初めての狩りを行ったシーンから始まります。 先生は 「我々は皆 命を狩り合い 命を繋いでいる」とソンジュに言いました。 ー『約束のネバーランド』157話より つまり、食物連鎖のことですね。 「狩り=借り」であり、命は全て神から借りているものに過ぎないため、命には敬意を払わなければならない。 この考え方は、『ゴールデンカムイ』のアシリパが言っていたアイヌの教えにも近いものを感じますね。 そして、次のシーンではその先生が囚われてしまっているシーンが描かれていました。 その上のコマでは、イヴェルクが跪いて王に何かを報告しているようでしたので、ギーランの時と同様に悪い噂を流したと考えられます。 ソンジュの過去編に丸々1話を使うのかと思いましたが、4ページ程で終わりましたね。 古き信仰と新しき信仰【約束のネバーランド157話】 女王レグラヴァリマは、ソンジュに対して 「古き信仰に囚われ 王家の意に背き邪血を連れて逃げた裏切り者が」と言いました。 ー『約束のネバーランド』157話より どうやら、女王レグラヴァリマ曰く、先生の教えは 古き信仰のようです。 勝手に約束を結んで農園を作り、さらに邪血を抹消することが 新しき信仰であるならば、それこそ「反吐」が出ますね。 ムジカは、エマたちにザジを連れて下がるように言いましたが、ノーマンはまだ動かせないと返しました。 女王レグラヴァリマは核が2つあった【約束のネバーランド157話】 そして、今回、核を潰された女王レグラヴァリマが死ななかった謎が明らかになりました。 その理由は、 核が2つあるからでした。 ー『約束のネバーランド』157話より 核複数説は囁かれていたことではありますが、やっぱりチートですね。 笑 ムジカ曰く、王族にはごく稀に核を2つ持つ鬼が生まれてくるようです。 ただ、同じ王族の子供であるソンジュは、他の鬼と同じように核は一つしかないことが分かりました。 ただ、女王レグラヴァリマ以外にも核が2つ、もしくはそれ以上持つ鬼がいる可能性もありますね。 例えば、、、鬼のボス(あの方)とか。 2つ目の核と能力は別物?【約束のネバーランド157話】 ソンジュもこの姿の女王レグラヴァリマを見るのは初めてだったようです。 ソンジュの 「これが第2の核・・・その力?」というセリフから考えると、もしかすると、女王レグラヴァリマに核が2つあることとこの化け物みたいな能力は別物なのかもしれませんね。 ソンジュは、女王レグラヴァリマに不意打ちをした時の様子を見て、2つ目の核の場所の検討をつけました。 その場所は 「腹」です。 ー『約束のネバーランド』157話より ただ、ソンジュはその核を自在に動かすことができるという可能性も考えていました。 ソンジュの一撃【約束のネバーランド157話】 ただ、核を動かす前に斬れば関係ないということで、ソンジュは女王レグラヴァリマに一撃をかましました。 見事、体を真っ二つにしたかに見えましたが、ギーラン配下の粘着により攻撃は失敗し、逆に反撃をくらってしまいます。 女王レグラヴァリマは核が腹にあることを認めますが、それが分かったところで何もできないと言いました。 女王レグラヴァリマは圧倒的な力を持って復活した自分に酔いしれながら、自分の能力について語っていました。 その能力とは、 食べた者の記憶・力・全てを自分のものとして引き出すことです。 星のカービーの上位互換ですね。 笑 ムジカが放った一言【約束のネバーランド157話】 女王レグラヴァリマは圧倒的な力を得たにも関わらず、まだまだ満ち足りず、次はムジカとGFの特上3人に目をつけていました。 まず、ムジカに攻撃しようとしますが、直前に攻撃を止めました。 ムジカ「可哀想に あなたはなぜ そんなにひもじく飢えているの?」 ムジカは女王レグラヴァリマを憐み、そして涙を流しました。 【約束のネバーランド】157話ネタバレ感想 次回は、ムジカと女王レグラヴァリマが対話することになりそうですね。 しかし、女王レグラヴァリマは話せば分かる相手ではありません。 なので、恐らくムジカに諭された女王レグラヴァリマは逆上してムジカに襲いかかり、それをソンジュが止めるという展開になりそうです。 ただ、ソンジュ一人で勝てるのかがどうかが疑問ですね。 一番良いのは、女王レグラヴァリマと和解して約束を結び直すことについて交渉をすることだと思います。 が、、、やっぱり戦う展開になりそうですね。

次の

【約束のネバーランド】最新156話「明かされる衝撃の真実」【※ネタバレ注意】

約束 の ネバーランド 156

約束のネバーランドの では、失態を犯したイザベラが生き残れた理由が判明。 また、ジェミマが無事だったことから、アンナは「約束」に関する情報をラートリーに伝えてしまったようです。 久々のイザベラとの再会に安心する子供たちですが、ほっとしたのもつかの間、イザベラはナットの折れた指を元に戻るように折り曲げます。 最初に出荷される10人を選べと冷たく言い放つイザベラですが、果たして子供たちは出荷されてしまうのでしょうか? エマやレイ、ノーマンの助けは間に合うのでしょうか!? 今回は「【約束のネバーランド 約ネバ ネタバレ166話最新話確定速報】エマ・レイ・ノーマン対イザベラの頭脳戦!?」と題し紹介していきます。 約束のネバーランド 約ネバ 最新話166話ネタバレ最新話考察 「その先に光がありますように」って微笑みながらエマ達に手を振っていたイザベラさんとても綺麗だったのだけど 綺麗なまま ママ では終わらせてくれないの手厳しいっすなあ げに恐ろしきは好奇心 全てを知りたいその欲に 人は決して抗えん — KUREO kureo900 前話ではイザベラがピーター・ラートリーと手を組んでいたことが判明。 エマ・レイ・ノーマンが子供たちを助けに来ることを利用し、3人を捕まえようとしています。 そのころエマ・レイ・ノーマンはすでにGFに到着して侵入を試みていたようですが、今後の展開はどうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 エマ・レイ・ノーマンvsイザベラ 話は少しさかのぼり、3人がGFに侵入するところから始まるのではないのでしょうか。 武器を持った状態でGFに侵入しているようですが、エマの性格からいって人間を攻撃することはないと思います。 そのため、ラートリーやイザベラを含めた人間すべてを傷つけることなく、子供たちを解放させようと尽力するでしょう。 今までのように、エマとレイの二人だけではイザベラやラートリーに頭脳で対抗できなかったかもしれませんが、こちらにはノーマンという力強い味方が加わっています。 ノーマンは、あの女王・レグラヴァリマに「農園設立以来の最上級」と言われるほどの天才。 農園設立以来ということは、おそらくイザベラよりも頭脳は上なのではないでしょうか。 さらに、頭脳派のヴィンセントまでいるので、戦闘よりも頭脳戦になるのではないかと予想します。 166話では、エマ・レイ・ノーマンたちが一丸となってGFに侵入するところが描かれそうですね。 イザベラを説得するエマ GFに侵入し、ラートリーやイザベラと直接対決となれば、エマはイザベラの説得を試みるはずです。 もともとイザベラも農園出身の食用児ですからね。 食用児すべての解放を望むエマは、イザベラを説得して味方につけようとするのではないでしょうか。 そして、味方になったイザベラが子供たちの出荷を食い止める流れになってくれればうれしいですね。 約束のネバーランド ママがグランマに。 イザベラ出てきた時はとうとう来たかー、って感じだったけども…なんていうか人VS鬼の対立が面白かったのに、結局人VS人になってからあんまり…でもまあ今週は溜め回だろうし、勝負回になってから本番かなぁ。 でもこれから敵対するなら、最近のピーターさんみたいに凶悪な描写を入れてくるはず。 なのにこの段階で格を落とすような描写をするって事は…… 多分これ、イザベラが味方になるかは分からないけど、予想外の動きをする伏線かな。 — トドオカ todooka 実は子供達を助けるための演技だったって可能性はありますが、 本当に堕ちたとしたらエマの説得で「エマ……ありがとう……レイ……みんな……ごめんね……」ってまた改心なんて可能性もありますが。 目先の救いの手にまた闇落ちしてた…のか? ナットの指は「脱臼関節を戻した=荒療治」のようにも見えるが 彼女の子供達への残酷な笑顔は演技か否か本心や如何に。 次回 次々号 はエマ達と再会かね。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 エマ、レイ、ノーマン、GFへの侵入開始! 子供たちの出荷が進められようとする中、地下7階動力室へ侵入者の知らせが鳴り響きます。 エマ、レイ、ノーマンたちによるGF侵入作戦が開始しました。 エマたちによって停電となりますが、鬼たちはすぐさま電源を復旧させます。 ラートリーも侵入者の知らせを聞きますがすべては計画通り、慌てる様子はありません。 GF侵入3日前 実は3日前にエマたちはGFの内部構造図を見ていました。 蟻の巣のように入り組んだつくりのGFですが、おそらく地下2階第2備品室に子供たちは閉じ込められているのではないかと考えたようです。 さらに敵の戦力を分析し始めます。 ミネルヴァやスミーの情報から、GFに常駐している鬼は30~40匹、シスターが100人以上。 さらに2000匹の王兵とラートリー家。 果たしてエマたちは太刀打ちできるのでしょうか…。 GF侵入当日 侵入当日、見張りをしていたエマは王兵が農園の外に配置されているのを確認します。 すべてが予想通りとなった今、エマたちは3手に分かれて侵入作戦を開始。 人質の奪還と安全の確保が目的のため、侵入後、素早く地下2階第備品室を狙いに行きます。 ピーター・ラートリーの上を行く作戦 エマたちが来ると分かっていた地下2階第2備品室には用意周到に鬼が配備されていました。 予備電源によって電気が復旧する瞬間、ザックが閃光弾を投げ、鬼の目を眩ませます。 その隙にジリアンが人質となっていた子供たちを奪還。 鬼たちはその後を追いますが、オリバーによって狙撃されてしまいます。 連絡の取れなくなった第2備品室ですが、その外の警備もドンとギルダによって撃退され、連絡不能に。 子供たちを先導するジリアンですが、アンナによってナットたちがここにいないことを知らされます。 実はナットたち一部の子供たちは別の部屋に入れられ、出荷の時を待っていました。 その部屋にエマ、レイ、ノーマンの三人が到着。 イザベラの姿に一瞬驚いたようですが、すぐに気を取り直して子供たちを逃がし始めます。 しかし、わざとここに招き入れ、逃げられなくすることが狙いだったというピーターに、子供たちは焦り、混乱してしまいます。 そんな子供たちを大きなカギのある在庫保管庫に誘導し、中からカギを占めるエマ。 そう、エマたちの狙いはGFから逃げることではなく、GFを占領することだったのです。 約束のネバーランド 約ネバ 166話ネタバレ最新話確定速報まとめ 約束のネバーランド 約ネバ 本誌の では、イザベラが登場し、ピーター・ラートリーと手を組んでグランマになっていたことが判明しました。 イザベラが子供たちの出荷準備に取り掛かろうしていた時、エマ、レイ、ノーマンの侵入作戦は始まってしました。 最新話確定速報として166話のネタバレを紹介してきました。 今回の166話では、どうやってGFへの侵入を計画したのかが判明 やはりミネルヴァやスミーの情報が役に立ったようです。 綿密に計画を練ったうえで決行された侵入作戦ですが、ピーター・ラートリーは必ずエマたちが来るであろうことを予想しています。 エマたちはその上を行く作戦として、GFから逃げるのではなく、GFを占拠する作戦に打って出ることに…。 果たしてこの作戦はうまくいくのでしょうか!? 167話が待ち遠しいですね! 以上「【約束のネバーランド 約ネバ ネタバレ166話最新話確定速報】エマ・レイ・ノーマン対イザベラの頭脳戦!」と題しお届けしました。

次の

【約束のネバーランド】156話ネタバレ確定感想&考察、ソンジュは女王の弟だった![→157話]

約束 の ネバーランド 156

約束のネバーランド156話「終わりにしましょう」ネタバレと伏線考察 パキッ。 カツン、カツンとヒールの音を立てて歩いてくる絶望。 「あれは何だ」 その姿にエマ、ノーマン、レイの3人は動向を見開き驚きます。 割って現れたのは、頭部がのっぺらぼうのような姿をした女王。 顔がないことに驚くノーマンですが、エマは見覚えがあった。 いつぞやの鬼の寺で見た、まつられていた者と同じ… 虫が羽化したように女王が復活した。 疑いつつもその個体が女王であろうとレイも思います。 「あなうれしや」 「揃っておる。 目を覚ましたら目の前に」 「最高級GF(グレイスフィールド)第3飼育場(プラント)特上3匹」 「うれしや」 「あやつの言う通り、お前たちは皆生きていた」 「赦そう。 我が都への攻撃も、我が臣下たちへの攻撃も。 「!」 「ザジ!!」 ノーマンの叫びと同時に背後に気が付いたザジは女王を一刀両断するが… 確かに真っ二つに割ったのに、すぐさま女王の体はくっつき再生する。 そして、軽く手刀をザジの首に当てた。 女王にとっては軽く、トン。 といった感じではあったが、ザジはその衝撃に吹っ飛ばされ、壁にめり込むほどのダメージを負わされた。 「アハハハハハハハッ」 女王は楽しそうに高笑いをしている。 そんな様子に銃口を定めるエマとレイに、余裕ともとれる女王の言葉。 「撃つか?63194. 81394」 ザジを一撃で失神させてしまうその力。 ギーラン達をぶつけて消耗させたはずが完全に復活。 頭部をたたき割っても平然としていて、その頭部には核も脳もなかったことがイレギュラーもいいとこで。 ノーマンは一見手詰まりの状況に焦りを見せますが、レイはまだあきらめていません。 『あの鬼、俺とエマを判別している。 視えている。 目も核もまだないとは限らねぇ』 『落ち着け。 囚われるな。 核が動く隠れている位置が他とは違うとかなのかも』 銃を構えながらエマも推測します。 レウウィス大公戦の時にもよく学んだ、銃が利かないのは重々承知だが、何かのヒントは得られると踏んで、二人はうとうとした。 その時。 女王のプレッシャーが大きくなる。 ザワッ。 災いしかない気配が蜃気楼のように揺れて、二人を襲う。 『なんだこれ』 『怖い』 『やばい、動けねぇ』 足を縫い留められたようなエマとレイ。 女王の前では未雨後kが取れなくなってしまっていた」 「よいこじゃ」 女王はそのまま、エマの頬に手をかける。 レイは自分を奮い立たせながらもいましたが、体は思うように動かず絶体絶命状況でした。 「エマ!!レイ!!」 ノーマンが手を伸ばし呼びかける。 その矢先に… ドスドスドスッ!! 絶妙なタイミングで女王の頭部に2本、腰や腹にも2本突き刺さる、 思わぬところから出された助け舟に、一同顔を向ける。 「ソンジュ!ムジカ…!!」 「待たせたな」 ソンジュのクールな一言に、エマもレイもうれしそうです。 そして、ハヤトから奪っておいた発信器を三回、カチカチカチと合図します。 「二人とも無事?怪我は?」 「助かった」 「ありがとう」 ムジカに問われ礼を述べる二人。 ようやく合流です。 「城下はあらかた大丈夫よ。 あとは民衆(かれら)だけでも対処できるわ」 ムジカは民衆に自分の血を配っていました。 それを鬼の子供たちが負傷者に配っていました。 「ドンやギルダ達には抜け道を教えた。 安心しろ。 じき王都から出られるぜ」 ドンやギルダは、こっちは大丈夫だからエマたちのところへ、と合流を促していたのでした。 「…ありがとう!」 心底安心したようなエマ。 ムジカとのやりとりを驚きながらも遠巻きで見ていたノーマンに、ムジカはにこっと会釈する。 「あとはこいつ」 刺さった槍を抜きながら、全くダメージにもなっていないような女王はソンジュと対峙します。 「ついに内実ともに化物になり果てたか」 ソンジュは、女王の姿を『あの姿…』と心の中で思っていますので、思い当たる節があるようです。 「エマ、レイ。 女王(ヤツ)はダメだ。 和平どころか交渉(はなし)も見込めねぇ」 「………」 「五摂家は全員死んだのね」 「!」 ムジカの推測はぴたりと当たった。 交渉による解決ならイヴェルク卿かプポ卿あたりが最適だった。 でも、間に合わなかったのね…とムジカ。 「誰かと思えば…ソンジュ。 お前が肉(人間)に肩入れとは…これまたどういう風の吹き回しだ」 女王はソンジュのことを知っていたようで、名乗っていなくとも彼の名を呼ぶ。 「まぁよい。 邪血の始末と脱走者の奪還、今日一日で片が付く。 吉日だ」 「ああ。 俺達もあんたとケリをつけに来た」 700年、もう十分逃げ回った。 だから。 「終わりにしましょう」 ムジカの中で、過ぎた700年の記憶が思い出される。 「女王。 あんたは今日ここで俺が殺す」 ムジカを守りながら、ソンジュは女王に向かってやりを構える。 「殺す?お前が?私を?」 そんな彼をあざ笑うかのような女王は言う。 「げに愚かな弟よ」 爪を構える女王が、ソンジュの出自を明らかにしたところで第156話が終わります。 約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法 あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます! U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。 31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで 『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます! 無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます! 登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです! 伏線? ポイントを考察 女王の羽化した姿?が寺に祭られていたものに似ていた。 そして、ソンジュもその形態について思うところがある模様。 内実ともに化物になり下がったら、のっぺらぼうのようなあの姿になるのでしょうか。 あまり理性的ではない、欲望のみの存在になってしまう? 半分にぶった切っても脳も核が見当たらず、食べるための口ばかりが発達して出てきている。 食欲に特化してしまうのか。 もっと進んだ身体能力は上がるけれど知的には劣化したりするんでしょうかね。 ソンジュが女王の弟だったことが判明。 てことは、レウウィス大公とも兄弟だったってことでしょうか? しゅっとしてスマートな形態は似てるかも。 女王もレウウィス大公も美形な感じでしたしね。 ソンジュがどうして女王と袂をわかったのか、これからいろいろ解りそうで気になるところです。 そんだけあのお方はヤバいってことなんだろうか。 まあ時空を操るレベルならそうなんだけど、現実にも干渉してくるのかね。 ファッキングレイテストどうでもいい!! もうねー。 延ばすよねー、話を。 — サブロー onoreunei 約束のネバーランド 女王戦にソンジュとムジカが参戦。 ソンジュは女王の弟だったのか。 次回は回想かな?エマとレイにももうちょっと活躍してほしいな。 特にレイ。 このまま大した活躍もなく終わりそうでこわい。 — 梨桜 rio00361 週刊少年ジャンプ2019年49号の掲載順をご紹介 49号はこのような掲載順になっていました。 上から ・アクタージュ 巻頭カラー ・鬼滅の刃 ・ONE PIECE ・ぼくたちは勉強ができない センターカラー ・呪術廻戦 ・ハイキュー!! ・Dr. STONE ・魔都精兵のスレイブ 出張読み切りセンターカラー ・ブラッククローバー ・約束のネバーランド ・チェンソーマン ・夜桜さんちの大作戦 ・しろすぎ!アクノソシキ 読み切り ・ゆらぎ荘の幽奈さん ・ミタマセキュ霊ティ ・サムライ8 ・神緒ゆいは髪を結い ・ふたりの太星 ・ビーストチルドレン ・トーキョー忍スクワッド ・Dr. STONE reboot:百夜 作者コメント欄 で、21作品になっています。 出張作品があるのでいつもより多めです) 『約束のネバーランド』今週の掲載順番は10番目です。 コミックス16巻が2019年10月4日 金 発売になりました。 16巻のサブタイトルは『LostBoy(ロストボーイ)』。 134話「LostBoy(ロストボーイ)」から143話「抹殺」までの10話分収録です。 本誌掲載分よりもずっと美麗に改変された絵に、単行本にのみ収録されている番外編カットも楽しい。 今回はまだ単行本未掲載分の話の裏話的な補足があったり、とても気になるコメントがあったり。 (楽しさが半減したらあれなので、自粛しますね!ぜひ確かめてみてください) 本誌で読み進めている方もあらためて楽しめる内容になってます。 「約束のネバーランド」アニメ2期も制作決定ですね! そして、同年実写映画化も決定…! 出荷の年齢が16歳に引き上げられてはいますが、実写映画の約ネバの世界はどのようになるのか、こちらも楽しみです。 2020年公開予定ですので、ちょっと先になりますが・・・ワクワクして待ちましょうか。 アニメは終わってもラジオは続いたり、何かしら動きはアリそうですので随時追いかけてみようと思います。 公式Twitterでメディア系情報が続々出ています。 詳細気になる方は公式ページをチェックです。 公式Twitterピックアップツイート! 2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ! 【WJ49号発売中】 今号は、本日土曜日発売! 掲載中の156話では、驚愕の事実が発覚…!! バトらないと肩透かし感が半端なくなってしまう気はする) ここでソンジュのことが掘り下げてきましたが…次話はソンジュの過去話とかになるのでしょうか。 それはそれで楽しみではある。 主役2人が最近とても存在感が薄めなので…いつ活躍するのかなと思いながらも続きを楽しみに待ちましょうか。

次の