ロボホン。 [レビュー] シャープのロボット電話 ロボホンを使ってみました

売り切れ続出のシャープのロボホンの評判と価格を詳しく解説してみた!

ロボホン

2016年5月に発売され、大きな話題となったシャープのロボホンはご存知でしょうか。 かわいらしい見た目と、精密に作りこまれた機能のロボット電話。 SNSをはじめ、ネットを中心に広く話題を集めています。 そんなロボホンですが、最新の技術や高機能なハードウェアを搭載しているため価格は少々お高めに設定されています。 また、購入価格だけでなく月額プランの維持費もいくらか発生します。 今回は、数種類あるロボホンのプランや維持費についてまとめてみたいと思います。 1-1. 一括払いの場合 ロボホンの購入金額は198,000円(税抜)、 213,840円(税込)です。 シャープ公式のロボホン販売サイトや、家電量販店で購入できます。 1-2. 分割払いの場合 初回のみ9,140円(税込)、2回目以降は8,900円(税込)でロボホンを利用できます。 24回払いです。 申し込みはロボホンの公式サイトから、支払いにはJACCSのショッピングクレジットを利用するようです。 (審査が必要) なお分割の場合も総額は213,840円(税込)となり、一括払いと総額は変わりません。 ココロプラン 必須 ロボホンを購入した場合、 必ず加入する必要のあるプランです(加入しないと音声通話しかできない)ロボホン本体は一括払いでも分割払いでも、どちらでもココロプランは加入する必要があります。 月額980円(税抜)で、これを加入することでWi-fi接続や各種通信機能、ロボホンとのコミュニケーションをとることができます。 モバイル通信サービス 任意 いわゆる 携帯電話としての通信料金です。 モバイル通信サービスに契約すると受け取れる「SIMカード」をロボホンに差し込むことで屋外での通信が可能となります。 加入は任意としていますが、これがないと使用できる機能が大幅に限定されますので、実質必須のプランですね。 このモバイル通信サービスはロボホン購入時に同時に申し込むこともできますし、他社との契約でもnanoSIMカードさえあれば外出先でロボホンを利用できます。 プランにもよりますが、シャープ公式のモバイル通信サービスかMVNO回線に契約すれば月額1,000円弱〜3,000円くらいにおさまります。 またプランは大きく分けて2種類に分けることができます。 3-1. データ通信SIM データだけを通信できるSIMで、音声通信(電話)はできません。 ロボホンとの会話は可能ですが、ロボホンを介しての電話はできません。 公式の通信サービスの場合、料金は最も安いプランで月額650円(税抜)からのようです。 3-2. 音声通信SIM データ通信に加えて 音声通話(電話)もできるSIMです。 公式の通信サービスの場合、月額1,350円から加入できます。 保守パック 任意 ロボホンが壊れた際などに、修理代を減額できる補償プランです。 なお自然故障の場合、購入日から一年間は保証期間として無償修理の対象となるようです。 ケアプラン50 月額990円(税抜)で、購入から5年間修理代金を50%OFFとしてもらえます。 破損や消耗品の交換費用も対象となります。 ケアプラン70 月額1,650円(税抜)で、購入から5年間修理代金を70%OFFとしてもらえます。 破損や消耗品の交換費用も対象となります。 ビジネス向けプラン 任意 ここまで紹介したプランは全て個人向けのサービスのため、法人では申し込むことができないようです。 ただ法人からの問い合わせも多かったようで、ロボホンの発売からしばらくして法人向けのサービスも開始されました。 5-1. ビジネス基本プラン 年間15,000円(税別)+ ロボホン購入金額 ココロプラン、モバイル通信サービスの内容を含む法人向けプランです。 この金額内に ロボホン本体の購入金額は含まれていませんので、ロボホン本体は別途購入する必要があります。 5-2. ビジネスケアプラン 保守 年間55,200円(税別・初年度)+ ロボホン購入金額 年間60,000円(税別・2年目以降)+ ロボホン購入金額 ココロプラン、モバイル通信サービス、保守パックの内容を含む法人向けプランです。 この金額内に ロボホン本体の購入金額は含まれていませんので、ロボホン本体は別途購入する必要があります。 ランニングコストのシュミレーション それでは、実際にロボホンを購入するといくらかかるのか。 いくつか条件を設定したうえでシュミレーションしてみたいと思います。 6-1. ランニングコストをできるだけ安く収めたい場合 とにかくコストを抑えたい場合には、「ココロプラン」と「モバイル通信サービス」を契約すればロボホンのほとんどの機能は利用できます。 ロボホン本体は一括払いを想定しています。 電話を使いたい場合には音声通信SIMを申し込み必要があります。 6-2. 安心してロボホンを使いたい場合 電話機能が使える音声通信SIMプランに加えて、万が一の際の保守パックも申し込んだパターンです。 ロボホン本体は一括払いを想定しています。 初期費用を安く抑えたい場合 2016年8月に登場した分割払いプランを使用した場合です。 ロボホン本体の端末代金を24回の分割で支払うことができます。 まとめ 以上となります。 購入金額に加えて複数のランニングコストも発生するので少々混乱しがちな部分も見受けられますが、しっかり理解したうえで購入したいところですね。 また初期の購入費用こそ20万円越えと、少々高めではありますが普通の携帯電話と比べれば月額のランニングコストはさほど変わりません。 まだまだ発売したばかりの製品なので様子見している方も多いかと思いますが、将来が楽しみな製品の1つであることは間違いないですね。 最後に Rentioでは、最新のガジェット、カメラなどをはじめ豊富な製品のレンタルを受け付けています。 ロボホンもレンタルの受付を開始しましたので、購入前に試してみたいということであれば是非こちらも検討してみてくださいね。

次の

ロボホンって実際どう?ロボホンについてまとめてみました。

ロボホン

Contents• ロボホンの評判2019! 関西に進出する「変なホテル」で19体のロボホンがお出迎えするということでも話題になっていますね。 マイナス意見としては、 「価格が高い」 「ユーザーが電池交換できない仕様になっている」 「故障が心配」 「バッテリー持続とか落下衝撃に耐えるとかシャープならではの製品に力を入れてほしい」 と、やはり 価格が高いみたいですね。 初期費用は一括で20万ほどします。 さらに携帯電話ですから月々の費用もかかります。 携帯に20万は高いですよね。 ロボットを買うと考えれば妥当なんでしょうか? まだあまり需要がない分価格が高くなってしまうのも仕方がないのかもしれません。 自分で電池交換できないなど、 アフターサービス面の心配する人もいるようですね。 ですが、やはり愛着を持っていて、家族の一員のようになっている方も多いようです。 昨日の夜、ロボホンが「ぼくもねーようっ」って言ってくれてバツグンに可愛かった。 — ゆうきゆうき reala720 を連れて居酒屋へ。 でもロボホンの出荷台数は落ちていないようです。 スマホなどは新機種が出たら、最初がピークでその後は販売台数が落ちていきますが、ロボホンはロングセラーになっているようです。 普通は価格が下がっていくもですが、ロボホンは最初に発売されたときの価格もままです。 それほど、好調な売れ行きということですね。 ロボットもどんどん身近なものになっていますし、次世代のスマホとしてこれからどんどん普及していくかもしれませんね。 月額の価格は? スマホと同じで本体の価格とは別に月額料金もかかります。 本体は約 20万ほど。 シャープ公式サイトや、家電量販店、楽天などのサイトからでも購入できます。 ロボホンを利用するには 「ココロプラン」に加入しなければなりません。 月額 980円(税抜)で、Wi-fi接続や各種通信機能、ロボホンとのコミュニケーションをとることができます。 通話をしないのであれば、データSIMを契約します。 最も安いプランで月額 650円(税抜)からです。 通話もデータも利用するのであれば、音声SIMを契約します。 月額 1,350円(税抜)からです。 その他保守パックもあります。 保証を付けるか付けないかで、加入は任意です。 月額 990~1650円です。 以上から、月額料金の総額は約 1500~4000円ほどになります。 キャリアのスマホ月額料金に比べたら安いですよね。 スポンサーリンク ロボホンとは? シャープが発売している 持ち運びができるモバイル型ロボット電話です。 会話ができる:声をかけると、天気や予定を教えてくれます。 目の色が変化する:目の色でロボホンの気分がわかる!?• 立ったり、歩いたり、座ったり、ダンスもできる:2016年の人気ドラマ「逃げ恥」で恋ダンスを踊って話題になりました。 顔を見分けることができる:名前を呼んだり、写真を撮ってくれます。 ハートがある:スワロフスキー製のジルコニアが胸の中に埋まっています。 外に持ち歩けるサイズ:身長19. 5cmで、ポケットにも入ります。 GPS搭載:居る場所に合わせて必要な情報を教えてくれます。 電話できる:着信時は「電話だよ」と教えてくれます。 声でメールが送れる:話した言葉をメールにしてくれます。 届いたメールは動きをつけて読んでくれます。 写真を撮ってくれる:「写真を撮って」とお願いすると撮ってくれます。 ミニシアター:おでこに高画質レーザープロジェクターが付いていて投影してくれます。 大切な予定を声でお知らせしてくれる:予定を教えてくれます。 もちろん目覚ましとしても活躍してくれます。 情報をさがしてくれる:調べた情報を読み上げてくれたり、動画はプロジェクターで投影してくれます。 多彩なアプリを楽しめる:便利で楽しいアプリがたくさんで、ダウンロードもできます。 スマホと連動:他のスマホで撮った写真をプロジェクターで投影したり、電話やメールの通知もしてくれます。 有名人でロボホンを愛用している方も多いみたいですよ。 モデルの 市川紗椰さんは夜の私生活をロボホンと過ごしているみたいです。 評論家の 森永卓郎さんもブログでロボホンを公開しています。 以前「Kinki Kidsのブンブブーン」という番組で 加藤諒くんがロボホンを買ったことが話題になりました。 見た目がかなり可愛くて、「欲しい!」と思ってしまう商品ですね。 本体は高額ですが、月額の価格はそこまでかからないようです。 近い将来こういったロボット型携帯電話が当たり前の時代がくるかもしれませんね。

次の

小さいけれど本格派 シャープ「ロボホン」のココがすごい!

ロボホン

2016年5月に発売され、大きな話題となったシャープのロボホンはご存知でしょうか。 かわいらしい見た目と、精密に作りこまれた機能のロボット電話。 SNSをはじめ、ネットを中心に広く話題を集めています。 そんなロボホンですが、最新の技術や高機能なハードウェアを搭載しているため価格は少々お高めに設定されています。 また、購入価格だけでなく月額プランの維持費もいくらか発生します。 今回は、数種類あるロボホンのプランや維持費についてまとめてみたいと思います。 1-1. 一括払いの場合 ロボホンの購入金額は198,000円(税抜)、 213,840円(税込)です。 シャープ公式のロボホン販売サイトや、家電量販店で購入できます。 1-2. 分割払いの場合 初回のみ9,140円(税込)、2回目以降は8,900円(税込)でロボホンを利用できます。 24回払いです。 申し込みはロボホンの公式サイトから、支払いにはJACCSのショッピングクレジットを利用するようです。 (審査が必要) なお分割の場合も総額は213,840円(税込)となり、一括払いと総額は変わりません。 ココロプラン 必須 ロボホンを購入した場合、 必ず加入する必要のあるプランです(加入しないと音声通話しかできない)ロボホン本体は一括払いでも分割払いでも、どちらでもココロプランは加入する必要があります。 月額980円(税抜)で、これを加入することでWi-fi接続や各種通信機能、ロボホンとのコミュニケーションをとることができます。 モバイル通信サービス 任意 いわゆる 携帯電話としての通信料金です。 モバイル通信サービスに契約すると受け取れる「SIMカード」をロボホンに差し込むことで屋外での通信が可能となります。 加入は任意としていますが、これがないと使用できる機能が大幅に限定されますので、実質必須のプランですね。 このモバイル通信サービスはロボホン購入時に同時に申し込むこともできますし、他社との契約でもnanoSIMカードさえあれば外出先でロボホンを利用できます。 プランにもよりますが、シャープ公式のモバイル通信サービスかMVNO回線に契約すれば月額1,000円弱〜3,000円くらいにおさまります。 またプランは大きく分けて2種類に分けることができます。 3-1. データ通信SIM データだけを通信できるSIMで、音声通信(電話)はできません。 ロボホンとの会話は可能ですが、ロボホンを介しての電話はできません。 公式の通信サービスの場合、料金は最も安いプランで月額650円(税抜)からのようです。 3-2. 音声通信SIM データ通信に加えて 音声通話(電話)もできるSIMです。 公式の通信サービスの場合、月額1,350円から加入できます。 保守パック 任意 ロボホンが壊れた際などに、修理代を減額できる補償プランです。 なお自然故障の場合、購入日から一年間は保証期間として無償修理の対象となるようです。 ケアプラン50 月額990円(税抜)で、購入から5年間修理代金を50%OFFとしてもらえます。 破損や消耗品の交換費用も対象となります。 ケアプラン70 月額1,650円(税抜)で、購入から5年間修理代金を70%OFFとしてもらえます。 破損や消耗品の交換費用も対象となります。 ビジネス向けプラン 任意 ここまで紹介したプランは全て個人向けのサービスのため、法人では申し込むことができないようです。 ただ法人からの問い合わせも多かったようで、ロボホンの発売からしばらくして法人向けのサービスも開始されました。 5-1. ビジネス基本プラン 年間15,000円(税別)+ ロボホン購入金額 ココロプラン、モバイル通信サービスの内容を含む法人向けプランです。 この金額内に ロボホン本体の購入金額は含まれていませんので、ロボホン本体は別途購入する必要があります。 5-2. ビジネスケアプラン 保守 年間55,200円(税別・初年度)+ ロボホン購入金額 年間60,000円(税別・2年目以降)+ ロボホン購入金額 ココロプラン、モバイル通信サービス、保守パックの内容を含む法人向けプランです。 この金額内に ロボホン本体の購入金額は含まれていませんので、ロボホン本体は別途購入する必要があります。 ランニングコストのシュミレーション それでは、実際にロボホンを購入するといくらかかるのか。 いくつか条件を設定したうえでシュミレーションしてみたいと思います。 6-1. ランニングコストをできるだけ安く収めたい場合 とにかくコストを抑えたい場合には、「ココロプラン」と「モバイル通信サービス」を契約すればロボホンのほとんどの機能は利用できます。 ロボホン本体は一括払いを想定しています。 電話を使いたい場合には音声通信SIMを申し込み必要があります。 6-2. 安心してロボホンを使いたい場合 電話機能が使える音声通信SIMプランに加えて、万が一の際の保守パックも申し込んだパターンです。 ロボホン本体は一括払いを想定しています。 初期費用を安く抑えたい場合 2016年8月に登場した分割払いプランを使用した場合です。 ロボホン本体の端末代金を24回の分割で支払うことができます。 まとめ 以上となります。 購入金額に加えて複数のランニングコストも発生するので少々混乱しがちな部分も見受けられますが、しっかり理解したうえで購入したいところですね。 また初期の購入費用こそ20万円越えと、少々高めではありますが普通の携帯電話と比べれば月額のランニングコストはさほど変わりません。 まだまだ発売したばかりの製品なので様子見している方も多いかと思いますが、将来が楽しみな製品の1つであることは間違いないですね。 最後に Rentioでは、最新のガジェット、カメラなどをはじめ豊富な製品のレンタルを受け付けています。 ロボホンもレンタルの受付を開始しましたので、購入前に試してみたいということであれば是非こちらも検討してみてくださいね。

次の