赤ちゃん うつぶせ寝 危険。 赤ちゃんのうつぶせ寝は危険?乳児の窒息や死亡事故を防ぐための7つの注意点

赤ちゃんのうつぶせ寝はなぜ危険なの?予防策は?

赤ちゃん うつぶせ寝 危険

ばあばから「頭の形が悪くなるから、赤ちゃんはうつぶせ寝にしなさい」「赤ちゃんはうつぶせ寝にしないと、将来O脚になるわよ」と言われたこと、ありませんか? かつては「うつぶせ寝で頭の形がよくなる」「スラッとした脚になる」と、赤ちゃんをうつぶせ寝させることがブームに。 その後、うつぶせ寝がSIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクがあることがわかりました。 とはいっても、何才までうつぶせ寝させちゃダメなのか、うつぶせ寝でどんな危険があるのか、気になりますよね。 ひよこクラブ編集部が調べてみました。 「うつぶせ寝」は窒息やSIDSのリスクがある! 消費者庁の調査によると、2014年までの5年間に、 就寝中に窒息死した0才児は160人。 事故の状況は、「顔がマットレスなどに埋まる」が最多で33件。 あお向けに寝ていれば、顔がマットレスに埋まることはまず考えられないので、うつぶせ寝だったことが想像できます。 消費者庁は、 「敷布団やマットレス、枕は子ども用にかためのものを使用する」 「1才になるまでは、寝かせるときはあお向けに寝かせる」ことを呼びかけています。 うつぶせ寝は、 SIDS(乳幼児突然死症候群)のリスク要因としても知られています。 SIDSとは、なんの予兆や病歴もないのに、乳幼児が突然亡くなってしまう病気。 原因は明らかになっておらず、窒息などの事故とは異なります。 日本では乳児の死亡原因の3位を占めています。 厚生労働省は、 SIDSの発症を抑えるポイントの一つとして、 「1才になるまでは、寝かせるときはあお向けに寝かせること」を挙げています。 米国小児科学会(AAP)は、SIDSの危険因子の多くが、就寝中の死亡原因と共通していることを指摘し、「必ずあお向けで寝かせる」「かたいマットレスなどの上に寝かせる」ことを推奨しています。 赤ちゃんにストレスがかかるときにはとくに注意! 1才までは、あお向けに寝かせたほうがいいことはわかってきました。 けれど、 「もし赤ちゃんが寝返りしてうつぶせ寝になっちゃったら?」 「いつの間にかうつぶせで寝入っていたら?」 という疑問が残ります。 ママ・パパが四六時中赤ちゃんの寝ている様子を見るわけにもいかないし、寝ている赤ちゃんをわざわざ起こしてまであお向けにするべきなのか…。 SIDSや小児の救急医療に詳しい、小児科医の市川光太郎先生(北九州市立八幡病院救命救急センター・小児救急センター院長)によると、 「米国では、自在にあお向けからうつぶせ、うつぶせからあお向けの両面の寝返りができるようになったら、途中でうつぶせ寝になっていても、戻す必要はないといわれています」とのこと。 ただ、自在に寝返りができるようになった赤ちゃんでも、まれにうつぶせで亡くなっていた例もあるとか。 「とくに風邪症状があったり、保育園に行き始めるなど環境が変わったりすることで、ストレスがかかるときには気をつけましょう。 また、未熟児・早産児の場合はSIDSのリスクも高くなるので、注意してあげるといいでしょう。 うつぶせ寝だけでなく、喫煙など、SIDSのほかの危険因子を取り除くことも大切です」 病気のときや初めての環境を経験したときは、寝返りが自在にできる子でも、いつもより気をつけてあげるのがよさそうです。 日本では、約8割の親子が一時的にでも添い寝をしているそう。 親が疲れすぎていると、知らぬ間に赤ちゃんに覆いかぶさってしまうこともあるので、添い寝をしているママ・パパは疲れすぎに気をつけましょう! 赤ちゃんの昼寝中に親も一緒に寝るなど、疲労をためないようにすることも大切です。

次の

赤ちゃんの死亡原因になることも!乳幼児のうつぶせ寝の危険性

赤ちゃん うつぶせ寝 危険

うつぶせ寝とは 赤ちゃんがうつぶせ寝になっていると、心配になりますがそもそも「うつぶせ寝」とはどのような状態のことを言うのでしょうか。 うつぶせ寝は、布団に身体の前面をうずめた状態で寝る姿勢のことです。 寝返りが始まった赤ちゃんに多くみられるもので、寝返りを打ったものの、寝返り返りができず仰向けになれないままの状態で寝続けてしまうことを指します。 うつぶせのままで寝ることにより、仰向けとは異なる作用が起きるため、心配するお母さんが多いのです。 うつぶせ寝が始まる時期 赤ちゃんのうつぶせ寝が発見されるのは、寝返りが始まる時期が多いでしょう。 赤ちゃんの寝返りが始まる時期は個人差があるため、一概にいつから注意すべきということは断言できません。 平均すると、生後5ヶ月から6ヶ月くらいの時に寝返りを打ち始めることが多いですが、早い赤ちゃんだと生後3ヶ月で寝返りを打つこともありますし、1歳近くになるまで寝返りしない場合もあります。 気を付けるべきなのは、寝返りができるようになった初期の頃です。 まだ一方向にしか寝返りが打てず、寝返り返りもできないので、うつぶせ寝の状態が長引いてしまうからです。 寝返り返りができるようになれば、苦しくなったら自分で仰向けになることができますが、それまでの期間が要注意だと言えるでしょう。 乳幼児突然死症候群のリスク うつぶせ寝をすることで、赤ちゃんにはどんな変化が生じてしまうのでしょうか。 うつぶせ寝で最も心配なのが、乳幼児突然死症候群のリスクです。 乳幼児突然死症候群は、ある日突然赤ちゃんが亡ってしまう病気のことで、日本の場合、約6~7,000人に対して1人の割合で赤ちゃんの身体に起こっています。 月齢としては生後2ヶ月から6ヵ月あたりに発生することが多く、1歳以上でもまれに発症することがあります。 乳幼児突然死症候群は、解剖しても原因が不明で現在も明確にはわかっていません。 ただ、欧米でうつぶせ寝をする赤ちゃんに乳幼児突然死症候群が起きるケースが多いという報告があり、うつぶせ寝が危険だという認識が広まっていくと乳幼児突然死症候群が減少したことから、うつぶせ寝と乳幼児突然死症候群の関係は一切ないとは言い切れません。 うつぶせ寝が乳幼児突然死症候群を誘発するとは限りませんが、可能性のひとつとして気をつけるべきだと言えるでしょう。 しかし乳幼児突然死症候群は、うつぶせ寝だけが原因ではない事を知っておく必要があります。 うつぶせ寝の他に、ミルク育児や両親の喫煙・低体重児・先天性の呼吸の異常・冬季などがあり、どれが決定的な原因かは分かりません。 うつぶせ寝に気をつけていても、他の原因がそろっていれば乳幼児突然死症候群の可能性は高くなる事を覚えておきましょう。 特に両親の喫煙は大きな危険因子の一つで、喫煙する両親の場合はしない両親よりも症状の発生率が高いデータがあるほどです。 これらの原因が当てはまっていないかどうか、一度チェックしましょう。 うつぶせ寝と歯並び・かみ合わせの影響 うつぶせ寝は顔の彫りが深くなる、なんて昔は言われていました。 現在は彫りが深くなるというよりも、歯並びやかみ合わせの影響が高い寝方だと歯科学会などから指摘されています。 うつぶせ寝は顔が横を向くので、頭の重さが側面にかかって歯並びに影響を与えます。 特に赤ちゃんは頭が大きく骨が弱いですから、長時間うつぶせの姿勢だと歯や顎への影響は大人よりも大きくなります。 新生児の頃からうつぶせで寝る赤ちゃんは、仰向けで寝る赤ちゃんよりも歯並びやかみ合わせの影響を受けやすいので、将来歯科矯正などが必要になる場合もありますので、今から注意が必要です。 うつぶせ寝の状態になると、シーツやまくらなどで窒息しやすいため、ふわふわの素材を使用しないようにしましょう。 ベッドのマットレスは固めを選び、枕やクッションをベッドの上に置かないようにしてください。 柔らかいベッドにしてしまうと、身体が沈んで鼻や口をふさぎやすくなってしまいますし、寝返り返りがしづらくなるからです。 また、小さなぬいぐるみや、おもちゃも、いつ移動して赤ちゃんの鼻や口をふさぐかわかりませんから、寝るときは片づけるようにしましょう。 タオルや、厚みのあるシーツも、うつぶせ寝で窒息を招く恐れがありますので、ふわふわ素材はできるだけ排除するのが安全だと言えます。 赤ちゃんの衣服には注意 うつぶせ寝で窒息を避けるために、ふわふわ素材は避けるべきだとご紹介しました。 もうひとつ注意しておきたいのが、衣服です。 首元が緩く、寝ている間に頭の方へずり上がってくるタイプの衣服を着ていると、寝返りを打った時に口元をふさぎ、呼吸を妨げてしまう可能性があります。 首元は詰まったタイプのものを選び、フードなど余計なものがついていないスッキリとしたものをパジャマにしましょう。 赤ちゃんの体温を調節 うつぶせ寝だけに限らず、室温が高すぎたり、衣服を着させ過ぎたりすると、体温が上昇して呼吸を止めてしまうことがあります。 赤ちゃんは体温のコントロールがまだできないため、熱すぎる状態になるとうまく調整できずに脳がストップしてしまう可能性があるからです。 脳がストップしてしまうと呼吸を止めてしまう恐れがあるので、温めすぎないようにしましょう。 冬場だと寒いのではとつい余分に服を着させてしまいますが、赤ちゃんの体温はもともと高いので、1枚足りない位でちょうど良いのです。 熱い、寒いとまだ言葉や表情で伝えられないからこそ、慎重に調整してあげるようにしましょう。 うつぶせ寝のメリット うつぶせ寝で気を付けるべきことはたくさんありますが、うつぶせ寝の全てが悪いというわけではありません。 うつぶせ寝のメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。 夜泣きが少なくなる まず、うつぶせ寝になることでよく眠り、夜泣きも少なくなるという報告があります。 仰向けより睡眠が深くなり、目が覚めたときもぐずりにくいと言われているのです。 頭の形が良くなる うつぶせ寝のメリットとして、頭の形が良くなるということがあります。 仰向けでばかり寝ていると、後頭部を圧迫する時間が長くなるため、絶壁のような頭になりがちです。 しかし、うつぶせ寝なら後頭部を圧迫することもありませんし、顔を左右交互に向けるため、形の良い頭に成長することができます。 吐かない うつぶせ寝のメリットとして、吐かないということがあります。 生後間もない赤ちゃんの胃は、入り口が閉まっていないためちょっとした刺激で吐いてしまうことが良くあります。 胃の入り口は背中側にあるので、仰向けで寝ることで胃の上部にゲップが溜まりやすく、ゲップを出す時に胃の内容物も一緒に逆流して、吐き出してしまいます。 しかし、うつぶせ寝では入り口が上向きになるのでゲップが出やすくなります。 また、胃の内容物が下の部分に溜まって逆流しにくくなるので、うつぶせ寝になると吐かなくなるのです。 成長に貢献 うつぶせ寝のメリットとして、成長に貢献するということがあります。 うつぶせ寝の状態になると、頭を持ち上げたり、顔を左右に動かしたり、手を伸ばしたりすることが増えるため、筋肉がたくさん刺激されます。 その結果、首が座る時期が早まったり、ハイハイやお座りが他の赤ちゃんよりも早くなったりすることがあるのです。 筋肉は使えば使うほど発達していくので、健やかな成長にも役立っていると言えます。 うつぶせ寝とうつぶせ 腹ばい)の違い うつぶせ寝について、気をつけるべき点や、メリットなどをご紹介していますが、ひとつ勘違いしやすいポイントとして、うつぶせ寝とうつぶせを混合してしまうということがあります。 結論から言うと、うつぶせの状態になることは成長のために必要なことですから、無理やり止めさせる必要はありません。 しかし、うつぶせ寝の状態はその姿勢が長く続く可能性が高いため、目を話すと窒息してしまう危険性がありますから、注意するようにしましょう。 意図的なうつぶせ寝 うつぶせ寝のメリットについてご紹介すると、きちんと見張っていればうつぶせ寝の方が良いのでは?と考えてしまいがちです。 しかし、まだ身体が成長している最中ですし首も安定していないため、寝返りを打たないうちに無理やりうつぶせ寝にしないようにしましょう。 どうしても意図的にうつぶせ寝にしたい場合は、生後6ヶ月を過ぎてからにしましょう。 この頃になると、首が座りはじめ自分でも寝返りが打てるようになってきているので、比較的安心と言えます。 ただし、必ず目の届く範囲にいるようにしましょう。 うつぶせ寝の防止 お母さんが起きている間なら、うつぶせ寝をチェックして対処することができますが、夜中に寝ているうちに寝返りをしてしまい、うつぶせ寝になってしまうこともあります。 万が一呼吸できなくなってしまったらどうしようと、気になって心配で眠れないというお母さんも多いでしょう。 そんな時は寝返り防止の対策をしておくと、うつぶせ寝にならずにすみます。 寝返り防止専用のクッションが出ていますが、左右に分厚い布団を引いて身体を仰向けに固定しておくのもオススメです。 クッションや布団を使う時は、ずれないようにしっかりと固定することが大切です。 ふわふわしている掛け布団だと、寝返りが成功して口元をふさいでしまう恐れもあるので、固めの素材にするようにしてください。 寝返りを防止できれば、お母さんが寝ている間にうつぶせ寝になってしまう事もなくなるでしょう。 ラッコ寝には注意が必要 添い寝しても抱っこしても寝てくれない時に、お母さんの胸の上に赤ちゃんをうつぶせに乗せるラッコ寝をすると、ぐずらずに寝てくれる場合があります。 赤ちゃんにとってよく眠れるうつぶせの姿勢に加えて、お母さんの体温や心音を感じられるのが、スムーズに眠りに入れる理由なのでしょう。 しかしラッコ寝には落とし穴があって、それはお母さんも一緒に寝てしまうと赤ちゃんに危険があるという事です。 胸の上から赤ちゃんを落としてしまったり、お母さんが睡眠中に腕を動かして赤ちゃんに当ててしまうなど、寝ている間に赤ちゃんに万が一の事が起こりかねません。 また、寝てしまうと赤ちゃんの異変にも気づかなくなりますので、ラッコ寝をする際には寝ないよう十分気をつけてください。 寝返り返りができるまで 基本的にうつぶせ寝の状態を心配するのは、寝返りができるようになってから寝返り返りができるまでの間です。 しかし、寝返り返りができるようになったからと言って、ふわふわの布団に戻してしまうと危険を防ぐことはできなくなってしまいます。 また、絶対に安心ということはありませんので、寝返り返りができるようになったとしても目は話さないようにしましょう。 ここまでのまとめ うつぶせ寝で気をつけることについて幅広くご紹介しました。 さまざまなうつぶせのメリットもご紹介しましたが、基本的には注意するのが前提です。 乳幼児突然死症候群の関係もあると言われていますので、くれぐれも目を離さないようにしましょう。 赤ちゃんのうつぶせ寝が始まると、お母さんにとっては心配事がまたひとつ増えますが、成長過程のひとつとして捉え、安全第一で見守ってあげてください。

次の

赤ちゃんのうつぶせ寝について知っておきたいこと

赤ちゃん うつぶせ寝 危険

CONTENTS• 長生きで健康な人の生活を真似たい気持ちもわかるけど 元気で今でも仕事をしてまっせ、という103才で現役でご活躍している日野原先生が実践している「うつぶせ寝」。 赤ちゃんの頭の形が良くなる、なんて話が子育て中のママの間で噂され「欧米人のような頭のかたち」を目指してうつぶせ寝を行なった方もいるでしょう。 うつぶせ寝、って本当に健康にいいの?危険はないの? 実は赤ちゃんのうつぶせ寝は某大学病院でも行なわれていて、1995年1月に事故死が発生して看護師さんが罪に問われ損害賠償ということもありました。 長寿で健康な人が行なっていること真似すれば長寿で健康になれるのかを、「うつぶせ寝」と例として検討してみます。 うつぶせ寝するにしてもこんな枕を使わなといけません。 さらに寝るポーズは細かく決められて、初めて健康的なうつぶせ寝、「腹臥位療法」ってことになるのです。 日本ユニセフ協会大使・日野原 重明先生が考案したうつぶせ寝枕「ピロー・オハラ」の販売を開始より 寝ている間この姿勢をキープできるのかな?と、素朴な疑問もありまして。 うつぶせ寝の利点・長所 医学用語で「うつぶせ」は「腹臥位」と呼び、うつぶせ寝健康法は「腹臥位療法」 これは廃用性症候群を避けるために寝たきり・脳血管障害のリハビリに利用 1日15分から30分程度)と呼んでいるものもありますが日野原先生の方法は寝る姿勢ですから、ちょっと違うものです。 「うつ伏せ寝」の健康上のメリットは日野原先生の記事によれば 横隔膜を運動させる腹式呼吸が夜間の睡眠中に繰り返され、胃腸の運動も円滑に行われ、排尿も良くなる。 「 健康の秘訣は… 食事、肺炎予防、うつぶせ寝」より 一般的にうつぶせ寝が体に良いとされているのは ・睡眠時無呼吸の予防 ・よだれや痰が排出されやすくなる ・体がリラックスできて、熟睡感が得られる などで、効果効能から「副交感神経がリラックスできる」的な健康法と判断します。 また、痰が排出されやすくなると、高齢者の場合は誤嚥性肺炎になりにくくなるので、確かに日野原先生がおっしゃる健康の秘訣である「肺炎の予防」にはなりますね。 実は危険な「うつぶせ寝」 大人にとっては健康に良くても、子供には害になる健康法はいくらでもあるでしょう。 うつぶせ寝が頭の形を上から見た場合、前後に長い欧米人を目指してうつぶせ寝を赤ちゃんに行なったママ・パパもいます。 日本人の頭の形は横広がりになりがちなので、少しでも見栄えがいいように、という親心ですね。 しかし、頭の形は遺伝子情報によってもかなり影響をうけますので、いくらうつぶせ寝をしても、頭の形がイマイチという結果になるんです。 赤ちゃんの場合、乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因として「うつぶせ寝」がある と指摘されていますので、世界的に「赤ちゃんのうつぶせ寝はリスキー」という判断が各国の健康行政機関が判断しています(「」 厚生労働省等)。 大人の場合にうつぶせ寝をする切っ掛けとして「いびき」を避けるため、と言う人が多いです(自分もその1人)。 いびきや睡眠時無呼吸症候群を避ける為の「うつぶせ寝」を実行している人が多い しかし、よーく考えてみると、仰向けで寝ていて舌根が沈下していびきをかく、という理由であったら「苦し〜、でも眠い」といってそのうつ伏せ状態を持続するんでしょうか?普通、人間は睡眠中、右に左にゴロゴロと寝返りをうちますからね。 記事中には もう一つ大切な事は腹臥位(ふくがい)で睡眠をとる。 いわゆるうつぶせ寝である。 一般の脊椎動物がすべてとっている腹臥位での睡眠である。 これにより横隔膜を運動させる腹式呼吸が夜間の睡眠中に繰り返され、胃腸の運動も円滑に行われ、排尿も良くなる。 日野原重明の100歳からの人生 より 人生の大先輩であり、医師としても尊敬する日野原先生のこの話、先生が本当におっしゃったのか疑問があります。 一般の脊椎動物がすべてとっている腹臥位での睡眠である。 とありますが、四本足歩行をしている動物と二本足歩行をしている人間の場合、解剖学的に形状に当然違いがあるのです。 首の骨と頭の骨の位置関係も違いますし、骨盤と足の骨の接合の仕方も違っています。 自然界の動物が全てうつぶせ寝だとしても、構造が違う人間にとって自然な寝方である、とは言い切れません。 動物も良く観察してみると腹臥位で寝ているように見えますが、実際は側臥位で寝ていることが多い様です。 日野原先生はひたすら「うつ伏せで寝なさい」と言っているわけではありません。 おへそのあたりに幅広い枕を置き、その上にうつぶせ寝をするが、できれば薄い羽毛の枕を二重か三重にたたみ、頭は15%くらい右か左に向かせ、右か左の耳と側頭部に枕が当たるようにし、おなかは真下に向け、両足は少し曲げて休む。 より と、非常に細かい注意点を挙げています。 人の発言を一部を引用しがちな健康情報の危険性 「うつぶせ寝が健康に良い」というイメージの方が「うつぶせ寝のリスク」より皆さんの健康知識としては強いのではないでしょうか?日野原先生が行なっている健康法を聞きかじりの情報に頼って、ご自分で実行するとそれなりのリスク、あるいは思った様な効果が得られません。 テレビの健康番組も同様です。 はじめから終わりまで、見ていればある程度の健康情報を得ること(正しいか、間違っているかは別)ができます。 しかし、ほとんどの方は途中から見たり、チャンネルとカチャカチャいじっている最中に目にした、耳にした興味のある部分しか見ていないのではないでしょうか? 私もある健康番組にコメントをしました(撮影には二時間近くかかりました)が、実際に放送された場面は極々一部でありそれも「オナラが臭くなります」というコメントのみかなり強調されていました。 笑 私は一町医者ですので、患者さんも私のキャラをご存知なので「先生、面白かったよ」的なレスポンスで全く問題は発生していません。 しかし、友人・知人の権威ある医師の場合、番組の方向性にあわせたコメントのみが放送されて、怒りまくっている教授が若干名ではないところが気になります。 健康情報が氾濫する今現在、なにが正しくて、なにが間違っているか、を判断するのは非常に難しい状況になっています。 健康番組、あるいは健康サイトで気になる情報があり、その点について質問がある方は、新聞の場合は切り抜くか、購読紙名と日付をメモる、ネット上の場合はURLとまでは言いませんので、タイトルくらいはメモってきていただけると非常に助かります。

次の