物理型ドラパルト。 【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【変幻自在のトリックスター!なんでも屋の厨ポケ】

ドラパルト育成論 : 【先発】お前が呪うんかい(HS壁張りドラパルト)|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

物理型ドラパルト

きあいのタスキでダイマックス対策 もちものは行動保障のきあいのタスキと相性がよく、 不意のダイマックスに対して強いのが魅力です。 相手のダイマックスポケモンを1確できなかった場合でも、タスキから2確にできればこちらがダイマックスを切らずに対処することができます。 ダイマックスの殴り合いに強くなる「クリアボディ」 現環境で汎用性を取るなら、ダイマックス技の殴り合いになった時に有利がとれる「クリアボディ」がおすすめです。 ただし、パーティ構築上で壁構築や、みがわりが重いのであれば、「すりぬけ」を優先しましょう。 単体でギャラナット対策ができたり、C振りを調整すれば 見れるポケモンが更に増えるのが魅力です。 AにもCにも下降補正を入れないで最速にするためです。 環境にあわせて対策が可能 環境に増えているナットレイ対策に有用な型で、ダイマックス後のダイバーンでH振りナットレイを確1できます。 また、今後増えるであろうコオリッポ対策としても有効です。 パーティでギャラが重ければ Cに228以上振ってHD無振りのギャラドスを10万ボルトで確1にできます。 基本構成は両刀型とあまり変わりません。 ダイマックスとのシナジーが抜群 ダイマックスでHPが2倍になるのを利用し、 ダイマックスで効果抜群を受けつつ、火力を底上げする構成です。 技構成 H220... 16n-1 B180... A特化珠ミミッキュのじゃれつく確定耐え S28... 最速サザンドラ抜き C82... 最速100族抜き リザードンなど ドラパルトの強みである、 スカーフ以外のサザンドラの上を取れる素早さは最低限確保し、残りを耐久と火力に振った調整になります。 物理アタッカーに負担をかけるドラパルト アタッカーと思わせて、おにびで敵の物理アタッカーとの打ち合いを強化したドラパルトです。 Sを削って防御に振っている分、最速では抜けていたスカーフポケモンを抜けなくなる点には注意が必要です。 スカーフウオノラゴン、マンムーなど 足が速いおにび持ちというだけで、役割遂行能力が高く、ドラパルドを止めに来たパルシェンや、オーロンゲといった物理アタッカーの機能停止を狙うのが主な役割になります。 特性は一長一短 火傷ミミッキュのダイホロウを、 オボン込みで確定2耐えする調整のため、クリアボディにしていますが、攻撃が特殊型のため「いかく」耐性を持つ必要がなく、相手のみがわりに対して強く出れる「すりぬけ」、起点を作れる「のろわれボディ」も身代わりを持たせる場合にうまく機能することがあるので、どれも一長一短です。 特に素早さが 142と圧倒的に高いのが大きな特徴です。 環境にいるどのポケモンよりも元の素早さが高いため、 スカーフを持ちか、積み技、特性などでSが上がっていない限り抜かれず、確実に仕事をすることができます。 3つの特性がどれも優秀 いかく対策や、ダイマックスの打ち合いに強くなる「クリアボディ」や、アタッカーを阻害する みがわり、壁を貫通できる「すりぬけ」、こだわり系のロック、ドラパルトに関しては スカーフキラーにもなる「のろわれボディ」と、3つある特性のどれもが優秀です。 覚える技の範囲がとにかく広い 覚える技の範囲が非常に広いのも強力な部分です。 全18タイプの内、ドラパルトが打点にできるのは 10。 さらに、 A120、 C100の両刀もできる種族値を持つため、 物理、特殊技問わず火力を出すことが可能です。 今作は ダイマックスで威力を上げたり、攻撃に2ターンかかる技を即時攻撃にすることもできるため、あらゆる場面で有利タイプで上から殴れるのが大きな強みです。 主な覚える技 ドラゴンアロー、ゴーストダイブ、とんぼがえり、はがねのつばさ、だいもんじ、ハイドロポンプ、10まんボルト りゅうのまい、おにび、ひかりのかべ、などなど... 上記理由から型が読まれにくい ドラパルトの一番の強みといってもいいのは、その豊富な技範囲、特性から 異常に型が多い事です。 高いAを生かした 物理アタッカー型から、 大文字、10万などの打点を増やした 両刀アタッカー型、 ゴースト、ドラゴンのダイマックス技と弱点保険の能力上昇を生かした 弱点保険型、物理アタッカー抑止にもなる 鬼火祟り目型、起点作りの壁貼り型などなど.... ポケモン対戦では、 型が多い=読まれ辛い ため、それだけで大きな強みとなります。 ダイマックスをされなければ耐久は低いので、弱点技などで突破しましょう。 ただし、ダイマックス弱点保険型の可能性を考慮して立ち回る必要があります。

次の

【対戦メモ】ドラパルト育成論&考察【ポケモンソード・シールド】

物理型ドラパルト

弱保ドラパルトの育成論 特性 クリアボディ 性格 いじっぱり 持ち物 じゃくてんほけん 努力値 HP:76 攻撃:236 防御:148 特攻:0 特防:4 素早さ:44 実数値 173-187-114-x-96-168 技 ドラゴンアロー ゴーストダイブ アクロバット はがねのつばさ 持ち物:じゃくてんほけん タイプ相性で弱点の技を受けたとき攻撃と特攻を2段階上昇させる道具です。 耐久が大きく上がり倒されにくくなる ダイマックスと「じゃくてんほけん」は非常に相性が良いです。 ドラパルトは「つるぎのまい」や「わるだくみ」など 決定力を大きく上げる手段がないため、この持ち物で補うことができます。 この調整を施さなくとも基本的に対面から突破することは可能ですが、「こだわりスカーフ」持ちに上から2回殴られて負けてしまったりすることを防いだり、ダイマックスターンを節約することができるようになります。 今回のように物理、特殊ともに調整先が存在する場合は、まずHPを伸ばし必要努力値が少ないほうを耐えるようにします。 その後、もう片方の攻撃を耐えるまで防御または特防を伸ばすことで効率の良い配分を実現できます。 また、連続技なので「じゃくてんほけん」発動後であれば「きあいのタスキ」を貫通して倒すことができ、6世代のメガガルーラを彷彿とさせるような活躍を見せます。 ダイマックス技として使用した場合 相手の攻撃を下げる追加効果を持つので、「じゃくてんほけん」の安全な発動に貢献するほか、バンギラスとの殴り合いで相手の「じゃくてんほけん」を発動させずにダメージレースで勝利することを可能にします。 また、通常技として使用した場合1ターンの無敵があるため、相手の ダイマックスターンを稼ぐ技としても活用できます。 ただし、鋼タイプが弱点であるバンギラスやトゲキッスは「じゃくてんほけん」を持ちがちなので、「ダイドラグーン」や「ダイジェット」などで削ってから「ダイスチル」を使用しましょう。 ただし、元の技が 命中不安であることや、特防に努力値を割いたり 「タラプのみ」を持ったアーマーガアは突破できない点などデメリットも存在しますし、そもそも 「はねやすめ」で様子見された後に交代されるとほとんど活躍しないままダイマックスが切れてしまうため根本的な解決となっているとは言い難いです。 ダイマックスした時に 「ダイウォール」に変化する点も優秀ですが、ドラパルトの「じゃくてんほけん」が発動してかつ生存している場合はほぼ勝ちであることが多いので、 過剰な有利状況技であるとも考えられます。 弱保ドラパルトの対策 殴らずにやり過ごす• まともに殴り合って勝てるポケモンではないので、タイプや数値の高さを活かして受けることでダイマックスターンが切れるのを待つのがベストな対策です。 ただし、 「ダイホロウ」が防御を下げてくるため2匹以上受け流せるポケモンを選出し交代を混ぜ合わせるか、技「あくび」で連打を抑制するなど工夫は必要です。 ダイマックス+ミミッキュで倒しきる• 調整を見てもらえば分かる通り、このポケモンはダイマックス同士での殴り合いにかなり強いです。 しかし、こちらもダイマックスしないとただ高火力技で倒され反撃すらできません。 そこで、 撃ち合いで勝つことを諦め、ダイマックスポケモンで削り裏のミミッキュで倒しきるルートを取ることでなんとか対処します。 今回紹介したドラパルトは ダイマックスポケモンの撃ち合いにおいて非常に強く、上手く決まれば1体でゲームを制することができる性能を持っていました。 同じポケモン、 同じ持ち物でも開拓が進み技構成や配分が新たになることで大きく性能が変化することもこのゲームの面白さの1つですね。 新たな調整や型が発見され次第、随時紹介していくので最新情報をチェックできる公式アカウント のフォローをよろしくお願いします。 主催:ポケモンソルジャー 主催Twitter: 開催場所:関東 予定時刻:未定 12 2020年7月12日 13 2020年7月13日 14 2020年7月14日 15 2020年7月15日 16 2020年7月16日 17 2020年7月17日 18 2020年7月18日 19 2020年7月19日 20 2020年7月20日 21 2020年7月21日 22 2020年7月22日 23 2020年7月23日 24 2020年7月24日 25 2020年7月25日 26 2020年7月26日 27 2020年7月27日 28 2020年7月28日 29 2020年7月29日 30 2020年7月30日 31 2020年7月31日 1 2020年8月1日.

次の

ドラパルト育成論 : 【先発】お前が呪うんかい(HS壁張りドラパルト)|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

物理型ドラパルト

シングルでドラパルト入りにどうしても勝てないので、対策を本格的に考えることにした。 今後は下記の組み合わせを意識しつつヤーティを組んでいこうと思う。 時間がない時は 組み合わせだけ読めばやk ドラパルトの何が強い? 型の豊富さと、それに伴うックスおよび交代の択への対応の難しさ。 詳しくは後ほど述べるが、 存在しうる型およびそこから発生する 想定すべきドラパルト側の行動があまりに多すぎて、型によっては後出しから受けるのは困難を極める。 また、対面処理に限ったとしても、相手の型やックスのタイミング次第で どんなヤケモンでも突破されうる。 これらから、ックスしたドラパルトを安定して処理するには、こちらも ックスを切ることを強いられる場面が多い。 しかし一方で、こちらがックスしタターンに 相手が交代してきた場合には、こちらは一方的にックス権を浪費してしまう。 このように、ドラパルト対面を作った時点で 物理か 特殊かで択となり、さらに 交代か ックスかの択も生じがちで、最メジャーであるにも関わらず 安定した処理が難しい。 想定される型 一般的に、 特殊型ならヤンギラス 、ヤビゴン 、ヤメルゴン。 物理型なら鋼ヤケ( など)、一撃の型ヤー 、ヤュラルドン 、野菜丼 で処理できる。 妖ヤケ( )ならば どちらにも対応できる。 1匹で対処する場合、ックスにはこちらもックスで対応する必要がある。 ・時でもこだわり眼鏡ヤンフィア のハイボ確1。 ・非ックス技やダイホロウダイバーンになら、ヤンギラス やヤビゴン の 後出しが効く。 ・野菜丼 、鋼ヤケ( など)、ヤオガエン 、一撃の型ヤー は返り討ち。 ・ヤーマーガア は返り討ち。 ・ヤビゴン、ヤンギラスへの行動は交代or身代わり鬼火。 ・ヤシレヤゲキ(白) の珠ダイフェアリー、眼鏡ヤュラルドン の流星群は確1。 珠流星群は8割の乱1。 ・こちらがダイスチルから入らない場合、ヤンギラス 、ヤビゴン 、ヤオガエン が返り討ち。 ・ックスした野菜丼 、鋼ヤケ( など)なら安定して勝利可能。 ・ダイホロウ以外にはヤーマーガア の 後出しが可能。 ・一撃の型ヤー の鉢巻暗黒強打なら ダイスチル、ダイドラグーンを無視して確1。 4.その他の型 構築記事やランクバトルで見かけたのは、スカーフ、鉢巻、ラムor襷の竜舞型、壁貼り型、バトン型、鬼火竜舞型など。 詳しい割合は不明だが、対策自体は上記に準ずるため省略。 処理ルート考察 いずれの型も 妖ヤケでックスさえ切れば対応可能だが、ックスドラパルトは基本的にックスでしか倒せないため、交代された場合に負けに直結する恐れがある。 たとえば相手がドラパルトとを選出し、ドラパルトを先発させる。 そしてこちらが先発のヤケモンでックスし、相手がドラパルトを引かせてくるとする。 そうなると、相手がこちらのックスに対して3匹目を投げてきた場合、どんなにうまく試合を運んでもこちらのックス3ターン目に化けの皮の残ったと対峙することになる。 交代を繰り返してックス切れを狙うのは、もしこちらにダイホロウ半減かつ威嚇持ちのヤオガエン がいたとしても、あまり現実的な勝ち筋ではない。 ドラパルト、に対して毎度毎度このような不安定な立ち回りをしていては高い勝率は望みにくい。 つまり、の時と同様、 先発のドラパルトに対し、 ックスを合わせる以外の形で対応できるヤーティならば勝率を高く安定させられる。 交代しながらドラパルトの型を割りだしどちらでックスするかを判断する。 ヤビゴンの場合、ガラル、、、キョダイ等の ドラパルト以外のメジャーなにもある程度強く出られるのが強みか。 逆にヤンギラスはヤビゴンに比べ、素の性能の高さと技スロットに余裕があるのが強み。 またドラパが文字を持っていた際も対応しやすい。 どちらの場合でも 鬼火が一貫してしまうので、できるかぎり ヤーマーガア側を先発に置きたい。 ヤビゴンを使うのであれば身代わりを破壊するためも必要となる。 眼鏡ハイボで削り、万が一処理しきれなかった場合はヤンギラスで砂を撒く。 残り1枠はックスした時に強いヤケが望ましい。 ヤンフィアには相手のダイスチルを耐えるようにある程度Bにもを配分する必要がある。 A実数値180のダイスチル耐えのH191-B97くらいが適当か。 相手のドラパルトに対して 攻撃からスタートできる点、 ックスを用いずに対処できる点の2つが強み。 逆にダルマドリュ等と鉢合わせた場合の動きづらさが課題となる。 ヤオガエンにはなるべくが欲しいところ。 妖ヤケとヤオガエン、 先発をどちらでも選べるのが強み。 最近は物理型ドラパルトでもすり抜けが使われることがあるので、ヤオガエンの威嚇が有効に働くことも多い。 ヤオガエンを先発にしておけばやガラルダルマは問題ないが、が鬼門。 ステロを撒かれるとックスドラパルトが一貫しやすくなってしまう。 ヤゲキッスやヤに打たれうる特殊型のダイサンダーもとなる。 終わりに 8世代はックスによって発生する択の量が尋常ではなく、のいた6世代ほどではないが対面構築に対する安定行動がなかなか難しい。 逆に数値受け諸のリストラにより受けサイクルは非常に崩しやすくなっているように感じるので、ドラパルトの安定処理が高レートへのカギとなるであろう。 なぜ勝てないんだ…… yaterugumasukisukizamurai.

次の