口 の 匂い。 口から牛糞の匂いがする。悩んでいます。

お口の匂いを消す対策方法!口臭の原因と、自分で臭いを確認するチェックリストまとめ

口 の 匂い

では、タンパク質を減らしたり食べなければ防げるのでしょうか? いいえ、そんな単純にはいきません。 皮膚における垢のように、口の中の粘膜も新陳代謝ではがれます。 粘膜はもちろんタンパク質。 口臭予防として注目すべきなのは「細菌」の方です。 そして、細菌の増減の鍵を握っているのは「唾液」の量。 唾液には口腔内をキレイにし、雑菌を殺菌する効果があります。 ですから、唾液の量が減少すると細菌が増え、口臭が発生しやすくなります。 一日の中で最も唾液が少なくなるのが起床時。 寝る前に歯磨きをしたのに、朝起きたときには口の中がネバネバする感じを経験したことのある人も多いのではないでしょうか。 口の中が乾燥し、細菌が少ない唾液に凝縮された状態です。 口臭も一日の中で最も強くなります。 就寝時と起床時のVSCを比較すると5倍だったというデータ(佐野)もある程です。 緊張したりストレスを感じることでも唾液は減少します。 ストレスによって自律神経が乱れることで唾液の分泌が3割も減少するという報告も。 規則正しい生活を心がけ、入浴でリラックスしたり、軽く体を動かしたりして、自律神経を整えておきたいものですね。 口臭を自分でチェックする方法 舌をチェック:正常な人でも白い舌苔(ぜったい)はついているものです。 体調によって舌苔は多くなったり、色が変わったりします。 舌苔をチェックする習慣をつければ、その変化に気づくことができるでしょう。 舌苔を布やティッシュで優しくこすり、匂いを嗅いでみます。 デンタルフロスでチェック:歯磨き後に、歯と歯の間にデンタルフロスを通します。 フロスに付いた歯垢の匂いを嗅いでみます。 匂いが気になっても大丈夫。 唾液でチェック:唾液が「すっぱい」と感じるときは、口の中が歯垢や食べカスが残っているのかもしれません。 唾液が「苦い」と感じるときは、口臭の原因となるVSCが口腔内に溜まっている可能性があります。 唾液の味がいつもと違うときは、口臭が強くなっている可能性があるので、口をすすいだりするとよいでしょう。 手を舐めてチェック:片方の手の甲を舐めます。 30秒ほど待ってから、舐めていない方の手の甲の匂いを嗅いでみます。 次に舐めた方の手の甲の匂いを嗅ぎ、両者を比べます。 ポリ袋でチェック:小さめのポリ袋を2つ用意します。 片方の袋には空気を入れます。 もう一方の袋の空気をぬき、袋の中に息を吐きます。 吹き込んだ息が抜けないようにして持ち、30秒ほど待ちます。 空気入りの袋の中をまず嗅ぎ、次に息を吹き込んだ袋の中の匂いを嗅いで比べます。 口臭測定器でチェック: 口臭の主成分はVSCのうち、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドの3種類であることが分かっています。 これらのガスが混じっている呼気からそれぞれのガスを測るとなると、80万円程もする医療用の機械が必要です。 そんな高度な機械でも人間の嗅覚には適わないとか。 「口臭外来」においても、測定器の値をそのまま利用して済ませるのではなく、医師が直接患者さんの息を嗅いで測定する「官能検査」が行われています。 家庭向けに市販されている「口臭チェッカー」は1500円~4500円程度。 利用方法が簡単で、携帯に便利です。 3種類のガスの区別なく、5段階程度で結果を表します。 口臭に変化があったという自覚があっても測定値は同じだったり、同程度の口臭だと思っても測定値が違う、といったことは当然起こりうる話です。 家庭用のチェッカーで測定した値は目安程度に考えた方がよいでしょう。 細菌を減らし、唾液を増やそう 口臭の約9割は口腔内の環境が原因と言われています。 つまり、歯や歯茎を健康に保つと、殆ど改善されるのです。 口腔内の細菌は就寝中に最も増えるので、就寝前と起床後の歯磨き・歯垢の除去が特に効果的。 就寝前に歯磨きをしなかった場合、起床時のVSCが、就寝前に歯磨きをした場合の7倍も検出されたという報告(佐野)もあるほどです。 舌苔も細菌が繁殖する原因となります。 でも、歯ブラシでゴシゴシするのは厳禁! 傷が付き、かえって舌苔を増やすことになってしまいます。 舌苔を取る場合は舌専用ブラシを優しく使いましょう。 水を口に含み、口の中の天井にあたる部分に舌をこすりつけるだけでも効果があるといわれています。 唾液を増やす方法として真っ先に思いつくのは、飴を舐める、ガムを噛むといった方法でしょうか?キシリトールガムは、キシリトール自体に唾液分泌を促進する効果があるので、口臭予防にもってこい。 ガムを噛まずに口の中で舐めていた方が、さらに唾液が出続けてくれるという裏技も! 緊張して、口がカラカラになってしまった。 ガムも持っていない。 飲み水もない。 こんな時には、梅干やレモンなどの「すっぱいものを思い浮かべる」というお手軽手法も試してみる価値がありそうです。 心配なときは医療機関へ 自分でできる口臭対策をやってみて、なお口臭が気になる場合は、「歯科」を受診し、虫歯、歯周病などの口の中のトラブルがないかを調べてもらいましょう。 口腔内の問題は解決しているのに、なお口臭に対する不安がある場合は、「口臭外来」を利用してみるのもよいでしょう。 総合病院や歯科医院に設けられている他、口臭外来専門のクリニックも開設されています。 検査内容は、口腔内の検査の他、唾液検査、測定器による口臭測定、舌診、官能検査、尿検査など。 検査で口臭の原因が分かれば、そのケアによる改善を図ります。 原因が見つからなかった場合は、心理的口臭(自臭症)の可能性がありますから、カウンセリングを受けると良いでしょう。 「口臭外来」は保険の適用外である場合も多く、金額が気になるところですが、初診の費用は2~3万円程度が一般的。 美容院でカラーとパーマをお願いし、ちょっと贅沢な外食をして、タクシーで帰宅すると同じぐらいかかるでしょうか・・・口臭が気になるけれど、恥ずかしくて何年も口臭外来に行けず、ようやく勇気を持って受診したら長年の悩みがスッキリしたというケースも耳にします。 他の患者さんに診察の様子や話し声が聞こえないように完全個室の形態をとり、プライバシーに配慮しているところもありますので、自分にあった、通いやすい医療機関を見つけられると良いですね。 hatenablog.

次の

口から卵の腐った臭い|口臭が硫黄な場合の原因と対策

口 の 匂い

Contents• 口臭からうんこの臭い(便臭、おなら臭)がする理由 口臭が起こるのには、それぞれ原因があります。 そしてその原因に合わせた対策をとらないと、全く解決しません。 では口の臭いがうんこ臭い、というなんともつらい状況についてですが、この原因としては• うんこの臭いの成分が口臭として出てくる場合• うんこと同じ成分が別の原因で作られる場合 の2パターンが考えられます。 つまり、うんこの臭いの原因となる成分が口からも出てくる場合と、うんこの臭いの成分と同じものが、体の別の場所で発生して、口から口臭として出てくる場合です。 それぞれのパターンについて、原因や対策を詳しくみていきます。 うんこの臭いの成分が口から口臭として! うんこの臭い(便臭)は、当然うんこが作られる大腸の中で作られます。 食べた物は、胃や小腸などで消化や吸収が行われ大腸に達します。 腸内には大量の細菌が存在し(乾いたうんこ1gの中には、約1兆個の細菌がいるといわれます)、残った食べカスを分解していきます。 この時、ビフィズス菌などの善玉菌といわれる細菌は、臭い成分を作り出さないのですが、悪玉菌は分解、腐敗させる事で、臭いのきつい• インドール• スカトール といった成分を作り出してしまいます。 この臭いの成分の為にうんこは臭くなるのです。 ただし、これらの物質は腸内を逆流して口から出てくる、という事はありません。 では、なぜ口から臭いがしてくるのかというと、これらの成分がガスとしておしりから体外に排出されたものはオナラですが、一部は血液の中に吸収され体内を巡ります。 それが肺にも回り呼気として体の外に出てきて、うんこ臭い口臭となるのです。 体調が悪い時は要注意! 通常であれば、それほど強い臭いが口臭として出てくる事はありません。 ところが腸内の不調による消化不良や、便秘になると、便が腸内に留まる時間が長くなってしまいます。 その結果、細菌による腐敗、発酵がずーっと続いてしまい、臭いの成分の濃度が高くなってしまいます。 そのため体の外に出てくる気体の濃度も高くなり、臭いが発生してしまうのです。 体調が悪い時にオナラがすごく臭い事はありませんか? その時は口臭も起こっている可能性があるので注意が必要。 お肉など動物性のタンパク質を大量に食べた時なども腸内では消化しにくく、またタンパク質が腐敗することで同じように臭いのきついガスが発生するので、口臭やオナラが臭くなる事があります。 うんこ臭い口臭の対策 腸が不調になる原因となる病気がある場合は当然その治療となるのですが、そうでない場合には、 食生活の改善とストレスの解消が有効な手段となります。 食生活の改善 便秘や消化不良などにより便が留まる事が原因となっているので、肉や油っこい食べ物ばかりの食生活をしている場合は、魚、野菜を積極的に取り入れた食事にしましょう。 また食物繊維も便秘解消には効果的。 ただし食物繊維には「水溶性」のものと「不溶性(非水溶性)」のものがあり、ゴボウなどの野菜は不溶性の食物繊維で、摂りすぎると逆に便の水分量が減って逆効果になる場合も。 ミカンなどの果物やワカメなどの海藻のような水溶性の食物繊維もバランス良く摂る事が必要です。 悪玉菌を減らす 悪臭は悪玉菌が作っているので、腸内の善玉菌を増やすという考え方も有効です。 最近では「生きたまま腸まで届く乳酸菌」などのヨーグルトなども発売されているので、食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。 さらにその際に善玉菌のエサとなる オリゴ糖も一緒に摂ると効果が上がります。 ストレスの解消 ストレスや緊張は内臓の働きを低下させてしまいます。 内臓は自律神経の副交感神経(落ち着いている時に働く神経)の働きによって活動していますが、ストレスを感じていると自律神経のバランスが悪くなり、交感神経(運動や緊張時に働く神経)が優位に立って、消化や吸収がスムーズにいかなくなります。 その結果、消化不良となりうんこの様な口臭が発生してしまうのです。 ストレス解消には色々と人によって手段はあると思います。 運動をしたり、音楽を聴いたり、お風呂にゆっくり入ったり。 人それぞれの方法でリラックスする様に心掛けましょう。 うんこの臭いと同じ成分が他の原因によって口臭として! そしてもう1つのパターン。 便臭の臭いの元となる成分は、インドールやスカトールといった物質ですが、便とは別の場所でもこれらの物質がつくられることがあります。 その場所とはズバリ口の中。 そして原因となる病気が 歯周病です。 歯周病が原因でうんこの臭いのような口臭が起こる? 歯周病では ジンジバリス菌という細菌が、口の中で毒素を出しながら活動していく過程で、口の中のタンパク質を分解し口臭の元となるガスが発生します。 ちなみに歯や歯ぐきに付着したものを歯垢 しこう といいますが、歯垢は食べかすなどではなく、まさに細菌の塊です。 その成分は主に、硫化水素や、メチルメルカプタンという物質が占めているのですが、 それ以外にもインドールなどを作り出すといわれます。 歯周病では出血や膿の臭いなども混ざって、進行していくとかなりきつい口臭となってしまいます。 また徐々に進行していき、歯周病自体の存在にも気づきにくいので、自分の口臭に気付いていない人も多くなります。 日本人は30歳以上の人の80%が、軽度のものも含め歯周病にかかっているというデータもあります。 このうんこ臭い口臭の対策は? 実際にうんこ臭い口臭になっている人でいうと、歯周病が原因という人が多いんじゃないかと思います。 なんといっても日本人の多くが歯周病の可能性があるので。 歯医者さんでの治療 この場合には当然、歯周病の治療が最優先になります。 自分だけではどうしようもないので、歯医者さんでちゃんと治療を行ってもらいましょう。 正しい方法でのブラッシング そしてもちろん自分でしっかりブラッシングを行う事も大切です。 その時に正しい方法で、しっかり時間をかけて歯磨きする事が重要。 大人でも適当になっていたり、間違った方法で歯磨きをしている人はたくさんいます。 とにかく、 うんこの臭いのする口臭が発生している場合は、まずこの歯周病の可能性を考えて、歯医者さんで調べてもらう事が解決への近道かもしれません。 その時に正しい歯磨きの指導をしてもらうと良いでしょう。

次の

口が臭い(口臭の)原因は、まず膿栓を疑え!

口 の 匂い

私たちが呼吸や会話で口から息を出すとき、その息は何かしらの匂いを伴っています。 そしてその匂いは、何らかの影響によって時に悪臭に感じられることがあり、その時点で口臭が発生しているということになります。 すなわち口臭は、他人、もしくは自分によって嫌な臭いであるか、そうでないかで判断されるものといえます。 というのも、私たちは他人の臭いには敏感でも、自分の臭いには鈍感です。 自分で自分の口臭に気づきにくくなってしまうのには、ちゃんと理由があります。 それは、慣れです。 口の上には鼻がありますから、私たちは常日頃、自分の口から発生している匂いを嗅いでいることになります。 すると、だんだんと自分の口から発生している匂いに慣れていってしまい、最終的には口臭が発生しても、その嫌な臭いに気づくことができなくなってしまうのです。 そんなスメルハラスメントの原因の大部分を占めているのが口臭です。 人と人がコミュニケーションをとるとき、会話がなくては成り立ちません。 しかし、口臭が発生していると、その臭いを嗅いだ人は相手に対して不快感を持つようになり、次第にその相手とコミュニケーションをとることを苦痛に感じるようになります。 距離を置かれる、避けられるなどの事態に発展することもあり、こういったスメルハラスメントの実態から口臭は人間関係にも悪影響を及ぼすものといえます。 前項でもお話した通り、口臭は自分では気づきにくいのが特徴です。 知らず知らずのうちに周囲の人を不快にさせないためにも、ここでご紹介する口臭のセルフチェックで自分が口臭を発生しているかどうかをチェックしてみましょう。 ビニール袋を用意してそこに息を吹き込んだら、手で袋の中の空気が逃げないように封を閉じます。 その後、新鮮な空気を吸って嗅覚をリセットしたら、袋の中に吹き込んだ息の匂いを嗅いでみましょう。 悪臭に感じたら、口臭が出ている証拠です。 起床時、歯を磨いた後、就寝前など、状況を変えて行うのがおすすめです。 新しい歯ブラシやデンタルフロスを使って歯についた歯垢を取り、その匂いを嗅いでみましょう。 悪臭に感じたら、口臭が出ている証拠となります。 口臭外来へ行けば、専門機器を使って口臭の有無を判定してもらうことができます。 口臭の原因や予防・対策の方法についても専門医からアドバイスを受けることができるので、一石二鳥といえるでしょう。 なお、健康保険の適用外となる診療なので、あらかじめ病院や歯医者さんに問い合わせて費用を確認しておくようにしましょう。 たしかに、匂いの強い食べ物を口にすると、その匂いが舌や口の粘膜に付着し、胃や食道からも上がってきてしまうことから、口臭へとつながってしまいます。 しかし、口臭の中には、食べ物以外で発生するものも存在します。 というのも、口臭にはいくつかの原因が関与しており、原因によって生理的口臭、病的口臭、外的口臭、心理的口臭の4種類に分類されています。 このため、口臭を予防・対策するためには、自分の口臭の原因を知り、その原因に合ったケアを行う必要あります。 以下では、各口臭の種類について、原因や特徴などを解説していきます。 病気が原因で発生する口臭のことを病的口臭といいます。 病的口臭の中でも多いのが、虫歯や歯周病です。 虫歯や歯周病になると、歯の歯茎や神経が化膿し、膿がでます。 その膿に菌が集まると、悪臭が発生。 その悪臭が息と一緒に吐き出されることから、口臭へとつながってしまうのです。 また、病的口臭は、歯垢が固まって形成される歯石、ドライマウスなどの唾液の異常、胃炎や胃潰瘍などの胃腸系疾患が原因で発生することもあります。 病的口臭を予防・対策するためには、原因となる病気や症状の治療を行うのが一番です。 虫歯や歯周病、歯石がある人は歯医者へ、唾液に異常のある人は病院の耳鼻咽喉科や口腔外科、胃腸系疾患のある人は病院の胃腸科や内科で診てもらいましょう。 食べ物や飲酒、喫煙などの外的な原因によって発生する口臭のことを外的口臭といいます。 外的口臭を予防・対策するには、食生活や生活習慣の見直しを行い、原因を取り払う必要があります。 食べ物では、にんにくやネギなどの強い匂いを持つ食べ物に注意が必要です。 その匂いが口の中の菌によって悪臭成分へと変換されてしまうことから、口臭の原因となります。 飲酒では、アルコール成分が体内でアセドアルデヒドという悪臭成分に変換され、その臭気成分が身体の中から口腔内まであがってくることから、口臭へとつながってしまいます。 飲み過ぎなければアセドアルデヒドも生成されにくくなるので、飲酒の際には適度な量を心掛けましょう。 最期の喫煙は、タバコに含まれるニコチンが唾液の分泌量を減らすことによって、口臭を発生させます。 タールが口腔内に付着することから重度の口臭につながりやすく、喫煙の習慣がある人は注意が必要です。 匂い玉とは、膿栓(のうせん)といわれる乳白色をした球体のことをいいます。 くしゃみや咳をしたときに喉のほうから飛び出してくることがあり、嗅いでみるとドブやタマネギのような悪臭がするのが特徴です。 そもそも匂い玉は、白血球の死骸に歯周病菌や大腸菌などの菌が大量に集まってできたものです。 最初は扁桃腺の隙間に付着しているのですが、月日を重ねるごとに少しずつ大きくなっていき、最終的には口をあけたときに見える程の大きさになります。 当然ながら、大きければ大きいほど臭いはキツくなり、口臭にもつながってしまいます。 匂い玉が付着していると、正しいケアを行ったところでいつまでたっても口臭が改善されないため、匂い玉が付着していた人は、早急に匂い玉を取り除きましょう。 この方法では、綿棒を匂い玉にあて、押し出すようにして取り除きます。 力を入れ過ぎてしまうと、かえって匂い玉が奥へ入り込んでしまうことがあるので、適度な力加減で行ってくださいね。 なお、匂い玉に綿棒が届かない場合や、匂い玉が奥のほうにあって見えない場合には、病院の耳鼻咽喉へ行くのがおすすめです。 耳鼻咽喉科へ行けば、膿栓の処置として、専門医が匂い玉を取り除いてくれます。 健康保険も適用される治療なので、費用もそこまでかかりません。 匂い玉による口臭に悩んでいる人は、是非耳鼻咽喉科へ足を運んでみてください。 原因がわかったら5つの方法で口臭をケアしよう! 自分の口臭の原因がわかったら、以下の5つの方法で口臭の予防・対策を徹底していきましょう。 ひとつひとつを欠かさず行えば、口臭の発生しにくい清潔な口腔環境へと改善を図ることが可能です。 こまめな水分補給を心掛ける、食事のときは良く噛む、ガムや飴を食べる、しっかり口を動かして会話するなどして唾液腺を刺激し、唾液の分泌量を増やしていきましょう。 何かを食べたらすぐに歯を磨く、デンタルフロスで歯垢や歯石を除去するなど、口の中を清潔に保つことを心掛けてください。 歯磨きやデンタルフロスに加え、マウスウォッシュや舌磨きなどの口臭ケアグッズを使用してみるのもおすすめです。 歯医者では、自分では取りきれなかった歯垢や歯石を除去してもらうことができ、口の中をより清潔に保つことができます。 口臭外来では、自覚していなかった口臭に気づくことができ、スメルハラスメントを未然に防ぐことにも役立ちます。 口臭に良いとされている食品としては、まず緑茶やココアがあげられます。 緑茶やココアに含まれるポリフェノールには消臭効果があり、口臭の臭気成分と化学反応を起こして臭いを和らげてくれるのです。 また、口臭の予防・対策には、アルカリ性食品の梅干しやレモン、緑黄色野菜やリンゴもおすすめです。 アルカリ性食品を食べると、口臭の原因となる菌の繁殖を抑えることができます。 そういったサプリメントには、口臭の臭気成分や原因菌にアプローチしてくれる成分が豊富に含まれており、身体の中から口臭の改善を図っていくことが可能です。 ドラッグストアはもちろん、楽天やAmazonなどのインターネット通販でも販売されているので、興味のある人は是非購入してみてください。 どのサプリメントを買えば良いか分からないという人は、ランキングで上位にランクインしている商品、もしくはレビューや口コミで評判の良い商品を選ぶと良いでしょう。 万が一、効果がなかったときのことを考え、返金・返品に対応しているかどうかもチェックしておくようにしましょう。 口臭を放っておくと、スメルハラスメントによって人間関係に悪影響が及んでしまうだけでなく、「もしかして私からは酷い口臭が出ているのでは…?」と常に不安を抱えながら生活を送ることになってしまいます。 最悪の場合、自臭症という臭覚に幻覚のあらわれる病気につながってしまうこともあるため、軽視は禁物です。 今回ご紹介した内容をもとに自分がどの種類の口臭に当てはまるかをチェックし、その種類や原因に合った方法で口臭を予防・対策していきましょう。 注目の商品.

次の