大変 恐縮 なの です が。 「大変恐縮ですが」の意味、お願い時の使い方、類語・言い換え、英語表現

「大変恐縮ですが」の意味と使い方・類語|ビジネス/メール

大変 恐縮 なの です が

「恐縮の限り」という言葉は「恐縮」と「(の)限り」という部分に分けることができます。 恐縮と言うのは「恐れて身がすくむこと、相手に迷惑をかけて申し訳なく思うこと」を指しています。 また「限り」の意味は「そのことの限度いっぱい、限界まで」となります。 総合すると「限界までおそれて身がすくむほど相手に迷惑をかけて申し訳なく思う」という常軌を逸した状態という意味になります。 しかし実際に使われている意味合いとしては「迷惑かけてすみません」といった程度の言葉です。 ビジネスの世界では飾った言葉が好まれる 「恐縮の限り」という言葉は、主にビジネスの場面で使われます。 ビジネスの世界では過剰に粉飾した意味の言葉を使う風潮があるのです。 例えば「貴社のご発展とご隆盛を心より祈念致しております」といった挨拶は過剰な意味の表現ですが様々なところで使われています。 そのため、こういった場面では、「恐縮の限り」といった極端にへりくだった言葉も好んで使われているのです。 「恐縮の限り」は手を煩わせた謝罪の場面で使う 「恐縮の限り」は実際にどのような場面で使う言葉かと言うと、主に「相手の手を煩わせた場合の謝罪」の場です。 「恐縮の限り」という言葉の意味において最も重要な部分は「相手に迷惑をかけてしまって申し訳なく思う」という点です。 例えば相手に余計な手間をとらせてしまった場面で、「今回の件で多大なご迷惑をおかけしてしまい誠に「恐縮の限り」です」というように使います。 謙遜の意味で使えばやり取りがスムーズになる また、もっと軽い場面でも「恐縮の限り」を使うこともあります。 例えばある商品やサービスの不備について報告する際、直接その原因となる人へ連絡できない場面も多々あります。 会社の窓口へ報告するなら、報告を受け取る人はおそらく、そのトラブルに関係の無い人です。 そのため、本来では過度な謙遜を意味するのですが、あえて「お手を煩わせてしまい恐縮の限りです」というように述べると良いでしょう。 相手もこちらへ迷惑をかけている気持ちになっていれば互いに謙遜しあいながら連絡を取ることができ、気分良くやり取りは進んでいきます。 「恐縮の限り」は日常的な謝罪の言葉ではない 「恐縮の限り」という表現を使わない方が良い場面も存在します。 それは日常的な場面です。 「恐縮の限り」というのは一大事や丁寧な応対の際に使う表現であって、日常の謝罪に使うと違和感が生じてしまいます。 例えば上司に「ここ間違えてるよ」と指摘を受け「「恐縮の限り」でございます」と返答したなら妙な目で見られるかもしれません。 基本的には過度な謝罪表現なので日常で使うものではありません。 謙遜の意味で使用するときは言葉に見合う対象が必要 「恐縮の限り」には謙遜の意味も含まれていますが、使わない方が良い場面は色々とあります。 例えば上司に「このグラフの書き方いいねえ」と褒められたときに「「恐縮の限り」でございます」と言ったならキョトンとされるかもしれません。 大きな仕事を達成したときに「よくやった」と言われたら「恐縮の限りでございます」と返答するのは妥当です。 この表現にはその言葉に見合う大きな対象が必要なのです。 「恐縮の限り」には謝罪と謙遜の意味がありビジネスの場面での使用が好まれる 「恐縮の限り」の意味と使う場面について見てきました。 「恐縮の限り」というのは「限界までおそれて身がすくむほど相手に迷惑をかけて申し訳なく思う」という極端な表現です。 ですがビジネスの場面ではこのような飾った表現が好まれるので、良く使われます。 主な意味としては謝罪と謙遜となり、特に「相手の手を煩わせた際」に使う表現です。 大きな失敗の謝罪時や、大きな仕事を達成して褒められたときの謙遜時の表現として使うのが相応しい表現です。

次の

「恐縮です」は正しい?恐縮の意味とビジネスシーンでの使い方【例文あり】

大変 恐縮 なの です が

様々なやり取りを行うビジネスメール。 ビジネスメールのやり取りを行えば相手のビジネスレベルがわかる、とも言われており、相手への配慮をしつつわかりやすくコミュニケーションをとることは重要なポイントです。 最低限相手に失礼のないメールができるよう相手に配慮するメール文面を理解しておきましょう。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う場面とは相手にお願いするとき ビジネスメールで「お忙しいところ」というフレーズは、「相手に仕事や質問・問い合わせの回答を頼むなど、相手の負担になることをお願いするとき」に使います。 たとえば、添付した資料の確認を求めるときには、「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします。 」といいます。 ビジネスメールは相手に要求する内容が多いため「お忙しいところ」をよく使う 相手に商談の時間をとってもらいたいときには、「お忙しいところ申し訳ございませんが、打ち合わせの時間をとっていただきたく、お願い申し上げます。 」とします。 ビジネスメールの多くは、相手になんらかの要求をする内容です。 なので自然に、「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになるのです。 「お忙しいところ」のバリエーションを相手や場合によって使い分ける ここでは、ビジネスメールで使う「お忙しいところ」のバリエーションを紹介します。 【ビジネスメールの「お忙しいところ」のバリエーション】 「ご多忙中、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中のところ誠に恐縮ですが」 「ご多用中恐縮でございますが」 「ご多忙のところ大変恐縮ですが」 「ご多忙の折、お手数をおかけして恐縮ですが」 「ご多忙のところ、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中とは存じますが」 「お忙しい中、失礼いたします」 です。 丁寧なビジネスメールは「ご多忙のところ大変恐縮ですが」を使う これらのバリエーションの中から、メールの用件に合ったものを選んで使いましょう。 丁寧なのは、「ご多忙のところ大変恐縮ですが」というように、「ご多忙」「お忙しいところ」と「恐縮」という言葉をセットにすることです。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う締めくくりは「よろしくお願いいたします」にする ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは大抵、自分の都合で質問や問い合わせ、仕事などの頼み事をするときでしょう。 なので、そのようなビジネスメールを書くときには、用件を持ちだすときに「お忙しいところ」を使い、メールの締めくくりは「よろしくお願いいたします」と書きましょう。 ビジネスメールでは相手に指図しないのがマナー また、「お忙しいところ」を書いたとき、相手に「指図をしない」ようにしましょう。 たとえば「早めのお返事、お待ちしております」というような書き方は、忙しいとわかっている相手に「早く返信しろ」と指図しているのでNGです。 反対に、「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるのでしてはいけません。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは相手に合わせた書き方にする 以上が、ビジネスメールにおける相手に対しての「お忙しいところ」の使い方についてです。 「お忙しいところ」というフレーズは、ビジネスメールでは相手に対してよく使うので、使い方はきちんとおさえておきましょう。 バリエーションも覚えておくと、用件や相手に合わせた書き方ができます。

次の

「大変」の英語|8つの場面で使える英語フレーズ例文やスラングなど

大変 恐縮 なの です が

この記事では、恐縮という言葉の意味や、ビジネスメール上で「メールにて恐縮ですが」といった正しい使い方のマナーを紹介していきます。 「恐縮」という言葉を使うのであれば、意味をしっかりと知っておくべきです。 しっかりと「恐縮」の意味を理解した上で、ビジネスメールで「メールにて恐縮ですが」と使うようにしましょう。 相手への感謝と謝罪の意味が込められている 恐縮という言葉の意味は、本来は文字通り恐れから身がすくむ状態を意味します。 しかし、恐縮の意味を紹介すると、実際には相手から厚意を受けた場合などに感謝する気持ちや、相手に迷惑をかけてすまないと思う気持ちを表現する言葉として「恐縮です」と使われます。 また、「恐縮」という言葉の意味は、相手の厚意への感謝から派生する気恥ずかしさや照れくささなどを意味する場合もあります。 改めてのお伝えになりますが、しっかりと恐縮の意味を理解してからビジネスメール上で「メールにて恐縮ですが」「恐縮です」といった正しい使い方をしましょう。 「恐縮です」のビジネスメール上での使い方例文 「恐縮です」「メールにて恐縮ですが」は、社会人になると様々なシーンで使うことがあります。 ここでは、その中でもよく使われる恐縮ですのお決まりフレーズについてまとめました。 この恐縮ですのお決まりフレーズをどのように使えば、ビジネスメール上での正しく使うことができるのかを見ていきましょう。 この「恐縮です」のお決まりフレーズを覚えて、ビジネスメールで正しい恐縮ですの使い方をしましょう。 恐縮は感謝と謝罪の意味!パターンによって正しい使い方をしよう 恐縮の意味と、「恐縮です」「メールにて恐縮ですが」といったビジネスメール上での正しい使い方について見てきましたが、いかがでしたか。 このビジネスシーンでの言葉遣いは、社会人として、身につけるべきマナーです。 このような細かい気配りやマナーなど知っておくと、好印象をも持たれるものにもなりますので、この機会にポイントをおさえておきましょう。 是非、これを参考にして「恐縮です」「メールにて恐縮ですが」といった言葉の、ビジネスメール上での正しい使い方に活用してください。

次の