おおきな き が ほしい。 絵本『おおきな木』感想。木が少年に捧げる無償の愛。村上春樹の翻訳

おおきなきがほしい

おおきな き が ほしい

あらすじ [編集 ] の男の子「かおる」は、大きな木が家にあるといいなと思った。 その理由は、 大きくて高い高い木に上りたいためだった。 そこで、大きな木を作っている様子をかおるは想像している。 かおるが想像している大きな木を描く。 登場人物 [編集 ]• かおる この絵本の主人公。 大きな木が欲しいと思った。 かよちゃん かおるの妹。 お母さん かおるの母親。 子供の時、木登りをしたことがある。 お父さん かおるの父親。 日曜日、かおると一緒に木を植えた。 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• この項目は、 に関連した 書きかけの項目です。 この項目を加筆・訂正などしてくださる(/Portal:文学)。

次の

おおきな木

おおきな き が ほしい

この項目では、シェル・シルヴァスタインの絵本について説明しています。 との絵本については「」をご覧ください。 おおきな木(原題: The Giving Tree)は作の。 にアメリカ合衆国で出版され、好評だったためにに翻訳された。 英語の教科書に載ったこともある。 物語 [ ] リンゴの木と少年は友達であった。 ともに遊び、心を通わせていた。 しかし少年は大人になってゆきお金が必要になる。 木は「私の果実を売りなさい」と言う。 少年は果実をすべて持っていった。 しばらくして、大人になったその子は家が必要になる。 木は「私の枝で家を建てなさい」と言う。 その子は枝をすべて持っていった。 また時が経ち、男は「悲しいので遠くへ行きたい」と言う。 木は「私の幹で舟を作りなさい」と言う。 男は幹を持っていった。 時が経ち、男は年老いて帰ってきた。 そして「疲れたので休む場所がほしい」と言う。 木は「切り株の私に腰をかけなさい」と言う。 男は腰をかけた。 木は幸せであった。 訳者による解釈の違い [ ] 本田錦一郎の訳では作中の一箇所に「だけど それは ほんとかな。 」と入る。 その文は原作では「but not really」であるが、村上春樹の訳では「幸せに・・・なんてなれませんよね」となっている。 本田錦一郎はあとがきにおいて、の著書『』の文「愛とは第一に与えることであって、受けることではない」を引用し『おおきな木』にも通じていると述べた。 「与えることに犠牲を見てはならない」とも述べている。 参考文献 [ ]• 『おおきな木』 シェル・シルヴァスタイン 翻訳:本田錦一郎 1976年• 『おおきな木』 シェル・シルヴァスタイン 翻訳: 2010年.

次の

おおきな きが ほしい

おおきな き が ほしい

免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の