南アフリカ。 南アフリカの観光|南部アフリカ観光ガイド|阪急交通社

南アフリカ共和国

南アフリカ

[PR] 暗いうちに出発!動物時間に合わせた早朝ツアー 動物の朝は早いので暗いうちにロッジを出発します。 真っ暗な中、動物が居そうな場所へドライブ。 運転手の他に地元で生まれ育ったガイドさんが車の高い位置から動物を探してくれます。 ゾウやキリン、 シマウマ、バッファロー、ヌーの大群は 至る所で見られます。 写真:Rimi• 写真:Rimi• 写真:Rimi また、ライオンが車のすぐ横を通る姿は圧巻です。 ライオンは頭数が少ないので、ライオンを発見したガイドさんは、別の所で探しているガイドさんへ無線で連絡します。 写真:Rimi• 写真:Rimi 日が昇って来たところで車を止めてコーヒーと軽食 小さなテーブルの上には手作りのマフィン、紅茶やコーヒー、そしてコーヒーに入れる南アフリカのお酒アマルアも用意されています。 アマルアはカルーアミルクに似たお酒で、アマルア入りのコーヒーは冷えた体を暖めてくれます。 アマルア入りコーヒーを飲みながら見る朝日は感動そのものです。 コーヒータイムが終わったらロッジへ戻ります。 写真:Rimi プライベートロッジでの過ごし方 ロッジに戻ったら朝食。 朝食はシリアル、フルーツ、サラダの他に焼きたてのマフィンやパン、玉子やベーコン料理等をブュッフェスタイルで頂きます。 プライベートロッジの料金には宿泊費、サファリツアー、食事、飲み物代金が含まれています。 サファリに行かない時間帯はこちらのプライベートロッジで過ごします。 希望者がいれば朝食後ロッジの周囲を歩くブッシュツアーもあり、歩きながら動物を観察する事も出来ます。 ブッシュツアーではミーアキャットやマングース等の小動物を間近で見られますよ。 全てのお部屋にはプライベートプールやベランダが付いています。 プライベートプールの前は動物の水飲み場になっているので、プールに入りながらキリンや象を目の前で見る事が出来ます。 水飲み場とプールの間には電熱線が張ってあるので、動物に襲われる心配はありません。 写真:Rimi 又、ロッジのリビングルームには動物の剥製や写真などが飾られているので、それを鑑賞する事も出来ます。 その他、ボードゲームや本等も置いてあり自由に使えます。 ロビー横には土産品店があるので、地元の人が作成したお面等の木彫り製品、T シャツ、置物等を購入出来ます。 価格は空港のお土産品店よりはかなり格安です。 写真:Rimi 昼食はエッグベネディクトやパスタの他に、野生動物の串焼き等も頂けます。 野生のインパラのお肉は少し固く癖がありますが、ここでしか食せないので挑戦してみる事をお勧めします。 3時にはリビングルームでスコーン、マフィン、紅茶やコーヒー等のサービスがあります。 動物の狩りの時間! 食事をしている姿を探しに夕方ツアー 暑い時間帯は動物は寝て過ごすので、狩りをする夕方の時間に二度目のサファリに出かけます。 他の車と連絡を取りながらライオンやハイエナの食事をする姿を探してドライブ。 食事をしている所に到着したら、車を横に止めて食べる姿をしばらくの間観察しながら、写真やビデオを撮影します。 ハイエナが獲物に食らいつく様子をビデオで撮れば、骨を噛み砕く音までが録音されるのでよりリアルで迫力のある映像が撮影出来ます。 また、チーターが獲物を木にぶら下げている姿を見られる事も。 写真:Rimi• 写真:Rimi その後、カバやサイを追いかけて水飲み場へ移動したりで1日の走行距離はかなりの距離になります。 写真:Rimi 夕方のサファリ最後のお楽しみはカクテルタイム 夕日を見ながら野生の肉をその場でBBQし、それをおつまみに南アフリカ産ワインで乾杯。 ワイン以外にビールやカクテル、ソフトドリンク等もあります。 カクテルタイム終了後はロッジへ。 写真:Rimi 1日の締めくくりは、満天の星空の下でロマンティックな時間 ロッジへ戻り着替えたら夕食タイム。 夕食を頂く前にファイアーを囲みながら、満天の星空の下でアフリカの音楽やダンスのパフォーマンスを鑑賞します。 夕食はキャンドルの輝きの中、前菜、メイン、デザートのフルコース。 前菜、メイン、デザート全てが数種類の中から選ぶ事が出来、イタリア人シェフの作るお料理はどれも日本人の味覚に合った物です。 もちろんワインやビール、カクテル等も飲み放題。 食事は毎日日替わりでメニューが変わるので飽きることはありません。 夕食後部屋に戻ると、床に花びらが敷かれお風呂はキャンドルに囲まれていて、とてもロマンチックな装いになっています。 キャンドルに囲まれたお風呂にバブルバスを入れて入浴すれば、1日の疲れを取れますよ。 又、ベランダに出れば幾つもの流れ星を見る事が出来ます。 ロッジ内やお部屋及びベランダには蚊や虫などはおらずとても快適です。 写真:Rimi サファリツアーの注意点 その日によって見られる動物が違うので、最低3〜4日間の滞在をお勧めします。 季節によって違いますが、乾季は特に砂埃が酷いので口を覆うスカーフやサングラス、帽子は必需品。 又、寒暖差が激しく日が暮れると急に温度が下がるので、風を通さないジャケットや手袋、厚手のソックスがあると良いでしょう。 動物を刺激する様な派手な色の服装は避けましょう。 サファリ中はトイレがないので行く前に必ずトイレを済ませておきましょう。 もし行きたくなった時はガイドさんが猟銃持参でブッシュの中に連れて行ってくれます。 交通手段 日本から南アフリカのヨハネスブルグまでは直航便がないので、シンガポールやミュンヘン等を経由して行きます。 南アフリカのヨハネスブルグからMadikwe Game Reserve空港までは小型機で約50分。 小型機乗り場はヨハネスブルグの飛行場に隣接しているので歩いて行かれます。 小型機乗り場のwaiting roomは狭いので、出発時間に余裕がある場合は、飛行場横にあるホテルのロビーやカフェで軽食などを頂きながら待つ事をお勧めします。 空からは南アフリカの広大な大地を見る事が出来ます。 又、車では約4時間のドライブ。 運転手付きの車をチャーターしておくと良いでしょう。 窓からは小さな村や人々の生活を垣間見ることが出来るので、行きと帰りは別々の交通手段にする事をお勧めします。 写真:Rimi.

次の

南アフリカ・Madikwe Game Reserveで迫力満点サファリ

南アフリカ

ケープタウン 南アフリカで最初に建設され「マザー・シティ」とも呼ばれる街。 テーブルマウンテンを望むウォーターフロントは、人気の観光スポット。 ヨハネスブルグ 標高約1,750mの爽やかな高原地帯にあり、1886年に金脈が発見されて発展。 今も金融・経済の中心として成長を続ける南アフリカ最大の都市。 ナマクワランド 何百キロにもわたって広がる北ケープ州西部のワイルドフラワーの宝庫。 乾燥した荒野に8月頃雨が降ると、見渡す限りに花畑が出現します。 ピーランスバーグ国立公園 クレーターにある自然公園。 カジノも楽しめる南アフリカを代表するリゾート「サン・シティ」に隣接。 手軽に人気の野生動物に出会えます。 スタークフォンテン洞窟 ヨハネスブルグの北西約35kmにあり、アウストラロピテクス・アフリカヌスの頭蓋骨化石をはじめ、多くの人類化石が発見されています。 ケープ半島 ケープタウンから南へ延びる半島。 あまりにも有名な喜望峰の一帯には多様な動植物が生息し、洋上ではクジラやイルカなども見られます。 プレトリア 南アフリカの行政府の首都。 整然と区画された街並みに公園や庭園が点在。 とりわけ街路樹のジャカランダが満開になる10月頃は紫一色に。 クルーガー国立公園 総面積約2万㎢、南アフリカ最大規模の野生の王国。 豪華なサファリロッジや野性味あふれるキャンプに泊まり、野生動物をウォッチング。 ハマナス 多くのミナミセミクジラが湾内に子育てにやってくる、西ケープ州のリゾートタウン。 ピークの9~10月には、岸から間近に見られるほど。 ソウェト ヨハネスブルグの南西にある南アフリカ最大の旧黒人居住区。 ネルソン・マンデラ氏が住んでいた家も見られる、興味深いツアーがあります。

次の

南アフリカ共和国

南アフリカ

[PR] 暗いうちに出発!動物時間に合わせた早朝ツアー 動物の朝は早いので暗いうちにロッジを出発します。 真っ暗な中、動物が居そうな場所へドライブ。 運転手の他に地元で生まれ育ったガイドさんが車の高い位置から動物を探してくれます。 ゾウやキリン、 シマウマ、バッファロー、ヌーの大群は 至る所で見られます。 写真:Rimi• 写真:Rimi• 写真:Rimi また、ライオンが車のすぐ横を通る姿は圧巻です。 ライオンは頭数が少ないので、ライオンを発見したガイドさんは、別の所で探しているガイドさんへ無線で連絡します。 写真:Rimi• 写真:Rimi 日が昇って来たところで車を止めてコーヒーと軽食 小さなテーブルの上には手作りのマフィン、紅茶やコーヒー、そしてコーヒーに入れる南アフリカのお酒アマルアも用意されています。 アマルアはカルーアミルクに似たお酒で、アマルア入りのコーヒーは冷えた体を暖めてくれます。 アマルア入りコーヒーを飲みながら見る朝日は感動そのものです。 コーヒータイムが終わったらロッジへ戻ります。 写真:Rimi プライベートロッジでの過ごし方 ロッジに戻ったら朝食。 朝食はシリアル、フルーツ、サラダの他に焼きたてのマフィンやパン、玉子やベーコン料理等をブュッフェスタイルで頂きます。 プライベートロッジの料金には宿泊費、サファリツアー、食事、飲み物代金が含まれています。 サファリに行かない時間帯はこちらのプライベートロッジで過ごします。 希望者がいれば朝食後ロッジの周囲を歩くブッシュツアーもあり、歩きながら動物を観察する事も出来ます。 ブッシュツアーではミーアキャットやマングース等の小動物を間近で見られますよ。 全てのお部屋にはプライベートプールやベランダが付いています。 プライベートプールの前は動物の水飲み場になっているので、プールに入りながらキリンや象を目の前で見る事が出来ます。 水飲み場とプールの間には電熱線が張ってあるので、動物に襲われる心配はありません。 写真:Rimi 又、ロッジのリビングルームには動物の剥製や写真などが飾られているので、それを鑑賞する事も出来ます。 その他、ボードゲームや本等も置いてあり自由に使えます。 ロビー横には土産品店があるので、地元の人が作成したお面等の木彫り製品、T シャツ、置物等を購入出来ます。 価格は空港のお土産品店よりはかなり格安です。 写真:Rimi 昼食はエッグベネディクトやパスタの他に、野生動物の串焼き等も頂けます。 野生のインパラのお肉は少し固く癖がありますが、ここでしか食せないので挑戦してみる事をお勧めします。 3時にはリビングルームでスコーン、マフィン、紅茶やコーヒー等のサービスがあります。 動物の狩りの時間! 食事をしている姿を探しに夕方ツアー 暑い時間帯は動物は寝て過ごすので、狩りをする夕方の時間に二度目のサファリに出かけます。 他の車と連絡を取りながらライオンやハイエナの食事をする姿を探してドライブ。 食事をしている所に到着したら、車を横に止めて食べる姿をしばらくの間観察しながら、写真やビデオを撮影します。 ハイエナが獲物に食らいつく様子をビデオで撮れば、骨を噛み砕く音までが録音されるのでよりリアルで迫力のある映像が撮影出来ます。 また、チーターが獲物を木にぶら下げている姿を見られる事も。 写真:Rimi• 写真:Rimi その後、カバやサイを追いかけて水飲み場へ移動したりで1日の走行距離はかなりの距離になります。 写真:Rimi 夕方のサファリ最後のお楽しみはカクテルタイム 夕日を見ながら野生の肉をその場でBBQし、それをおつまみに南アフリカ産ワインで乾杯。 ワイン以外にビールやカクテル、ソフトドリンク等もあります。 カクテルタイム終了後はロッジへ。 写真:Rimi 1日の締めくくりは、満天の星空の下でロマンティックな時間 ロッジへ戻り着替えたら夕食タイム。 夕食を頂く前にファイアーを囲みながら、満天の星空の下でアフリカの音楽やダンスのパフォーマンスを鑑賞します。 夕食はキャンドルの輝きの中、前菜、メイン、デザートのフルコース。 前菜、メイン、デザート全てが数種類の中から選ぶ事が出来、イタリア人シェフの作るお料理はどれも日本人の味覚に合った物です。 もちろんワインやビール、カクテル等も飲み放題。 食事は毎日日替わりでメニューが変わるので飽きることはありません。 夕食後部屋に戻ると、床に花びらが敷かれお風呂はキャンドルに囲まれていて、とてもロマンチックな装いになっています。 キャンドルに囲まれたお風呂にバブルバスを入れて入浴すれば、1日の疲れを取れますよ。 又、ベランダに出れば幾つもの流れ星を見る事が出来ます。 ロッジ内やお部屋及びベランダには蚊や虫などはおらずとても快適です。 写真:Rimi サファリツアーの注意点 その日によって見られる動物が違うので、最低3〜4日間の滞在をお勧めします。 季節によって違いますが、乾季は特に砂埃が酷いので口を覆うスカーフやサングラス、帽子は必需品。 又、寒暖差が激しく日が暮れると急に温度が下がるので、風を通さないジャケットや手袋、厚手のソックスがあると良いでしょう。 動物を刺激する様な派手な色の服装は避けましょう。 サファリ中はトイレがないので行く前に必ずトイレを済ませておきましょう。 もし行きたくなった時はガイドさんが猟銃持参でブッシュの中に連れて行ってくれます。 交通手段 日本から南アフリカのヨハネスブルグまでは直航便がないので、シンガポールやミュンヘン等を経由して行きます。 南アフリカのヨハネスブルグからMadikwe Game Reserve空港までは小型機で約50分。 小型機乗り場はヨハネスブルグの飛行場に隣接しているので歩いて行かれます。 小型機乗り場のwaiting roomは狭いので、出発時間に余裕がある場合は、飛行場横にあるホテルのロビーやカフェで軽食などを頂きながら待つ事をお勧めします。 空からは南アフリカの広大な大地を見る事が出来ます。 又、車では約4時間のドライブ。 運転手付きの車をチャーターしておくと良いでしょう。 窓からは小さな村や人々の生活を垣間見ることが出来るので、行きと帰りは別々の交通手段にする事をお勧めします。 写真:Rimi.

次の