浜野 よし ふみ 速報。 電力総連、国民民主党の低迷に危機感 党勢浮揚の妙案なく…(1/2ページ)

第25回参議院議員選挙(2019年7月21日投票)比例区 国民民主党候補者一覧|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

浜野 よし ふみ 速報

来歴 [ ] 出身。 を卒業。 (昭和58年)、を卒業し、に入社。 組合専従となり、(9年)関西電力労働組合本部書記長、(17年)(電力総連)会長代理を務めた。 のに公認でより立候補した。 電力総連は長年に渡り民主党から組織内候補を当選させて来たが(浜野は引退するの後継)、にが発生すると、民主党は政策を推進から将来()の撤廃へと方向転換した。 原発を「重要な電源」と位置付け、早期の再稼働を主張する電力総連はこれに反発した。 また、浜野は~に行われた電力総連第32回定時大会の挨拶で、「全国の電力関連産業の職場の努力が真っ当に世の中から評価されること、をはじめとする政策は冷静かつ総合的議論の積み重ねであり、国民的財産を一時の感情だけで台無しにすることがあってはならないこと、『継続』と『改革』を通じて日本の良さを守り、育てる姿勢が大切である」と、論の高まりに危機感を表明していた。 民主党の党勢が低迷する中で、参院選では、浜野陣営は民主党を極力隠す戦術を採った。 公式サイトには、連絡先以外に民主党の文字は無く、ポスターや選挙カーからも、民主党の文字を極力消した。 選挙運動は、もっぱら労組や後援会の挨拶回りで、演説会も組織向けという理由で外部の取材は受け付けず、徹底した組織選挙であった。 浜野はに同じく電力総連のが記録した207,227票を上回る、235,917票を記録し、民主党内2位で初当選した。 、民進党との合流により結党されたに参加した。 に行われたに国民民主党公認で立候補。 256,928票という前回を上回る得票を獲得し再選。 政策・主張 [ ]• サイトにおいては、政策として「電力関連産業の健全な発展」「エネルギーの安全保障」を上げている。 選択的制度導入に賛成。 2015年の選択的夫婦別姓を求めた超党派による民法改正案に賛同。 2019年のアンケートでは「どちらともいえない」としている。 人物 [ ]• 家族は、妻・1男2女。 趣味は読書とスポーツ観戦。 脚注 [ ]• 電力総連• Qnewニュース. 2018年5月7日. 2018年5月24日閲覧。 2019年7月22日付• 「mネット通信」2015年6月12日vol:334• 2019年. 2019年7月8日閲覧。 関連項目 [ ]• (電力総連) 外部リンク [ ]• (公式サイト)• (Facebookページ)• 議会 先代: 2018年 - 2019年 次代:.

次の

比例区 開票速報

浜野 よし ふみ 速報

2016年7月15日 10:30 改憲勢力が、憲法改正の発議に必要な3分の2の議席を獲得した参院選。 高笑いの自公に対し、野党第一党の民進党は改選議席を下回る32議席しか奪えず、事実上の負け戦となった。 自民一強を打破し、チェック機能が働く政治状況を取り戻すには健全野党の存在が必要。 比例区は民進党に一票を投じようかと思い「選挙公報」で同党候補者の顔ぶれを見てみると、「労働組合」の代表がズラリ。 正直、腰が引けた。 民進党が地域に根付かず、風頼みの選挙ばかり繰り返してきたのは、労組依存の体質から脱しきれないためだ。 参院選の結果から、改めて同党の現状を検証した。 「労組と進む。 」民進党 下は、参院選で配布された選挙公報。 民進党比例区候補22名のうち、12名が労組の組織内候補だった。 比例の得票は11,750,965票。 686万人が加盟するという「連合」の票が、同党を支えているのは事実だ。 比例候補者の経歴を見てみよう。 これでは、「国民と進む。 」ではなく「労組と進む。 労組加入の経験がない人にとっては、異質な集団に見えてしまうのではないだろうか。 同じような感想を持った有権者は少なくなかったらしく、次のようなメールを送ってきた読者もいた。 身近に感じなかったと言うべきでしょうか。 私が住む小学校区には自民党議員の後援会組織がありますが、民主党時代を含めて、民進党議員の地域後援会など聞いたこともありません。 民進党は、地域社会に根を張った政党ではなく、職域政党なんですね。 この体質を変えない限り、自民党を凌駕する勢力にはなり得ないと思います。 改憲には反対なので民進に入れましたが、スッキリしません。 (30代サラリーマン男性) 民進党内で労組が力を持つ状況は、選挙結果を見ても明らかだ。 今回の参院選で当選した比例区候補の最終順位を、下の表にまとめてみた。 左から候補者名、個人の得票、所属労組又は元職の順だ。 労組の組織内候補はピンク色で示した。 当選者11名のうち、いずれかの労組の組織内候補が8名。 落選組の上位4人も労組の組織内候補だった。 労組支配の実態が、露骨に出た結果。 やはり「労組と進む。 」が民進党の現実だ。 比例トップは原子力ムラの議員 選挙結果からは、同党が国民の支持を回復できない原因も見えてくる。 比例区トップは小林正夫氏。 今回で3度目の当選となった彼を、知っている有権者はそれほど多くはあるまい。 小林氏は元東京電力労働組合副執行委員長。 電力総連副会長から参議院議員に転身した人物だ。 つまり、原子力ムラの一員で、選挙は電力総連が丸抱えしていることが明らかになっている。 小林氏の前回の選挙は平成22年。 電力総連の政治団体「電力総連政治活動委員会」は、前年の21年に政治団体「小林正夫と民主党を支援する会」 現在は「小林正夫を支援する会」に名称変更)に3,000万円、22年に同団体と小林議員本人にそれぞれ2,000万円、650万円を寄附していたことが分かっている。 支援する会の代表者は、電力総連政治活動委員会の代表者と同一。 主たる事務所も電力総連のビルの中だ。 小林議員が総務省に届け出た正式な"国会議員関連政治団体"は「民主党参議院比例区第39支部」と「小林正夫後援会」だが、こちらには電力総連からの寄附はゼロ。 電力総連の丸抱え議員は、もう一人いる。 関電労組出身で電力総連の会長代理を務めていた浜野喜史参院議員だ。 同氏の初当選は平成25年。 電力総連は24年に、都内港区三田の電力総連が入るビル内に浜野氏支援のための政治団体「浜野よしふみを支援する会」を立ち上げ、同年に電力総連政治活動委員会が5,000万円、25年に3,000万円を寄附していた。 参院選があった25年は、浜野氏本に500万円の寄附も行っている。 また、浜尾氏の出身母体である関電労組は24年、大阪府内に「浜野よしふみを支援する会(喜政会)」を設立。 関電労組の政治団体が喜政会に対し、1,000万円の寄附を行っていたことが分かっている。 11後、電力総連の組織内候補がやることは一つ。 原発の擁護、推進だ。 小林氏は、民主党政権時代から国会で原発擁護の発言を連発。 平成22年3月23日の参院予算委員会の質疑では、次のような発言を行っていた。 私は原子力発電は不可欠なもの、これからもきちんと推進をしていかなきゃいけないものだと思います。 あわせて、ウランの再利用など考えると、プルサーマル発電をしっかり進めていく、それと核燃料サイクルの構築を行う。 最終的には高速増殖炉、これの原子力発電、このことを行って、やはり資源が少ない国である我が国にとって、ウランを再利用していくという、こういうことが私は必要だと思います。 求められる「労組依存」からの脱却 旧民主党が有権者から見放されたのは、すべてに曖昧な同党の姿勢が原因だ。 憲法改正に関してもそうだが、原発を巡る議論でも反対と推進が分かれたまま。 重要な政治課題について、党内のコンセンサスが得られないまま選挙に臨み、党勢回復が遅れる事態となっていた。 民進党になった現在も実情は同じ。 同党の議員は、連合の主力労組である電力総連の力を恐れ、原発についての発言を控える傾向が強い。 」民進党が、幅広い支持を得られるわけがない。 自民党の支持組織は、医師会、郵便局長会、商工会、農協など有権者の暮らしと密接な関係を持つ団体ばかり。 地域の後援会組織も強固だ。 民進党が政権を狙える位置にまで党勢を拡大しようとするなら、労組依存を脱し、有権者と向き合う活動を始めるしかない。

次の

投・開票結果:第23回参議院議員通常選挙(平成25年7月21日執行)

浜野 よし ふみ 速報

更新日:2019年7月22日 令和元年7月21日参議院議員通常選挙-開票状況速報/芦屋市選挙管理委員会 比例代表選出議員選挙開票速報結果【最終】確定 01時30分確定 名簿届出政党等の名称 名簿登載者名 得票数 日本共産党 (にほんきょうさんとう) 日本共産党 3,008. 000 小池 晃 113. 000 山下 よしき 88. 774 紙 智子 4. 000 井上 さとし 9. 113 仁比 そうへい 4. 000 梅村 さえこ 5. 000 しいば かずゆき 4. 000 青山 了介 3. 000 有坂 ちひろ 3. 000 伊藤 達也 1. 000 伊藤 りち子 3. 000 大野 聖美 4. 000 鎌野 祥二 0. 000 小久保 剛志 1. 000 佐藤 ちひろ 0. 000 島袋 恵祐 2. 000 下奥 奈歩 0. 000 住寄 聡美 1. 000 田辺 健一 4. 000 沼上 徳光 0. 000 原 純子 5. 000 藤本 友里 0. 000 ふなやま 由美 2. 000 まつざき 真琴 0. 000 山本 千代子 10. 016 山本 のりこ 24. 038 日本共産党合計 3,298. 941 自由民主党 (じゆうみんしゅとう) 自由民主党 10,371. 000 赤池 まさあき 92. 000 ありむら 治子 95. 000 石田 まさひろ 77. 000 糸川 まさあき 12. 000 井上 よしゆき 70. 886 えとう せいいち 44. 000 小川 しんじ 50. 000 おだち 源幸 71. 000 かくた 充由 8. 000 北村 経夫 98. 000 木村 よしお 67. 000 くま田 あつし 40. 000 佐藤 のぶあき 79. 000 佐藤 まさひさ 180. 000 山東 昭子 107. 000 田中 まさし 33. 000 つげ 芳文 194. 000 中田 宏 128. 000 橋本 聖子 127. 000 羽生田 たかし 235. 000 ひが なつみ 105. 000 本田 あきこ 188. 000 丸山 和也 40. 000 水口 なおと 14. 000 宮崎 まさお 22. 000 宮本 しゅうじ 40. 000 森本 勝也 27. 000 山田 太郎 302. 000 山田 としお 34. 000 山本 左近 40. 064 和田 まさむね 329. 000 (特定枠1)三木 とおる 12. 000 (特定枠2)三浦 靖 4. 000 自由民主党合計 13,335. 950 オリーブの木 (おりーぶのき) オリーブの木 90. 000 黒川 あつひこ 8. 000 天木 直人 1. 000 小川 まなぶ 5. 000 若林 アキ 10. 000 オリーブの木合計 114. 000 社会民主党 (しゃかいみんしゅとう) 社会民主党 407. 000 吉田 ただとも 30. 000 仲村 みお 12. 000 大椿 ゆうこ 53. 000 矢野 あつ子 9. 000 社会民主党合計 511. 000 公明党 (こうめいとう) 公明党 3,189. 000 若松 かねしげ 46. 000 平木 だいさく 3. 000 新妻 ひでき 8. 000 山本 かなえ 242. 388 山本 ひろし 43. 069 かわの 義博 6. 000 塩田 ひろあき 5. 000 高橋 次郎 36. 000 塩崎 剛 1. 000 村中 克也 1. 000 角田 健一郎 5. 000 西田 義光 1. 000 国分 隆作 2. 000 竹島 正人 1. 000 坂本 道応 2. 000 藤井 伸城 1. 000 奈良 直紀 10. 000 公明党合計 3,602. 457 国民民主党 (こくみんみんしゅとう) 国民民主党 613. 000 石上 としお 102. 000 いそざき 哲史 16. 000 大島 九州男 28. 000 小山田 つね子 7. 000 酒井 リョースケ 1. 000 鈴木 覚 7. 000 田中 ひさや 60. 000 田村 まみ 119. 000 中沢 健 3. 000 浜野 よしふみ 224. 000 ひめい ゆみこ 2. 000 藤川 たけと 2. 000 円 より子 18. 000 山下 ようこ 7. 225 国民民主党合計 1,209. 225 日本維新の会 (にっぽんいしんのかい) 日本維新の会 9,713. 000 むろい 邦彦 207. 000 藤巻 健史 155. 000 山口 かずゆき 63. 000 鈴木 宗男 194. 000 梅村 さとし 115. 000 しばた 巧 23. 000 空本 せいき 6. 000 あらき 大樹 7. 000 いわぶち 美智子 14. 000 奥田 まり 51. 000 くしだ 久子 24. 000 くわはら くみこ 29. 000 森口 あゆみ 29. 000 やながせ 裕文 40. 000 日本維新の会合計 10,670. 000 幸福実現党 (こうふくじつげんとう) 幸福実現党 97. 000 釈 りょうこ 38. 000 松島 ひろのり 8. 000 及川 幸久 13. 000 幸福実現党合計 156. 000 立憲民主党 (りっけんみんしゅとう) 立憲民主党 5,039. 000 石川 大我 40. 000 市井 紗耶香 41. 000 今泉 まお 6. 000 奥村 まさよし 10. 000 小沢 まさひと 28. 000 おしどりマコ 40. 000 おまた 一平 8. 000 川田 龍平 51. 000 岸 まきこ 28. 000 斉藤 りえ 15. 000 佐藤 かおり 19. 000 しおみ 俊次 4. 000 白沢 みき 6. 000 須藤 元気 36. 000 中村 ゆきこ 7. 000 深貝 とおる 2. 000 ふじた 幸久 2. 000 まの さとし 6. 000 みずおか 俊一 198. 000 もりや たかし 39. 000 吉川 さおり 47. 000 若林 ともこ 12. 000 立憲民主党合計 5,684. 000 労働の解放をめざす労働者党 (ろうどうのかいほうをめざすろうどうしゃとう) 労働の解放をめざす労働者党 13. 000 林 ひろよし 5. 000 菊池 里志 0. 000 吉村 ふみお 1. 000 (特定枠1)伊藤 恵子 2. 000 労働の解放をめざす労働者党合計 21. 000 NHKから国民を守る党 (えぬえいちけいからこくみんをまもるとう) NHKから国民を守る党 831. 000 立花 孝志 113. 000 浜田 聡 7. 000 岡本 介伸 4. 000 熊丸 英治 3. 000 NHKから国民を守る党合計 958. 000 安楽死制度を考える会 (あんらくしせいどをかんがえるかい) 安楽死制度を考える会 179. 000 佐野 秀光 26. 000 安楽死制度を考える会合計 205. 000 れいわ新選組 (れいわしんせんぐみ) れいわ新選組 1,143. 000 山本 太郎 888. 423 はすいけ 透 16. 000 やすとみ 歩 15. 000 三井 よしふみ 3. 000 辻村 ちひろ 1. 000 大西 つねき 32. 000 渡辺 てる子 2. 000 (特定枠1)ふなご やすひこ 4. 000 (特定枠2)木村 英子 4. 000 れいわ新選組合計 2,108. 423 得票数計 41,873. 996 政党等の得票総数(特定枠を含む) 34,719. 000 名簿登載者の得票総数(特定枠を除く) 7,154. 996 按分の際、切り捨てた票数 0. 004 有効投票数 41,874 無効投票数 790 投票総数 42,664 持帰りその他・不受理 0 投票者総数 42,664.

次の